不死 川 実 弥 おはぎ。 【鬼滅の刃】不死川実弥がかっこいい!弟の玄弥との兄弟愛や名言・風の呼吸の技一覧!(ネタバレ注意)

おはぎの世界のマツコの知らない世界・実弥・不死川が話題

不死 川 実 弥 おはぎ

鬼滅の刃:冨岡義勇は「水の呼吸」を若くしてマスターした水柱 主人公・竈門炭治郎が出会った初めての鬼殺隊士、それが冨岡義勇です。 鬼殺隊士の中で一番最初に登場したキャラクターでした。 家族を失い、絶望していた炭治郎に鬼殺隊士として生きる道教えてくれた人物、そして、同じ育手のもとで修行したため、炭治郎の兄弟子でもあります。 そんな頼れる兄弟子、冨岡義勇のプロフィールをまとめてみました。 冨岡義勇のプロフィール• 鬼殺隊の階級:柱• 出身地:東京府 豊多摩郡 野方村(現在:中野区 野方)• 誕生日:2月8日• 身長:176cm• 体重:69kg• 趣味:詰め将棋• 好きな食べ物:鮭大根 冨岡義勇は、鬼殺隊の隊士でも実力を認められたです。 彼が所持している日輪刀には「惡鬼滅殺」の意匠が刻印されており、このことからも。 戦う姿はカッコよく、見惚れてしまうほど。 十代という若さでありながら「水の呼吸」を極めたという実力者です。 誰からみても完璧な青年のように思える義勇ですが、その正体は…天然?!と思われます。 冨岡義勇の悲しい過去:自身を庇って死んだ姉の存在 冨岡義勇にはかつて姉がいました。 姉の名前は蔦子。 蔦子は、自分の結婚式を挙げるその前日に、不運にも鬼の犠牲になりました。 当時13歳であった弟の義勇を守ろうと匿いますが、彼女自身は鬼に食べられてしまったのです。 匿われていた義勇は、細い隙間から姉が食われるのその瞬間を目撃してしまいます。 目の前で姉の死際を見た義勇はこのことをきっかけに心を病んでしまいました。 第一話にて、炭治郎が家族を殺されて唯一生き残った妹・禰豆子は鬼になり、絶望の淵に立たされているところをド正論で義勇は怒鳴りつけます。 今思えば、炭治郎を怒鳴りつけたのも、かつての自分に炭治郎を重ね、奮い立たせたかったのかもしれません。 冨岡義勇は天然キャラでかわいい?! 冷静で寡黙な冨岡義勇。 その姿だけ見ていると到底天然とは思えないキャラクターです。 そんなクールと思われていた冨岡義勇が「天然で可愛い」と読者が話すシーンはどんな内容なのでしょうか?? 冨岡義勇:天然でかわいいシーンその1「俺は嫌われていない」 蜘蛛鬼である累を討伐した時のことです。 戦いによって体力を消耗した禰豆子が深い眠りに入っていきました。 鬼の気配を辿ってここまでやってきた柱の1人、胡蝶しのぶが、鬼である禰豆子を殺そうとします。 そんなしのぶから炭治郎と禰豆子を庇おうとした義勇。 仲間であるにもかかわらず、しのぶに刃を向けるのです。 この義勇の行動に対し、しのぶは 「鬼とは仲良くできないって言ってたくせに何なんでしょうか」 「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」と批判します。 そんな言葉を放ったしのぶに対し「俺は嫌われてない」と義勇は答えるのでした。 義勇さんの 俺は嫌われていないって とこすごくすき。 — えん Uwkn1hggqYQGfSq つっこむところはそこ?!と思わず気になってしまった方も多いのではないでしょうか? その場にいた炭治郎も思わずびっくり。 義勇の天然っぷりがかわいらしく思えます。 「嫌われている自覚が無かったんですね」 「余計なことを言ってしまったようで申し訳ないです」とたて続けに話し、追い討ちをかけます。 しのぶは半分憐んでいる様子。 これを聞いてさらにショックを受けた義勇…。 そんな姿がさらに可愛いと思ってしまいました。 そもそもなぜみんなから嫌われているのか疑問ではありますが、きっとこのいまいち話が噛み合わない感じなどがみんなと仲良くできない原因でしょうか…。 冨岡義勇:天然でかわいいシーンその2 不死川実弥とおはぎで仲良し大作戦? 義勇と同じく、柱のメンバーである不死川実弥。 2人は向かい合って、それぞれ呼吸の技を繰り出し戦います。 どうやらこれは柱稽古というもの。 しかし、そこへ現れた炭治郎が何やら飛んだ勘違いをして「おはぎの取り合いですか?」と不死川に尋ねました。 そして炭治郎は続けて不死川に 「不死川さんおはぎ大好きですよね?」と聞き、不死川に殴り飛ばされてしまいます。 少しして炭治郎は目覚めると、義勇が看病をしてくれていました。 さすが面倒見の良さは兄弟子、といったところでしょうか。 そして義勇は炭治郎の発言を思い返し、「不死川は…おはぎが好きなのか…」と呟きます。 「俺は上手く喋れなかったし不死川はずっと怒っていたから」 「今度から懐におはぎを忍ばせておいて不死川に会う時あげようと思う」 「そうしたらきっと仲良くなれると思う」 なんだかまた論点がずれているような気はしますがそれはさておき。 この義勇の意見に「あー!それはいいですね」と賛同する炭治郎。 「そうしたらきっと仲良くなれると思う」と描かれているコマにはムフフと笑い、満足気にしている義勇が可愛らしさをさらにアップさせています。 実は不死川は腹を立てていて、おはぎを渡せば機嫌が治り、2人は仲良しに…。 おはぎがあれば全てが解決すると思っている義勇…天然でかわいいですね! 懐におはぎを入れるなどいろいろ突っ込みどころが満載ですが、この兄弟弟子2人のやりとりにほんわかとした読者も多いはずです。 冨岡義勇がとにかく天然でかわいい!ネットの声まとめ 冨岡義勇が天然でかわいい!という意見は、ネットのあちこちで見かけます。 普段のクールでカッコよく戦っている姿を見ているだけに、ギャップ萌えをしている読者が多いようです。

