プロテインダイエット ランキング。 女性向けプロテインの人気おすすめランキング12選|ダイエットから筋肉増強まで!効果的な摂取法も

【最新】女性向けプロテインおすすめランキング12選!ダイエット・美容効果が期待できる商品を厳選してご紹介!

プロテインダイエット ランキング

ダイエットに挑戦したら 「肌・髪・爪」が痛んでボロボロになった人は以外と多いです!怖いですよね~、 不調の原因は プロテイン(タンパク質)不足にあります。 よくある質問でプロテインを摂りすぎると 「副作用があるのでは?」「太るの?」「ダイエット効果は?」が挙げられます。 実は 1日に必要なタンパク質の摂取量は最低でも自分の体重程は必要です。 体重50㎏なら50gのタンパク質ですね。 ちなみにタンパク質50g取るには ステーキ250gを食べる必要があります。 卵なら8個です!毎日はとても続きませんね… でも! プロテインならお手軽にドリンクとして摂れますよ!! このページでは、女性に嬉しい美容成分が沢山入ったプロテインを厳選して紹介しています。 プロテインの美容効果! プロテインは体を構成する原材料になります。 筋肉はもちろんのこと 内臓や髪、肌、爪など体中の至るところまで、ほとんどがプロテイン(タンパク質)で構成されています。 美肌を保つ コラーゲンもタンパク質を材料にして作られます。 根本から体を綺麗で健康にする栄養素がプロテインなんです。 タンパク質が不足すると美肌になる為の材料が足りないので、シワやたるみに繋がりますし、髪に至っては薄毛や白髪の原因にも… タンパク質がこれほど大事だという認識はまだまだ広まってないようですね。 プロテインはダイエットの強い味方 よくある間違ったダイエット法として、 食事制限をしてタンパク質をほとんど摂らないパターンがあります。 普段の食生活で既にタンパク質が足りないところに、食事制限を加えるとどうなるでしょうか?体重は減ったとしても、肌も髪もボロボロ…なんてことはよくあります。 ただし、ある程度食事制限をしなければダイエットは難しいでしょう。 ココで役に立つのがプロテインパウダーですね! プロテインパウダーで太ることはまずありません!以下が一般的なカロリーになります。 1杯(20g)とした場合のカロリーは 「55~117kcal」の商品が多いです。 ここで重要なのは プロテインは結構腹持ちが良い点です。 プロテインを飲んだ後にいつも通りの食事量はまず食べれないでしょう。 しかもプロテインは他の食品に比べて栄養満点です!健康的なダイエットの心強い味方になりますね。 美容・ダイエットに特化した女性用プロテイン!ランキング発表 それではおすすめプロテインを紹介していきます!全ての商品に 美容効果をプラスした女性専用のプロテインです。 ご自身にピッタリのプロテインを見つけてください。 1位:ジェシカズ・フォーミュラ 糖質が1杯0. 7gしか入ってないので糖質制限している方でもゴクゴク飲めますね。 100%植物性のソイプロテインで、女性に不足しがちなイソフラボンが豊富に入っています。 毎日美味しく飲めるように「アサイー」と「ミックスベリー」でしつこくない甘さです。 お手軽さも高く、スプーン1杯分でお水とシェイクすれば完成です。 7g 成分 植物性たんぱく 大豆由来 、ポリデキストロース、アサイーエキス、クエン酸、V. C、V. E、パントテン酸カルシウム、V. B1、V. B6、V. B2、ナイアシン、V. A、葉酸、V. D、V. ジムでストレッチやフィットネスにも挑戦して、なかなか本格的に体を動かしていますよ!しっかりとボディーメイクをするために、プロテインは以前から飲んでいました。 いろいろな種類を試しましたが、ジェシカズ・フォーミュラは見た目にもおしゃれでテンションが上がりますね。 カラダスッキリでいつまでも若々しくいるために、毎朝1杯のプロテインと週4回のジム通いを習慣にしています。 1~2年前から、以前とは違う体のコンディションになってきたので始めました。 この習慣を始めてから、ボディメイクだけでなく、美容の調子も良くなった気がします。 