悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ。 僕だけがいない街のレビュー・感想・評価

ドラマ「悪夢ちゃん」 第4話 あらすじ感想「邪夢」

悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ

4月16日にこの2作品を観てきたもので。 といってもクルマがメインの作品じゃない(特に前者)のでり上げる量は少なめですが色々考察できるネタがあると考えたもので。 まずは『僕だけがいない街』実写版の方から。 アニメ版との比較になるのはご容赦を(原作は未見なので触れようがありません)。 因みに感想としては「後半はどうしてああなった…。 それ以外はいい意味で原作をなぞってたのに」って感じです。 別になしというわけではないですし原作者からの注文がなかったそうなのであれはあれでとは思いますがアニメ版の方が個人的には良かったな、と。 2006年の一巡目(冒頭から1988年への最初のリバイバルまで)において悟の母親が児童誘拐の様子を見かけた際、その犯人はホンダ・エリシオンを用いていました。 三巡目(病院で意識を取り戻してから)では悟が犯人の前に立ちはだかりそこからビルの屋上で対峙します(それ自体はアニメ版でも同じ感じでした。 尤も、結末は違いましたが…)。 やはりワンボックスカーって誘拐に向くのかしら。 因みにアニメ版がどうだったかは覚えてないです(録画した奴はダビングしてた記憶があるので確認する機会があれば追記するかも)。 二巡目(1988年からリバイバルしてから警察に確保されるまで)では愛梨とコンタクトを取るも警察に見つかり確保、泣きながら後悔する愛梨に対し自らを信じてくれたことを感謝しながら警察車両に連れていかれるもそこで再びリバイバルが起こる…(これはアニメ版でも全部ではないにせよ大体は同じ)のですがその際の警察車両はGRX130系トヨタ・マークXでした。 前期・後期どちらだったかは覚えてませんでした(たぶん前期)が、同型の生産は2009年からなのでどっちにせよ年代考察的にはおかしいのです(先代にあたるGRX120前期型だったらセーフなのですが…)。 重要な点ではない・突っ込むのも野暮・割とメジャーな選択肢だから(『純黒の悪夢』でも公安車両として登場してましたし)というのはあるでしょうがある意味詰めが甘いなと思いました。 なお、アニメ版ではS180系トヨタ・クラウンとなっており考察的にはセーフです。 因みに序盤でドライバーが心臓病で死んでてコントロールを失ったトラックから信号待ちの児童を助けた悟をはねてしまったのはG10型日産・ブルーバードシルフィ(前期・後期どちらだったかは失念)でした。 1988年では雛月が母親の虐待から救われた際に児童相談所が用いていたのはダットサン・サニーバンだったと思います(バッジに「SUNNY」の文字があったので)。 またその後のシーンで八代先生が藤沼親子を乗せてたのはEF系ホンダ・シビックセダンだったように記憶しています。 その後、白鳥潤の車両を追ってた際にはT140系トヨタ・コロナを用いており悟を助手席に乗せていたと記憶していますが実は潤の父親の所有車両を真犯人である八代先生が拝借したものでした。 なお、アニメ版では藤沼親子を乗せるのも車両を追う際も潤の父親の所有するEF型ホンダ・シビックシャトルを用いてた記憶がありこちらは悟を乗せたまま湖に沈められました。 次に『名探偵コナン純黒の悪夢』の方について。 アレに関してはいつも通りですがあまり深く考えるのも野暮かと思い深く考えず観ることにしてるのでそこそこ楽しめました(が、真面目に考えればいかんがなと言われてもしょうがない気はします)。 とりあえず作品の質如何は兎も角黒の組織絡みの所為か随分気合を入れてるのと「あの人とあの人そう言う関係だったのね」という点と線のつながりを前作・前々作共々感じました。 謎の女(声を当てているのは天海祐希さん)が警察庁から逃走を図った際に通行車両であるGX61型トヨタ・コロナマークIIを奪います。 