あいまい 英語。 シュワー

曖昧って英語でなんて言うの?

あいまい 英語

Contents• 丁寧、遠慮、あいまいの仮定法 仮定法が丁寧、遠慮、あいまいも表すということが、仮定法を習う高校英語では充分に強調されていないようです。 しかし、実例はいくらでもあり、みなさんもしばしば出くわしているはずです。 丁寧 ・Would you mind closing the window? 「窓を閉めてくださいましょうか」 これはPlease close the window. などより丁寧です。 ・Could you tell me the way to the post-office? 「郵便局への道を教えてください」くらいです。 Can you〜より丁寧です。 「彼女は50歳は越えていましょう」 shouldはイギリスで、wouldはアメリカで好まれます。 断定を避けた控え目な言い方です。 ・Would you like a cup or coffee? 「コーヒーをいかがでしょうか」 上品で丁寧な表現です。 ・Might I ask you to help me carry this heavy suitcase? 「この重いスーツケースを運ぶの手伝ってくださるかしら」 下手に出て頼んでいます。 May I〜より遠慮深い言い方です。 あいまい ・The two might be mother and daughter. 母娘でないのはわかっていても、よく似ていて、親子だとしてもおかしくない、という状況です。 「あの2人は母娘だとしてもおかしくないくらいだ」です。 may beなら親子の可能性があるのですが、mightだと、ずっと怪しくなります。 つまりあいまいになります。 また、mightは依頼、非難にも使うので、注意が必要です。 遠慮 ・You might post this letter for me if you re going out. 「外出するなら手紙を投函してくれますか」 ・You might have helped me when I was really in trouble. 「私が本当に困っていた時、助けてくれてもよかったのに」 この使い方は非常に多いです。 「助けてくれたかも知れなかった」などと推量に取ってはいけません。 遠慮がちとはいえ、「助けてくれなかった」という事実がわかった後でのことですから、恨みがましい言い方で、 けんかになりかねません。 ・I would appreciate it very much, if you would lend me ten thousand dollars now. もし1万ドル貸してくださるなら、とってもありがたいのですが。 この文章も遠慮がちなニュアンスが出ています。 英会話で使われる頻度が高い仮定法 以上、「もし~なら」以外の英語の仮定法をご紹介しました。 丁寧、遠慮、あいまいを意味する英語の仮定法は、英会話で使われる頻度がとても高いです。 しっかりとそのニュアンスをつかんで、覚えるようにしましょう。

次の

可能性を表す英語をリストアップ。あいまいに言いたいときに使うフレーズ集

あいまい 英語

「記憶が曖昧です」と言いたかったのですが、「曖昧(あいまい)」の表現がわかりませんでしたので、「My memory is not clear. 」と言いました。 早速、「曖昧(あいまい)」の表現を調べました。 My memory is a little vague. 彼の犯行動機は曖昧だった。 His motive for the crime was vague. その政治家は法廷で曖昧な返事をした。 The politician gave a vague answer in court. 警備員はその質問について幾つかの曖昧なコメントを繰り返した。 The security guard repeated a few vague comments about the question. The meaning of his remarks is obscure. 教授の理論は非常に曖昧である。 The theory of the professor is extremely obscure. 彼の計画はいくつか曖昧な点がああります。 There are some obscure points in his plan. 彼が突然、奥さんと別れた理由は曖昧だ。 The reason why he divorced his wife suddenly is obscure. 「曖昧(あいまい)」って英語で言うと?Part2 に続きます。 See you next!