次の

鬼滅の刃、不死川実弥がおはぎとカブトムシ好きだって設定はどち...

不死 川 実 弥 おはぎ

初めましての方は初めまして!キャラメルと申します! 今回は不死川さんと澄恋が一緒に暮らしてしばらくたったころのお話し、前回前々回よりも過去(4年前)のお話です!お館様が出てきます! 題名は最後になると意味が解ると思います(( 前回、前々回のお話を読んでいない方はそちらから! あ~あんまり気にしないわ、という人はこのままどうぞ…!(とりあえず不死川さんに命を救われた少女が不死川さんに憧れて鬼殺隊士を目指しているという設定だけ頭に入れていれば読めると思います!) !注意事項! 作者は駄作しかかけません。 好きなところだけ書いてるので突然始まり、突然終わります。 ピクシブ初心者なので至らないところだらけです。 語彙力がない、圧倒的に語彙力が無いです。 ちょくちょく原作沿いに話が進みます。 (本誌ネタもちらっとあるのでアニメ勢の人は注意) 夢主名前出てきます。 オリジナルの呼吸とかもあります。 (戦闘シーンあまりないです。 ) 不死川実弥の夢です。 けれど甘くはない…? とにかくなんでもありな人向け。 基本夢主視点で話が進みます。 (途中で視点変わったりしますが基本は夢主です) 不死川さんが16歳で柱になったことになってます。 では!余談はこれくらいにして それでも読んでくださる優しい方はどうぞ・・・!!• 設定 四季 澄恋(しき すみれ) 11歳 年齢の割には小柄だけど、力持ち。 稀血である 実弥が柱になった時期(澄恋が10歳の時)に鬼に襲われているところを実弥に救われて以来鬼殺隊を目指して修行中。 家族を鬼に殺されていて、押しかけ女房かというほど実弥の世話をやいたりと、通い詰めた結果不死川の屋敷に実弥と一緒に住んでいる 不死川 実弥(しなずがわ さねみ) 17歳 16歳の時に柱になり、そのころ澄恋と出会う、なんだかんだ澄恋に甘いところがある。 澄恋に押されまくって現在一緒に住んでる お館様大好き ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ 今日は朝から実弥さんはそわそわしていた。 なにかと聞けば半年に一度の柱合会議があるらしい。 私はそんな実弥さんについて行ってたのだが・・・ 「澄恋はここで待ってろ」 甘味処の店の前で足を止められてしまった、そして手を取られてお金を握らされた。 「えー実弥さんと一緒じゃだめなの?」 「馬鹿いうんじゃねェ、俺はこれから柱合会議なんだ。 連れてけるわけねェだろォ」 ・・・まぁそうだろう。 私はまだ鬼殺隊士ではないし 「・・・はーい」 すこし拗ねた声でそう呟いて、私は実弥さんを見送った。 ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ 甘味処ではお団子とお茶を頼んだ。 お金は余ったので実弥さんに返そう。 それか家にある小豆が足りないから買って帰ろうかな・・・ そう思いながら甘味処の席にてもぐもぐと食べていると 一羽の鴉が私の隣に降りてきた 突然のことで固まってしまう・・・ 私はそーっと首だけを動かして鴉を見た。 ・・・にしても立派な鴉だな? 「・・・鴉さん、あられ食べる?」 私はお茶請けについていたあられを手のひらにとり鴉の前にやった、すると 「ありがとう」 そういって鴉は私の手のひらのあられをつついて食べた 「!!・・・とても言葉が達者なのね、あなた鎹鴉さん?」 しゃべる鴉なんて鎹烏しかしらない。 にしても本当にきれいな言葉でしゃべるな・・・実弥さんの鴉はもっとカタコトなのにな 「えぇ、吾輩はとあるお方の使いの者です。 貴方についてきてほしいところがあるのです」 「あー・・・あのね、実は今人を待っているの、だからここから離れるわけには・・・」 それに実弥さんに知らない人についてくなって言われてるし!