その後高速道路でカーチェイスを行ない逆走して赤井さんを轢こうとしますが彼の放った銃弾でタイヤをバーストさせられクラッシュ、他の通行車両(路肩に置かれた大破車両)ともども地面に落ちて大爆発を起こします。 なお、女はその前に脱出し海に逃げましたがその後記憶喪失に陥ります。 何とも旧いチョイス(因みに販売は1980年~1984年)すぎて一瞬車種が把握できなかったほどですが劇中でも女に付着していたフロントガラス片からコナンが車両事故に遭ったと推測していました。 ただあまりにも車両としては旧過ぎて見つけられなかったのかエンドロールの実写パートではX100系が用いられていました。 本編ではカーチェイスのシーンだけでしか登場してませんでしたがエンドロールではしっかり登場していました。 因みに私事ですが観賞前に黒い個体を大阪市内のホテルで偶然発見してたりします。 もしや2代目マイケル・ナイトか。 安室さんの方は原作等同様FD3S型アンフィニ・RX-7(劇中では白ですが画像の赤なら佐藤刑事が搭乗)に搭乗しており、カーチェイス後も病院や組織による訊問の際に登場していました(その際カーチェイス時の傷が残っています)。 作品自体とは外れますが彼がRX-7に乗ってるのもは元ネタであるアムロ・レイがRX-78-2 ガンダムに搭乗していたからだと思われます(因みに同機の名前の由来はスタッフの中にRX-7乗りがいるからとの噂があります)。 ただエンドロールで登場してた個体はマイナーチェンジ後の仕様となっていました。 自分が観たところではグレードはスピリットR(最終限定車として1500台が販売された代物)と思われますが実際のところはわかりません。 他には怜奈さんと安室さんの訊問時にジンの愛車としてポルシェ・356A(画像は356Cですが劇中の外観的にはこちらが適当かと。 劇中では黒)が 警察病院付近でキャンティの愛車としてダッジ・ヴァイパーが 東都遊園地に向かう際に阿笠博士の愛車としてフォルクスワーゲン・タイプ1が、 FBIの車両としてC219型メルセデス・ベンツ・CLSクラス(劇中車のルーフ部分はかつてのA209型CLKカブリオレを意識したのか黒)が登場していました。 謎の女と赤井さん、FBI以外はおなじみの車両でした。 因みに全部把握してるわけではないですがナンバーが声優の誕生日や語呂合わせとなってるものもあるので確かめてみるのもアリかも知れません。 本題は以上ですが余談として、既にご存知の方もおられるでしょうが赤井さん、安室さん両者とも中の人が自動車と造詣があったりします。 前者の場合それこそホントにガンダム絡みでなんてのがあるほか2011年より「」でナレーターをされています(同番組は自分も録画して観てるので池田秀一氏の声を毎週耳にしています)ので実際のところはよく知らないですがもしかしたら池田さんもクルマ好きの一面があるのかもしれません。 後者の場合20代の頃からクルマに拘りを持つようになったとのことで声優界におけるクルマ好きとしても有名(尤も、PCの方がそれ以上にかも知れませんが)と聞いているほか1986年より「」のナレーターをされています。 その意味では彼らが声を当てているキャラの搭乗車種が良い趣味をしてるのも肯けると個人的には思います。 2020年 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 09月 10月 2018年 01月 02月 03月 04月 05月 07月 09月 11月 12月 2017年 01月 02月 03月 05月 07月 08月 09月 10月 12月 2016年 2015年 01月 02月 03月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 11月 12月 2013年 01月 02月 06月 08月 09月 10月 11月 12月 2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 12月 2011年 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 12月 2010年 07月 09月 11月 2009年 01月 02月 03月 04月.

