ツーカー 意味。 「ツーカー」とは?意味を解説します!

ツーカー

ツーカー 意味

ツーは「つうつう」 のことと辞書には載っていたのですが、この「つうつう」って何ですか?また 「かあ」とは「かあかあ」 ということですか?もし「かあかあ」だとしたら、何のことをいっているんですか? 乱気流さん 「つうかあの仲」の「つうかあ」は、「つうと言えば、かあ」を省略したもので、国語辞典では「互いに気心を知っていて、一言で直ぐ通じてしまうこと」とされています。 WEB検索では上記のような解釈がある様子ですが 注:リンク切れ 、『江戸語の辞典/講談社学術文庫』の「つうかあ」の項目では、「つう」「かあ」共に助詞「つ」「か」の長呼「ツー」「カー」と解釈され、「つ」は複合助詞「とさ」の訛「つさ」の「さ」を略したもので、今は多く「と」を用い、「か」は疑問の助詞より転じ、「つ」「か」は鼻唄をうたう時など詩の末尾に付ける一種の詠嘆助詞とされています。 用例として、十返舎一九の『六あみだ詣』文化8 1811 年から「潮来うたへばとて文句のしまいにツウだのカアだのというもの向ふ見ずはしかたがねへ」を掲げています。 よりかさん ツーカーの語源 明治末期から大正にかけて、漢語が大流行し、一般の庶民もやたらに漢語を振り回した時期があり、そんな時代に誕生したのが 「通過の仲」 、すなわち「ツーカーの仲」で、 物事が通過するように、こちらの意思が相手に伝わるというような意味で使われた。 と下記URLに載っています。 さらに詳しく説明されてますので、こちらでチェックしてみてください。 参考URL:勉強さしてもらいます。 ながこさん 「ツーカーの仲」とか「ツーといえばカー」などと使う。 こちらの意思がすぐ相手に伝わる、気心が通じ合う間柄のことだ。 明治末期から大正にかけて、漢語が大流行し、一般の庶民もやたらに漢語を振り回した時期があった。 そんな時代に誕生したのが「通過の仲」すなわち「ツーカーの仲」。 物事が通過するように、こちらの意思が相手に伝わるというような意味で使われた。 くろぅさん 漢字の「通過」に由来しています。 明治〜大正期に芸人がはやらせたものとされています。 おもしろ回答で携帯ネタが出てこないことを・・・以下略。 そくらちゃん つうといえばかあ、という意味でのつうは「通」という漢字が当てはまり、「食通」とかのように、何かに特に優れていたり、良く知っていることを言ったもので、「ツーカーの仲」とは本来的に多少意味がずれた使い方をされていたように思います。 ですから、「あの人に聞いたらパソコンのことは、つうと言えば、かあでわかっちゃうよ」というような表現で使われていたようです。 ですから、つうといえばかあ、までが一区切りの表現で、それが詰まって「つうかあ」になったと思われます。 それでは、つうの下の「かあ」ですが、これは、話し言葉の時の景気付けというか、民謡の「ちょいな、ちょいな」とか「それ、それ」などの囃子言葉的な、語呂の良さから選ばれたもので、何も意味はないように想像します。 これが、デジタル時代で、ツーツーと言えば、カーと誰もが返事をする便利さから、「ツーカー」という表現も出てきたのでしょう。 らいこうさん 簡単。 ツルの「ツウ」という鳴き声と、カラスの「カア」という鳴き声のことです。 ツルのように白く、カラスのように黒い、見かけは相反するようであっても、ツウと鳴き、カアと応える姿は実に仲が良いわけで、「ツーカーの仲」と言います。 ながこさん かあかあはからすの鳴き声です。 さやさん A「つつう?つつつつ!」 B「かぁ。 かぁあ?」 アルヒノヒルサガリノヒトコマ・・・。 A B C D E 計 やった! 3 4 4 4 5 20 Tsuneさん 意味もなく面白い。 辞書で「つうつう」のことって、さらりと終わりにされても困りますよね。 そんなことだから「おしえてね ドットコム!」が栄えるんじゃないか!「あれっ待てよ?いいことじゃん。 本当にありがとうございました。

