リンカ ネーション の 花弁 ニュートン。 偉人バトル「リィンカーネーションの花弁」を紹介!無料で読む方法も教えます!

【リィンカーネーションの花弁】感想ネタバレ第6巻まとめ

リンカ ネーション の 花弁 ニュートン

リィンカーネーションの花弁は月間コミックガーデンで連載中 本作品は現在マックガーデンが出版するマンガ雑誌「月間コミックガーデン」で連載中です。 2014年7月号から連載が開始され、 単行本は現在8巻まで出ています。 作者は「小西幹久」先生。 前作は「素足のメテオライト」という作品を連載していました。 本作品も素足のメテオライトもそうですが、どんな展開になってもコミカルに物語を描く事を得意としている先生だと思います。 本作品ではバトルがメインとなっておりますが、コメディやシリアスな展開もかなり入っているので、別け隔てなく全ての方にオススメ出来る作品です。 あらすじ 主人公「扇寺 東耶」は勉学、スポーツ、音楽全ての分野においてトップレベルの成績を残してしまう兄を妬んでおり、自分の「才能」というもの求め様々な事にチャレンジしていました。 しかし、どれもあと天才とはあと一歩の所に留まってしまっていました。 そんな折、塾の帰りに目撃してしまったのは、輪廻の枝によって「輪廻返り」をした人物の殺戮の模様。 その人物を身体が動けず凝視してしまっていた際に隣に来たのは隣の席の剣道の天才少女「灰都=ルオ=ブフェット」でした。 彼女もまた、輪廻返りによってかの剣豪「宮本武蔵」の才能を得た人物だったのです。 輪廻返りをし、才能を持つ者同士の凄まじい闘いを見た東耶は一体何を思うのか。 前世を、掘り起こせ。 決別せよ!無才と罵られる日々に!! 目覚めよ!!! リィンカーネーションの花弁の見所・魅力 暗い話ながらもそうは見せない展開力 本作品ではバトル作品であるので、一般人を含めた多くの人が死んでいきます。 初めはダークな展開になっていくのかなと思っていましたが、決してそうではありません。 合間合間にネタが仕込まれており、暗い展開からすくい上げるような感じで明るく転じたりする所が本作品の魅力かなと思います。 決して気落ちすることなく読み続けられるため、暗い話が苦手な方でも本作品はオススメ出来ます。 登場人物の能力が非常にユニーク 本作品の最大の見所がこちら。 様々な人物が登場する事になりますが、持っている能力が非常にユニークなんですよね。 偉人の能力を受け継ぎしもの、稀に偉人ではない得体のしれないものを才能にしている人物もいます。 そんな人物等で行われるバトルは最早爽快です。 毎回変わった能力が登場するので、飽きる事なく読む事が出来るのが本作品の魅力です。 主人公「東耶」の目的とは!? 東耶は何でも出来てしまう天才の兄の面影を追うため何に対しても努力し、トップを目指していました。 勉学、スポーツ、音楽など色々なモノに関わり努力してきましたが、あと一歩が足りず天才にはなれないのでした。 その輪廻の枝によって得られた才能によって東耶が何をやるかかなり注目です。 東耶は主人公ではありますが、その様はただの主人公というより悪役に見えてしまうほど尖っていますので刮目して下さい! 読者の感想・評判 「 リィンカーネーションの花弁 」読者の感想や評判をご紹介します。 内容が素晴らしく面白いし。 絵も個人的にはかなり好きです、バトルシーンはもちろん哀愁の表現も巧いです。 もっと売れるべき漫画だと思います!!! 主な登場人物 扇寺 東耶(せんじ とうや) 本作の主人公。 自分に何の才能もない事に劣等感を持ち続けている高校生。 優秀な兄と比較され育ってきた事から、自分には何の才能があるのかを常に探求し続けている。 灰都=ルオ=ブフェット(はいと=ルオ=ブフェット) 東耶と同じクラスメートの女の子。 剣道の天才と学校では評判であるが、その才能は輪廻返りによって剣豪「宮本武蔵」の才能を身に宿しているからである。 廻り者となってからはまだ日が浅く、力はまだ覚醒していない。 ジョン・フォン・ノイマン 偉人の杜のリーダー。 冷静沈着な性格で、仲間に的確な指示を出す。 計算能力がとんでもなく高い人物。 リィンカーネーションの花弁を無料で読む方法!マンガボックスで掲載中! 紹介してきた本作品ですが、無料で読む方法があります。 違法性はまったくありません。 正規の方法でしっかりと無料で読む事が出来るようになっています。 リインカーネーションの花弁は現在DeNAが運営するマンガアプリ「マンガボックス」で一部のエピソードが無料で読めるようになっています。 7月現在、 マンガボックスでは第1話から第25話まで無料で読む事が出来るようになっていました。 さらに、これでは終わりません。 25話までしか公開されていないとなると、続きが読みたくなってしまいすよね。 そんな時はNagisaが運営するマンガアプリ「マンガZERO」を使いましょう! マンガZEROでもリィンカーネーションの花弁が掲載されています。 マンガZEROでは1 日8話無料で読む事が出来るようになっており、単行本の5巻までのエピソードが公開されているので、第5巻までであれば完全無料で読む事が出来るというわけです。 まとめると、 「マンガボックスで読めるだけ読んで、続きはマンガZEROで読む」 という方法を取れば無料で続きまで読む事が出来ます。 本作品が気になった方はぜひこの方法で読んでみて下さい!.

