一 番 当たる 天気 予報。 よく当たる天気予報サイトはどれ!?天気予報に振り回されるのはもう嫌だ!

毎日見るからこだわりたい!一番使いやすい天気アプリはどれか徹底比較してみた

一 番 当たる 天気 予報

週間予報の5日以上先の天気予報は非常に当たりにくいです。 どこのサイトでも週間予報の5日以上先の当たりにくさは同じです。 あたりにくいのは、各サイトのせいではなく、 気象と言う自然が非常に予測困難で難しいことだからです。 詳しい天気と言うのはだいたい3~4日前にならないとわかってきませんので、 週間予報で7日先(用事のある日)が雨になっているからと言って落ち込むのは早いです。 3日前になっても雨の予報のままでしたらあきらめた方がいいと思います。 回答に入っていきます。 当日や明日の予報などを見るならば、気象庁が一番当たる確率は高いです。 しかし、週間予報(5日以上先)であればどこのサイトでも同じですので、 場所を特定したいのであればウェザーニュースのままで大丈夫です。 気象庁は北部と南部などに分けられているだけですので… いずれにしろ週間予報の的中率は低い (3~4日前になると予報が大きく変わることもある)ですので、 気になる日があるのであれば毎日確認することをお勧めします。 晴れの予報でも突然雨に変わることもありますので… 気象庁の週間予報には信頼度と言うのがあり、 A,B,Cの3種類で分けられています。 Aの日は当日までに予報が変わる可能性が低く、Cの日は変わる可能性が高いです。 私は気象庁を使っていますが、Aでも結構な確率で変わります。 ウェザーニュースでも信頼度がないだけで同じです。 よって、場所を細かく特定したいのであれば、 このままウェザーニュースを使うことをお勧めします。 この回答で、お役にたてれば幸いです。

次の

一番当たる占術とは?結局の所どれか知りたい。|占い師、ライターユナのブログ

一 番 当たる 天気 予報

この天気予報は 世界中のスキー場の天気予報を調べることができます。 国と都道府県を選択したあと、各スキー場を選択することができます。 標高別の天気予報を見ることができる。 Snow-Forecastでは• 降雪量• フリージングレベル 各項目の予報をみることができます。 本気で滑る人にはとってもおすすめな天気予報なんです。 更にこのSnow-Forecastの良いところは、標高別の天気予報を見ることが出来るところなんです。 例えば、これなら中腹の3296m地点の天気を表しています。 その他の地点も選択可能です。 標高別の天気を確認できることによって、• スキー場内のどのエリアを滑るか。 どのリフトがオープンするか。 どの辺りにパウダーが残っているか。 気温によって雨が降ることはないか。 など、滑りに行く前から計画を練ることができます。 先の天気予報を見ることができるので、予めどの辺りに滑りに行くか考えることができるのでとても便利! 降雪量の予想もでているので、パウダー好きの人にはありがたいですよね。 降雪量が外れることは多少ありましたが、 雪が降る日が大はずれしたことはありません ! 大事なスノーボード旅行や、「せっかくの連休をスノーボードに使いたい!」なんていうここぞという時には、まぁまぁ信用していい天気予報だと思います。 その他のスキー場の天気予報を見れるサイトは? 天気予報の信頼度をあげたいなら、複数の天気予報を見た方が良いです。 その他のおすすめの天気予報サイトを紹介します! tenki. jp tenki. jpは日本のサイトになりますが、Snow-Forecastと同じようにゲレンデを選んで天気予報を調べることができます。 こちらの天気予報はあまり使ったことがないので、今年はこちらもチェックして天気の精密度を確認したいと思います。 mapionのスポット天気予報 mapionのスポット天気予報でも、各ゲレンデの天気予報を確認することができます。 mapionの天気予報は、都道府県を選択し、市町村を選択するとスキー場が出てきます。 スキー場の市町村がわからない場合などもあるので、少し使いづらいです。

次の

天気予報で一番当たり(信用できるところ)詳しく週間で見られるところ...

