勤労学生とは わかりやすく。 労働基本権とは?簡単にわかりやすく解説するよ【勤労権と労働三権をバッチリ理解しよう!】

学生のアルバイトで年収103万円を超えると、国民健康保険に加入しないといけないの?

勤労学生とは わかりやすく

学生のアルバイトも、やり方次第では月に10万円近く稼ぐことも珍しくありません。 しかし学生であっても、たくさん稼げば、税金もそれだけ支払う必要がありますし、健康保険についても考えていかなければなりません。 アルバイトで 年収103万円を超えると、親の健康保険の扶養に入れなくなるので、自分で国民健康保険加入の手続きをして保険料を払わないといけないケースが出てきます。 また、バイト先で給料から源泉徴収で税金が引かれているので、税金面ではそれで十分払っていると思っていると、 親の扶養控除がなくなることで両親が思わぬ出費に陥ることもあります。 そこで今回は、学生でも国民健康保険に加入して保険料を払わないといけないケースについて、詳しく解説していきます。 学生で、親が会社の健康保険に加入している場合 年収130万円以下であれば保険は払わなくていい 学生でも親と一緒に暮らしている場合と、親元を離れて親から仕送りをしてもらっている場合とありますが、いずれの場合も、親の収入で生活している場合は、その学生は親の扶養親族とみなされます。 親がサラリーマンで、会社の社会保険に加入していれば、親のお金で生活している状況であっても、アルバイトで年収103万円を超えると親の扶養ではなくなり、親の所得税など税金が高くなります。 扶養控除は、自分の子供を扶養しているから受けられるのであって、学生であっても 年収が103万円を超えると親の扶養ではなくなります。 ただ、学生の場合は、厳密に言えば、アルバイトをして103万円を超えても、税金の対象外となる27万円の控除額(勤労学生控除)があるので、 学生の場合は年収130万円までは無税ということになります。 つまり、学生であれば、年収130万円まではアルバイトをしても、親に迷惑を掛ける心配はありません。 年収130万円を超える場合は、国民健康保険に加入 親がサラリーマンの場合、学生がアルバイトで年収130万円を超えると、 親の社会保険から抜けて国民健康保険に加入しないといけません。 1ヶ月あたりに換算すると、 月収10万8333円を超えると親の扶養から外れます。 その場合、自分が住んでいる各市区町村の国民健康保険課に、本人確認ができる運転免許証やパスポートなどを持参して国民健康保険の加入手続きを行います。 代理人が国民健康保険の加入手続きを行う場合には委任状が必要になります。 もし、アルバイトを何かの事情で途中で辞めて年収が130万円を超えなくなった場合は、また扶養に入ることになります。 このとき、源泉徴収されている所得税については、確定申告をすることで還付を受けられる可能性が大です。 親が国民健康保険の場合は、アルバイト収入が親の保険料に反映される 親がサラリーマンではなく、自営業などで国民健康保険に加入している場合はどうなるのでしょうか? 親が国民健康保険の場合、通常は子(学生)も家族ということで国民健康保険に加入することになります。 国民健康保険には扶養家族という概念がなく、単純に 世帯内の加入人数や、世帯内の加入者の年収の合計金額をもとに保険料を算出します。 国民健康保険は、世帯年収に掛かる所得割と加入人数に掛かる均等割が算入されるので、 世帯年収が高く世帯内の加入者が多ければ多いほど保険料は高くなります。 つまり、アルバイトで稼げば稼いただけ、親の国民健康保険の保険料に反映されてしまうのです。 保険料には上限があるので、無限に保険料が高くなっていくわけではありませんが、あるバイトで働けば働くほど、親の負担が少し増えてしまうんです。 しかし、これは致し方ありません。 国民健康保険加入の保険料は、住んでいる各市区町村によって大きく異なってきます。 親が国民健康保険に加入している場合は、改めて国民健康保険に加入する必要はなく、親や兄弟など世帯の合計年収と加入人数で国民健康保険加入の保険料が算出されます。 ちなみに、学生も20歳を過ぎたら年金を自分で納めなくてはいけませんが、届け出を行なえば、大学や専門学校などの学校を卒業するまでは年金を支払う義務が猶予されます。 アルバイト先の社会保険に加入するという選択肢も もし、アルバイトで月に10万8333円を超える場合、親に負担をかけないようにするためには、バイト先の社会保険に加入するのも1つの方法としてあります。 そうすれば改めて国民健康保険に加入する必要もなく、親が国民健康保険だった場合に親の保険料が増えるということもないので、迷惑を掛ける心配もありません。 扶養から外れるようであれば、親に報告しておこう サラリーマンの場合、家族を扶養しているということで、会社から扶養手当てをもらっていることがあります。 しかし、扶養しているはずの子が、アルバイトで130万を超えていて扶養から外れているのに、それを会社に報告をしなかったら・・・。 そのつもりはなくても、会社を騙したことになってしまいます。 そうなってしまうと、税金を改めて払うことになったり、もらっていた手当ての返金をしなければならなかったり、もしかすると親の会社での立場も悪くなることも考えられます。 アルバイトする際は、年収130万円、1ヶ月あたりに換算して10万8333円を超えるかどうかが1つのポイントになります。 もし超えるようであれば、必ず親に報告しておきましょう。 親の年収にもよりますが、親の税金や保険料などの負担が一気に上がる可能性がありますからね。

次の

学生のアルバイトで年収103万円を超えると、国民健康保険に加入しないといけないの?

