ブラック ライト 波長。 ブラックライトとは

ブラックライト

ブラック ライト 波長

可能ではありますがお勧めはできません。 プラスチック製品等の漂白というとワイドハイターEX等の酸素系漂白剤を使用した方法でしょうか? その場合、原理としては以下の通りです。 漂白剤に含まれる過酸化水素に紫外線を照射すると、反応性の高い成分が生成します。 この高反応性物質が変色の原因となる物質 多くは難燃剤などの添加剤 と反応する事で漂白するといった仕組みです。 これだけ聞くと太陽光の代わりにブラックライトでも良さそうな気がしますが、ここで問題となるのは紫外線の波長です。 一般的に手に入るブラックライトの多くはその波長が350nm以上の物が多いのですが、過酸化水素を効率良く分解するためには200〜300nm程度の波長の紫外線が必要です。 200〜300nmという条件はあくまでも効率良く分解する条件ですので、320nm程度の紫外線でも分解させる事は出来ますが、その波長を出せるブラックライトはそれ程多くはありません。 低圧水銀灯等の254nm程度の紫外線を照射できる物も市販されていますが、UV-C波に分類されるこの波長の短い紫外線は皮膚や眼に対する攻撃性が非常に高く皮膚ガンなどの原因となり得ます。 市販されている物も『ブラックライト』ではなく『殺菌灯』などと呼称されています。 どうしても安全に配慮した上で室内で行いたいというのであれば、出力 ワット数 が大きく波長の出来るだけ短いブラックライト もしくは殺菌灯 を購入し、紫外線漏れが無いように遮蔽材で全面を覆った簡易暗室を作成する必要があります。 有効な紫外線の量が少ないほど時間がかかりますので電気代もそれなりにかかることが予想されます。 また、強力な紫外光源はかなり発熱するので、長時間 数日など 連続運転してしまうと火災の原因にもなりかねません。 以上より余程の理由がない限り、日光の代替としてブラックライトを使うのはあまり得策ではないというのが結論です。 紫外線以外にも金属や熱でも過酸化水素の分解反応は促進されますので、条件を検討すれば紫外線に頼らない漂白方法も見つかるかもしれませんけどね。

次の

紫外線の安全性について|紫外線探傷灯(ブラックライト)|よくわかる講座|マークテック株式会社 非破壊検査・印字・マーキングの総合メーカー

ブラック ライト 波長

ブラックライト光の波長スペクトルの例 を使うブラックライトは、使用されるが異なる以外は通常の蛍光灯と同じように製造される。 また、通常の蛍光灯では蛍光管のはだが、ブラックライトでは必要に応じて ()と呼ばれる深いのガラスを用いて波長400 以上の可視光線をカットする。 のように可視光線も必要な場合、ウッドガラスは使わない。 ウッドのガラスを用いたブラックライトの場合、ピーク波長は365 nmになる。 のバルブにウッドガラスを用いただけでも、簡易ブラックライトになる。 これは紫外線を得るため、最初期に実際に使われていた方法である。 しかしながら、白熱電球のから放出される光の大部分はからであり、その効率は極端に悪い。 また、の殆どがになってしまうため、電球が過熱して危険であるという難点もある。 これら以外に、紫外線を用いる方法もある。 用途 [ ] 偽造防止のために不可視印刷が施された ブラックライトは、屋内における視覚効果のほか、・・・鑑定の分野や、真贋判定でも利用されている。 には、蛍光物質を持つものがあるため、ブラックライトを当てることにより、それらのの繁殖を確認できる。 この性質を利用し、などのの一種は、ブラックライトを使った確定診断が可能になっている。 ブラックライトは、・・各種証明書・・・の真贋鑑定にも使われる。 多くの紙幣には、やを防止するため、UV(紫外線蛍光インク)を使った模様が描かれているからである。 ブラックライトを使うと、の有無が確認できるので、食品衛生や衣料品などの蛍光チェックに利用できる。 または蛍光するので、の飛び散りなど掃除のチェックにも使用できる。 ブラックライトは、やよりも早くできるため、蛍光塗料を用いた物質の蓄光に用いられる。 の識別のため、日本ではやにはが添加されている。 このため、クマリンが添加された重油や灯油にブラックライトを照射すると、液体が白く濁り、と灯油を判別できる。 紫外線で硬化するUVレジンの硬化用の光源としても使用され、ホビー(アクセサリーや模型)、やで利用されている。 紫外線の安全性 [ ].

次の

紫外線

ブラック ライト 波長

可能ではありますがお勧めはできません。 プラスチック製品等の漂白というとワイドハイターEX等の酸素系漂白剤を使用した方法でしょうか? その場合、原理としては以下の通りです。 漂白剤に含まれる過酸化水素に紫外線を照射すると、反応性の高い成分が生成します。 この高反応性物質が変色の原因となる物質 多くは難燃剤などの添加剤 と反応する事で漂白するといった仕組みです。 これだけ聞くと太陽光の代わりにブラックライトでも良さそうな気がしますが、ここで問題となるのは紫外線の波長です。 一般的に手に入るブラックライトの多くはその波長が350nm以上の物が多いのですが、過酸化水素を効率良く分解するためには200〜300nm程度の波長の紫外線が必要です。 200〜300nmという条件はあくまでも効率良く分解する条件ですので、320nm程度の紫外線でも分解させる事は出来ますが、その波長を出せるブラックライトはそれ程多くはありません。 低圧水銀灯等の254nm程度の紫外線を照射できる物も市販されていますが、UV-C波に分類されるこの波長の短い紫外線は皮膚や眼に対する攻撃性が非常に高く皮膚ガンなどの原因となり得ます。 市販されている物も『ブラックライト』ではなく『殺菌灯』などと呼称されています。 どうしても安全に配慮した上で室内で行いたいというのであれば、出力 ワット数 が大きく波長の出来るだけ短いブラックライト もしくは殺菌灯 を購入し、紫外線漏れが無いように遮蔽材で全面を覆った簡易暗室を作成する必要があります。 有効な紫外線の量が少ないほど時間がかかりますので電気代もそれなりにかかることが予想されます。 また、強力な紫外光源はかなり発熱するので、長時間 数日など 連続運転してしまうと火災の原因にもなりかねません。 以上より余程の理由がない限り、日光の代替としてブラックライトを使うのはあまり得策ではないというのが結論です。 紫外線以外にも金属や熱でも過酸化水素の分解反応は促進されますので、条件を検討すれば紫外線に頼らない漂白方法も見つかるかもしれませんけどね。

次の