いちじく コンポート。 イチジク

コンポートの日持ち期間!いちじく・梨・りんごなど果物別に解説!

いちじく コンポート

Contents• いちじくの木から追熟しない青い果実を収穫 我が家の畑には昔からいちじくの木が植えてあり、毎年実が熟する季節を楽しみにしているのですが、実家から離れて暮らすようになってからは母が大量に段ボールで送ってくれていました。 現在は実家で暮らしているので旬を逃さず食べることができるのですが、その当時は親に頼んで送ってもらっていたんですね。 以前、イチジクは日持ちしないからと青いまま収穫して送ってくれたことがあるのですが、実は イチジクは収穫してしまうと成長が止まり追熟しないのですよね。 当時は私も母もそのことを知らず、大量に送られてきた青いイチジクを抱えて「どうやって食べよう」と考えたのが、今回のスパイスコンポートのレシピができたきっかけとなりました。 イチジクの旬の季節はいつ? いちじくが市場に出回るのが 5~11月です。 実はいちじくには旬が2回あるとも言われていて、夏 6~7月 に収穫する夏果と秋 8~10月 に収穫する秋果があります。 その中でも一般的にいちじくの旬の時期は 8~9月と言われています。 イチジクの栄養と効能 いちじくは、全体の 約85%が水分で、カロリーは50g 小さめのいちじく1つ分 で約30kcalと比較的高めです。 いちじくに多く含まれる栄養素は 「カリウム」「カルシウム」「ペクチン」です。 特に「ペクチン」という栄養素は、整腸作用があったり糖質を吸収しやすくする効果があるので、いちじくが女性にとって嬉しい食材とよく言われているのもこのためです。 また、 フィシンというタンパク質分解酵素を含むため、生ハムと一緒にいちじくを食べるというのはとても理にかなってるんですね。 お肉料理の付け合わせやソースに使われることが多いのもこのためです。 特に 「クローブ」「スターアニス」「シナモン」は甘い味によく合うので私は必ずと言っていいほど入れてしまうのですが、3つ全て揃っていなくても、どれか一つだけでも入れると味にアクセントが効いてとてもおいしく出来るのでおすすめです。 クローブは入れすぎると苦みが出てしまうので使用量を守ることと、いずれのスパイスも妊娠中にあまり摂取しない方が良いとされているので注意しましょう。 1つ選ぶとしたら、おすすめは「クローブ」!!元々スパイシーなバニラのような芳香があるので、コンポートにはピッタリ! まとめ いちじくは完熟していると生食が大変美味しいですが、あしがはやいので保存方法に困る方も結構いらっしゃいます。 今回ご紹介したようにコンポートにすれば、完熟でないまだまだ青いいちじくも、熟れ過ぎてあまり日持ちしなそうないちじくも美味しく食べることができます。 砂糖だけでも保存期間は伸びますが、殺菌効果をもつクローブなどのスパイスで一緒に煮ることによって、さらに長期間美味しく食べられるようになります。 甘くスパイシーに煮たコンポートは、ヨーグルトやバニラアイスなどと一緒に食べると絶品ですので、是非試してみてください。

次の

いちじくコンポートの作り方(レシピ)