次の

ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の意味とは?ツーカーの仲の特徴7選

ツーカー 意味

ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴3つ目は、信頼関係があることが挙げられます。 ツーカーの仲の人たちは、相手を信頼しています。 ある程度相手の行動予測がつくということもありますが、信頼しているがゆえに細かく行動をチェックをするようなことはしません。 行き先もいちいち聞くようなことはしないでしょう。 付き合ったばかりだと、相手が今何をしているのだろうと考えてしまったり、つい束縛したくなったりということがあります。 しかしツーカーの仲になると、相手を束縛しなくても、どこに行っているかわからなくても、信頼することができるのです。 もちろん、相手の信頼を裏切ったらどうなるかも理解しています。 お互いにお互いの信頼を裏切らないという自信と、裏切られないという自信に裏打ちされた関係であると言えます。 信頼関係を築く方法については、下記の関連記事もぜひ読んでみてくださいね! ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴4つ目は、叱ってくれるということが挙げられます。 年齢を重ねてくると、間違ったことをやっていても、叱ってくれる人が少なくなってきます。 ツーカーの仲の相手は、年齢に関係なく、間違っていると思ったら叱ってくれます。 それは、一時的に間違ったことをしていても、道を正すことができるという相手への信頼があるからです。 どうでもいい相手に対しては、腹を立てることはあっても、わざわざ叱るエネルギーを使いませんよね。 叱ってくれる人がいるというのは、とてもありがたいことです。 叱ってくれるということは、諦めていないということです。 どんな状態であっても、味方でいてくれるからこそ、ダメなことはダメと叱ることができるのです。 相手に対して怒ることすら諦めている関係では、ツーカーの仲にはなり得ません。 エネルギーを使う価値のある、意味のある相手だと思えるかどうかが鍵です。 ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴5つ目は、気兼ねしないということが挙げられます。 変に気を使うこともなく、変に自分を偽ることもなく、ありのままの姿でいられるのがツーカーの仲の相手です。 相手も自分のことをよく知っていますし、自分も相手のことをよく知っていますから、気取る必要がありません。 遠慮することなく、何でも言える仲とも言えます。 「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、言っていいことと悪いことの区別はつけなければなりません。 しかし、よほど怒らせるようなことを言わない限りは、許しあえるのがツーカーの仲と言えるでしょう。 もし許せないことがあったのなら、気兼ねすることなく、許せないことを許せないと言えるのも、信頼関係があるからです。 はっきりと自分の考えを伝え、相手の考えも聞くという姿勢が必要になります。 自分のことをよく知ってくれている人と一緒にいるのは、とても安心感がありますよね。 家族と一緒にいることで安心感が得られるように、ツーカーの仲の相手と一緒にいることも安心感を得られます。 何か嫌なことがあった時に一緒にいたいと思うのは、自分のことを理解してくれている相手なのではないでしょうか。 悩み事を相談するわけではなくても、安心感がある相手なら、黙ってそばにいてくれるだけでいいと感じることもあるでしょう。 ストレスがたまっている時や仕事に疲れた時などは、安心感のある人と共に過ごして癒されたいですよね。 安心感のある女性がモテる理由や男性に愛されるコツについては、下記の関連記事もあわせてご覧ください。 ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴7つ目は、相手への興味を失わないということが挙げられます。 どんなに相手のことを理解しようと思っても、完全に理解し尽くすことはできません。 それは、ツーカーの仲の人たちにとっても同じことです。 完全に理解したと思い込んで、相手を知ろうとしなければ、いつの間にか知らない部分ばかりになってしまいます。 どんなに付き合いが長くなっても、相手への興味を失わず、常に知ろうとする努力が必要です。 新たな一面を発見した時に、「こんな部分もあったのか」と新鮮な気持ちになれると、興味を持ち続けられるでしょう。 つーかーの仲になるためには、自分のことを知ってもらうだけではなく、相手のことを知らなければなりません。 否定や批判をせずに、ありのままの相手を受け入れる、つまり相手を尊重するという姿勢が大切です。 相手の意見を頭ごなしに否定するようなことをしていると、つーかーの仲は成り立ちません。 お互いに相手の意見を聞き、相手の考えを知り、賛成できないところは賛成できないという意思表示をすることが大事です。 つーかーの仲に限らず、人間関係において、相手を尊重することは重要なことと言えるのではないでしょうか。 つーかーの仲は、最初から何も言わずに伝わっていたわけではありません。 お互いを知る努力を積み重ねていった結果、多くを語らなくても伝わる気心の知れた仲になったということなのです。 最初から「こんなこと言わなくても伝わるでしょ」といった態度をとっていると、つーかーの仲にはなれません。 自分のことを知ってもらう努力も必要ですし、相手のことを知る努力も必要となってきます。 すべてを知った気にならず、常に知ろうとしていく姿勢も必要です。 ツーカー(ツーと言えばカー)の仲になるには努力が必要! ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の意味や語源、ツーカーの仲の特徴やツーカーの仲になる方法を見てきました。 ツーカーの仲の人たちは、最初から気心が知れていたわけではなく、それ相応の努力をした結果、ツーカーの仲の相手を得ることができたのだとおわかりいただけたのではないでしょうか。 一度ツーカーの仲になれたとしても、相手への興味を失ってしまえば、いつの間にか相手の思考回路が読めなくなるといったことも起こります。 常に相手への興味を持って接することが大切です。 ツーカーの仲を羨ましいと思うのであれば、それ相応の努力が必要だということも知りましょう。 そして、今回紹介したツーカーの仲の人たちの特徴や、ツーカーの仲になるための方法を参考に取り入れて、良好な人間関係を築いていけるようにしたいところですね!.

