神戸 市 コロナ ウイルス。 神戸市感染症統合情報システム

兵庫県/新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

神戸 市 コロナ ウイルス

政府の緊急事態宣言を受け、神戸市の久元喜造市長は8日、「新型コロナウイルス感染症対策 最優先宣言」を出し、当面の間、市役所業務を感染症対策に重点化する方針を示した。 保健所支援などに他部署から120人規模の人員を投入する。 市職員には、新型コロナ関連以外の対外的な会議の開催や出席を原則禁止する。 緊急事態宣言を受け、同市は7日、新型コロナウイルス特措法に基づく対策本部を設置。 兵庫県の方針を踏まえ、8日の対策本部員会議で対応を協議した。 同市によると、当面の業務は感染拡大防止や医療・救急体制の確保、市民の生活の安定に集中させ、緊急性が低いものは実施を見合わせる。 「公共交通やごみ処理など、市民生活を維持するための行政サービスは滞りなく実施する」(久元市長)としている。 新型コロナ対策はこれまで職員約440人で対応していた。 業務を縮小する部署の人員は健康局などに配置。 保健所支援班(100人規模)に加え、市民に的確な情報を提供するため、広報特命班(10人規模)やデータ解析チーム(同)を設ける。 5月6日までの態勢という。 市民には市役所や区役所への来庁をできるだけ控えるよう呼び掛け、職員の在宅勤務も大幅に増やす。 久元市長は「阪神・淡路大震災以来の大きな危機。 (当時と)同じ使命感を持ち全力で対応する」と述べた。 (石沢菜々子) 【記事特集】.

次の

神戸市:新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料の減免について

神戸 市 コロナ ウイルス

外来患者(バイアスを避けるため、発熱外来と救急外来は除く)1000人の患者の抗SARS-CoV-2 IgG抗体を調べたところ、33人(3. これを神戸市の人口に当てはめると(性別や年齢などの比率を加味して)、約5万人が既に感染している計算になり、研究実施当時(2020年4月6日まで)の神戸市内の診断患者数69人と大きな開きがあることがわかりました。 芦屋市は大阪と神戸に地理的に挟まれていますし、どちらの都市とも活発に往来がありますから、芦屋市内にも既に多数の感染者がいることが示唆されます。 研究の解釈として注意すべきなのは、 1つは、データを実際に集めたのは1つの病院に来院している患者さんなので、このデータを本当に神戸市全体の人口に当てはめてよいのか分からないということです。 大病院に通院している方々なので、がんの治療中であったり、免疫力が低下している人も多く、新型コロナウイルスに掛かりやすい人々である可能性がありますし、逆に感染しないように注意しているので、一般人よりも感染率はむしろ低いかもわかりません。 ですので、出来れば神戸市民全体からランダムに被験者を抽出して、同じような研究を行うべきかと思います。 が、これは、あくまで「抗体検査キットの信頼性を評価する」のが目的であるので、おそらく予定検体数は限られていると思います。 地域ごとに抗体陽性は異なると考えられますので、それを考えても、人口ベースの抗体陽性率を調べるには不十分なものであろうと思います。 もう1つは、抗体キットの信頼性が国内でまだ評価されておらず、偽陽性や偽陰性がどの程度あるのかわからないため、この3. この研究で使われているキットはクラボウのもので、メジャーな製品ですが、上述の通り、国内できっちり信頼性が評価されているものではありません。 また、前述の大阪市立大学からの報告は別メーカーの製品を使っているので、抗体陽性率の比較も厳密行うことができません。 他の類似研究との数値の乖離もありませんので、概ね妥当な結果なのではないかと思われます。 既に自分たちも新型コロナウイルスに感染しており、無意識のうちに他人に移しているという感覚で行動しないといけないです。 投稿者:• , , ,• コメント:•

次の

兵庫県/新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

神戸 市 コロナ ウイルス

兵庫県内で8日、新型コロナウイルスの感染者が新たに55人確認された。 県内の感染者は再陽性の場合も含めて1595人になった。 神戸市は10歳未満~50代の23人の感染を発表した。 うち9人は、障害のある子どもが利用する東灘区の放課後等デイサービス施設「ガリレオ東灘」の職員4人と利用者5人といい、市はクラスター(感染者集団)と認定した。 市によると、6日に感染がわかった同施設の40代男性職員の濃厚接触者を調べる中で確認されたという。 また、市は6日に感染が判明した20代女性が市立医療センター中央市民病院の受付職員、7日判明の20代の男性が新長田合同庁舎の税務部に勤務する市職員とそれぞれ明らかにした。 姫路市は20代の2人、西宮市は20~60代の計6人、尼崎市は20~70代の計10人の感染をそれぞれ確認した。 県は14人の感染を発表。 うち宝塚市在住の20代の女性は、クラスターが発生したとみられる宝塚歌劇団の雪組に所属する出演者だと明らかにした。 同劇団・花組スタッフの40代男性(加古川市在住)の感染も判明し、宝塚大劇場(宝塚市)関係の感染者はこれで計13人になった。

次の