確定 申告 医療 費 控除 書類。 確定申告での医療費控除の添付書類変更|今まで通り領収証を送っちゃダメなんすか?

【確定申告】医療費控除の手続き方法とは?必要書類・書き方をFPが徹底解説!

確定 申告 医療 費 控除 書類

つまり 年間の医療費が10万円を超えていないと医療費控除は受けられません。 年に数回しか病院に行かない方はほぼアウトでしょう。 ですが、歯科を受診している方などは、年間の領収書を集めると結構な金額になっていることが多々あります。 初めて医療費控除を受ける方は、どの領収書を取っておいたらいいのかわからないかもしれませんね。 そんな方は とりあえず病院でかかった領収書は全部取っておくことをお勧めします。 年の初めや途中では自分が上記の条件を満たすようになるかどうかはわかりません。 年の最後に急に入院や手術を受けることになる方もおられます。 ですので少額であったとしても領収書をきちんと保管しておくことが大切です。 誰の医療費を確定申告に含めていいの? では誰の医療費を自分の確定申告へ含めていいのでしょうか? 親であれば子供の医療費を代わりに支払っていることと思います。 また夫婦であれば配偶者の医療費、年配の親の医療費を子供が支払っている場合もあります。 前述のように10万円を超えて初めて控除できますので、自分一人の医療費では医療費控除の条件を満たせない場合も多くあるはずです。 国税庁のホームページによると、 納税者が自己又は生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること とあります。 つまり 生計を一にする家族の領収書は含めていいということになります。 別居している家族の場合 では別居している家族の場合はどうすればいいのでしょうか? 例えば大学生の子供を持つ親は、子供に仕送りをしていると思います。 また自分の親が介護施設で生活していて、その費用を負担している方も多いと思います。 そのような場合は生計が一とみなされ、その家族の分の医療費も医療費控除へ含めることができます。 また家族の中でも収入が違うため、個人個人所得税の税率が違います。 家族の中で税率が高い人に医療費控除を含めてあげた方がより多く税金が戻ってきます 医療費控除を受ける際の必要書類 では医療費控除を受けたい場合、どんな書類が必要のでしょうか? 必要書類は 医療費を証明することができる領収書です。 コピーではなく原本が必要 では紛失した場合はどうすればいいのでしょうか? これは病院ごとに対応が違います。 領収書に再発行できませんと書かれているものは紛失しても再発行してもらえません。 しかし再発行してもらえる病院では、個別の領収書というより年間のその病院での医療費合計の領収書をもらえます。 病院によって使っているソフトが違うため、年間の医療費の領収書を発行するのに手で一つ一つ計算しなくてはいけないところもあります。 このような病院だと再発行を断られる可能性はとても大きいといえます。 また確定申告時期は再発行依頼数が急増するため、申告に間に合わないことも多く見られます。 医療費控除は大体これくらいということでは計算できません。 領収書原本主義でなおかつ正確な数字が求められます。 医療費控除を受ける可能性があるのであれば、しっかり領収書を保管することが大切です。

次の

医療費控除に必要書類は?2020年の確定申告 源泉徴収票、医療費通知、医療費の領収書やレシート、交通費の領収書、医療費控除の明細書、確定申告書A、マイナンバーの本人確認書類の添付台紙