・・・人じゃないけど、鴉だけど 「不死川様には伝えてありますゆえ、どうか気になさらず」 「!・・・実弥さんを知っているの?」 「えぇ」 鴉は私を見つめたままだ。 私はそっとその鴉の頭を人差し指で優しくなでた 「・・・とっても毛並みがきれい。 それにこの首飾り?素敵ね。 きっと貴方の使えている人は貴方の事をとても大切に思ってる、その証」 鴉はすりっと私のてに頬を寄せた。 大きいけど、かわいらしい この子は大丈夫だ。 「わかった、行くわ。 案内してくれる?」 「えぇもちろん」 ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ 鴉に案内されてどんどん道を進んでいく だんだん人通りもなくなってきて・・・そして 「・・・ここ等辺一帯とっても空気がきれい…なんだか浄化されてるみたいな雰囲気がする」 鴉が進むにつれてどんどん清い雰囲気に連れて行かれている気がする そして私はとある屋敷の前に着いた 「ここ?」 「えぇ、ここです」 「あの・・・鴉さん私場違いじゃないかな?」 急に不安になってきた、私大丈夫かな。 今着ている服装は普段着である袴だ。 もっと、正装があるのではないかと思わせるこの屋敷の雰囲気に緊張する 足が棒のように動かない・・・ 「さぁ、こちらへ」 「わっ!押さないでって!」 見かねた鴉が私の背中を押した、しぶしぶ前に進むと 中庭のような場所が見えた、手入れされたとてもきれいな庭園だ 「ご・・・ごめんくださーい・・・」 震えた声で屋敷をうかがうように腰を曲げれば 「よく来たね。 」 「・・・!」 そこに居たのはとてもきれいな声をした、きれいなお方だった 私は自然とその人の前に行き、膝をつき、頭を下げていた なんだろう、この感じ、不思議だ。 「頭を上げて、今日は話したいことがあって澄恋を呼んだんだ。 」 私は頭を上げてまたその人を見る 穏やかだ・・・広い広い湖のように、穏やかな雰囲気がする 「それと、私の鴉に良くしてくれてありがとう」 「!あっえっと・・・とてもいい子だったので・・・」 いつの間にかそばにいた鴉はそのお方の膝の上にいた 「あのっ・・・私はなぜここに・・・それと実弥さんは・・・」 「あぁ、ごめんね。 話を進めようか。 実弥は別のところで少し待っててもらっているんだ、二人で話したかったからね。 」 「紹介が遅れてすまない、私は産屋敷耀哉、鬼殺隊の当主を務めてる。 」 「!貴方がお館様・・・!」 実弥さんから何度か話しを聞いたことがある。 お会いしたいと思っていたけれど、まさかこんなに早く会えるとは というか 「あのっ私はまだ鬼殺隊士でもない身です。 なぜ私をここに・・・?」 そう、私は鬼殺隊士ではない、最終選別も受けてないし。 まだまだ修行中の身である。 「実弥のことで少しね。 澄恋からみて実弥はどういう子だい?」 予想外の質問に戸惑う 実弥さんのこと・・・実弥さん・・・どういう人・・・か・・・ あまり考えてこなかったかもしれない 「・・・口が悪いです。 」 「ふふっそうだね」 「それと、おはぎが好物で、もち米を炊くとすぐに台所を覗きに来ます。 」 「それは知らなかったなぁ」 「ご飯は必ず残さずに食べてくれます。 帰りが遅いと心配してくれます。 けど暴力的です。 」 「うん」 「あと・・・不器用だけど、口は悪いけど、すぐ手は出るけど。 とんでもないくらいやさしいです。 」 そうだ、あの人はとんでもないくらいやさしい人なんだ。 「・・・」 「私が実弥さんと出会ったのは私が家族と共に鬼に襲われている時でした。 そのとき初めて助けてくれました。 おかげで家族は鬼に喰われず、亡くなってしまったけれど埋葬することが出来ました。 