プロテインは毎日続けるものなので、美味しく飲めるかどうかも大切ですね。 ジェシカズ・フォーミュラは、手軽に美味しくタンパク質が摂れるところが気に入っています。 2位:カフェテイン ダイエットのサポートに有利な コーヒーの含まれたプロテインです!タンパク質で筋肉を作り、カフェインとクロロゲン酸で燃やします。 コーヒーなので飲みやすく、スムージーと違い糖質も気になりません。 エラスチンや酵素、アミノ酸といったボディメイクをサポートする成分がたっぷり配合されています。 貧相になってしまい、老けて見えます。 私が目指したのは女性らしい美しいボディライン。 カフェテインはそんなアラフォー女性の見かたですね。 40代 女性 今までスムージーや酵素、単品ダイエットなど短期間で交換出るモノばかりを試してきました。 ダイエットを繰り返すうちにリバウンドしやすくなり今回はカフェテインを飲みつつ食事、運動をバランスよく続けてみたいと思います。 3位:Colla-Tein(コラテイン) 1食でコラーゲンが1000mg入った大豆プロテインで、サッと溶ける美味しいストロベリー味です。 (3秒混ぜるだけ!) 1食あたり24kcalというダイエットにはもってこいのプロテインですね。 スティックタイプなので、いつでも何処でも簡単プロテインでボディメイクのサポートが可能ですよ!お得な定期購入の他、お試し品もあります。 定期購入 3,900円 お試しサンプル 300円 内容量(1箱) 45袋(1日3袋推奨) 特徴 コラーゲン1000mg、定期購入は1回単位で解約 成分 コラーゲン、ビタミンB1、B2、C 口コミ 32歳 女性 トレーニング後のプロテイン。 HOTでも飲めるプロテインがあったので迷わず試してみました!しかも好きなストロベリー味!女性に嬉しいコラーゲン入りのプロテインでホットミルクに溶かしたり…お湯で溶かしたり…少ない水でもさっと溶けました! プロテイン飲んでいる感覚じゃなくホットいちごみるくを飲んでるみたい。 朝ヨーグルトに混ぜてもOKなので、シェイク以外に簡単にプロテイン摂取できるのは嬉しい!!1箱45袋も入ってて毎日飲んでも1ヶ月半飲める大容量にもびっくりしました。 32歳 女性 美容成分イソフラボンと、フィッシュコラーゲンを配合していて、ダイエットにもお肌にもいいし、女子力もアップアップ。 タンパク質は、筋トレにも爪にも髪にもいいから、必要不可欠です。 私は牛乳を混ぜて、いちごミルクで飲んでるよ。 今の時期は、温めるとほかほかして朝に最適です。 4位:micoco 玄米プロテイン 美容効果の高い 玄米を使用したヘルシーなプロテインです。 美容に効果的な成分が多く含まれ「フィッシュコラーゲンペプチド」や「ドロマイト」「桑の葉」など美容面をサポートする成分が充実しています。 飲みやすさにも拘り、あっさりした甘さなので飽きずに毎日ストレスなく飲むことができます。 全国どこでも送料無料という点も嬉しいですね。 玄米プロテインは日本人の体質に合っていると聞き、試しに飲んでみたのがきっかけです。 実際に目覚めが良くなって不快感もなくなりました。 36歳 女性 プロテインと言えば、マッチョの人が飲む不味そうなイメージでしたが、飲みやすくってびっくりしました!!満腹感が得られるので、小腹が浮いた時、仕事の合間に飲んでいます。 素朴な味なので、クセになり、毎日続けられそうです。 タンパク質も摂取できますし、パッケージのカモシカさんがシュールで面白いです(笑) プロテインって必要なの? 「美容・ダイエット」以外では、プロテインと聞くと筋トレの後に飲むイメージしかないかもしれません。 実はプロテインは筋肉や内臓、血液、骨といった体を構成する材料になります。 さらに免疫機能やホルモン分泌、体を動かすのもタンパク質が必要です。 アミノ酸との関係 アミノ酸は体に良いイメージがありますね。 実は プロテインは体内に入るとアミノ酸になります。 タンパク質を摂取して、3~4時間後にアミノ酸の状態に分解されて吸収されます。 なので、アミノ酸で得られる効果は全てプロテインにも含まれると言えます。 