トーンモバイル 速度。 トーンモバイルの高速チケットを実際にチャージしてみました。

トーンモバイルの高速チケットを実際にチャージしてみました。

トーンモバイル 速度

速度遅い、動画はいっさい観れません。 050アプリ電話は使えません。 音ずれる、切れる、イライラします。 以前は無料だったオプションがいつの間にか有料になり、気づかないうちに課金されます! 自分で外さないと課金されます。 これ、詐欺では? メールでお知らせしてるらしいけど、 ジャンクっぽいメール、いちいち見ないです。 苦情を言って、返金させました。 サポートセンターは電話繋がりません。 メール質問するも、やや専門的な内容はいっさいわからない、ただの事務屋さんです。 メールなので、調べてから回答できるだろうに。 マニュアルの回答コピペです。 それも質問の答えになってないので、日本語大丈夫なのか。。。 ? マニュアル回答のなかに適当な物がなくて無理矢理返信した感じです。 最近は他社スマホもだいぶ安くなったので、 これ使うメリットないので、乗り換えます。 2019年の夏に、TONEe19を買ってもらい、3ヶ月のお試し期間的なものは特に何事もなく過ぎました。 ですが、ギガ使い放題とかなんとかホームページに書いてありましたが、ほとんどなく、毎日毎日通信制限のようです。 Wi-Fi環境でないと、アップデートなどもできない始末。 回線も遅く、ネットも遅い、LINEなどではメッセージが送信できませんなどは2日に一度はあります。 朝早くやかなり深夜になるとまぁ速いほうかなと言う状態。 TONE見守り的なやつで使う時間など設定したり、電車など公共のサービスを利用したり、特定の場所に行ったら通知(親端末)が行くようになってるようですが電車に乗ってもいないのに電車に乗ったとの通知が行ったり歩きスマホを感知して自分の端末で警告して、親端末に通知する。 というサービスがありますが、役立たずです。 例えばつい先程まで歩いていて、止まってからスマホの画面を開くと、歩いてもいないのに警告が出て親に通知。 私が怒られる始末に。 子端末に関する設定もアプリが使える時間がバグっていきなり変わっていたり、変更したことがされていなかったり、散々です。 そして、長時間持つ充電、そして高画質のカメラ、と豪語していますが、言わせていただきますと充電、すぐなくなります。 カメラ、画質悪いです。 晴れてる日は、少し太陽の影響でよく見えるかな?という感じ。 ズームなんてなおさら。 2メートル先の人の顔も見えません。 (ズームした上で。 ) こんなに最悪なサービスなのに、2年間の縛りつき。 おかげで乗り換えも容易にできません。 最初は子供が使う訳だし、そんなに使いやすくてもずっといじり続けちゃうし、性能が少し悪いほうむしろいいのかもね、がわがまま言っちゃいけない。 買ってもらえただけ感謝だよね、なんて思っていましたが、我慢の限界です。 今年中1なので、中2の夏まで待たねば… お子さんに、とお考えの方、これぞお金の無駄遣いってやつです。 少し高くても性能のいい方をおすすめします。 安さに釣られてはいけません。 と、子供の私が偉そうに色々言わせて頂きましたが、これは事実です。 本当にお母さんには申し訳ないとは思っていますが、"絶対に買わないほうがいい"です。 先程も言いましたが、これぞ"お金の無駄遣い"です。 長文失礼しました。 誤字あったらすみません。 3年前長期旅行で家族との連絡のためm14を購入。 モバイル携帯は73歳にして初めてでした。 通信不良、動作が遅い、アプリが入らないなどの理由が初心者には分からなかった。 しばらくして 安いものには訳があると納得した。 しかし私のように年寄で、ゲームはしない、動画は関係なし、ただ電話、メール、ラインなどの通信ができれば結構という人は安く使えると思う。 安もんのおかげでスマホの勉強もさせてもらった。 ただ、m14以下のライン使用をドコモの所為とは言え、勝手に切られたのは納得しがたい。 少々の不備を辛抱すれば安く使えるので、近々ラインの使えるTONEに買い換えます。 最低通信機能が使えればよいという人には良いのでは。 初心者にはサクサクと使えるものをお勧めします。 通話とメールはガラケーで、トーンスマホは、ヤフー等の閲覧とお店のクーポン集めに利用しています。 基本、動画閲覧はしないので、安心オプションだけつけて、月料金は1600円ほどです。 トーンは、動画を見たい人には不向きだと思いますが、用途を限定すると低料金で楽しめます。 ただ、アプリがよく更新を要求してくるため、やむを得ず、最近は1ギガ(330円)分のみオプションで購入しています。 通話は利用したことがないので、評価はできません。 今後は安心オプション約550円は解約して、その分買い替えのために積み立てておこうかと思っています。 現在のトーンスマホは、3年使用して破損し、安心オプション利用で5500円支払って、2代目(富士通の古い機種らしい)になります。 まじで舐めてんのかよ。 金返せ。 本当に救いようのない雑魚スマホ。 何を考えたらこんなスマホ作って売れんだよ。 アフリカの奥地と勘違いしてんじゃねーの。 まずスマホ熱くなりすぎ。 断熱材でも入れろ。 通信繋がんねーし対応ねーし改善全くなし。 つかうのが子供だからって手抜きしすぎじゃね?何が安くて安全で使いやすいだよ。 まぁ安全なスマホだろうけどね。 だってそもそもバグって使えないんだから危険なサイトに触れる機会もないしね。 金の稼ぎ方を考えましょう。 レビューの評価あなたは見たのですか。 3すらない...。 本当に救いようのない...。 未来の子供たちがかわいそう...。 早急に対応した方がいいですよ。 私は、誕生日プレゼントに、TONEMOBILEe19を買ってもらいました 最初は、めちゃめちゃ嬉しかったけど、 使っていくうちに、「これ、壊れてない?」 と、思うように、なリました 最初の内は、YouTube見ていても問題なく 遅いけど、 見ていました だけど5分の動画に、30分かかったりしてきたので、途中で見るのをやめたりしていました 最近は、テレビの、方でYouTubeを、見ているけど携帯で見ようとすると全く見れない状態です 電話が、全く使えなくて、会社の方に電話したら、代替え機と、一旦交換し私の携帯は、一週間程度会社に送るハメに 帰ってきても問題無かったと言われ電話しようとしても使えずもう一度会社に電話したら、 アプリの関係で使えなかっただけでした だったらあの一週間会社に、携帯を送ったのは、何だったんだよと、思い電話のことは、解決しました 私の携帯は、制限が、かかっていて、朝6時〜夜10時までしか、使えませんですが、たバグって朝の7:30なのに、使えないときがあります一回開くと治りますが、少し大変です 長文失礼しました 誤字脱字があったらすみません 今TONEを買おうとしている方、 絶対に辞めたほうがいいです 私はm17を中2になる時から中3受験終わりまで使っていました。 このスマホははっきり言って酷い!ゲームすると途中で固まる。 (PUBGはそもそも開けない)YouTubeはめっちゃ遅い、LINE開くのに時間かかる、写真送ろうとしたら一晩固まり、その日一日スマホ使えなかった。 カメラの画質は酷い!写真撮るのが嫌になるくらい。 電池持ちも悪い。 4時間くらいで充電無くなる。 安いですが、買うのはお勧めしません。 最近はe20などの新機種が出てるのですが、e19の口コミがあまり良いものでは無かったので、期待しない方がいいです。 TONEと比べたら高額になりますが、他社のiPhoneや、GALAXYなどを持つことをお勧めします。