勤労学生とは わかりやすく

アルバイトやサラリーマンなどの給与所得の場合、年収が103万円以下であれば親の扶養家族となれ、扶養控除38万円が適用され、16才から22才までは特定扶養控除63万円が適用されます。 年収が103万円を超えると、上記の扶養控除が適用されなくなります。 ご質問の場合、扶養家族になれなくなると、親の扶養控除38万円が適用されなくなり、親の所得税と住民税の負担が多くなります。 親の課税所得が330万円以下であれば、所得税で30400円と住民税で19000円ほど多くなります。 これを回避するには、年収を103万円以下に抑えるしか方法が有りません。 本人については、勤労学生に該当すると、年収が130万円までは所得税が課税されません。 Q すいません。 結構焦ってます。 今は大学生なんですが、何も考えずに働いていたらバイト代が一年間で103万円を超えてしまいました。 そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか? ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。 そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。 増えた分は自分で払いたいと思ってるんですが、自分では計算の仕方がよくわからないのでとても不安です。 だれか教えてください。 A ベストアンサー 質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。 また以下に出てくる勤労学生控除は親の負担には関係しません。 一方子と言うと 所得税については給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて 65万+38万=103万 ということで103万までは課税されません。 さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて 103万+27万=130万 130万までは課税されません。 次に住民税ですがこれはより複雑です。 住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。 均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります92万~100万ぐらいです、つまりこれ以下 なら課税されません。 一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。 さらに住民税にも勤労学生控除(26万)があります。 ただこの勤労学生控除は均等割には影響しません、あくまでも影響があるのは所得割のほうです。 住民税(所得割)については給与所得控除(65万)と基礎控除(33万)を合わせて 65万+33万=98万 勤労学生控除(26万)があるのでこれを加えて 98万+26万=124万 ということで124万まで課税されないと言うことです。 ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。 まとめると 親の負担 所得税 63000(円)・・・今年の親の所得税の増額 住民税 45000(円)・・・来年の親の住民税の増額 合計 108000(円)・・・親の今年の所得税と来年の住民税の増額 子は 所得税に関しては今年、住民税(所得割)に関しては来年勤労学生控除を受けたとして 所得税 給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)+勤労学生控除(27万)=130万・・・この金額まで課税されない 住民税 均等割 92万~100万(この金額まで課税されない、自治体によって異なる、勤労学生控除の影響を受けない) 所得割 給与所得控除(65万)+基礎控除(33万)+勤労学生控除(26万)=124万・・・この金額まで課税されない ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。 つまり <学生であり未成年である> 『130万以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし 『130万超204.4万未満』 今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もなし 『204.4万以上』 今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり <学生であるが未成年ではない> 『(92万~100万)以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし 『(92万~100万)超124万以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割あり、所得割なし 『124万超130万以下』 今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もあり 『130万超』 今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり となります。 それから勤労学生控除を受けるためには、下記をご覧下さい。 nta. htm 「勤労学生控除を受けるための手続について」の中に『勤労学生控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して確定申告をする』か『給与所得者の場合は、給与の支払者に勤労学生であることを記載した「給与所得者の扶養控除等 異動 申告書」を提出する必要があります。 』ということです。 また親が会社から子に対する扶養手当のようなものをもらっていれば、子が扶養から外れるとなくなるかもしれません。 