甘酒 作り方 ヨーグルト メーカー。 メーカー別に解説!ヨーグルトメーカーで美味しい甘酒を作る方法|@DIME アットダイム

メーカー別に解説!ヨーグルトメーカーで美味しい甘酒を作る方法|@DIME アットダイム

甘酒 作り方 ヨーグルト メーカー

ヨーグルトメーカーは甘酒など、様々な発酵食品を作れますが、種菌(スターター)と雑菌を混ぜないために、使用する調理器具を熱湯消毒して清潔に保たなければならないなど、いくつか注意点があります。 ヨーグルトメーカーが発酵食品を作るのに適している理由と甘酒の作るポイントをご紹介します。 ヨーグルトは1000mlパックまで対応し、付属の900ml容量の調理用容器を使うことで、様々な発酵食品を作ることができます。 米麹のかたまりを丁寧にほぐします。 清潔な専用容器にごはんと熱湯を入れて、しっかりかき混ぜ、ごはん全体に粘りが出たら水を加えて温度を下げます。 タイマー9時間完了後、殺菌したスプーンでよくかき混ぜて完成です。 [ポイント] 作る際に使う容器やスプーンなどは熱湯消毒し、清潔なモノを使ってください。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーで作った甘酒の保存容器は? ヨーグルトメーカー KYM-013には、900ml容器が1つ付属していますが、保存用に容器が欲しい場合は、アイリスオーヤマ公式通販サイトのアイリスプラザで598円(税抜)で販売されています。 甘酒の作り置きやヨーグルトとの使い分けに便利です。 【参考】 ヨーグルトメーカーに牛乳パックをセットして甘酒は作れる? アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでは、専用容器に入れて作る方法しかないようです。 ほかのメーカーのヨーグルトメーカーも探してみましたが、甘酒が作れるモノは別容器が付属しているモノがほとんどなので、専用容器を使用して作ってください。 各メーカーのヨーグルトメーカーで作るおすすめ甘酒レシピ 各メーカー毎に、ご飯を入れたり麹のみだったりと、レシピが少し違うので、各メーカーが掲載している甘酒レシピとヨーグルトメーカーをご紹介します。 31のレシピが掲載されている料理家監修のオリジナルレシピブックと、容量500mlの容器が付いているので、甘酒も作れます。 容器にご飯200gと水100mlを入れ、よくかき混ぜます。 米麹を一粒ずつほぐし、(1)に加え、さらにかき混ぜます。 甘みが出ていれば完成なので、冷蔵庫で保管してください。 [ポイント] 分量や調理時間は、使用する食材や料理環境に合わせて調節してください。 指で容器を回転させる回転式脱水機能で水切りが簡単にできるのも魅力的です。 麹を一粒一粒細かくばらし、容器に水と一緒に入れ、かき混ぜます。 お湯などで味を調節し、ハンドミキサーなどでかき混ぜると、なめらかな口当たりになります。 [ポイント] 麹の種類によって水分量には差があります。 お米一合を400mlの水で炊いたご飯を一緒に入れると、よりコクのある甘酒ができます。 付属品に発酵容器やスプーンが付いているので、衛生的にお手入れも楽に使えます。 あたたかいご飯とお湯を発酵容器に入れ、スプーンでよくかき混ぜます。 米麹も加え、よくかき混ぜ、本体にセットします。 豆乳や牛乳、フルーツなどにも合うのでアレンジしてみてください。 加熱をし過ぎると栄養素が失われてしまうデリケートな甘酒を、一定の温度が保てるヨーグルトメーカーで、酵素などの栄養素を生かしたまま作ってみてはいかがでしょうか。

次の

レシピ

甘酒 作り方 ヨーグルト メーカー

作り方• 乾燥大豆をよく洗い、たっぷりの水 豆の3〜4倍 に一晩浸す。 1の水を捨て、圧力鍋に豆が隠れるくらいの水をいれ沸騰させ、アクをすくい、蓋を閉め、高圧に達してから、20分煮る。 米麹と塩を袋に入れ、米麹を一粒ずつほぐす。 2の煮汁を200mL別の容器にとる。 熱いうちに、水気を切った大豆をフードプロセッサーでペースト状にすりつぶす。 消毒した専用容器に3の米麹・塩、煮汁(200mL)、ペースト状の大豆を入れよくかき混ぜる。 出来上がったら、密閉容器に入れ、空気が入らないようラップをかぶせ冷蔵庫で保存する。 白身魚の自家製西京焼き 西京味噌で 作り方• 乾燥大豆をよく洗い、たっぷりの水(豆の3〜4倍)に一晩浸す。 1の水を捨て、圧力鍋に豆が隠れるくらいの水をいれ沸騰させ、アクをすくい、ふたを閉め、 高圧に達してから20分煮る。 牛乳パックの注ぎ口をハサミで切る。 2の豆が熱いうちに、納豆と混ぜ合わせ、消毒した牛乳パックに入れる。 4の牛乳パックの口を開けたまま、ふきんをのせ、外ぶたをずらして乗せる。 冷蔵庫で2〜3日寝かせると食べごろ。 Point! 牛乳パックを使用すると、そのまま捨てることができ便利です。

次の

甘酒作りをヨーグルトメーカーで!失敗の原因と成功のコツは?