アミノ酸のサプリはプロテインに比べてかなり高額になります。 アミノ酸のメリットとして消化にやさしいという点が挙げられます(30分程で吸収)が、得られる効果はプロテインもアミノ酸もさほど変わりません。 ズキログでは女性に向けたダイエット情報も多く紹介しています。 運動効果を上げる女性専用の加圧シャツなどおすすめです。 プロテインは3種類 プロテインは原材料から3つに分けることができます。 それぞれ特徴があり、目的によって選ぶ種類が変わります。 ソイ(大豆)プロテイン 原料は大豆です。 最も腹持ちのよいプロテインでダイエット専用のプロテインの多くがこのタイプです。 大豆に含まれるイソフラボンの効果が美容に役立ち、皮膚や骨の材料になり血流改善が期待できます。 また、動物性食品が食べれない方にも人気です。 ホエイプロテイン 最も一般的なプロテインですね。 原材料は牛乳で乳脂肪やガゼインを取り除いて作られます。 吸収が早く低カロリーでタンパク質も凝縮されています。 なので、激しい筋力トレーニングの後に飲むのはほとんどがホエイプロテインです。 カゼインプロテイン 原材料は牛乳です。 ホエイプロテインが水溶性に対してガゼイは不溶性です。 なので吸収が遅くゆっくりと体に吸収されます。 その特徴を利用して就寝前に飲むプロテインによく使用されます。 就寝中に起こるタンパク質不足の解消に役立ちますね。 プロテインを飲むベストタイミング 筋トレなど運動後30分以内のプロテイン摂取が最も効果的です!プロテインは傷ついた筋細胞を修復する効果があります。 しかもトレーニング後は体がエネルギーを使い果たした状態なので、栄養の吸収率が非常に高いです!プロテインの恩恵をダイレクトに受けられるトレーニング後の摂取は1番おすすめのタイミングです。 他にプロテインを飲むおすすめのタイミングは 「食前、食後」か 「寝る前」です。 食前食後のメリット 食事で不足したタンパク質を補う意味と飲み忘れを防ぐという効果を狙って、食事の前後がおすすめです。 プロテインは結構お腹が膨れるので、食前に飲むと食べ過ぎを防ぐ効果があるのでダイエットをする方には丁度いいですね。 寝る前に飲むメリット 睡眠をとっている間はもちろん栄養の摂取はできません。 睡眠中にタンパク質が欠乏してしまうと筋肉がどんどん落ちてしまいます。 それを防ぐには寝る前のプロテイン摂取が最適です! さらに成長ホルモンを分泌しやすくなるとも言われています。 成長ホルモンは体を回復させるといいますし、嬉しい効果ですね。 プロテインの飲み方(混ぜるコツ) プロテインを飲む容器といえば プロテインシェイカーが定番ですね。 プロテインは牛乳や水に溶かす必要があるので、お箸などで混ぜてもなかなか溶けてくれません。 プロテインシェイカーを使えば外出先でも問題なく溶かすことが可能です。 ただ、人前でプロテインシェイカーを振るのはちょっと恥ずかしいかもしれません。 そんなときはサッと溶ける スティックタイプタイプのプロテインがおすすめです。 今回紹介したプロテインの中ではがスティックタイプです。 さらにおすすめなのは ミキサーを使う方法です。 これなら3秒くらいで出来上がるので1番お手軽ですよ。 プロテインの味は超需要! 最近のプロテインは美味しいモノが多く飲みやすくなりました。 もちろん商品によってピンキリですが・・・。 ひと昔前のプロテインは不味すぎて薬品の味がするものばかりだったと記憶しています。 プロテインは 毎日飲むモノです(場合によっては日に3回くらい)なので、美味しくない味を我慢して飲むのは絶対に続かないです!味はプロテインを選ぶ際の最重要ポイントといっても過言ではないでしょう。 まとめ プロテインと言えば男性が筋トレ後に飲むイメージが強いですが、美容効果の高さがプロテインの本当の魅力です。 今回紹介した女性用プロテインは味も女性に人気なフルーツ系が多く、美容に関してもコラーゲンなど多くの美容成分が配合されています。 プロテイン本来の美容効果にプラスして、女性専用ならではの工夫も同時に楽しんでください。

