ひしひし 意味。 「通して」の意味と使い方・類語・敬語・言い換え・違い|通じて

【ひしひしと感じる】の例文集・使い方辞典

ひしひし 意味

「所存」と同じような場面で聞くような気がする言葉に、「意向」があります。 同じ場面で置き換えて使うことができるのでしょうか? まずは、「意向」の意味からみてみましょう。 漢字を見てわかるように、「意が向く」ということで、「どうするつもりかという考え。 心の向かうところ。 思わく。 」という意味になります。 「所存」も「心に思うこと、考え」なのでほとんど意味は同じです。 では、双方を置き換えることはできるのでしょうか? 例えば、目上の人に使う「ご意向を伺えますか」という表現がありますが、「ご所存を伺えますか」と置き換えることはできません。 あくまで「所存」は謙譲語であり、尊敬語として目上の人に使うことはできないのです。 そういう意味では「意向」は誰にでも使うことができると言えますが、この言葉そのものは敬語ではないので、目上の人に対して使うときは「ご意向」として「ご」を必ずつけましょう。

次の

間違いも多い「所存です」の正しい意味と使い方・意向との使い分け

ひしひし 意味

「おはようございます。 」 「おはようございます。 ちょっと疲れた顔をしていますね。 」 「なかなか上手くいかないので…」 「まだ始まったばかりですよ。 とりあえず、おすわり下さい。 」 「はい。 」 「今回ご紹介したい方は…」 「………(40代かな?前半までなら何とか…)」 「この方です。 」 「!」 肝革さんは目を疑いました。 その人は、年収は350万円程ですが、3つ下のイケメンです。 「ほ、本当にこの方なんですか?」 「本当ですよ。 良かったですね。 」 「うう…」 「どうなされました?」 「ごめんなさい。 嬉しくてつい。 」 「分かりますよ。 」 「こんな素敵な方が………私は今、喜びを ひしひしと感じています。 」 「………あのですね、肝革さん。 」 「このままずっと、 嫁へ行く場もないんじゃないかと不安になっていたんです。 」 「………(くっ)」 黒坂さんは笑いを堪えるのに必死で、それ以上言えませんでした。 スポンサーリンク ひしひしの正しい使い方は? 「ひしひし」には複数の意味がありますが、一番使われるのは「ひしひしと感じる」でしょう。 この場合の「ひしひし」は、「強く身に迫るさま。 切実に感じるさま。 」です。 例えば、「(身の)危険をひしひしと感じる」、「生活苦をひしひしと感じる」等と使います。 「身に迫る・切実に感じる」ですから、上記のように「自分の外側から押し寄せてくるネガティブな感覚」に対して使う言葉です。 よって、「喜びをひしひしと感じる」、「戦いに臨むエネルギーがひしひしと湧いてきている。 」という使い方は誤りです。 「喜び」なら「しみじみと感じる」等が一般的ではないでしょうか?「エネルギー」なら「湧く」だけで良いのでは?と思います。 ちなみに、「嫁へ行く場もない」という言い回しは(一般的には)ありません。 おそらく、「余命幾ばくもない」を聞き間違えて覚えた方が使っているのでしょう。 スポンサーリンク.

次の

間違いも多い「所存です」の正しい意味と使い方・意向との使い分け

ひしひし 意味

「通して」の「期間の長さ」は直前の言葉にかかっています。 「通して」は「~を通して」の形となり、「~を」の部分が何であるかによって「期間」が変わってきます。 短い期間では「1日を通して」が挙げられます。 「期間」は「ある時点から他の時点までに至るまでの間」の意味であるため、1日より短い場合は「期間」は設けにくいでしょう。 「シーズンを通して」の場合は文脈から「期間」を考えます。 スポーツの場合は、その試合が行われている間を「期間」としましょう。 スイカの販売では夏頃が「期間」になり、受験シーズンでは1月下旬から3月上旬頃が「期間」になります。 他の例では「生涯を通して」があります。 生涯は生きている間が「期間」になるため決まった「期間」はわかりません。 「世紀を通して」の場合はいくつか意味があります。

次の