甘酒 作り方 ヨーグルト メーカー

甘酒は美容、美肌、健康に効果があるということで、TVでも話題になっていますが、我が家でもヨーグルトメーカーを買ってからほぼ毎日3年以上、麹で作った自家製甘酒を飲んでいます。 甘酒の効果として「酒粕と米麹を使用した甘酒の飲用が、目の下のクマの改善に効果がある」という森永製菓が発表しているので今後の研究にも期待しています。 まだ、酒粕と米麹のどの成分が寄与しているかについては研究中みたいですが、ぜひ明らかにして欲しいですね。 私は最近目の下のクマが非常に目立つようになってきたので、朝は米麹の甘酒、夜は酒粕の甘酒を飲んでいます。 今のところ目の下のクマは?ですが、腸の調子はすこぶる順調です。 さて、ヨーグルトメーカを買うまではサーモスの保温器具のシャトルシェフや炊飯器で作っていましたが、ヨーグルトメーカーのおかげで面倒な温度管理や時間管理が必要なくなり非常に簡単に甘酒が作れるようになりました。 夏は冷蔵庫で冷やした甘酒の種に、 豆乳や 牛乳をいれて飲んでいますが、これが非常においしい。 病み付きになる味です。 また、これからの季節は暖かい甘酒もおいしい季節になりますね。 さて、毎日のように甘酒を飲んでいるとやはり気になってくるのが 麹の値段です。 スーパーでよく見かけるみやここうじでも200gで300円前後しますね。 最初はヨーグルトメーカーで紹介されているレシピ通りに作っていましたが、少しずつレシピをアレンジして試した結果、 麹の量を減らしても十分甘い甘酒ができることがわかりました。 今日はヨーグルトメーカーを使った こうじ節約甘酒の作り方を紹介します。 甘酒の作り方(基本編) 最初に通常の甘酒の作り方を紹介します。 なお下記作り方は、1度単位で温度調節ができるアイリスオーヤマの ヨーグルトメーカーを基準としています。 <準備>800ml分 ・ごはん(炊飯済み) 300g(約1合分) ・米麹 200g(スーパーでよく売っている「みやここうじ」など) ・熱湯 250ml ・水 150ml <作り方> 1. 米麹のかたまりをほぐす。 (みやここうじの場合。 袋の中でほぐすと楽です) 2. 煮沸消毒した専用容器にごはんと熱湯をいれてしっかりかきまぜる。 ごはん全体に粘りがでてなじんだら、水を加えて温度を下げる。 何度か容器を振って上下を返すと良く混ざります。 冷蔵庫で保存する前に、出来上がったらなべに入れて火入れをしましょう。 一煮立ちしたらOK。 火入することで甘酒自体が美味しくなり、日持ちするようになります。 火入れしないで長い期間保存するとさらに醗酵がすすみ、すっぱくなることがあります。 数日で飲みきる場合は火入れしなくてもOKの場合もありますが、すぐに飲みきらない場合は火入れすると良いでしょう。 こうじ節約甘酒の作り方 <準備> ・ごはん(炊飯済み) 300g(約1合分) ・米麹 100g ・熱湯 250ml ・水 150ml 作り方は甘酒の作り方(基本編)と同じです。 ただし、麹を基本編の 半分に減らしています。 麹の量を半分にしても十分あまい甘酒ができますよ。 よくある通常のレシピは麹の量が多めになっている気がします。 もし、もう少し甘みが欲しいなと思ったら、下記も試していただくとさらに甘くなるかもしれません。 いろいろ試してお好みの甘さに仕上げてください。 さらに半分に麹を減らして(すなわち、上記の分量でいうと麹 50g)甘酒を作ってみましたが、自分好みの甘さにはなりませんでした。 この辺は温度や時間などもう少し実験が必要かと思います。 また麹の種類によっても違うと思います。 いろいろ試してみるのがいいかと思います。 麹ごとに最適な分量があるのではと思っています。 おすすめのヨーグルトメーカー|アイリスオーヤマ IYM-012-W 簡単に甘酒を作るために、温度調節機能、タイマー機能がついたヨーグルトメーカをおすすめします。 次のヨーグルトメーカーはヨーグルトとだけでなく甘酒や塩麹などいろいろなレシピに対応できるのでおすすめです。 現在販売の中で 売れ筋No. 1で機能、価格ともオススメできるヨーグルトメーカーです。 購入してから3年近く経ちますが、毎日使っても壊れていないので耐久性もあると思います。 我が家ではamazonで安いときに買い増しして2台体制で、ヨーグルトと甘酒を作っています。 ヨーグルトメーカーで迷ったらチェックしてみてくださいね。 温度設定が25~65度(1度刻みで設定可能)• ヨーグルトのほかに、クリームチーズ、塩麹、西京味噌、甘酒、納豆、水キムチ、フルーツビネガーなどの調理も行える。 1~48時間(1時間刻みで設定可能)のタイマー機能を備える。

次の