次の

プロテイン系ダイエットの効果とは?本当に・いつから痩せるのか [ダイエット食品・サプリ] All About

プロテインダイエット ランキング

<目次>• プロテインとは プロテイン(protein)は、タンパク質のこと。 食品では、肉、魚、卵、豆・豆製品、乳製品などに特に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも含まれます。 人が生きて行く上で必ず必要とされている三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のひとつでもあり、成人女性には一日に50g、男性には60gを摂ることが推奨されている栄養素です。 1gあたり4kcalのエネルギーがあります。 プロテインダイエット&健康食品の種類 市販のプロテイン系健康食品には、大きく分けて次の二つの種類の商品があります。 ダイエットを目的とした置き換え食 タンパク質を中心にビタミンミネラルなどが添加された食品で、水などで溶いて飲むタイプのダイエット用食品。 ほとんどの場合が食事代わりに(置き換え食)利用することを推奨しています。 商品は1食分ずつ分封されているものと、大袋に入ったものがあります。 アスリートの筋力増強を目的としたもの 精製されたタンパク質粉末を、水や牛乳に溶いて飲むタイプの商品。 運動とあわせて利用します。 アスリートに対しては、体重1kgあたり2gのタンパク質(例:50kgの人には一日100g、通常成人より多め)の摂取を推奨しているケースもあります。 今回は、1のダイエットを目的とした食品について取り上げていきます。 プロテイン系置き換えダイエット食品の利用方法 プロテインダイエット 水か牛乳で粉末の商品を溶かし、飲料として飲む食品がほとんど。 飲むタイミングとしては、食事代わりの「置き換え」が多く、朝・昼・夜の食事のどこか1食を、プロテイン食品に代えてカロリーセーブするというものです。 例えば、800kcal近い外食ランチをとっていた人が、ランチを200kcal未満のプロテイン系ダイエット食品に置き換えた場合、一日約600kcalのマイナスとなり、1ヶ月続ければ2. 5kg減! という理屈になるわけですね(A社広告説明を参照)。 要するに、食品そのものにヤセ効果があるわけではなく、カロリーセーブのサポートをしてくれる存在。 その点を理解しながら上手に利用したいですね。 プロテイン系置き換えダイエットのメリット 確実なダイエットのコツは、カラダに大きな負担をかけないで緩やかに体重を落とすことにつきます。 体脂肪を1kg落とすのには7000kcalほどのマイナスを作る必要があるので、短期間に何キロも落とすことはテクニック的に不可能です。 よって、継続できる方法を選ぶのが成功のポイント。 したがって、ご自分のライフサイクルや好みにあわせて続けられるダイエット方法を選ぶのが一番良いと言えます。 置き換え用のこのような食品を利用したダイエットがあまり負担なく続けられるという方には、メリットがあると言えるでしょう。 例えば、朝や昼はなかなか思うような食事がとれない方は、こうした置き換え方式を取り入れてみるのも良いと思います。 別の使い道として、おやつが止められない、夜食を食べたい、というときのカロリーセーブにこれらの食品を使うのも手です。 プロテイン系置き換えダイエットのデメリット プロテインダイエットのデメリット どんなダイエット方法にもメリット・デメリットの両面があります。 プロテイン系ダイエットのデメリットは、次の2点が考えられます。 ・利用方法を誤るとリバウンドにつながる ・長期的(数ヶ月)継続するのが難しい可能性がある 前述の通り、ダイエットは中長期継続が必須で、短期的な減食による減量を行った場合はその後の維持が難しいと言われています。 続けるためには、精神的にもテクニック的にも、飽きない方法を考える必要があります。 普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。 ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。 したがって、プロテイン系食品での置き換えは一日1食にし、継続は1ヶ月というのが目安ではないかと考えられます。 一日3食のうち、2~3食を置き換えるなどの方法は、結果的にデメリットが大きいと考えられるので、避けたほうが良いでしょう。 また食事として考えたときには、味わいの面での飽きが来ない工夫も必要です。 タンパク質は痩せる効果がある成分? タンパク質は身体に必要な栄養素ですが、ヤセる成分なのかというと、その答えはNOです。 また、現代ではタンパク質不足の人は多くはないと見られています。 特に主食を食べずにおかずだけ食べる欧米型の食事でダイエットを試みている人は、必要量を超えて多く摂っている可能性も。 多すぎる栄養素は体脂肪として蓄えられる構造になっているので、タンパク質なら太らないというのは残念ながら誤解です。 炭水化物抜きをしておかずだけ食べる方式がNGである理由のひとつがここにあります。 成人女性に必要なタンパク質量は一日あたり50gが目安と書きましたが、一日に肉か魚を100g程度、豆・豆製品を80g程度、乳製品を250g程度と卵1個を食べ、適量のごはんやパンを食べていれば、十分に補給できます。 【食品の中のタンパク質】 たまご 1個……6. 2g 鶏むね肉 100g……22. 3g アジ(魚) 100g……20. 7g ヨーグルト 100g……3. 6g ごはん 茶碗1杯150g……3. 8g 【プロテイン系置き換え用ダイエットドリンクの、1食あたりのタンパク質の量】 A社……0~0. 5g、144~165kcal(プロテインという表記はなし) B社……20. 5g、175~178kcal C社……10. 0g、81~83kcal このようにプロテイン系置き換えダイエット食品は、上手に利用すればダイエット成功に結びつくと言えますが、そのものに痩せる成分があるわけではないことを憶えておきましょう。 しくみや利用方法を十分理解して活用しましょう! 【関連記事】•