次の

漫画『リィンカーネーションの花弁』は偉人の力で戦う激アツバトル漫画!

リンカ ネーション の 花弁 ニュートン

偉人の杜、全人類絶滅を布告。 偉人罪人戦争、終戦。 罪人を駆逐した偉人の杜は、新たな敵を全人類に定める。 踏みにじられる兄の思い。 託された世界の平和。 新たに登場した強大な偉人達。 東耶は、その手に人類の未来を掴むことが出来るのか…! 目次 第25話 答酬 第26話 花弁の化物 第27話 偉人たちの布告 第28話 偉人たちの悪戯 第29話 影は伸びて幕は下りる リィンカーネーションの花弁の本編あらすじ 第25話 答酬 リィンカーネーションの花弁25話、だいたいひと月前更新です。 「偉人の杜」と「罪人軍」の戦いの疑問が大なり小なり解けていく。 ついでに項羽の城の墓地についても真相がわかります。 第26話 花弁の化物(前編) リィンカーネーションの花弁26話 前 、一昨日更新です。 まったく触れてこなかった灰都たちが展開に合流する。 久々に「ヒロイン」が登場。 第26話 花弁の化物(後編) リィンカーネーションの花弁26話 後 、一昨日更新です。 カエサルとノストラダムスが共闘し、灰都と相対す。 ノストラダムスの才能『予言』が戦況を歪めるも、灰都がその上をいく。 第27話 偉人たちの布告 リィンカーネーションの花弁27話、更新されています。 項羽は生存者を闇で転移させる。 行き先は西耶の友人、北束斎の元だった。 凄まじく久しぶりな北束の登場、加えて初期から登場しつつ戦いに関与してこなかったノーベルだったが、ついに才能『死の商人』が行使される。 第28話 偉人たちの悪戯 リィンカーネーションの花弁28話、一ヶ月くらい前に更新されています。 デモに出てきたノーベル、ガガーリン、ニコラ・テスラ3人の偉人は各々、地球を単身アボンできる才能を存分に披露する。 ついでにノイマンの思惑とは!? 第29話 影は伸びて幕は下りる(前編) リィンカーネーションの花弁29話、10日くらい前に更新されています。 暴挙にも似た布告を起こした偉人の杜には影があった。 その影の正体がナイチンゲールであることが判明します。 主にリンゴ頭が単身頑張ります。 あと、ニュートンやノイマンがひどい目にあいます。 第29話 影は伸びて幕は下りる(後編) リィンカーネーションの花弁29話、一ヶ月ほど前に更新されています。 北束と項羽には不穏な空気、項羽の才能譲渡の提案に東耶が出した答えは。 ダルモンが自分の命を引き換えに誰かの命を確実に奪える才能『暗殺天使』を行使。 幕は下りる。 manga-diary.

