ニコル アス カルト。 ニコル

はめふらのソフィア・アスカルトの正体とネタバレあっちゃんは前世?乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

ニコル アス カルト

アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」(以下「はめふら」)第8話では、ニコル・アスカルト(CV:松岡禎丞)の意外な欲望が明かされた。 同アニメは、山口悟氏による人気ライトノベルが原作。 前世でプレイしていた乙女ゲームに登場する悪役令嬢カタリナ・クラエス(CV:内田真礼)に転生した主人公が、悪役ゆえの破滅フラグを回避するために奔走するラブコメディだ。 カタリナの「たくさんのお菓子を食べたい」という欲望や、ソフィア(CV:水瀬いのり)の「蔵書室でカタリナと過ごしたい」という欲望が明かされた。 普段は寡黙で冷静沈着なニコルなだけに、ギャップを感じる視聴者も多くいた様子。 Twitter上では「斜め上を行ってて驚き笑った」「本心はそうでしたか」「全てもってかれた」「意外だったのはニコルかな…」といった声が相次いでいた。 第8話「欲望にまみれてしまった... 」 【あらすじ】 参考書を探しに東棟の図書室へ向かっていたカタリナは、途中でいつもの面々と合流し勉強に励んでいた。 ふと目に留まった本を開くと、本から眩い光が溢れ、ジオルドたちと共に飲み込まれてしまう。 光から逃れたメアリとマリアは、恐る恐る本を開き、囚われたカタリナたちの姿を探すのだった。 C 山口悟・一迅社/はめふら製作委員会 アニメ「はめふら」第8話、ニコル(CV:松岡禎丞)の意外な欲望に視聴者「本心はそうでしたか」 《ABEMA TIMES》.

次の

倭国の美少女【はめふら】

ニコル アス カルト

ニコル(Nicol, Nicoll, Nichol, Nicole)は、ヨーロッパ系の個人名、姓。 ニコールと読まれるケースもある。 、、、、、、などに対応する。 個人名 [ ] 女性 [ ] 貴族 [ ]• - ロレーヌ公妃または女公。 - フランスの貴族。 モデル [ ]• - アメリカ出身の元ファッションモデル。 - 日本のモデル。 ニコるん。 - 日本のモデル。 - 日本のモデル。 にこるん。 スポーツ選手 [ ]• - アメリカのテニス選手。 - カナダのアイスダンス選手。 - アメリカのバレーボール選手。 - ドイツのフィギュアスケート選手。 - マレーシアのスカッシュ選手。 - チェコのテニス選手。 - アメリカのバレーボール選手。 - カナダのプロレスラー。 - アメリカのフィギュアスケート選手。 - カナダのフィギュアスケート選手。 - ウェールズの自転車競技選手。 - アメリカのフィギュアスケート選手。 芸術・芸能関係 [ ]• - フランスの映画監督。 - フランスの女優。 - アルジェリアの女優。 - オーストラリアの女優。 Nicole Theriault ニコル・テリオー -タイの歌手• - の歌手。 元のメンバー。 - チリの歌手。 - フランスの歌手。 その他 [ ]• - フランスの政治家。 男性 [ ]• - フランスの哲学者。 姓 [ ]• - ニュージーランドの映画監督。 - イングランドのサッカー選手。 - ウェールズの作家。 - カナダのモデル。 - アメリカの女優。 - シエラレオネの外交官。 - スコットランドの野球選手。 - アメリカの市長。 - カナダのフィギュアスケート選手。 - 日本の画家。 上記のC・W・ニコルの妻。 - イギリスの植民地官僚、などを歴任。 地名 [ ]• - フランスの 架空のキャラクター [ ]• ニコル・アスカルト - ライトノベル『』の登場人物。 - テレビアニメ『』の登場人物。 テレビアニメ『』の登場人物。 を参照。 ロックバンド・のキャラクター。 詳しくはを参照。 ニコール・ラ・モリエール - テレビアニメ『』の登場人物。 原作ではファーストネームはなかったが、アニメで命名された。 企業 [ ]• - 日本のメーカー。 - 日本の。 その他 [ ]• - のアルバム。 コナミのゲームソフト『』の略称。 関連項目 [ ]• - ニコルの• このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

倭国の美少女【はめふら】

ニコル アス カルト

クラエス家の令嬢。 女子高生だったが、事故で死亡してしまい自分が乙女ゲームの悪役令嬢「カタリナ」に転生してしまったことに気づく。 乙女ゲームの中ではゲームの主人公であるヒロインや、攻略対象である男子キャラクターたちに意地悪をしまくり、「国外追放」か「死亡」するかの運命。 8歳で前世の記憶を取り戻すと、それまでコテコテのわがまま令嬢だった性格から、前世のさばけた人格に。 また、国外追放や死亡エンド対策として、国外追放されても1人で生きていくよう農業に勤しんだりと突拍子のないことを始める。 そのため本来は嫌われまくるはずのカタリナだったが、ライバルになるはずの主人公や他のメインキャラクターたちと友情を育み、好意を寄せられるようになる。 悲惨な結末の回避のため、主人公の恋を応戦しようとするが自分に向けられる好意には無頓着で鈍感なところがある。 ジオルド・スティアート 一見さわやか王子キャラクターだが、中身は腹黒気味。 王国の第3王子。 攻略対象の1人。 本来のゲームルートでは、幼少期にカタリナがぶつかり、額に傷を作った責任を負わせるため無理やり婚約者におさまり、主人公とジオルドの仲に嫉妬した挙句に国外追放か返り討ちにあい死亡する結末が待っている。 カタリナが前世の記憶を取り戻したため、無理やり婚約を攻めることをせず、むしろ潔く自分の非を認め誤る。 それを好感に思ったジオルドは逆に婚約を申し込む。 キース・クラエス カタリナの義理の弟。 魔力が強く、分家から引き取られカタリナの弟として迎えられる。 攻略対象の1人。 本来のゲームルートでは、分家から引き取られるがカタリナやカタリナの母から冷たく扱われ、孤独な幼少時代を送る。 その反動でチャラ男に。 お色気担当キャラ。 そんな孤独を主人公に癒され、恋に落ちるがカタリナは、公爵である弟に近く庶民の主人公が気に入らずに嫌がらせし、やはり国外追放か死亡が待っている。 カタリナが前世の記憶を取り戻したため、引き取られたジオルドは可愛がられる。 結果、たまに気候に走る姉を諌めるしっかり者の優しい弟に。 アラン・スティアート ジオルドの双子の弟。 攻略対象の1人。 ニコル・アスカルト.

次の