次の

【最新2020】人気の女性向けプロテイン おすすめランキングTOP5~筋肉増強・ダイエット・減量に~

プロテインダイエット ランキング

プロテインを飲むとなぜダイエットにつながるのか プロテインはタンパク質の摂取に理想的 牛乳由来のホエイプロテインやカゼインプロテイン、大豆由来のソイプロテインなど、プロテインには原料別に幾つかの種類がありますが、基本的にはどれもタンパク質を凝縮した食品です。 その為、プロテインを上手に飲むことで、普段の食生活ではなかなか十分量を摂取できないタンパク質をしっかりと補給することができます。 タンパク質は人の体の原材料 人間の体はおよそ70%が水分、20%がタンパク質からできており、筋肉や内臓、髪、血液、皮膚など水分を除いた人の肉体は、その大部分が、タンパク質によって作られているともいえるでしょう。 また、タンパク質は数多くのアミノ酸がつながって構成されていますが、「生命の地図」とも呼ばれる遺伝子やDNAの正体は、「どのような順番で、どのアミノ酸をつなげるか」という情報を伝える物質です。 要するに、人は親から子、子から孫へ、「タンパク質の作り方」を伝え続ける生き物だといえます。 プロテインで筋肉量を維持 プロテインを飲んで筋肉を増やすというと、いかにもボディビルダーのような姿を連想する人もいますが、それはあくまでも専門的なトレーニングを積んだ人々に限られた話であり、普通の人がプロテインを飲んだだけでボディビルダーのような肉体を手に入れることはできません。 しかし、プロテインを定期的に飲むことで、体内のタンパク質が不足することを予防することは誰にでも可能です。 タンパク質が人間の生命活動を維持する上で非常に重要な成分だからこそ、体はタンパク質が不足すると、全身の筋肉などを分解して、そこから取り出したタンパク質を再利用します。 そうなると当然ながら、どれだけ運動を頑張っても、全身の筋肉量は減っていくことになります。 筋肉量を適正に保つ為にも、運動で筋肉量を増やす為にも、プロテインは有効です。 筋肉量が増えれば代謝もアップ 筋肉は脳と並んで多くのエネルギーを消費する組織です。 つまり、極端な言い方をすれば、筋肉量が多ければ、普通に生活をしているだけでも常にある程度の運動をして、カロリーを消費し続けているようなものです。 このように、ただ生きるだけで消費されるエネルギーを基礎代謝と呼びます。 加えて、筋肉は同時に、心臓のような血液のポンプとしても働く為、筋肉が増えると全身の血流が活性化されて、さらに代謝が良くなります。 これが「痩せやすい体」です。 逆に代謝が悪くなると、エネルギーの消費量が減るので摂取したカロリーも余りやすくなり、「痩せにくい体質」ができあがってしまいます。 ダイエットの鍵は摂取カロリーを減らすのでなく消費カロリーを増やすこと 体が痩せにくい状態になってしまうと、体重を減らすにはさらに摂取カロリーを制限する必要がありますが、そうなると人間の生命活動に関わる栄養も不足してしまい、体には様々な不具合や異常が発生します。 また、そのような状態にある体は、次に栄養が補給された時に少しでも多く体へ取り込もうとする為、簡単な食事で急激にリバウンドしてしまうかも知れません。 その為、ダイエットには代謝を上げて消費カロリーを増やすことが先決です。 どういった成分が作用するのか タンパク質 プロテインで最も重要な成分はタンパク質です。 プロテインには必ず「タンパク質含有量」が記載されており、1回分でどれだけのタンパク質を摂取できるのかは大切な情報です。 また、特に筋肉の生成に関与するアミノ酸群「BCAA」などは、人間が体内で作ることができず、外から補給するしかない必須アミノ酸の仲間であり、プロテイン選びの際には注目したいポイントです。 ビタミン・ミネラルなど プロテインにはタンパク質の他にも、ビタミンやミネラルなど多くの栄養が含まれています。 ビタミンやミネラルは、タンパク質と共に美しい体を作る成分なので、ダイエットの際には一緒に摂取しておきたいところです。 