これは会社独自で出すものなので、もらえる条件及び金額等は会社に聞かなければなりません。 もうひとつ社会保険の問題があります。 たとえパートやアルバイトでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。 1.常用な使用関係にあると認められる 2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること 3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること 親の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダということですが、それが子自身がアルバイト先で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。 ですからそうならないように日数や時間数を調整することです。 >そこで質問なんですが、この103万円というのはいつからいつまでの期間の合計金額をいうのでしょうか? その年の1月から12月までです、平成23年なら平成23年1月から12月まで、平成24年なら平成24年1月から12月までに支払われた金額です、働いた金額ではありません。 例えば給与が締めて翌月払いであった場合は平成22年12月に働いた分は平成23年の1月に支払われますが、この場合は平成22年に働いたが平成23年の収入となるわけです。 同様に平成23年12月に働いた分は平成24年の1月に支払われますが、この場合は平成23年に働いたが平成24年の収入となるわけです。 >ちなみに、昨年の1月から昨年の12月までのバイト代の合計金額は106万円で、昨年4月から今年の3月までの合計金額は126万円でした。 それであれば平成23年については年収106万と言うことになります。 >そして、この場合、親の負担はいくらぐらい増えるのでしょうか?私の親は公務員(先生)なんですが、計算できるかたいらっしゃったら教えてください。 それは前述ですただしあくまでも概算です、正確には親の源泉徴収票の数字がわからなければ何ともいえません。 子供が扶養範囲を超えた収入があったのに親に言わずにいて親は扶養控除を申請してしまったことはよくあることです、あとから税務署から会社(この場合学校でしょうか?)に修正するように連絡があるはずです。 会社の担当者は税務署にちょっと油を絞られ、親は会社の担当者にちょっと油を絞られ、子は親にちょっと油を絞られるでしょう。 ですから速やかにその事実を親に伝えて、親は速やかに学校に伝えるべきでしょう。 質問者の方が学生であり19歳以上23歳未満だとして。 A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 >勤労学生になりたい…役所での、申請方法… 「勤労学生控除」は、原則、【学生ならば誰でも】受けられる「税金の優遇策」のことです。 つまり、「勤労学生になる」という手続きは【不要】です。 「では、どうするのか?」と言いますと、「稼いだお金にかかる税金の金額を決める手続き」である【所得税の確定申告】をする際に、一緒に申告します。 (申告は【毎年】必要です。 ) 手続きを行う役所は、「税務署」です。 nta. htm 具体的には、以下のように、「所得税の確定申告書」というものに金額などを書くだけです。 nta. htm 「申告書」の全体は、以下のようになります。 nta. --- ちなみに、「勤労学生控除」などの「所得控除」が増えると税金が安くなる仕組みは単純で、以下のような引き算が行われるだけです。 zeikin5. nta. これを「申告納税制度」といいます。 「勤労学生控除」の申告も、【一部の学校を除いて】、証明書などは【不要】で、自己申告だけで良いことになっています。 >…新しく発行し直したほうが良いのでしょうか? 以下のリンクにありますように、「高校生」ならば、証明書は不要です。 『No. nta. 具体的には、前述の「所得税の確定申告書」で税額を確定させて、あらかじめ納めた税金との差額を納めます。 (納め過ぎだった場合は戻ってきます。 ) 『No. nta. nta. htm 「源泉徴収」だけならば、「他の所得」でも行われますが、「給与所得」の場合は、「給与を支払う者」が、「所得控除の適用」や「源泉徴収した所得税の過不足の精算(年末調整)」まで行うことになっています。 そうすることで、「給与を受け取る人」と「国(税務署)」は、「所得税の確定申告」の「手間」が省けるようになっています。 nta. htm この「…扶養控除等申告書」を使って、「勤労学生控除」を【事前申告】することができます。 「事前申告」しておくと、「給与から差し引かれる(源泉徴収される)所得税」が少なくなります。 そういう時には、「…扶養控除等【異動】申告書」として、もう一度勤務先に提出して訂正すればかまいません。 「その年最後の給与」が支給されるときに、勤務先が行う「年末調整」で清算されます。 --- もし、「どうなるかよく分からないので【事前申告】はしたくない」という場合は、【一年が終わってから】「所得税の確定申告」で「勤労学生控除」を申告して、「所得税を返してもらう(還付を受ける)」という方法を選んでもかまいません。 このような、「所得税の還付を受ける確定申告(還付申告)」は、「1月1日から5年間」いつでも可能です。 『No. nta. htm 「給与所得」の場合は、勤務先から交付される「【給与所得の】源泉徴収票」という「給与と所得税に関する明細」(給与に関する【法定調書】)を元に簡単に申告できます。 nta. そういう場合は、「税務署」に相談してください。 nta. livedoor. ただし、「所得税の確定申告をした人」など「一定の条件を満たす人(住民)」は、「住民税の申告」はしなくて良いことになっています。 また、「所得税」と違って、「未成年」は、ある程度の所得までは「非課税」になる制度があります。 (非課税の判定は市町村が行いますので、原則、申請は不要です。 ) 詳しくは、【お住まいの市町村】にご確認ください。 『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。 nta. city. tama. city. koshigaya. saitama. >勤労学生になりたい…役所での、申請方法… 「勤労学生控除」は、原則、【学生ならば誰でも】受けられる「税金の優遇策」のことです。 つまり、「勤労学生になる」という手続きは【不要】です。 「では、どうするのか?」と言いますと、「稼いだお金にかかる税金の金額を決める手続き」である【所得税の確定申告】をする際に、一緒に申告します。 (申告は【毎年】必要です。 ) 手続きを行う役所は、「税務署」です。 『国税局・税務署を... A ベストアンサー >親には私の年間給与収入が103万円未満の時と比べ、税金等の負担は… 増えます。 親が扶養控除を取れるあなたの「所得」はあくまでも 38万円まで、給与収入に換算しても 103万円までです。 nta. htm この 38万円のことを「合計所得金額」といい、これは勤労学生控除を適用する前の数字です。 >大学院生です… 大晦日現在で、23歳未満であれば 63万円、23歳を過ぎていれば 38万円に親の税率を掛け算しただけが、親の増税分です。 nta. htm 他に、住民税も増えます。 住民税は給与収入で 98万または 100万ちょうどが境目です。 city. fukui. html 親が会社員等で、給与に家族手当などを上乗せしてもらっているとしたら、それが取り消されるおそれもあります。 税金よりこちらの影響のほうが大期すこともあります。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 nta. htm >親には私の年間給与収入が103万円未満の時と比べ、税金等の負担は… 増えます。 親が扶養控除を取れるあなたの「所得」はあくまでも 38万円まで、給与収入に換算しても 103万円までです。 nta. htm この 38万円のことを「合計所得金額」といい、これは勤労学生控除を適用する前の数字です。 >大学院生です… 大晦日現在で、23歳未満であれば 63万円、23歳を過ぎていれば 38万円に親の税率を掛け算しただけが、親の増税分です。 nta. A ベストアンサー 補足有難う御座います。 内容変更しました。 1.扶養者(親 の所得税 年の所得が103万を超えると親の税金が上がります。 税金なので親の収入次第です。 後、会社から扶養者補助が出ている場合があります。 うちの会社なら扶養者補助月額1. 2万円+税金2万円程度なので年額16万位収入が減ります。 2.健康保険の加入先 月の所得が概ね11万を超える(後述)と自分で健康保険に入らないといけなくなります。 現在越えているのに親の扶養に入っているということは大変問題になります。 すぐに親の保険者に扶養者異動届を出し、自身の加入に切り替えましょう。 遡って異動届を出した期間に(貴方が)保険を利用していたら大問題になりますのでご注意を。 この場合は給与天引き(記載は健康保険)されます。 金額は月収13万で5500円くらいです。 3.年金の加入先 国民年金に強制加入ですが学生特例を利用していますね。 注意が必要なのは支払期限を10年延ばすと共に、被保険者期間として認定するだけです。 国庫からの支出が無いので合算対象期間(通称カラ期間)と同等です。 将来の年金額は追納しない限り加算0です。 追納が2年を超える場合は加算金が余計に掛かるので払えるときに払うのが得策でしょう。 こちらも健康保険と同様に正社員相当の勤務を行っている場合、厚生年金に強制適用(ランクup)され、給与天引き(記載は社会保険)となります。 9300円の掛け金で国民年金を支払った事+厚生年金分の上乗せをもらえます。 免除してもらってる場合ではないのがおわかりですね?月収(標準報酬月額)が違う場合、参考リンクを見てください。 4.自身の所得税 勤労学生控除があるので130万を超えた場合に所得税は発生します。 既に給与明細状には所得税が計算されてませんか?所得税が計算されていて年結果が130万以内なら来年の確定申告で税金が戻ってきます。 逆に引かれていなくて源泉徴収もされなかった場合、確定申告で税金を納める必要があります。 補足で必要なこと 1.親の保険の種類=年金の種類 2.貴方のお勤め先の規模(正社員相当5人以上か?) 2.貴方の勤務実態(正社員相当かどうか) 3.給与明細上に所得税が計算されているか? 御質問者の場合、 ・税金の扶養から抜けることは確実です。 ・収入が多く月収が108千円を超えているので健康保険の扶養からも外れています。 上記計算の様に低所得は言うまでもなく高所得の方も満遍なく良い制度となっています。 sia. xls 補足有難う御座います。 内容変更しました。 1.扶養者(親 の所得税 年の所得が103万を超えると親の税金が上がります。 税金なので親の収入次第です。 後、会社から扶養者補助が出ている場合があります。 うちの会社なら扶養者補助月額1. 2万円+税金2万円程度なので年額16万位収入が減ります。 2.健康保険の加入先 月の所得が概ね11万を超える(後述)と自分で健康保険に入らないといけなくなります。 現在越えているのに親の扶養に入っ... A ベストアンサー 扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。 税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。 貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。 >少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね? いいえ。 貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。 