次の

トーンモバイルの通信速度について徹底解説|他社との比較や特徴

トーンモバイル 速度

トーンモバイルの速度 トーンモバイルの通信速度は、決して速いとは言えませんが遅いという程ストレスを感じることもないような速度です。 公式に発表されている通信速度は 通信速度500kbps-600kbps程度となっております。 動画や大容量ファイルのダウンロードなどは高速チケットを購入する高速通信でしか出来ないので、主に用途は普通のホームページ閲覧になると思うのですが、それくらいなら十分に対応できる速度という感じです。 以下のYOUTUBE動画で、トーンモバイルの速度がどれくらいの速さなのかを私が実際に検証した動画をアップしましたので、ご覧になっていただけると嬉しく思います。 トーンモバイルの通常速度の動画は 0:00~2:03の2分くらいとなっております。 <トーンモバイル速度動画の計測環境> 場所:東京郊外。 時間帯:比較的混雑すると言われている 平日20時~21時までの間。 この動画の時間帯の速度は、画像読み込みに少し時間がかかってます。 この日は雨のせいか全体的にいつもよりは遅かったです。 回線が混雑していてこれくらいの速度と捉えていただければと思います。 トーンモバイルの速度がいくら遅いと言われていても、最大速度などが大きく左右してくる動画やアプリのダウンロードなどはせず ネット検索やSNSが主な用途だと思いますので、その点では特に問題なしといった感じです。 ですのでトーンモバイルの速度が、数字としては遅いですが用途上は何の支障もありません。 YOTUBEやHULUなどの動画を視聴する場合や、大容量アプリや画像をダウンロードする場合には 基本的にはWIFI環境下で行います。 どうしても外出時などLTE回線でそれらを利用する場合には 高速チケットオプション(1GB)を追加するといった利用方法で問題ないと思います。 参照記事: トーンモバイルの速度を比較 トーンモバイルが発表している通信速度500kbps-600kbps程度とは一体どれくらいの速さなのでしょうか?おおよそですが他の格安SIMサービスと比較してみます。 以下の通信速度はMMD研究所 「2016年格安SIMサービス通信速度調査」より全国主要5都市の平均ダウンロード速度の調査結果です。 通信速度はお使いの端末や地域、時間帯などによって大きく変わってきますので参考程度にチェックしてみてください。 FREETEL SIM 12. 5Mbps mineo au 10. 6Mbps 楽天モバイル 8. 6Mbps トーンモバイル 0. 5~0. 6Mbps トーンモバイルと他の格安SIMサービスの通信速度を比較すると、数字上では結構違いがあります。 月額1,000円でインターネット使い放題というサービス内容ではギリギリのラインなのかもしれません。 ですので、上でアップしたYOUTUBE動画を確認していただいて、こんな通信速度じゃ無理だな~という方にはトーンモバイルをおすすめ出来ません。 トーンモバイルの速度を実測しました トーンモバイルの速度を実測するために、トーンモバイル内のマイプランに入っている 速度計測および人気の速度計測アプリ 「スピードテスト」の両方の実測結果を時間帯ごとに計測してみました。 上にあるYOUTUBE動画では平日だったので、こちらは日曜日に計測してみた数値です。 私といたしましては特別気になるほど遅いとは感じていませんが、速度計測の数字が気になるというリクエストが多かったので実際に計測してみました。 私の住んでいる東京郊外というエリア・時間帯・時期などによって違いはあるとは思うので、そこまで意味はないのかもしれませんが参考にしてみてください。 時間帯:日曜日の 早朝7時くらい~深夜1時くらいまで <一日の速度計測結果> 朝・6時51分:1. 1Mbps 朝・10時06分:1. 2Mbps 昼・12時03分:151Kbps 昼・15時09分:175Kbps 夜・19時20分:861Kbps 夜・21時54分:923Kbps 深夜・1時22分:1. 