確定 申告 医療 費 控除 書類

Contents• 医療費控除の必要書類とは では実際に医療費控除を申請する場合、どのようなものを準備する必要があるのでしょうか?ひとつひとつお話しさせていただきたいと思います。 この源泉徴収票は、自分が勤めている会社側が自身の代わりに、所得税などの計算を行ったものになります。 もし確定申告をしようと思っている方は、会社側から渡されますので確定申告まで大切に保管をしておいてください。 この書類は、1年間でどれだけの医療費がかかったのかを一覧表にて確認するというものです。 医療費控除は、誰もが自由に受けられるというものではありません。 1年間にかかった医療費が、10万円を超える場合に申請することが出来ます。 自身、または生計を一にする家族の分の医療費になります。 前までは、医療機関でもらった領収書やレシートを添付して提出しなければなりませんでした。 しかし、2018年より、領収書やレシートの提出は原則的にはなくなり、市町村や健康保険から送付される「医療費のお知らせ」などを参考にすれば、簡単に明細書に記入ができるようになりました。 公共交通機関などは、領収書やレシートが発行されないため、自身で金額の把握を行っておく必要があります。 この明細書は、自身で税務署へ取りに行くか、または国税庁のホームページからダウンロードをすることが出来ます。 医療費控除を申請する場合は、こちらにその金額も記入する必要があります。 国税庁のホームページより作成することが出来ます。 また、税務署の窓口にてマイナンバーの提出またはマイナンバーカードの写しを添付して提出しなければなりませんので、忘れないようにしましょう。 医療費控除の必要書類の種類 以上、上記が主に医療費控除で必要な書類になります。 この書類以外に必要なものとしては、確定申告書を作成する際に必要な印鑑、そして、申告の際に必要なものではありませんが、医療費の領収書やレシートは捨てないで保管しておく必要があります。 上記にて、レシートや領収書の提出の必要は無くなったとお話しさせていただきました。 しかし、もし書類に不備などがあった場合、提出が求められる場合もあります。 また自身での医療費の管理のためにも、保管しておく必要があるでしょう。 また、提出する必要がなくなったかわりに、5年間の保管が義務付けられています。 5年分の領収書やレシートを保管、管理するのは大変かとは思いますが、もしもの場合を考えてきちんと管理しておくと良いと思います。 医療費控除の必要書類どこでもらえる? 源泉徴収票 源泉徴収票は勤めている会社から発行されます。 発行される時期は年末調整を行うため年末から1月にかけて発行されるのが一般的です。 雇用関係がない人には発行されません。 自営業者、個人事業主、フリーランスの人は誰かに雇われているわけではないので源泉徴収票は発行されません。 紛失してしまった場合などは勤務先で再発行してもらいます。 また国税庁ホームページから直接入力して申請することもできます。 nta. 自治体によっては置いていない場合もありますので確認しましょう。 また国税庁ホームページから直接入力して申請することもできます。 自治体によっては置いていない場合もありますので確認しましょう。 マイナンバー マイナンバーは各自治体より「通知書」が既に配布済になっています。 マイナンバーがわからない、通知書をなくしてしまった場合は本人確認出来る身分証明を持って市役所・町役場にて「マイナンバー入りの住民票」を発行することで確認できます。 また、通知書やマイナンバーカードの再発行も市役所・町役場で行えますので「住民課」等の受付で確認してください。 医療費控除の必要書類で郵送できるものは? では、この医療費控除の必要書類で、郵送で対応できるものはあるのでしょうか? まず、確定申告は必要書類を直接税務署へと持ち込む方法と、郵送にて提出する方法があるのです。 確定申告を郵送で行う場合は、まずA4サイズが入る封筒を準備してください。 書類を折り曲げずに入れられるためです。 封筒の中には、上記の必要書類でもお話しさせていただきました、源泉徴収票、確定申告書、医療費の明細書、マイナンバーカードが確認できる書類、またはマイナンバーカードの写し、本人確認書類などが必要になります。 では、これらの書類をどこ宛に郵送すれば良いのでしょうか? これは、自身が住んでいる地域によって異なってきます。 国税庁のホームページより、国税局の所在地及び管轄区域から自身の住んでいる地域の国税局を検索することが出来ますので、事前に調べておく必要があるでしょう。 医療費控除の必要書類の注意点 では、実際に必要書類を準備する際に、注意しなければならないことをお話ししていきたいと思います。 まず、上記のように確定申告を郵送で行う場合、必要書類が全て揃っているかを必ず確認してください。 また、書き損じはないかのチェックも必ず行ってください。 もし、書類に不備などがあった場合は、書類は返却となりますので、再度提出しなければならなくなります。 そのような手間を省くためにも、書類に不備かないか郵送前、または税務署に提出前に必ず確認を行うことが大切かと思います。 また、郵送時は郵便物、信書郵便として郵送する必要がありますので注意してください。 郵便物、信書便以外の荷物扱いでは郵送することはできません。 また、なるべく早めに郵送をすることをオススメします。 もし確定申告を郵送で行いたいと思っている方は、事前に準備しておく必要があるでしょう。 また、医療費控除の部分にも不備はないか必ず確認をしてください。 医療費控除で控除されるものは、あくまで病気や怪我をした場合の医療費や薬の代金、そして交通費になります。 つまり、それ以外は認められないということです。 治療ではなく、予防の段階のものだったり、美容目的などの場合は認められません。 国税庁のホームページにアクセスをしてみると、どういうものが認められて、どういうものが認められないのかが詳しく記載されています。 確定申告の際に慌てて確認することのないように、心配なものがある場合はあらかじめチェックをしておくと良いかと思います。 また、以前にはなかったマイナンバーの提示などが新たな必要書類として追加されておりますので、忘れないようにしてください。 医療費の明細書も、領収書やレシートの添付は必要なくなりました。 しかし、上記でもお話しさせていただきましたが、5年分の領収書やレシートは保管しなければならなくなっています。 1年間に10万円を超える医療費の領収書となりますので、その量は膨大なものになるでしょう。 きちんと保管してなければ紛失してしまう場合もありますので、くれぐれも注意してください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 医療費控除を申請するためには、必ず以上の書類が必要になってきます。 何か一つでも漏れがあると、再度提出しなければならなくなります。 ただでさえ、確定申告はお金の計算が多いので、苦手な方も多いのではないでしょうか? しかし、今は記入の仕方も簡単に検索することが出来ますし、慣れてしまえばスムーズに行うことが出来るようになるでしょう。 事前に準備をきちんと行えば、戸惑うこともなくなります。 またお金も帰ってきますので、該当する方は医療費控除を申請することを考えてみてください。 介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス? 会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】 そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します! 空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら! LINEからのご登録はこちら! 関連記事.