次の

リィンカーネーションの花弁 1 (BLADEコミックス)

リンカ ネーション の 花弁 ニュートン

2014年からマグコミで連載中の小西幹久による大人気漫画『リィンカーネーションの花弁』の最強の称号を決める強さランキングをまとめてみました。 第1位:項羽 才能『万象儀』を有する廻り者。 今なお人類史上最強と謳われる武人の才能を有しており反則レベルの戦闘力を誇る。 本編ではその才能を披露する機会は少なかったが、北束斎からは勝てるビジョンが沸かないとまで言われた。 扇寺西耶が生きていた頃は武術を教えていた。 第2位:扇寺西耶(レオナルド・ダヴィンチ) 才能『万能器』を有する廻り者。 本編ではその才能を披露する機会は少なかったが、あらゆる才能に開花する才能を秘めている。 習得するまでに時間がかかる欠点があるが、異常な吸収性を持っており、複数の才能を同時使用することもでき、廻り者の頂点に君臨するだけの潜在能力を有していた。 第3位:北束斎 特務自衛隊「黒鋭部隊」のリーダー。 廻り者ではないが武術の天才で、ノストラダムスから歴史的武の才覚と並ぶと評され、廻り者の灰都ですら組み伏せた。 項羽も「暴威の塊みたいな奴」とその才能を認めている。 友人でもある扇寺西耶の稽古相手を務めていた。 第4位:アインシュタイン 才能『空間転移』を有する廻り者。 一瞬で世界中を移動できる。 攻防一体の才能で輸送にも活躍でき、汎用性が高く、ヒトラーからも最高峰の才能と評される。 知らない場所には移動できないが、一秒未満で空間ごと交換することで、あたかも瞬間移動のように自在に駆け巡れる。 実戦経験が豊富で偉人の杜の最高戦力。 第5位:ニュートン 才能『重力の実』を有する廻り者。 アインシュタインの相棒。 重力を操作し空中を移動することもできる便利な才能。 完全に人間離れした姿形をしており、ダメージを受けるとリンゴの品種名を叫ぶ。 オウリン!サマーキング!ふじ! 第6位:柳生十兵衛 才能『一寸の極み』を有する廻り者。 剣士の才能と共に視覚を限界使用でき、相手の攻撃を神業的鋭さで見切ることが出来る。 柳生新陰流勢法と呼ばれる数々の技で倒す一方で、脳にかける負担も大きいため能力を長時間使用できないデメリットもある。 能力がタイマン勝負向きであり大勢を相手にするのは不向きと見られる。 第7位:灰都=ルオ=ブフェット(宮本武蔵) 才能『歪二天礼法』を有する廻り者。 超人的な反応速度で攻撃を躱し一刀延鉄など数々の刀法で相手を倒す。 柳生十兵衛と同じ剣術家だが、廻り者としてはまだ不完全で柳生からも剣が粗いと言われる。 故に伸び代は大きく、まだ成長できる余地は残っている。 能力がタイマン勝負向きであり大勢を相手にするのは不向きと見られる。 第8位:扇寺東耶(石川五右衛門) 才能・盗人の右腕・左腕を有する廻り者。 才能を盗めてもオリジナルより劣るという弱点はあるが、無限に才能を集めることができるのが強み。 論理的には廻り者全員の才能を盗むことができ、歴史を総括するほどの力を秘めているが、まだ二つの才能(串刺し公と不死の兵)しか盗めておらず、その才能の真価を発揮できていない。 第9位:ダルモン 才能『予測演算』と『電脳の主』の二つの才能を有する廻り者。 戦闘向きな才能ではないが、異常なまでの計算力と思考力によって未来をほぼ正確に予測する偉人の杜のブレーン的存在。 第12位:ナイチンゲール 才能『癒の天使』と『クリミアの赤い影』の二つの才能を有する廻り者。 最新刊では偉人の杜メンバーを影で操る黒幕になっているが、元々は回復役であり、個人としての戦闘能力は皆無に近い。 しかし、真の黒幕を名乗る以上は三つ目の才能も持っている可能性があり、いまだ底知れぬ存在。 隷属させているノーベル、ニコラ・テスラ、ユーリ・ガガーリンを自由自在に操る。 まとめ 今回ご紹介した以外にも高名な偉人格が存在し、超越的な才能を有している登場人物も多数います。 今後の展開にも注目ですね!マグコミなら最新話が無料で読めるので一度読んでみてください! manga-diary.

次の