一 番 当たる 天気 予報

カメラや登山を趣味にしていると 休日の天気が気になりますよね。 何回も天気予報を確認してしまいます。 もちろん、それによって計画も色々と変わってきます。 ただ天気予報サイトも沢山あるし、それによって予報も違ったりします。 果たして、 よく当たる天気予報サイトは一体どれなのか・・・。 今回は天気に振り回されないよう天気予報サイトについて調べて書きたいと思います。 天気予報サイトについて少し知ろう まずは、天気予報サイトについて少し調べてみたいと思います。 今、私は「美瑛町白金」という場所にある「青い池」へ撮影に行きたいです。 紅葉に青い水面が映えますし、そろそろ初雪が降りそう。 なので、Googleで「美瑛町白金 天気」と検索しました。 そうすると、「 Yahoo! 天気」、「 日本気象協会tenki. jp」、「 goo天気」、「 エキサイト天気」、「 Mapion天気予報」、「 livedoor天気予報」、「 @nifty天気予報」といった天気予報サイトが1ページ目に表示されてました。 そこでどのサイトがどう違うのか・・・。 天気予報サイトは天気予報していない・・・!? 実は、「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「Mapion天気予報」、「livedoor天気予報」、「@nifty天気予報」といった天気予報サイトは 正確な意味では天気予報していないです。 どういうことだ?? と思うかもしれませんが、これには「 予報業務の許可事業者」という単語が関わってきます。 この理解のために 天気が予報される流れについて見てみたいと思います。 天気予報の流れ まず、天気予報と聞くと「 気象庁」という単語が思い浮かびます。 気象庁は官庁の一つですが、その業務をざっくりと言うと「 気象情報の提供」となります。 つまり、自然現象の観測データーを収集し、スーパーコンピューター等で解析。 その情報を民間会社や法人等に提供しています。 天気予報の源的な存在ですね。 民間会社や法人等はその情報や独自に収集した情報を元に天気予報をします。 ただ、誰でも勝手に天気予報をし発表して良い訳ではありません。 そのためには、 気象庁長官の許可を受けた「 予報業務の許可事業者」である必要があります。 というのも、誰でも勝手に技術的な裏付けも無く天気予報をし公表していたら社会的な混乱を招く恐れがあるからです。 なので、必要な技術のあるものにだけ「予報業務の許可事業者」として天気予報の許可を与えています。 「予報業務の許可事業者」の有名どころとしては、 日本気象協会(一般財団法人)や ウェザーニューズ(民間会社)などがあります。 参考: 一方で、上に記載した「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「Mapion天気予報」、「livedoor天気予報」、「@nifty天気予報」といった天気予報サイトは「予報業務の許可事業者」が運営している訳ではないので天気予報自体を行うことはできません。 これらのサイトは気象庁や「予報業務の許可事業者」である日本気象協会やウェザーニューズなどから 予報情報を提供してもらい、それをそのまま掲載したり、あるいは二次コンテンツとして発表しているだけになります。 どのサイトがどこから予報情報の提供を受けているのか では、どのサイトがどこから予報情報を提供してもらっているのでしょうか!? 調べてみると、「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「livedoor天気予報」は 日本気象協会と 気象庁から情報を提供されているようです。 これらのサイトをよく見ると以下のような記載が見られます。 なので、天気予報もだいたい横並びです。 試しに「美瑛町白金」の1週間予報を見てみます。 上から「Yahoo! 天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「livedoor天気予報」です。 サイト毎に掲載している日数が違いますが気温や湿度なども同じ数値ですね。 私が調べた時は、これらのサイトの1週間予報は「 気象庁」の予報をそのまま掲載しているようでした。 上は「気象庁」の1週間予報です(美瑛町は旭川の近く)。 同じですね。 ちなみに、この時はどのサイトも明日・明後日の天気予報は「 日本気象協会」の予報をそのまま掲載していました。 しばらくの間観察していましたが、時間によって、またサイトによって「気象庁」の天気予報を採用するか、「日本気象協会」の天気予報を採用するかは変わってくるようです。 どのサイトが何の基準でどちらの予報を採用しているかは分かりませんが、 いずれにせよどのサイトも「気象庁」か「日本気象協会」の天気予報を掲載しています。 また、「Mapion天気予報」、「@nifty天気予報」、は主に ウェザーニューズから予報情報を提供されています。 なので、これらも殆ど同じ予報内容となっています。 ということで、天気予報サイトは沢山ありますが、殆どは「 気象庁()」、「 日本気象協会()」、「 ウェザーニューズ()」に集約されていると言えます。 ちなみに、GPV気象予報 というのもよく当たることで有名ですね。 私も使っていますが良いですよね。 これは、気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算し、その予測値を地図上に表示させたものらしい。 他の予報サイトとは毛並みが違います。 他の天気予報と違って地図上で雲の動きを確認できるので、目的地と時間に合わせて天気を予測できます。 便利で精度も高いと思います。 39時間先まで予報している詳細予報は結構頼りになります。 それでどれが当たる天気予報サイトなのか!? それでどのサイトがよく当たる天気予報サイトなのか!? 調べてみると、「気象庁」の天気予報はその精度を公表していました。 参考: ただ、他のサイトはこのようなものを公表していませんでした。 なので、ちゃんと比較できません・・・。 ただ、個人的な感想ですが特定のサイトだけがいつもダントツで当たるということはないのではないでしょうか!? であるなら、各天気予報サイトに情報を提供している「 予報業務の許可事業者」である、「気象庁()」、「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」、それから細かに天気を知ることができる「」から好きなものを複数選びチェックする必要が出てくるかと思います。 天気予報を複数チェックし予報が被ればその精度は高いでしょうし、予報が割れれば多数決です。 ありきたりな結論となってしまいましたが複数チェックがコツですね。 ちなみに、私の場合だと明日・明後日の天気では「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」、「」を見比べています。 週間予報では「気象庁()」、「日本気象協会()」、「ウェザーニューズ()」の予報を参考にすることが多いです。 それでいくと、明日の美瑛町は「GPV」では雲が多そうですが、「日本気象協会」と「ウェザーニューズ」は晴れの予報です(晴れと言っても雲量は様々ですが)。 早朝の撮影であれば良いかもしれません。 そして、週間予報を確認すると2016年は10月21日の早朝もしかしたら初雪の「青い池」が見られるかもしれません:) まとめ 天気予報は永遠のテーマですよね。 私も撮影に出る前や当日は穴が開くほど見ますが、 やはり複数で判断しております。 ネットが普及する前は新聞やテレビが頼りでしたが 今は便利になりましたよね。 ワイズさんの住んでいる地域で当てはまるのかは不明ですが 毎週月から金曜夕方6時にNHKで放送している 『ほっとニュース北海道』の 天気予報だと美瑛の天気予報も出ますよ。 インスタにも載せましたが、白髭の滝までですね。 ご参考になれば~.

次の