5Mbps 以上のようにトーンモバイルでは、昼間よりも 午前中や夜間の方が通信速度が速かったです。 利用しているユーザーが多い時間帯の通信速度が遅くなるのは、どこの格安SIMも同じですが、てっきり逆かと思っていました。 平日にもちょこちょこ速度計測してみましたが、似たような傾向でした。 トーンモバイルを利用する人は自宅ではWIFI回線を使っているため、日中に 外出している時間帯に混雑することが多いのかもしれません。 トーンモバイルの速度制限について トーンモバイルは 完全に無制限というわけでないのですが、月額1,000円(税抜)の基本プランではインターネットが使い放題です。 通信制限は短期間による大量通信をした場合や長時間通信した場合に規制がかかる場合があります。 この300MBとは、スマホ版YAHOOトップページで236KBの計算でいくと、おおよそ 1300ページ閲覧できるくらいの容量です。 ただし、帯域を大量に占有する通信は、公平性を担保するために通信速度制限自体はあるそうです。 ですので、やはり出来るだけ大容量ファイルのダウンロードや動画の再生などはWIFI環境および高速チケットオプションで行いましょう。 速度制限時のIP電話の利用 トーンモバイルのIP電話はどうなるの?って思う方もいらっしゃると思いますが、 速度規制がかかっている状態でもIP電話は使うことが出来るので安心してください。 トーンモバイルのエリアについて トーンモバイルの速度を説明すると同時にエリアについてもご説明させていただきます。 トーンモバイルのエリアは、ドコモの3G/LTE回線を利用しています。 全国カバー率が最も100%に近い NTTドコモの回線なので、地方や田舎に行くことが多い人にもオススメできます。 トーンモバイルのエリアを検証してみました 実際にトーンモバイルのエリアがどれほど信頼できるかを検証するために、 田舎の山の中へ実際に行ってみました。 ここはトーンモバイルが利用しているドコモ回線のエリアマップを見ても電波が届くか怪しい田舎なのですが、しっかりと通信することが出来ました。 一方、大手キャリアの ソフトバンクのポケットWIFIでは圏外であります。 山奥などに行った際に、ソフトバンクやauの携帯を持っている人は圏外なのに、ドコモの電波だけはバリバリ繋がっているといった経験はありませんか? 実際に、NTTの電波は最もカバー率が高いですし、きわどい地域へ行けば行くほどエリアの違いが顕著に表れます。 スマホを都市圏でしか利用しないという方ですと、ドコモであろうとソフトバンクであろうとauであろうと間違いなく繋がりますが、ちょっと田舎へお出かけとなるとトーンモバイルのようにドコモ回線を利用しているサービスにしておいた方が賢明だと思います。 以下、それぞれのキャリアのエリアマップを比較してみました。 実際に都市部はほとんど変わらないと言ってもいいのが現状です。 上のエリア画像はあえてわかりやすい部分を選んで添付しています。 それでもマップだけ見れば大して変わりませんが、私は今でも上の「トーンモバイルとソフトバンクの比較画像」のように ドコモ回線のエリアが広いということを日々体感しているのです。 トーンモバイルが 格安SIMだからと言ってエリアが狭くなったり圏外になるようなこともありません。 実際にソフトバンクの繋がらない場所で、トーンモバイルのIP電話も利用することが出来ました。 ですので、スマホのエリアに関してこだわりを持っている方は、絶対にドコモ回線をおすすめいたします。 大変長くなりましたが、以上がトーンモバイルの速度とエリアを検証してみた記事でした。 どうすればよりわかりやすく伝わるかを考え一生懸命に記載しました。 動画を入れたり画像を入れたり見づらくなってしまったかもしれませんが、少しでもトーンモバイルの速度やエリアが伝わっていれば嬉しく思います。 随時キャンペーン開催中!.