ただ、親は貴方を税金上の扶養にできないので、親の所得税や住民税は増税になります。 所得に関係なく)=45000円 計108000円 増税になります。 >何とか出来ないでしょうか? できません。 >学生なので、何か免除になったりしませんか? 貴方の場合は、勤労学生控除があるので130万円までなら所得税かかりません。 なお、このことを親に言わないと、あとから税務署から会社を通し通知が行きます。 貴方を税金上の扶養からはずす確定申告をしてもらう必要があります。 扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。 税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。 貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。 >少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね? いいえ。 貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。 ただ、... A ベストアンサー 1です。 もう少し細かく説明しておきます。 あなたが親の税扶養から外れた場合、具体的に親にどれだけの負担がかかるか知りたいのですよね? それを答えるにはあなたの親の具体的な年収と、扶養家族の人数等がわからないと答えられません。 親の年収(厳密には親の所得)によって負担額が変わるからです。 具体的には親の所得税額は下記のようになります。 ですから年収が300万円でも所得が0円だったら所得税は払わなくて良いのです。 普通のサラリーマンやアルバイトの場合は「給与所得」という分類となり、その場合は年収に応じて一定額が控除されます。 またそれ以外にも「扶養家族」や「身体障害」の有無、「支払った医療費」の額に応じて控除額が増減します。 ちなみに扶養家族は一人当たり38万円の控除となりますので、あなたが税扶養から外れた場合は親の所得が38万円高くなります。 所得が増えればその分親の所得税は増えます。 なお親の扶養から外れた場合、親の所得税が増えるだけでなく、あなた自身も所得税を納める義務が発生しますので注意が必要です。 taxanser. nta. 今回の話に当てはまりそうな項目をピックアップしてみましたのでご覧ください。 taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. taxanser. nta. もう少し細かく説明しておきます。 あなたが親の税扶養から外れた場合、具体的に親にどれだけの負担がかかるか知りたいのですよね? それを答えるにはあなたの親の具体的な年収と、扶養家族の人数等がわからないと答えられません。 親の年収(厳密には親の所得)によって負担額が変わるからです。 具体的には親の所得税額は下記のようになります。 Q 閲覧ありがとうございます。 わたしは今、大学生でアルバイトをしています。 去年の所得は103万だったのですが、今年はこのままいくとこえてしまいそうです。 そこで、いくつか質問があります。 勤労学生の申請方法と時期 ・申請書はバイト先から貰える?それとも扶養者である父の会社や役所から貰う? ・なんという名前の書類を貰う? ・いつ貰っていつ提出する? ・今年こえた場合、"来年から"税金が親にかかるんですよね?つまり、今年の年末調整の時に、扶養申告書? の「勤労学生」の欄に〇をつければ"来年は"税金が控除される? ・こえる場合、今すぐに何かすることはある? 住民税について ・勤労学生は130万以下なら税金がかからないと聞きましたが、住民税はまた別で124万をこえると勤労学生から外されて、学生に住民税がかかる?均等割です。 下記を読んでもらえば分かります。 nta. htm 結論から言っておくと、 年末調整で、ご存知の扶養控除等申告書で 勤労学生控除を申告してください。 nta. 学生証のコピーか学校の在籍証明書を 付けてと言われるかもしれません。 もしくは同様な申告を確定申告で 申告することになります。 以上をふまえた上で個別の質問に 答えると…。 >勤労学生の申請方法と時期 >・申請書はバイト先から貰える? >それとも扶養者である父の会社や >役所から貰う? >なんという名前の書類を貰う? 扶養控除申告書はバイト先で 学生の証明書は学校で となります。 >・いつ貰っていつ提出する? 年末調整時か、今年分既に記入して いるなら、修正はバイト先に言って いつでもできます。 >・今年こえた場合、"来年から"税金が >親にかかるんですよね? こちらは親御さんの扶養控除等申告書 の申告の話です。 あなたの給与収入 所得ではない が 103万を超えるなら、扶養控除の 申告ができなくなります。 >つまり、今年の年末調整の時に、 >扶養申告書? の「勤労学生」の欄に >〇をつければ"来年は"税金が控除される? あなたの給与で引かれている所得税が 年末の給与で調整額として還付されます。 また、翌年の6月からの住民税が申告 しない時より安くなります。 親御さんは扶養控除の申告を取り消すと 親御さんの所得税が増え、場合により 年末の給与から所得税が余計にとられ ます。 また、翌年の6月からの住民税が増えて しまいます。 >・こえる場合、今すぐに何かすることは >ある? 親御さんに連絡してください。 103万超えるので、扶養控除が受けられ なくなると伝えてください。 >住民税について >・124万をこえると勤労学生から >外されて、学生に住民税がかかる? >均等割です。 >・かかるならどれくらい? 地域により条件が変わると思われますが、 勤労学生控除は効くが非課税にはならず 均等割5000円が課税となります。 住民税の非課税条件は、学生であるなしに 関わらず、未成年なら204. 4万まで、 均等割も含め非課税ですが、成年だと 100万以下となります。 tax. metro. tokyo. 