」 「私は実弥さんのようになりたくて、藤の花の家紋の家に預けられても、実弥さんの家になんども行って、追い出されて、でもあきらめずに。 家の前で粘ってたら・・・風邪をひいてしまいまして」 「気付いたら胡蝶屋敷にいて、高熱を出していました。 カナエさんに聞くと、実弥さんが私を抱えて深夜にもかかわらず胡蝶屋敷に来たというんです。 」 「それもすごく急いで慌てた様子で。 」 「・・・そこで私は決めました。 あの人のそばに居ようって。 不器用で、口が悪くて、すぐ手が出て・・・ありえないくらいやさしい。 傷だらけで鬼から大切な人を守ろうと戦うあの人のそばに居ようって。 決めたんです。 」 「だから、今は修行中の身だけど、必ず鬼殺隊に入って、やさしいあの人を守れるようになりたいと・・・いや、守ります。 あの人を守れるほど強くなります。 あの人のそばで。 」 私は強いまなざしで真っ直ぐとお館様を見た。 ・・・って、私何言ってるんだ!? 「っごっごめんなさい!実弥さんの事なのに私の話をしてしまって・・・!」 いつの間にか私が実弥さんのそばにいる経緯を話してた。 気づかなかった。 四季澄恋一生の不覚・・・! 今の実弥さんに聞かれたら死ぬ・・・!守るとか・・!なんで言っちゃったんだ私! 「いいんだ。 澄恋、実弥のことを頼んだよ。 どうかそばに居てやってほしい。 」 お館様は私を穏やかなまなざしでみつめた 「え・・・」 「実弥には澄恋が必要だ。 澄恋の気持ちを聞いて安心したよ。 そこには 「実弥さん!」 「おせェ」 イライラしたような様子の実弥さんが立っていた 「実弥さん!あのね!!私ずっとそばにいるからね!?」 私はさっきのお館様へ向けた実弥さんへの熱が収まり切っていないのか 勢いよく実弥さんに飛びついた。 いや、抱きついた。 「あァ!?」 実弥さんはびっくりして少し体制を崩したけど、ちゃんと受け止めてくれた、やさしい。 と、思ったのもつかの間 「いてててっ痛いって!!」 「うるせェ離れろォ!」 すさまじい力で私を引きはがしにかかった ひどい。 うっすらと涙が浮かんだ 「テメェお館様と何話しやがった」 あぁ、そういうことか。 実弥さんはお館様が大好きなのだ。 きっと私に嫉妬しているのだろう。 でも・・・ 「ふふっ秘密っ」 教えてあげない。 「ねぇ実弥さん今日はおはぎ祭りしよう。 小豆足りないから買って帰ろう!」 なにせ今日の私は機嫌がいいのだ。 作ったらカナエさんやしのぶさん、カナヲにも届けよう。 その日の晩は実弥さんと共に宣言通りおはぎ祭りをした。 二人でどちらの方が多くおはぎを食べられるか勝負して、見事敗北した。 そして私はさらに鍛錬を重ねたのであった。 ・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・^・ ~おはぎ祭り主催者澄恋~ お館様に初めて会った。 お館様の鴉と仲良くなりこの後もよくお茶をするようになる。 まだ呼吸は身に着けておらず、とりあえず基礎体力を上げる訓練を一人でしてる。 (たまに最近胡蝶屋敷にやってきたカナヲとともに鍛錬する) 実弥さんの家に来てから得意料理がおはぎになった ~お館様が大好きな17歳実弥~ 兄妹が多かったからなにかと面倒見がいい、澄恋を放っておけない自分に気付き始めてる。 柱合会議の後お館様に止められて別室で待ってた。 まさか澄恋が呼ばれるとは思ってなかったので驚きと共に澄恋がなにか失礼をしていないか心配してた。 おはぎ祭りでの勝者。 30個の差をつけた。 ~実弥がちょっと心配だったお館様~ 実弥が柱になってからしばらくたったころ、実弥が誰かと共に暮らしていると聞いて気になってた。 澄恋の事を見て、この子なら大丈夫だと安心。 次の柱合会議にて実弥に継子にしないのか聞いたら、しないときっぱり言われてしまう。 でも実弥の気持ちもわかってしまうので澄恋に頑張ってほしいと願う。