次の

「『僕だけがいない街』『名探偵コナン純黒の悪夢』登場車種について(ネタバレ含む)」あぶない特命係の青島/いいこまのブログ | 光岡ビュートが気になるけどスイフトを買ったスバリストのブログ

悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ

4月16日にこの2作品を観てきたもので。 といってもクルマがメインの作品じゃない(特に前者)のでり上げる量は少なめですが色々考察できるネタがあると考えたもので。 まずは『僕だけがいない街』実写版の方から。 アニメ版との比較になるのはご容赦を(原作は未見なので触れようがありません)。 因みに感想としては「後半はどうしてああなった…。 それ以外はいい意味で原作をなぞってたのに」って感じです。 別になしというわけではないですし原作者からの注文がなかったそうなのであれはあれでとは思いますがアニメ版の方が個人的には良かったな、と。 2006年の一巡目(冒頭から1988年への最初のリバイバルまで)において悟の母親が児童誘拐の様子を見かけた際、その犯人はホンダ・エリシオンを用いていました。 三巡目(病院で意識を取り戻してから)では悟が犯人の前に立ちはだかりそこからビルの屋上で対峙します(それ自体はアニメ版でも同じ感じでした。 尤も、結末は違いましたが…)。 やはりワンボックスカーって誘拐に向くのかしら。 因みにアニメ版がどうだったかは覚えてないです(録画した奴はダビングしてた記憶があるので確認する機会があれば追記するかも)。 二巡目(1988年からリバイバルしてから警察に確保されるまで)では愛梨とコンタクトを取るも警察に見つかり確保、泣きながら後悔する愛梨に対し自らを信じてくれたことを感謝しながら警察車両に連れていかれるもそこで再びリバイバルが起こる…(これはアニメ版でも全部ではないにせよ大体は同じ)のですがその際の警察車両はGRX130系トヨタ・マークXでした。 前期・後期どちらだったかは覚えてませんでした(たぶん前期)が、同型の生産は2009年からなのでどっちにせよ年代考察的にはおかしいのです(先代にあたるGRX120前期型だったらセーフなのですが…)。 重要な点ではない・突っ込むのも野暮・割とメジャーな選択肢だから(『純黒の悪夢』でも公安車両として登場してましたし)というのはあるでしょうがある意味詰めが甘いなと思いました。 なお、アニメ版ではS180系トヨタ・クラウンとなっており考察的にはセーフです。 因みに序盤でドライバーが心臓病で死んでてコントロールを失ったトラックから信号待ちの児童を助けた悟をはねてしまったのはG10型日産・ブルーバードシルフィ(前期・後期どちらだったかは失念)でした。 1988年では雛月が母親の虐待から救われた際に児童相談所が用いていたのはダットサン・サニーバンだったと思います(バッジに「SUNNY」の文字があったので)。 またその後のシーンで八代先生が藤沼親子を乗せてたのはEF系ホンダ・シビックセダンだったように記憶しています。 その後、白鳥潤の車両を追ってた際にはT140系トヨタ・コロナを用いており悟を助手席に乗せていたと記憶していますが実は潤の父親の所有車両を真犯人である八代先生が拝借したものでした。 なお、アニメ版では藤沼親子を乗せるのも車両を追う際も潤の父親の所有するEF型ホンダ・シビックシャトルを用いてた記憶がありこちらは悟を乗せたまま湖に沈められました。 次に『名探偵コナン純黒の悪夢』の方について。 アレに関してはいつも通りですがあまり深く考えるのも野暮かと思い深く考えず観ることにしてるのでそこそこ楽しめました(が、真面目に考えればいかんがなと言われてもしょうがない気はします)。 とりあえず作品の質如何は兎も角黒の組織絡みの所為か随分気合を入れてるのと「あの人とあの人そう言う関係だったのね」という点と線のつながりを前作・前々作共々感じました。 謎の女(声を当てているのは天海祐希さん)が警察庁から逃走を図った際に通行車両であるGX61型トヨタ・コロナマークIIを奪います。 その後高速道路でカーチェイスを行ない逆走して赤井さんを轢こうとしますが彼の放った銃弾でタイヤをバーストさせられクラッシュ、他の通行車両(路肩に置かれた大破車両)ともども地面に落ちて大爆発を起こします。 