均等割はたいていの地域で5000円と なっています。 均等割の5000円のみ課税 となります。 長くなりましたが、いかがでしょうか? がんばってください! いえいえ分かっていない人が大半ですよ。 下記を読んでもらえば分かります。 nta. htm 結論から言っておくと、 年末調整で、ご存知の扶養控除等申告書で 勤労学生控除を申告してください。 nta. 学生証のコピーか学校の在籍証明書を 付けてと言われるかもしれません。 もしくは同様な申告を確定申告で 申告することになります。 Q 僕は地方から大学に出てきていて、今年の一月の半ばに住民票を今住んでいる都市に移しました。 税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする、くらいしか知らないので、確定申告などもしていません。 九月頃になって、役所から市民税・県民税申告の手引きという封筒が届き、今そのまま放置している状態です。 しかし、引っかかるところは、平成19年3月15日までに申告下さいと書いているにも関わらず、9月になって送ってきたということ、また、知り合いに聞いたところ、「大学生だから払わなくていいんじゃない?」と言われました。 僕はどうすればいいのでしょうか?大学生は市民税を払わなければならないのでしょうか?ご回答お願いします。 ちなみに、昨年はあまりバイトをしておらず(勤務月は合計約4ヶ月、総額で20万程度の収入です。 )、そのバイト(二つやっていました。 )は今やっていません。 最初のバイトは給料が手渡しだったので特に給与明細等はもらっていません。 二つ目のバイトは給料は手渡しだったのですが、給与明細は一応もらっていた気がしますが当然今残っていません。 僕は地方から大学に出てきていて、今年の一月の半ばに住民票を今住んでいる都市に移しました。 税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする、くらいしか知らないので、確定申告などもしていません。 九月頃になって、役所から市民税・県民税申告の手引きという封筒が届き、今そのまま放置している状態です。 しかし、引っかかるところは、平成19年3月15日までに申告下さいと書いているにも関わらず、9月になって送ってきたということ、また、知り合いに聞いたところ、「大学生だから払... A ベストアンサー >税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする… それは、親御さんが「所得税 国税 」の計算において「扶養控除」を取れるあなたの収入限度です。 nta. nta. htm また、あなた自身の「所得税」も、確定申告をしなくてかまいません。 ただ、確定申告をすれば、「勤労学生控除」が上乗せされ、合計 130 万円まで所得税を払わなくて済みます。 nta. htm 住民税は、所得税より 5万円ほど少ない時点から課せられます。 つまり、98万円で親御さんが住民税における「扶養控除」を取れなくなり、あなた自身にも住民税の申告義務が生まれます。 「勤労学生控除」も所得税より 1万円少ない 26万円です。 city. fukui. html >大学生は市民税を払わなければならないのでしょうか… 基本的に 98万円以上の給与があれば、市民税を納めなければなりません。 「勤労学生控除」の適用を申告すれば、124万円まで緩和されます。 >知り合いに聞いたところ、「大学生だから払わなくていいんじゃない… テレビに出ているちびっ子タレントでも、しっかり納税しているのですから、大学生が免除などと言うことはありません。 >昨年はあまりバイトをしておらず(勤務月は合計約4ヶ月、総額で20万程度の… それなら所得税の確定申告はもちろん、住民税の申告も必要ありません。 >九月頃になって、役所から市民税・県民税申告の手引きという封筒が届き… 申告の必要ある人、ない人の区別をせず、申告していない人全員に送付したのでしょう。 とにかく、昨年分は無視してよいでしょう。 今年、あるいは来年以降、98万円を超えるなら要注意です。 98万円に至らなくとも、源泉徴収される場合は、申告すれば返ってきます。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 nta. htm >税金についての知識はアルバイトで103万円を超えないようにする… それは、親御さんが「所得税 国税 」の計算において「扶養控除」を取れるあなたの収入限度です。 nta. nta. htm また、あなた自身の「所得税」も、確定申告をしなくてかまいません。 ただ、確定申告をすれば、「勤労学生控除」が上乗せされ、合計 130 万円まで所得税を払わなくて済みます。 nta. htm 住... A ベストアンサー 最初に、税金の扶養と健康保険の扶養は別物です、また税金も質問者の方が扶養になることと質問者の方が課税されないと言うことも別です。 1.質問者の方が課税されない限度額 2.質問者の方が税金の扶養になれる限度額 3.質問者の方が健康保険の扶養になれる限度 以上をそれぞれどれがやりたいかを考えて、トータル的な限度額を出さないと後で思わぬ事態になりかねません。 1について ・所得税の場合 給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて 65万+38万=103万 ということで103万までは課税されません。 さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて 103万+27万=130万 130万までは課税されません。 ・住民税の場合 未成年であれば204.4万までは課税されません。 2について 所得税と住民税共に103まで親の扶養になれます。 3について まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。 