次の

トーンモバイルの評判は?メリット・デメリットまで徹底解説!

トーンモバイル 速度

なるほどね。 それじゃあスマホデビューくらいだったら問題ないかもしれないわね。 高速通信ならLINEモバイル、容量無制限ならTONEモバイル! 先ほどの比較で分かるように、LINEモバイルとTONEモバイルでは、LINEモバイルの方が圧倒的に速度が速いです。 というのも、 LINEモバイルは高速通信で容量制限あり、一方、TONEモバイルは速度制限ありで容量無制限となっているからです。 なお、TONEモバイルでは高速チケットを1GB300円で購入することもできます。 もともとのプランに高速通信が含まれているLINEモバイルと、高速通信は別料金となっているTONEモバイルでは、そもそもの料金体系が異なるんですね。 すーちゃん まとめ:速度が速いのはLINEモバイル!無制限なのはTONEモバイル! いかかでしたか。 今回はLINEモバイルとTONEモバイルの通信速度を比較してみました。 ご紹介した通り、LINEモバイルとTONEモバイルでは、料金プランがもともと異なります。 高速通信を主に使いたい方はLINEモバイルの方がいいでしょう。 一方、高速通信はたまにで良いという方はTONEモバイルで、必要に合わせて高速チケットを購入するのもありかもしれません。 私、個人的には、高速通信に加えて、がついてくるLINEモバイルの方がコスパが高いと思います。 しかし、これも私一個人の意見です。 ですから、皆さんには速度だけでなく、 他の要素も考慮してどちらがあなたに最適かを納得して決めていただければと思います。 なお、当サイトではLINEモバイルの情報をたくさん発信しています。 今月はLINEモバイルもTONEモバイルもキャンペーンが盛りだくさんな月です。 乗り換えにはもってこいな時期だと思いますよ! ぜひこの時期をお見逃しなく!.

次の