いちじく コンポート

【湯むきする】 いちじくを熱湯にサッとくぐらせる。 冷水にとる。 湯むきすると、皮がむきやすくなりますし、ボイルすることでアク抜きにもなります。 包丁で皮をむく。 鍋に水を入れる。 アルミの鍋は酸に弱いので、ステンレスかホーロー鍋を使いましょう。 ワインを加える。 ワインは赤、白どちらもでお好みで。 白ワインだと薄ピンク色を楽しめます。 バニラエッセンスを数敵加える。 ハチミツを加える。 レモン汁を加える。 レモン汁は酸味を補うとともに、いちじくの発色をよくします。 【火にかける】 火にかけてシロップを煮たて、いちじくを入れる。 再び煮たったらクッキングシートでをし、弱火にして10分〜15分煮る。 粗熱がとれたら、ラップをして冷蔵庫で冷やす。 冷蔵庫に一晩置いておくと味がしみて、より美味しくなります。 器にコンポートを盛り、あればミントの葉を飾ったり、バニラアイスクリームを添えるとおいしいです。 【保存方法と保存期間】 消毒した保存容器にシロップごと入れて冷蔵庫で保存。 3〜4日で食べ切りましょう。 【いちじくコンポートのよくある質問】 コンポートとは? コンポートとは、砂糖漬けや砂糖煮にした果物のこと。 果物を丸ごと、もしくはカットしてから、 薄い砂糖水で煮て作られるヨーロッパ伝統の果物の保存食です。 煮汁にシナモンやバニラなどを加えることもあります。 ジャムとコンポートの違いは? コンポートはジャムに比べて糖度が低く、ジューシーで、フルーツの食感や風味がそのまま残っているのが特徴です。 コンポートの食べ方は? 通常、朝食やデザート、メインディッシュの付け合せなどとしてそのままいただきます。 トッピングやお菓子作りにも? アイスクリームやヨーグルト、クリームを添えたり、タルトやパイなどのお菓子作りにも利用されます。 コンポートの残った煮汁の使い方は? コンポートのシロップが余ったら、ヨーグルトにかけたり、ソーダで割ったり、ゼリーにするとおいしいそうです。 どうしてレモン汁を加えるの? クエン酸は果物の発色をよくしますが、無花果は酸が少ないため、きれいな色に発色しません。 レモン汁を加えると、レモンの酸で無花果に含まれるアントシアン(色素)が発色してピンク色に発色します。 皮ごと煮てもいいの? いちじくのコンポートは、皮ごと煮ることもできます。 その場合は、おしり側に十字に切り込みを入れておくと、味が染みやすくなります。 コンポートに向いているイチジクは? コンポートに使うイチジクは、小さめで、 固くて、口の開いていないものが向いています。 やわらかいイチジクだと、煮崩れしやすくなります。 どんな鍋で煮たらいいの? アルミの鍋は酸に弱いので、ステンレスかホーロー鍋を使いましょう。 いちじくのコンポートのカロリーは? このレシピのいちじくコンポートのカロリーは、1個75kcal(シロップを含む)です。 いちじくのカロリーは? 可食部100gのカロリーは54kcal。 中位のサイズのいちじく(70g)の可食部(60g)で32kcalです。 いちじくコンポートの健康効果は? イチジクや赤ワインの赤い色は、活性酸素を除去するポリフェノール(アントシアニン)です。 夏の有害な紫外線のダメージを回復してくれます。 アンチエイジング(若返り)やがん予防によいといわれます。 どうして紙で落としブタをするの? 落としぶたをすることで、煮汁が全体にしっかりしみ込みます。 軽いものでないといちじくが潰れます。 落としぶたの作り方は? 1、クッキングシートを四つ折りにする。 2、鍋のサイズに合わせて丸くカットする。 3、真中を、ハサミでくり抜く。 いちじくコンポートによく合うスパイスは? シナモン、クローブ、スターアニス(八角)、バニラビーンズなどがよく合います。 ドライいちじくのコンポート(赤ワイン煮)の作り方は? 乾燥いちじくは甘味が強いので赤ワインだけで煮ても甘いです。 作り方 1、ドライいちじくを鍋に入れ、かぶるくらいの赤ワインを入れる。 2、赤ワインに浸け置いてやわらかくする。 3、火にかけ、弱火で柔らかくなるまで煮込む。 4、冷めたら冷蔵庫で保存。 ワインだけでも甘いですが、お砂糖やはちみつを加えてより甘く煮てもおいしいです。 材料 ドライいちじく…10粒 砂糖…大さじ4 赤ワインと水…同量 シナモンパウダー…少々 クローブ…少々 作り方 1、鍋にドライいちじくと砂糖、スパイスを入れる。 (いちじくが大きければ縦半分に切る。 ) 2、赤ワインと水をいちじくにかぶるくらい入れる。 3、火にかけ、煮汁がトロッとするまで煮る。 4、粗熱がとれたら密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存。 いちじくの甘露煮の作り方は? 赤ワインがない場合は甘露煮にするとよいでしょう。 濃厚なので、ケーキに焼きこむとおいしいです。 材料 いちじく…1kg(完熟前のやや硬めのもの) 砂糖…250g レモン汁…大さじ1 作り方 1、いちじくは洗ってヘタの部分を切り落とす。 皮はむかないでも大丈夫です。 2、いちじくに砂糖をまぶし、しばらく置く。 3、水分が出たら、レモン汁を加え弱火にして落し蓋(オーブンシート)をして煮込む。 4、砂糖が溶けていちじくの水分が出てきます。 焦げないように時々混ぜながら煮詰め、煮汁が少なくなってきたら完成。 目安は1時間。 5、粗熱が冷めたら、保存容器に入れて冷蔵庫で保存。