各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。 ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。 ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。 所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。 しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。 「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。 これは非常にわかりにくい定義なのです。 まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。 例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。 そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。 しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。 つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。 別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。 するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。 そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。 もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。 するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。 さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。 まず親の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。 そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。 A.親の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合 130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。 あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。 B.親の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合 この場合は例えば イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか ロ.前年の収入が130万を超えるか ハ.被保険者(親)の前年の年収を(被保険者(親)+被扶養者)で割った金額を超えるか などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には親の健保に一々聞いて確かめるしかありません。 恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。 ということでまず親の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。 健康保険証を見てください。 「健康保険で親の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。 もし同じだ言われたら上記のAになります。 もし違うと言われたら上記のBになります。 この場合は親の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。 最初に、税金の扶養と健康保険の扶養は別物です、また税金も質問者の方が扶養になることと質問者の方が課税されないと言うことも別です。 1.質問者の方が課税されない限度額 2.質問者の方が税金の扶養になれる限度額 3.質問者の方が健康保険の扶養になれる限度 以上をそれぞれどれがやりたいかを考えて、トータル的な限度額を出さないと後で思わぬ事態になりかねません。 1について ・所得税の場合 給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて 65万+38万=103万... Q 私は現在大学4回生です。 バイトの収入について質問です。 昨年10月から今のアルバイトをしています。 当初は月収が9万円くらいの予定だったので 初めに勤労学生控除を申請しました。 しかし今年4月くらいから、バイトの時給が上がり それに加え人手不足で 予定よりたくさん勤務しなくてはいけなくなったため 最近の月収が13万円前後になっています。 総務の人に勤労学生控除が適応されなくなりそうだといわれました。 親は自営業のため社保ではなく「国民健康保険」です。 大学4回のため、来年4月からは自分で社会保険に入るつもりです。 ですので、今現地点での保険加入について ここでいくつかお尋ねいたします。 1 私の所定勤務は週に3日で月収9万円の予定でしたが、 今は人手不足のため臨時で勤務しています。 今後、人手がたりてくるとまた所定勤務どおりになる可能性はあります が、それでも親の国民保険は抜けないといけませんか? 2 もし、親の国民健康保険を抜けた場合、 バイト先の社会保険は対象外なので (勤務時間が正社員の3/4以下なので) 自分で国民健康保険に加入しなければいけませんが いつから支払わなくてはいけませんか? また大体いくらくらいでしょうか? 