クラロワ トリトン デッキ。 【楽しい!】自作デッキのメリットデメリット・強い自作デッキの作り方のコツを紹介

【クラロワ】全デッキ一覧【クラッシュロワイヤル】

クラロワ トリトン デッキ

トロフィー上げに苦戦しているろなうどです 2. 6以外のホグデッキも使えるようになっておかなきゃなので新しいホグデッキをマルチで試しているんですが、エリババにも普通に負けてかなりメンタルやられてます 笑 まあ産みの苦しみだと思って耐えつつ、今後も使い続けようと思います。 今回は常設チャレンジであるグランドチャレンジの攻略について、 勝率の高いデッキと人気のデッキを紹介しようと思います。 マルチバトルで強いデッキがグランドチャレンジでも強いとは限りません。 グラチャレはグラチャレでしっかりと環境に適応していく必要があります。 環境を読んでいく上で基本となるのが人気のあるデッキ、つまり使用率の高いデッキを対策できれば有利に立ち回ることができます。 グラチャレ人気デッキベスト3 1位 2. 6ホグデッキ 2位 ペッカディガポイデッキ 3位 ゴーレムライトニングデッキ マルチバトルでも人気の2. 6ホグデッキなんですが、グラチャレでも最も多く使われるデッキのようです。 デッキ下の勝率で3つのデッキを比べてみると、不思議なことに順位がひっくり返ることが分かると思います。 人気のデッキだからといって勝率が高いわけではない、むしろ 対策されやすいため勝率が伸びないといってもいいでしょう。 よって人気1位のデッキでグラチャレに臨むのはあまりお勧めしません。 では勝率の高いデッキを3位から見ていきましょう。 グラチャレ勝率3位デッキ グラチャレの勝率3位のデッキはこのクロスボウデッキです。 9クロスデッキでも遅延クロスデッキでもない、あまり見かけない形のクロスボウデッキがグラチャレ勝率3位にランクインしました。 しかしデッキを見てみると勝率が高いのもうなずけます。 人気1位のホグデッキが苦手とするクロスボウ、さらに人気2位3位の重量級ユニット対策としてインドラを積んでいてしっかりと環境に合っているデッキだといえます。 このデッキが今後流行って母数が増えたときに勝率は上がるのか下がるのか、対策されて廃れていくのかはわかりませんが、今の環境で人気のデッキと相性がいいのは間違いないので使ってみてはどうでしょう。 グラチャレ勝率2位デッキ グラチャレ勝率2位のデッキはディガー型の三銃士デッキです。 三銃士デッキが2位に入るのは結構意外で、というのも人気のデッキベスト3にランクインしたデッキはどれもポイズンやファイボが入っていて、三銃士に対して相性の良さそうなデッキだからです。 まず間違いなく2. 6ホグデッキに対しては相性が悪いはずです。 これは推測の域を出ませんが、三銃士は呪文を切らせるための「おとり」で、他のガゴ群れやポンプを活かして三銃士以外のディガーやユーノで削っていくというコンセプトなのかもしれません。 僕も実際に試してみます。 グラチャレ勝率1位デッキ グランドチャレンジの勝率1位デッキはこのロイホグデッキです。 デッキを見た感じ 攻守がはっきりしているという印象ですね。 ユーノやゴーストは防衛でも使えますがどっちかというと攻撃でタワーを削ってくれるカード。 そこにロイホグを加えた3枚のカードで削りながら、 インドラやアウトローやハンターで重量級ユニットを手厚く守っていくという戦い方が想像できます。 ロイホグは前回のバランス調整で攻撃速度が0. 1秒遅くなりましたが、まだまだ現役のカードです。 相手の陸ユニットが枯渇したスキを見計らってのゴーストやユーノ、ファイボやバルキリーを使った後のロイホグがかなり有効だと思います。 こちらも十分対策される可能性の高いデッキですが、勝率1位を体感したいという方はぜひ使ってみてください。 まとめ グラチャレでの人気ベスト3と勝率ベスト3のデッキを紹介しました。 今回紹介したデッキは現時点から過去1週間分の統計をもとにしているので常に変動していきます。 なのでアプリをダウンロードして自分で環境を読みながらプレイすると良いと思います。 これからも定期的にグランドチャレンジの傾向は載せていこうと思いますのでよろしくお願いします。