なお、女はその前に脱出し海に逃げましたがその後記憶喪失に陥ります。 何とも旧いチョイス(因みに販売は1980年~1984年)すぎて一瞬車種が把握できなかったほどですが劇中でも女に付着していたフロントガラス片からコナンが車両事故に遭ったと推測していました。 ただあまりにも車両としては旧過ぎて見つけられなかったのかエンドロールの実写パートではX100系が用いられていました。 本編ではカーチェイスのシーンだけでしか登場してませんでしたがエンドロールではしっかり登場していました。 因みに私事ですが観賞前に黒い個体を大阪市内のホテルで偶然発見してたりします。 もしや2代目マイケル・ナイトか。 安室さんの方は原作等同様FD3S型アンフィニ・RX-7(劇中では白ですが画像の赤なら佐藤刑事が搭乗)に搭乗しており、カーチェイス後も病院や組織による訊問の際に登場していました(その際カーチェイス時の傷が残っています)。 作品自体とは外れますが彼がRX-7に乗ってるのもは元ネタであるアムロ・レイがRX-78-2 ガンダムに搭乗していたからだと思われます(因みに同機の名前の由来はスタッフの中にRX-7乗りがいるからとの噂があります)。 ただエンドロールで登場してた個体はマイナーチェンジ後の仕様となっていました。 自分が観たところではグレードはスピリットR(最終限定車として1500台が販売された代物)と思われますが実際のところはわかりません。 他には怜奈さんと安室さんの訊問時にジンの愛車としてポルシェ・356A(画像は356Cですが劇中の外観的にはこちらが適当かと。 劇中では黒)が 警察病院付近でキャンティの愛車としてダッジ・ヴァイパーが 東都遊園地に向かう際に阿笠博士の愛車としてフォルクスワーゲン・タイプ1が、 FBIの車両としてC219型メルセデス・ベンツ・CLSクラス(劇中車のルーフ部分はかつてのA209型CLKカブリオレを意識したのか黒)が登場していました。 謎の女と赤井さん、FBI以外はおなじみの車両でした。 因みに全部把握してるわけではないですがナンバーが声優の誕生日や語呂合わせとなってるものもあるので確かめてみるのもアリかも知れません。 本題は以上ですが余談として、既にご存知の方もおられるでしょうが赤井さん、安室さん両者とも中の人が自動車と造詣があったりします。 前者の場合それこそホントにガンダム絡みでなんてのがあるほか2011年より「」でナレーターをされています(同番組は自分も録画して観てるので池田秀一氏の声を毎週耳にしています)ので実際のところはよく知らないですがもしかしたら池田さんもクルマ好きの一面があるのかもしれません。 後者の場合20代の頃からクルマに拘りを持つようになったとのことで声優界におけるクルマ好きとしても有名(尤も、PCの方がそれ以上にかも知れませんが)と聞いているほか1986年より「」のナレーターをされています。 その意味では彼らが声を当てているキャラの搭乗車種が良い趣味をしてるのも肯けると個人的には思います。 2020年 02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2019年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 09月 10月 2018年 01月 02月 03月 04月 05月 07月 09月 11月 12月 2017年 01月 02月 03月 05月 07月 08月 09月 10月 12月 2016年 2015年 01月 02月 03月 05月 06月 07月 08月 09月 11月 12月 2014年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 11月 12月 2013年 01月 02月 06月 08月 09月 10月 11月 12月 2012年 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 12月 2011年 02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 12月 2010年 07月 09月 11月 2009年 01月 02月 03月 04月.