3 国民年金は今、学生猶予を申請しています。 130万以上の収入があった場合、なにか影響しますか? 当方、保険についてあまり詳しくないため どうか、回答をよろしくお願いします。 私は現在大学4回生です。 バイトの収入について質問です。 昨年10月から今のアルバイトをしています。 当初は月収が9万円くらいの予定だったので 初めに勤労学生控除を申請しました。 しかし今年4月くらいから、バイトの時給が上がり それに加え人手不足で 予定よりたくさん勤務しなくてはいけなくなったため 最近の月収が13万円前後になっています。 総務の人に勤労学生控除が適応されなくなりそうだといわれました。 親は自営業のため社保ではなく「国民健康保険」です。 大学4回... 国民健康保険にはサラリーマンの健康保険のように扶養というものがありません。 したがって、あなたの年収が130万円未満でいなくてはならないと言う縛りはありませんのでそのままでいいです。 しかし、あなたにも収入があるのですから、 2の方が言われるようにあなた自身が国保に入ってあなた自身の保険料を納付すれば、親の保険料負担を減らすこともできます。 国保の保険料はあなたの前年の所得を基に算出されますから、収入を上げて働かれても来年は就職されて社会保険に加入しますから、今年の収入に影響されることはありません。 同様に現在受けています「国民年金の学生特例制度」にも影響ありません。 ただし、ご存知でしょうが、学生特例制度は保険料を追納しない限り、あなたの将来の年金に反映されることはありませんのでその点はお気をつけください。 影響があるのは税金ですね。 総務の方が言われたように、あなたの自身の「所得税の年税額」が「勤労学生控除の27万円」を控除されなくなりますから、当然年税額は増えてくるでしょう。 それにあなた自身の住民税も掛かってくると思います。 現在、お父様の税の扶養になっていますか? 健康保険と法律が違いますので、税の扶養はあなたの年収103万円(1月~12月まで)を超えたら、お父様はあなたを扶養できません。 確定申告の際に「扶養控除」が受けられなくなります。 お父様も「扶養控除」38万円が受けられないと、確定申告の年税額と住民税は増えてくることになります。 まだ、あなたが税の扶養になっていましたら、お父様に来年の確定申告の前にあなたの年収が103万円を超えたことを必ず伝えておいてくださいね。 なお、税についてもっと詳しくお知りたい場合、「税金」のカテゴリーに替えてご質問されることをお勧めします。 国民健康保険にはサラリーマンの健康保険のように扶養というものがありません。 したがって、あなたの年収が130万円未満でいなくてはならないと言う縛りはありませんのでそのままでいいです。 しかし、あなたにも収入があるのですから、 2の方が言われるようにあなた自身が国保に入ってあなた自身の保険料を納付すれば、親の保険料負担を減らすこともできます。

次の

勤労学生控除はアルバイト代にどう影響するのか?|Bizpedia

勤労学生とは わかりやすく

目次 勤労学生とは 所得税法における「勤労学生」とは、 以下の何れかに当てはまるもので、 勤労による所得(給与所得など)があり、合計所得金額が65万円以下で、 かつ、勤労によらない所得が10万円以下のものをいう(所得税法第2条第1項第32号)。 学校教育法第1条に規定する学校(小中高、専門、大学など)の学生、生徒または児童 2. 国、地方公共団体、学校法人、医業を行う農業協同組合連合会及び医療法人等が設立した専修学校や各種学校の生徒で、職業に必要な技術を教えるなど一定の要件に当てはまる課程を履修するもの 3. 職業能力開発促進法の規定による認定されている職業訓練校で一定の要件に当てはまる課程を履修するもの [adsense] 所得別の控除 所得控除 【103万円以下】 扶養控除 有 勤労学生控除 有 【103万円~130万円以下】 扶養控除 無 勤労学生控除 有 【130万円以上】 扶養控除 無 勤労学生控除 無 という控除対象になります。 つまり、学生が年間103万円以上の収入となってしまうと 扶養控除がハズレてしまう。 年間130万円超えると扶養控除も勤労学生控除もない。 扶養控除を外れるとどうなる? 1. 年収132万円だとして 所得税 14500円 なお、国民年金払っていればその分控除できるので、その分申告すれば税金は安くなります。 親の所得税や住民税が増税になります。 ) 3. 親御さんの健康保険を扶養者から外れる。 親御さんが、所得税の扶養者控除(103万円以下)を受けられなくなる 下を参照。 親御さんが、扶養者手当てなど(会社等により異なる)を受けられなくなる 従いまして、勤労学生の申請をして130万円まで稼ぐと 本人の課税額は0になりますが、扶養控除は外れるということになるわけです。 ・勤労学生控除は貴方自身に適用されます 103万以上になる場合に、年末調整時の提出書類で勤労学生にチェックを入れて必要書類(在学証明書等)を添付して提出すれば 130万までの収入なら、103万未満の時と同様に所得税、住民税が処理されます。 ・親御さんには、貴方が103万を越えた場合、貴方に対する扶養控除は出来なくなります。 (税金上の扶養ではなくなる) 所得税では 31500円(5%)、63000円(10%)、126000円(20%)、位 所得税が増えます。 その額について下に大体をまとめてみました。 8万円の増税。• 6万円の増税。• 49万円の増税。• 29万円の増税。 という風になる。 と学生本人が収入が増加しても、親の払うべき税金が同等額増えてしまうのであれば意味がない。 であれば、130円までに留めておいて、親からお小遣いを増やしてもらったほうが家計に優しいでしょう。 勤労学生と扶養家族控除まとめ 103万以内に抑えることがやはり肝心かもしれない。 しかし、130万円までなら、勤労学生カウントなので、大丈夫。 130万円を超えると本人は扶養家族から外れた分、自身で払わなくてはならないものが増える。

次の