次の

「ツーカー」とは?意味を解説します!

ツーカー 意味

ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴3つ目は、信頼関係があることが挙げられます。 ツーカーの仲の人たちは、相手を信頼しています。 ある程度相手の行動予測がつくということもありますが、信頼しているがゆえに細かく行動をチェックをするようなことはしません。 行き先もいちいち聞くようなことはしないでしょう。 付き合ったばかりだと、相手が今何をしているのだろうと考えてしまったり、つい束縛したくなったりということがあります。 しかしツーカーの仲になると、相手を束縛しなくても、どこに行っているかわからなくても、信頼することができるのです。 もちろん、相手の信頼を裏切ったらどうなるかも理解しています。 お互いにお互いの信頼を裏切らないという自信と、裏切られないという自信に裏打ちされた関係であると言えます。 信頼関係を築く方法については、下記の関連記事もぜひ読んでみてくださいね! ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴4つ目は、叱ってくれるということが挙げられます。 年齢を重ねてくると、間違ったことをやっていても、叱ってくれる人が少なくなってきます。 ツーカーの仲の相手は、年齢に関係なく、間違っていると思ったら叱ってくれます。 それは、一時的に間違ったことをしていても、道を正すことができるという相手への信頼があるからです。 どうでもいい相手に対しては、腹を立てることはあっても、わざわざ叱るエネルギーを使いませんよね。 叱ってくれる人がいるというのは、とてもありがたいことです。 叱ってくれるということは、諦めていないということです。 どんな状態であっても、味方でいてくれるからこそ、ダメなことはダメと叱ることができるのです。 相手に対して怒ることすら諦めている関係では、ツーカーの仲にはなり得ません。 エネルギーを使う価値のある、意味のある相手だと思えるかどうかが鍵です。 ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴5つ目は、気兼ねしないということが挙げられます。 変に気を使うこともなく、変に自分を偽ることもなく、ありのままの姿でいられるのがツーカーの仲の相手です。 相手も自分のことをよく知っていますし、自分も相手のことをよく知っていますから、気取る必要がありません。 遠慮することなく、何でも言える仲とも言えます。 「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、言っていいことと悪いことの区別はつけなければなりません。 しかし、よほど怒らせるようなことを言わない限りは、許しあえるのがツーカーの仲と言えるでしょう。 もし許せないことがあったのなら、気兼ねすることなく、許せないことを許せないと言えるのも、信頼関係があるからです。 はっきりと自分の考えを伝え、相手の考えも聞くという姿勢が必要になります。 自分のことをよく知ってくれている人と一緒にいるのは、とても安心感がありますよね。 