次の

【クラロワ】トリトンがグラチャレ大暴れっ!!12勝デッキ紹介【9/5】

クラロワ トリトン デッキ

どうも、IGです。 今回はトリトンとバランス調整で強くなったファルチェを使った「スケラデッキ」を紹介します。 トリトンとファルチェの処理に慣れていないプレイヤーが多い今が、旬のデッキと言えるでしょう。 また、従来のスケラデッキよりも強力なので、今後も継続して使用することが可能です。 早速ですが、「トリトンファルチェ入りスケラデッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。 ラヴァデッキ デッキ構成 ・スケルトンラッシュ このデッキの主な攻め手となる呪文。 カウンター時に発動すると非常に強力。 ・執行人ファルチェ バランス調整によって攻撃力が高くなったユニット。 後衛ユニットごとまとめて処理できる。 ・ベビードラゴン 攻防共に使える使い勝手の良い空ユニット。 ・ダークプリンス 小物系ユニットを処理できる地上受けユニット。 ・アイスゴーレム 地上ユニットに対する受けやスケルトンラッシュと合わせて出すと効果的な盾ユニット。 ・漁師トリトン 相手ユニットを誘導することができるユニット。 使い方によっては非常に強力。 ・ポイズン 相手の後衛ユニットを処理できる4コスト呪文。 ・トルネード 相手ユニットを誘導する3コスト呪文。 基本的な使い方 基本的にはカウンターからスケルトンラッシュを発動し、攻撃していくデッキです。 トリトンでユニットを誘導し、ファルチェやベビードラゴン、ダークプリンスなどの範囲攻撃ができるユニットで一掃するといった防衛を行うことができます。 トルネードも組み込んでいるので、従来のスケラデッキに比べてより防衛力が高くなりました。 攻撃を仕掛けていくのは得策ではないので、相手の動向に合わせて立ち回りましょう。 意識すべきポイント 堅実に防衛すればある程度の相手に対しては勝つことができますが、トロフィーが上がるにつれて、それだけでは勝てなくなります。 慎重なプレイスタイルの相手に対しては、ただ防衛していても埒が明かないので、相手ユニットをトリトンやトルネードで誘導して、範囲攻撃でまとめて処理し、エリクサーアドバンテージをとれるような防衛を行う必要があります。 そういった攻撃的な防衛をマスターすれば、面白いようにトロフィーが上がるでしょう。 まとめ 従来のスケラデッキより強力になりましたが、その分使い方が難しくなりました。 普段スケラデッキを使っているプレイヤーでも使い勝手が違うので、慣れるまで少し大変かもしれません。 しかし、練習する価値は十分にあるデッキと言えるので、慣れるまで練習してみてはいかがでしょうか。

次の

【クラロワ】全デッキ一覧【クラッシュロワイヤル】

クラロワ トリトン デッキ

どうも、IGです。 今回はトリトンとバランス調整で強くなったファルチェを使った「スケラデッキ」を紹介します。 トリトンとファルチェの処理に慣れていないプレイヤーが多い今が、旬のデッキと言えるでしょう。 また、従来のスケラデッキよりも強力なので、今後も継続して使用することが可能です。 早速ですが、「トリトンファルチェ入りスケラデッキ」の構成や基本的な使い方、意識すべきポイントを解説していきます。 ラヴァデッキ デッキ構成 ・スケルトンラッシュ このデッキの主な攻め手となる呪文。 カウンター時に発動すると非常に強力。 ・執行人ファルチェ バランス調整によって攻撃力が高くなったユニット。 後衛ユニットごとまとめて処理できる。 ・ベビードラゴン 攻防共に使える使い勝手の良い空ユニット。 ・ダークプリンス 小物系ユニットを処理できる地上受けユニット。 ・アイスゴーレム 地上ユニットに対する受けやスケルトンラッシュと合わせて出すと効果的な盾ユニット。 ・漁師トリトン 相手ユニットを誘導することができるユニット。 使い方によっては非常に強力。 ・ポイズン 相手の後衛ユニットを処理できる4コスト呪文。 ・トルネード 相手ユニットを誘導する3コスト呪文。 基本的な使い方 基本的にはカウンターからスケルトンラッシュを発動し、攻撃していくデッキです。 トリトンでユニットを誘導し、ファルチェやベビードラゴン、ダークプリンスなどの範囲攻撃ができるユニットで一掃するといった防衛を行うことができます。 トルネードも組み込んでいるので、従来のスケラデッキに比べてより防衛力が高くなりました。 攻撃を仕掛けていくのは得策ではないので、相手の動向に合わせて立ち回りましょう。 意識すべきポイント 堅実に防衛すればある程度の相手に対しては勝つことができますが、トロフィーが上がるにつれて、それだけでは勝てなくなります。 慎重なプレイスタイルの相手に対しては、ただ防衛していても埒が明かないので、相手ユニットをトリトンやトルネードで誘導して、範囲攻撃でまとめて処理し、エリクサーアドバンテージをとれるような防衛を行う必要があります。 そういった攻撃的な防衛をマスターすれば、面白いようにトロフィーが上がるでしょう。 まとめ 従来のスケラデッキより強力になりましたが、その分使い方が難しくなりました。 普段スケラデッキを使っているプレイヤーでも使い勝手が違うので、慣れるまで少し大変かもしれません。 しかし、練習する価値は十分にあるデッキと言えるので、慣れるまで練習してみてはいかがでしょうか。

次の