次の

「『僕だけがいない街』『名探偵コナン純黒の悪夢』登場車種について(ネタバレ含む)」あぶない特命係の青島/いいこまのブログ | 光岡ビュートが気になるけどスイフトを買ったスバリストのブログ

悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ

自由とは--------------? 「先生は、サイコパスです!!」 あのブログに書いてあるのは本当の事。 これからは無理には笑わないと宣言した彩未。 ついに自分をさらけ出した彩未。 こうすることで、逆にブログに書かれたことは価値がなくなるという事で、綾乃的にも一石二鳥だったよう。 「先生が笑顔をやめた---------」 生徒達に動揺と不安が広がる。 特に結衣子は心配で仕方ない。 それからの彩未は、人が変わったように厳しい口調な態度に、投げやりな態度。 ・・・でも、逆にそっちの北川さんの方が凄みとかあっていいよ。 私はこっちの彩未のが好きだわ(^^) 自由とは? 子供たちにそれを問う彩未。 「それが自由なのか自分勝手なのかさえ分からない。 分からなくてもいいのです。 そう思うことが自由なのです。 学校で教わることの自由とは、むしろ分かることではなく、自分の中に分からないと思うことを増やすことです」 美羽は今日の先生はカッコイイと言い出す。 笑顔で誤魔化す先生より、ずっといいという。 それをクラスの小泉綾乃はだったらどっちの先生が本物なのか、男がいるのか調べてみようと言い出す。 そこをたまたま通りかかった結衣子まで巻き込まれてしまい、明日彩未の家に家庭訪問に行くことに。 その夜、夢を見る結衣子。 今回出てきたのは綾乃。 結衣子にプレゼントがあるというのだ。 「私の嘘」 それをあげたら、自分はもうウソをつかなくてよくなるというのだ。 「私の血はイチゴジャムなのよ」 そして、口から吐き出したジャムを飲めと言い出す綾乃。 飲めないと怯む結衣子に、じゃぁキスして直接飲ませてやると言いだしたのだ。 その時結衣子に聞こえたのは、なんと夢王子の声!! 「悪霊退散!!」 すると 夢王子が結衣子を助けるために、PCの中から綾乃に剣を突き刺してきたのだ!! 微妙に怖い悪夢? そして、翌日の放課後、彩未の家に家庭訪問に行く子供たち。 だがその時、調度志岐がやってきたのだ!! 恋人か? 「僕はただの召使さ」 でも、鍵まで持ってるし(><) これでは誤解するなという方がおかしいだろう。 そして皆を勝手に部屋に入れて、ホットケーキを振舞う志岐。 そこには彼が作ったというジャムが出てきたのだ。 何かを察する結衣子は怯える。 そこへ戻って来た彩未。 先生は今私たちを殺そうと思っているのかと問いだす生徒。 「先生が何て答えれば満足? そうやってすぐ ひとに答えを求めない。 先生はみんなが見たままの先生よ。 自分で判断しなさい」 呆れたように返事して、皆を送り届ける彩未。 自分も手伝うという志岐だったが、彼が家に行けば、間違いなく通報もの!! ロリコンに見えるだろう。 「あなたはちょっと、フィギュアっぽいのよ」 わはは!! うまいこと言うわ(^^) だが翌日、またも彩未の家を訪ねてきた綾乃。 どうやら彼女は家では弟ばかり構う親のせいで孤立しているよう。 そこで志岐に夢の話を聞いて欲しいと言う綾乃。 だが翌日・・・。 「別れさせてやる」 そう言って、唇をかみ締めて血を流した綾乃。 彼女の夢札を解析していた志岐。 「お前なんか消えちゃいな!!」 そう夢の中で母親に言われていた綾乃。 どうやらこれ、 ピロー型のヘッドホンを試すため、綾乃を実験に使ったよう。 「獏」の開発を助手と密かに進める志岐。 キーは彩未が持っているのだと・・・。 だが、学校では綾乃の事が大問題に!! 前日 綾乃は彩未の家に行き、志岐にキスされたと言い出したのだ!! 更には気づいたらベッドに眠っていていたと・・・。 恋人でもない。 連絡先も知らない男に鍵を渡して、そいつが生徒に悪戯したのかもしれない。 一気に立場が悪くなる彩未。 生徒達も彩未に宣言。 「私たちは先生の事が分かりません。 分からないので「怖い」と判断します」 そして授業をボイコットすると言い出す子供たち。 教室に残ったのは、彩未を怖くないという美羽と、チームだと思っている冬馬。 「自分がいなくなるよりはマシだよ、先生」 そういった前回ののっぺらぼうだった赤根。 