イソフラボン ソイプロテイン 大豆由来のソイプロテインには、女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンが含まれており、ホルモンバランスを整えて精神的に安定した状態を保つサポートとして働きます。 プロテインのカロリーは高いのか? 高タンパク低カロリー プロテインは基本的に、大半がタンパク質である為、糖分 炭水化物 や脂質に比べるとカロリーは高くありません。 ただし、過剰に摂取すれば総カロリーは高くなってしまうので注意が必要です。 甘いプロテインは糖質が多い? 現代のプロテインには飲みやすさを重視して、甘い味付けがされているものも多いですが、中にはその為に砂糖が大量に添加されているものもあります。 同じメーカーのプロテインでも、味によってカロリーの数値が異なることは珍しくないので、まずは自分がどのようなプロテインを飲んでいるのか、成分表示を見て把握する習慣を付けましょう。 プロテインを効果的に摂るには プロテインの効果を引き出すためには、摂取タイミングが重要です。 タイミングによって筋肉の修復や合成を促進させますし、腹持ちをよくすることで食欲を抑える働きも期待できます。 食事前後や就寝前に摂取 栄養バランスを改善をしたい場合は、食事の前後や就寝前にプロテインを飲みましょう。 健康維持のためには、血中アミノ酸濃度を保っておく必要があります。 バランスよく食事をしているつもりでも、タンパク質は不足しがち。 アミノ酸の材料となるタンパク質が不足すると、血中アミノ酸濃度が低下します。 食事でタンパク質が少ないというときに補助的に飲んでください。 また、就寝前に飲むと成長ホルモンの働きを助けてくれるため、疲労回復も期待できます。 運動後30分以内に摂取 運動やトレーニング後の30分以内はタンパク質を効率的に吸収できるゴールデンタイム。 筋肉に負荷がかかって傷ついた筋繊維を修復するために吸収率が高まっているといわれています。 筋繊維の修復にはアミノ酸が必要で、不足した状態が続くと筋肉を分解してエネルギーへと変換してしまします。 苦しい思いをしてトレーニングしたのに筋肉が減少してしまっては元も子もありません。 ゴールデンタイムにプロテインを飲むことで、効率よく筋肉の修復・合成を促せます。 ダイエット中の落とし穴 ダイエットと聞いてまず思い浮かぶのは食事制限ではないでしょうか。 炭水化物の量を減らす、食事量を減らす、野菜をたくさん食べる、1日2食にするなどが一般的に行なわれている方法です。 しかし、これらの方法には落とし穴があるのをご存知でしょうか。 炭水化物を減らすと満腹感が得られず、主菜を食べる量が増して脂質の摂取量が増加します。 また、全体的な食事量を減らしたり、1日2食にしたりすると一時的に体重は減るもののタンパク質不足で筋肉が分解されてしまうのです。 そうなると基礎代謝が低下し、「太りやすい体」になってしまいます。 また、野菜を食べる際にドレッシングを多く使うとカロリー量が増加。 結局、栄養バランスが崩れてしまいダイエットに失敗してしまいます。 ダイエット中こそ食事をコントロールし、栄養バランスを整えてあげることが必要です。 しかし、毎日の食事を完璧にするのは難しでしょう。 食事に気を使いながら、プロテインやアミノ酸サプリメントで必要な栄養を補うことが落とし穴にはまらない秘訣です。 気を付けるべきポイント プロテインはタイミング良く利用すればダイエットはもちろん、健康や美容をサポートしてくれます。 しかし、摂りすぎてしまうと内臓に負担をかけてしまいますし、余ってしまったタンパク質は腸内で悪玉菌の栄養となり腸内環境を悪化させる原因になってしまうのです。 低カロリーとはいえ、まったくカロリーがないわけではありません。 過剰摂取してしまうとカロリーオーバーになってしまいます。 また、動物性タンパクを摂りすぎると尿路結石の原因となる場合もあるので、注意が必要です。 肝臓や腎臓に疾患のある方は、タンパク質の摂取に制限があることも。 プロテインを摂取する前に医師に相談することをおすすめします。

次の