次の

いちじくコンポートの作り方(レシピ)

いちじく コンポート

Contents• いちじくの木から追熟しない青い果実を収穫 我が家の畑には昔からいちじくの木が植えてあり、毎年実が熟する季節を楽しみにしているのですが、実家から離れて暮らすようになってからは母が大量に段ボールで送ってくれていました。 現在は実家で暮らしているので旬を逃さず食べることができるのですが、その当時は親に頼んで送ってもらっていたんですね。 以前、イチジクは日持ちしないからと青いまま収穫して送ってくれたことがあるのですが、実は イチジクは収穫してしまうと成長が止まり追熟しないのですよね。 当時は私も母もそのことを知らず、大量に送られてきた青いイチジクを抱えて「どうやって食べよう」と考えたのが、今回のスパイスコンポートのレシピができたきっかけとなりました。 イチジクの旬の季節はいつ? いちじくが市場に出回るのが 5~11月です。 実はいちじくには旬が2回あるとも言われていて、夏 6~7月 に収穫する夏果と秋 8~10月 に収穫する秋果があります。 その中でも一般的にいちじくの旬の時期は 8~9月と言われています。 イチジクの栄養と効能 いちじくは、全体の 約85%が水分で、カロリーは50g 小さめのいちじく1つ分 で約30kcalと比較的高めです。 いちじくに多く含まれる栄養素は 「カリウム」「カルシウム」「ペクチン」です。 特に「ペクチン」という栄養素は、整腸作用があったり糖質を吸収しやすくする効果があるので、いちじくが女性にとって嬉しい食材とよく言われているのもこのためです。 また、 フィシンというタンパク質分解酵素を含むため、生ハムと一緒にいちじくを食べるというのはとても理にかなってるんですね。 お肉料理の付け合わせやソースに使われることが多いのもこのためです。 特に 「クローブ」「スターアニス」「シナモン」は甘い味によく合うので私は必ずと言っていいほど入れてしまうのですが、3つ全て揃っていなくても、どれか一つだけでも入れると味にアクセントが効いてとてもおいしく出来るのでおすすめです。 クローブは入れすぎると苦みが出てしまうので使用量を守ることと、いずれのスパイスも妊娠中にあまり摂取しない方が良いとされているので注意しましょう。 1つ選ぶとしたら、おすすめは「クローブ」!!元々スパイシーなバニラのような芳香があるので、コンポートにはピッタリ! まとめ いちじくは完熟していると生食が大変美味しいですが、あしがはやいので保存方法に困る方も結構いらっしゃいます。 今回ご紹介したようにコンポートにすれば、完熟でないまだまだ青いいちじくも、熟れ過ぎてあまり日持ちしなそうないちじくも美味しく食べることができます。 砂糖だけでも保存期間は伸びますが、殺菌効果をもつクローブなどのスパイスで一緒に煮ることによって、さらに長期間美味しく食べられるようになります。 甘くスパイシーに煮たコンポートは、ヨーグルトやバニラアイスなどと一緒に食べると絶品ですので、是非試してみてください。

次の