そして結衣子。 糾弾される彩未。 だがそこへ、 志岐がやってきたのだ!! 彼は自分が何もしていないという証拠があると、PCを取り出してきたのだ。 そこには綾乃から話を聞こうと、彼女をカメラで撮影した映像が写っていたのだ!! 「私はロリコンではありません。 武戸井先生を心から尊敬する1人の男です」 そして、その話の内容は、綾乃の母にだけ見て欲しいと言い出す志岐。 これでは綾乃がウソをついて、事を大きくしていただけという事になる。 彼女がそんな事をしたのは何故か? 「お母さんに嫌われるのが、凄く怖いです」 自分がバカで、浮気をしている父親に似ているから嫌われていると思っている綾乃。 「あの家に私が... 私がいてはいけないんです」 だが、母はにわかに自分が娘にそう思わせていたことを信じられない。 「お嬢さんは、お母さんへのフラストレーションから、武戸井先生をスケープゴートにした。 「不安」という外敵から身を守るために。 お嬢さんのウソは、お嬢さんの心をむしばむ毒なんです。 だから吐かずにはいられなかった」 だがその夜、またも夢を見た結衣子。 給食のビーフシチュー中に、綾乃がまた口からジャムを出して入れたのだ!! それを食べて次々と倒れていく生徒達。 彩未も。 そして、食べなかった結衣子には、綾乃は長い舌を出して攻撃を仕掛けてきたのだった・・・。 最初の夢でウソを飲めといった綾乃。 このままではいずれ綾乃はいじめられた復讐を皆にするのだろう。 しかも明日の献立はビーフシチュー。 学校へ来させるなという古藤。 だが、自分の撒いた種でしょうと、学校へ行かせる母。 仕方なしに学校へ向かった綾乃だったが・・・。 クラスメイトは完全無視。 嘘つき 死ね 授業中に、酷い誹謗中傷のメモの紙を綾乃に回してくる子供たち。 壊れそうになった綾乃の心。 だがその時、 彩未はそのメモを回収し、ぐしゃりと握りつぶして、代わりに1枚の便箋を渡したのだ。 それは・・・彩未が綾乃の母親に頼んで書いてもらった解毒剤と言う名の手紙。 「おかあさんはいつも綾乃のことが心配でなりません。 なぜなら、綾乃は おかあさんにそっくりだからです。 とても意地っ張りで、見えっ張りのくせに、要領が悪くて、成績も悪い。 みんな昔のおかあさんにそっくりです。 だからあなたをついキツく叱ってしまいます。 でもねこれだけは信じてください。 おかあさんはいつでも綾乃の味方です。 綾乃が世界中の人から嫌われても、おかあさんだけは 味方です。 綾乃を絶対に守ります。 だから、勇気を出して学校で頑張ってください。 そして、元気に必ず私の所へ帰って来てください。 母より」 その手紙に、涙を流す綾乃。 ようやく溶けた、ジャムの毒の呪縛。 「先生もその場の空気を読ませるためにみんなに信じてもらおうとか尊敬されようとは思いません。 学校は、一人一人が他の人間に囲まれて生きている場所です。 その場の空気を読むことも人間に備わった 大事な能力です。 世の中を生き抜くすべとしては大事なことです。 しかし、いくら空気を読んだからといってもキツネのこしらえたきび団子を食べるべきではなかったと先生は思います。 お腹をこわす確率はかなり高かった。 それでも皆さんなら食べますか? それでも、そこまで考えて「私は食べる」というのならそれは、あなたの自由です」 教科書の物語を引用し、そう宣言する彩未。 その夜、やってきた志岐を、初めて泊めた彩未。 「今日は僕が夢王子だ」 その名を呼ぶなと言って嫌がる彩未。 最早悪夢王子だから(^^;) でも、このふたりって全然男女の関係ではないんだよねぇ。 こうなると逆に不思議な関係なんだよなぁ。 だが翌日、 ブログがまた更新されていたのだ!! しかも空気を読めないのはお前の方だと、早く死ねと酷い言葉が。 だが、犯人を知っているという志岐。 そして彼が見せてくれたPCの画像。 そこには・・・一心に文字入力をする 彩未の姿が写っていたのだった----------。 えぇ!? では 自分の無意識下の中で、彩未本人がこのブログを書いていたという話なのか? それこそ吐き出せない裏の想いを、客観的に見ていた自分が自分を追い込むように書いたものなのか・・・。 これは真相が気になるところ。 夢・・・かもしれないしね。 で、次回は福くんがゲストですか。 goo.

次の