家族と一緒にいることで安心感が得られるように、ツーカーの仲の相手と一緒にいることも安心感を得られます。 何か嫌なことがあった時に一緒にいたいと思うのは、自分のことを理解してくれている相手なのではないでしょうか。 悩み事を相談するわけではなくても、安心感がある相手なら、黙ってそばにいてくれるだけでいいと感じることもあるでしょう。 ストレスがたまっている時や仕事に疲れた時などは、安心感のある人と共に過ごして癒されたいですよね。 安心感のある女性がモテる理由や男性に愛されるコツについては、下記の関連記事もあわせてご覧ください。 ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の特徴7つ目は、相手への興味を失わないということが挙げられます。 どんなに相手のことを理解しようと思っても、完全に理解し尽くすことはできません。 それは、ツーカーの仲の人たちにとっても同じことです。 完全に理解したと思い込んで、相手を知ろうとしなければ、いつの間にか知らない部分ばかりになってしまいます。 どんなに付き合いが長くなっても、相手への興味を失わず、常に知ろうとする努力が必要です。 新たな一面を発見した時に、「こんな部分もあったのか」と新鮮な気持ちになれると、興味を持ち続けられるでしょう。 つーかーの仲になるためには、自分のことを知ってもらうだけではなく、相手のことを知らなければなりません。 否定や批判をせずに、ありのままの相手を受け入れる、つまり相手を尊重するという姿勢が大切です。 相手の意見を頭ごなしに否定するようなことをしていると、つーかーの仲は成り立ちません。 お互いに相手の意見を聞き、相手の考えを知り、賛成できないところは賛成できないという意思表示をすることが大事です。 つーかーの仲に限らず、人間関係において、相手を尊重することは重要なことと言えるのではないでしょうか。 つーかーの仲は、最初から何も言わずに伝わっていたわけではありません。 お互いを知る努力を積み重ねていった結果、多くを語らなくても伝わる気心の知れた仲になったということなのです。 最初から「こんなこと言わなくても伝わるでしょ」といった態度をとっていると、つーかーの仲にはなれません。 自分のことを知ってもらう努力も必要ですし、相手のことを知る努力も必要となってきます。 すべてを知った気にならず、常に知ろうとしていく姿勢も必要です。 ツーカー(ツーと言えばカー)の仲になるには努力が必要! ツーカー(ツーと言えばカー)の仲の意味や語源、ツーカーの仲の特徴やツーカーの仲になる方法を見てきました。 ツーカーの仲の人たちは、最初から気心が知れていたわけではなく、それ相応の努力をした結果、ツーカーの仲の相手を得ることができたのだとおわかりいただけたのではないでしょうか。 一度ツーカーの仲になれたとしても、相手への興味を失ってしまえば、いつの間にか相手の思考回路が読めなくなるといったことも起こります。 常に相手への興味を持って接することが大切です。 ツーカーの仲を羨ましいと思うのであれば、それ相応の努力が必要だということも知りましょう。 そして、今回紹介したツーカーの仲の人たちの特徴や、ツーカーの仲になるための方法を参考に取り入れて、良好な人間関係を築いていけるようにしたいところですね!.

次の