次の

確定申告の医療費控除で必要な書類と申請方法。提出や郵送方法とは?

確定 申告 医療 費 控除 書類

医療費控除を受けるポイント6つ• 自分だけでなく、生計を一にする家族の分の支払いも該当• 病気やケガのための入院だけでなく、薬局で買った風邪薬などの医療費も対象• (医療費控除)自分と家族を合わせた医療費の合計から、保険等で補てんされた金額を引いたものが「10万円」を超えた場合に、その越えた部分の金額が控除の計算対象• (医療費控除)ただしその年の総所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、総所得の5%を越えた部分の金額が控除の計算対象• 「セルフメディケーション税制」と、通常の「医療費控除」は両方は使えない。 どちらか一方のみ。 領収書の添付は不要となりました。 (ただし5年間の保存は必要) セルフメディケーション税制については、をご覧ください。 以下から、詳しくご説明します。 医療費控除の対象となる医療費• 医師、歯科医師による診療や治療の対価• 治療のためのあんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などによる施術の対価• 助産師による分べんの介助の対価• 介護福祉士等による喀痰吸引等の対価• 治療や療養に必要な医薬品の購入の対価 【具体例】 ・かぜの治療のための一般的な医薬品の購入費用 ・医師等の処方や指示による医薬品の購入費用 ・通院費(通院費として認められるのは、交通機関などを利用したもの。 ) ・医師等の送迎費 ・入院時の部屋代や食事代 ・医療用器具の購入や賃借費用 ・義手、義足、松葉づえや義歯等の購入費用 ・6 か月以上寝たきりの人のおむつ代で、治療をしている医師が発行した証明書(おむつ使用証明書) 【 入院費用の具体例】 (対象)・入院中に病院で支給される食事。 ただし、他から出前を取ったり外食したものは非対象。 (対象)・付添人を頼んだときの付添料 【歯の治療の具体例】 (対象)・発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正 (対象)・金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているので医療費控除の対象 (対象)治療のための通院費。 小さい子供の通院に付添が必要なときなどは付添人の交通費も対象。 通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。 医療費控除の対象とならないもの• 容姿を美化し、容ぼうを変えるなどの目的で行った整形手術の費用• 健康診断の費用• 疾病の予防や、健康増進のための予防接種などの費用• 人間ドックなどの健康診断や特定健康診査の費用は控除の対象となりませんが、健康診断の結果、重大な疾病が発見された場合で、引き続き治療を受けるときや、特定健康診査を行った医師の指示に基づき一定の特定保健指導を受けたときには、健康診断や特定健康診査の費用も医療費控除の対象となります。 タクシー代(電車やバスなどの公共交通機関が利用できない場合を除きます。 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車料金• 治療を受けるために直接必要としない、近視や遠視のための眼鏡等の購入費用 確定申告時に必要な書類• 医療費の領収書 「医療費のお知らせ」の原本を添付する場合は、領収証の提出が不要となります(ただし医療費のお知らせには要件があるので注意が必要です。 詳しくは後述)。 医療費のお知らせを提出する場合は、個別の内訳を明細書に記載する必要はありません。 合計額のみ記載します。 医療費のお知らせに該当する領収書の原本を保管しておく必要もありません。 医療費のお知らせ以外の医療費がある場合には、領収書が必要となります。 その場合、提出は不要ですが、領収書は確定申告期限から5年間、自宅等で保管する必要があります。 以下から詳しく説明します。 4-1. 医療費のお知らせには要件があるので注意 「医療費のお知らせ」とは、健康保険証を使って医療機関で診療を受けたあと、領収書とは別に送られてくる医療費のまとめです。 健康保険組合によって違いますが、数ヶ月から1年単位で集計されています。 自分の診療内容だけではなく、扶養家族がいる場合は全員分の明細が記載されています。 医療費のお知らせにて確定申告をする場合の注意点は、(1)必要事項がきちんと記載されていないと使えない(2)1~12月分が記載されていない ということです。 