次の

冨岡義勇がかわいいし天然!おはぎがあれば不死川実弥と仲良くなれる?!|鬼滅の刃.info

不死 川 実 弥 おはぎ

【スポンサーリンク】 第136話「動く」ネタバレ確定感想&考察、おはぎ大好き不死川! 今回の136話は炭治郎と玄弥、伊之助らのやり取りからスタートした。 修行も一段落し、囲炉裏を囲んで食事をする面々だったけど、以下の玄弥の表情がなんとなく物悲しい感じがして、少し胸を締め付けられたかも…。 玄弥としては 「鬼食い」をしていることは、自分の中でも問題だと思ってるんだよねきっと。 でも、やるしかない…みたいな感じの表情のように見えるかも。 鬼滅の刃136話より引用 複雑な表情を見せる不死川玄弥! ちなみにそんなナイーブな玄弥に対して、伊之助の反応はいつもの通り。 呼吸が使えないと聞いて 「ハハハ!雑魚が!!」みたいな感じで爆笑していた! 伊之助はイイヤツなのを知ってるから読者的にはイラっとこないけど、玄弥的には…w 案の定取っ組み合いになってたし、まぁ、これはこれで元気があって良いけど…!! 鬼滅の刃136話より引用 良くも悪くもあけすけな伊之助〜! 個人的には上記の伊之助の振る舞いは、そこまで嫌いなタイプではないかも。 正直、面と向かって自分が気にしていることを言われるとグサっとくるけど、伊之助は炭治郎とはまた別の意味で嘘をつかない 「真っ直ぐな性格」の持ち主だからね〜! それを踏まえれば、こういう振る舞いも我慢できるというか…そんな感じ! 【スポンサーリンク】 善逸の様子が何かおかしい?! また、今回の136話では、善逸の様子がどうも少しおかしいっぽいことが明らかにされた。 以下のシーンがまさにその片鱗…といった感じ。 これまで一切といっていいほど修行に逃げ腰だった善逸だけど、ちょい前の 「スズメの伝令」が影響してか、ずば抜けた集中力を発揮していた! 女か?女関係なのか?どうした善逸…!! 鬼滅の刃136話より引用 善逸の様子が何かおかしい?! 心配する炭治郎をよそ目に、座禅に没頭する善逸。 善逸はもともと根性あるタイプではないんだけど、才能としてはかなり高いポテンシャルを秘めているタイプだ。 これまでも霹靂一線だけで戦ってこれるほどの実力の持ち主だったし、今回の件で強靭な足腰を獲得すれば…一段と鋭い斬撃を繰り出せるようになるに違いない! それにしても以下の善逸の集中っぷり…やばすぎる!! 鬼滅の刃136話より引用 意味深すぎる善逸の様子! 頭から血を流してもなお、遠くを見るような視線で集中を絶やさない善逸。 スイッチが入るのは一番遅かったけど、一度入ってしまえば相当に入り込むタイプ…って感じかもしれないね! これからの修行による善逸の成長がめっちゃ楽しみ!! さて、では、ついに不死川さん(実弥のほう)について触れていくよ!.

次の