次の

丁寧、遠慮、あいまいを表す英語の仮定法

あいまい 英語

数字に関して話す上で 「だいたい」「おおよそ」「約」など、あいまいに表現することはよくあります。 必ずしもいつも正確な数字をいえるわけではないので、 概数で伝える表現を知っていることは結構重要です。 そのような意味を持つ英語の中で、誰もが一番馴染み深い表現は 「about」だと思いますが、いつもそればかり使い回しているようでは ちょっと芸がありません。 日本語にもいくつもの言い方があるように、英語にも複数の表現があります。 使い方はどれも同じようなものですので、ときには入れ替えて新しい表現を使ってみませんか? この記事では、 英語で概数を表現する8つの言葉のほかに、それらを使わずに「おおまかさ」を表す方法もご紹介しています。 覚えたら今日からすぐ使えるものばかりです!• About 100 people applied. (おおよそ100人の応募者がいました。 This piano is about 100 years old. (このピアノは約100年前のものです。 It cost me about 10 dollars. (これは、約10ドルしました。 It was about 2pm when I left home. (家を出たのは午後2時頃だった。 ) 以上のように、 数字をあいまいに表現するのにとても便利な単語です。 そしてこの単語は、「ほとんど、あやうく」といった意味を作ることも出来ます。 (だいたい8時です。 I saw roughly 10 sacks of rice remained at the supermarket. (スーパーマーケットには、コメがだいたい10袋くらい残っていたのを見ました。 Our saving amount is roughly 10,000 dollars. (私たちの貯金はおおよそ1万ドルです。 We earned roughly 10,000 yen today. (私たちは、今日はだいたい1万円稼いだ。 Roughly 3000 people marched against the policy. (その政策に反対して、ざっと3000人ほどの人がデモ行進に参加した。 ) 動作についても「ざっと、大雑把に」の意味で使うことが出来ます。 It will take around 3 hours from here to there. (ここからそこまで、おおよそ3時間ほどかかります。 The price was around 1,000 yen. (値段はだいたい100円くらいでした。 We are a group of around 8. (私たちは8人くらいのグループです。 Please come to my office around 3 pm. (3時頃、私の事務所へお越しください。 There are around 500 students in this school. (この学校には、おおよそ500人の生徒がいます。 数字を大まかに表すだけでなく、 場所を大まかに示すにも使えます。 We used to live around here. (私たちは以前、だいたいこの辺に住んでいました。 There is a nice garden around your area. (あなたが住んでいるエリアの辺りによい公園があります。 ) circa 英語の中でよく使われるラテン語の一つです。 「だいたい、おおよそ」の意味を持ち、 「サーク」というように発音します。 「circle(サークル)」や 「circus(サーカス)」の「circ」の部分を言うときと同じ要領です。 これらの言葉とは語源も同じです。 この単語は主に年代について表現するときに使われる言葉で、 「cir. 」や 「circ. 」などと略して表記されることもあります。 This castle was built circa 18th century. (このお城は約18世紀に建てられたものです。 This music was composed circa 1920. (この曲は、1920年ごろに作曲されたものです。 Shakespeare was born circa 1560. (シェークスピアは1560年頃に生まれました。 They moved to the UK circa 1960. (彼らは1960年頃にイギリスに渡りました。 ) approximately 長いので、書くときは 「approx. 」などと省略されることも多いです。 発音するにも長くて難しい印象の単語ですが普段でもよく使われるもので、 かしこまった言葉ではありません。 よりシンプルな「around」や「about」という単語もある中であえてこの単語が選ばれるのは、前後の文章とのリズムが合っていると思われるとき、あるいは音が長いため印象に残りやすいことを考慮するときなどです。 The size is approximately 2 metres long. (サイズはおおよそ2メートルの長さです。 The factory is located approximately 30 km away from the city centre. (工場は街の中心部からおおよそ30キロ離れたところにあります。 Approximately 50 people were injured. (おおよそ50人の人が負傷しました。 The area of this farm is approximately 5000sqm. (この農場の面積は、約5000平方メートルです。 ) 英語で 「面積」は 「area」といいます。 「sqm. 」は「square meter」の略で、 「平方メートル(㎡)」のことです。 more or less• Tens of eggs are consumed per day in this restaurant. (このレストランでは1日あたり何10個もの卵が消費されます。 I exchanged hundreds of dollars this week already. (今週はすでに何百ドルものお金を両替しました。 Thousands of tourists visit this city every year. (毎年何千人ものツーリストが、この街を訪れます。 ) まとめ 以上、 今回は「だいたい」「おおよそ」など概数を表す8つの英語表現をご紹介しました。 「近いけれども若干届かない」といったニュアンスで使われる言葉や、 主に年代に関して使う単語というのもありました。 大まかな数字を表す表現はとても便利ですので、 是非覚えておきたいものです。

次の