4-1-1. 必要事項がきちんと記載されていないと使えない 医療費のお知らせは、以下の内容がすべて記載されていないと使えません。 医療費のお知らせの必須6項目• 被保険者等の氏名• 療養を受けた年月• 療養を受けた者• 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称• 被保険者等が支払った医療費の額• 保険者等の名称 医療費のお知らせは各機関が独自に作成しているものですので、必ずしも上記項目が記載されているとは限らないそうです。 もし要件を満たさない場合は、領収証にて申告をします。 4-1-2. 1~12月分が記載されていない 医療費のお知らせは、記載期間が1~12月になっていない場合がほとんどです。 例えば、台東区の国民健康保険であれば、前年11月から翌年10月受診分です。 前年11月、12月分は対象となりません。 そして、今年の11月、12月は領収書で対応することになりますので注意が必要です。 4-2. 医療費控除の明細書 医療費控除の適用を受けるためには、「医療費控除の明細書」に必要事項を記入し、確定申告書に添付する必要があります。 国税庁のHPからダウンロードすることができます。 記載の仕方は後述します。 4-3. セルフメディケーション税制の明細書 記載の仕方は後述します。 医療費控除の計算方法 医療費控除の計算方法には、合計所得金額(年収ではなく所得です)が200万円以上かどうかで違います。 サラリーマンの方など給与所得のみの場合、所得200万円未満の人とは、おおよそ年収310万円以下の人が該当します。 生命保険や損害保険からの医療保険金や入院費給付金、傷害費用保険金、損害賠償金など• 社会保険や共済からの給付金 (出産育児一時金、家族出産育児一時金、家族療養費、高額療養費、高額介護合算療養費など)• 医療費控除の明細書の記入の仕方 ・医療費通知(医療費のお知らせ)に関する事項 ここでの注意事項は、医療費のお知らせの合計金額だけではなく、今年に該当する分だけ(去年のは除いた金額)も記載するということです。 医療費のお知らせは、前年11月から今年10月までのように、一年の区切りが1~12月になっていない場合が多いからです。 その該当期間中に、生命保険などで補てんされた金額があれば、3に記入します。 ・医療費(上記1以外)の明細 8. 医療費控除の確定申告書記入の仕方 医療費控除がある確定申告書の記入の仕方です。 「レーシック手術(保険適用外。 本人10割負担)」を受けた場合の医療費控除です。 8-1. 領収書の内容を医療費控除の明細書に記入する 領収書の内容を、「医療費控除の明細書」に転記します。 家族全員分を記入できます。 その後、3の控除額の計算をします。 8-2. 医療費控除の明細書から確定申告書Aの1枚目に転記 医療費控除の明細書から、確定申告書Aの1枚目、(18)の欄に金額を記入します。 8-3. 医療費控除の明細書から確定申告書Aの2枚目に転記 医療費控除の明細書から、確定申告書Aの2枚目に転記します。 医療費の総合計と、保険から補填された金額を記入します。 8-4. 源泉徴収票から確定申告書Aの1枚目に転記 会社からもらった年末調整済の源泉徴収票から、確定申告書Aの1枚目に転記します。 今回は生命保険料控除と社会保険料控除のみが記載されていますが、他にも年末調整をしていたらそれも記載します。 基礎控除も忘れずに記載します。 8-5. 源泉徴収票から確定申告書Aの2枚目に転記 会社からもらった年末調整済の源泉徴収票から確定申告書Aの2枚目に転記します。 社会保険料の明細については、源泉徴収票からの転記であれば「源泉徴収票より」という記載にします。 8-6. 確定申告書Aの1枚目の右側で税額を計算 確定申告書Aの右側で所得税の税額を計算していきます。 基本的には上から順番に記入していきます。 (22)の「上の(21)に対する税額」は、を参考に、自身の所得額を当てはめて計算します。 そのあと、復興特別所得税を足して、所得税額及び復興特別所得税を確定します。 (38)は、年末調整時の源泉所得税ですので、今回確定した金額と比べて、年末調整時のほうが多ければ、還付になりますので、(40)の欄に記入します。 還付の場合は、銀行口座も記入します。 【参考】 確定申告関連リンク 最後に いかがでしたでしょうか。 医療費控除は、自分だけの医療費だけでなく、家族の分も対象になりますし、薬局で買った風邪薬も対象になります。 しっかりレシートをとっておいてくださいね。

次の