100 円 ライター 捨て 方。 不燃?可燃?100円ライターの正しい捨て方はコチラ

使い捨て100円ライターの捨て方は?残ってる液体のガス抜きと処分方法を徹底解説!|はぴたいむ

100 円 ライター 捨て 方

「 ライターを捨てたいけど、 捨て方が分からない!」 家にあって処分に困るもののひとつが、 使い捨ての100円ライターですよね。 わが家もやっぱり小物入れの引き出しから出てきましたよ~。 この 「中身を使い切ってから」というのがくせ者で…。 それに、 ガスって聞くだけで、なんだかキケンなイメージ…。 それを抜くなんて 「私にできるかなぁ?」「難しくないのかな?」って思ってしまいますよね? そこで今回は、中身が残っている使い捨ての100円ライターを 簡単にガス抜きして捨てる方法をご紹介します。 フツーの主婦の私でもできるので、やり方を守れば簡単にガス抜きすることができますよ! それでは、 使い捨ての100円ライターのガス抜き方法ををご覧ください。 周りに 火気がないことを確認します。 炎の調整レバーがあれば、プラス方向(右)いっぱいに動かします。 輪ゴムをはめる、またはガムテープを着火レバーにだけ貼るなどの準備をします。 レバーを押し下げて火を付け、すぐに吹き消します。 輪ゴムやテープで、レバーを押し下げたまま固定します。 「シュー」という音とともにガスが抜けていきます。 (あまりハッキリは聞こえません)• そのままの状態で、 屋外に半日から1日放置します。 最後に確認のために火を付けてみます。 火が付かなければガス抜き完了! 私もガス抜きにチャレンジしました! 私は輪ゴムとガムテープ、両方の方法で試しました。 輪ゴムを使う場合 輪ゴムは引っ掛けるときに、外れてしまって少し手間取ることもありました。 1本だとちょっと弱い感じがするので、 輪ゴム2本で2重に巻いて固定するといいですよ。 Sponsored Link 壊れていてガスが抜けないライターはどうする? 今回私がガス抜きしたライターですが、 半分ほどガスが残っていたものがありました。 とりあえず他のものと同じように着火動作をし、ガムテープで固定して1時間以上放置してみたのですが、ガスが減っている様子はありません。 「これは困った…」ということで、 市役所の廃棄物対策課に電話で問い合わせてみました。 「壊れているみたいで、ガスが抜けないライターはどのように捨てればいいですか?」と問い合わせたところ、 「どうしても抜けない場合は、少量であればそのまま出してください。 」という回答でした。 「あれ?少量ならそのまま出していいの~?危ないんじゃないの?」と、内心ツッコミたくなったのは内緒です(笑) うちの市では、ライターは埋め立てゴミの日にかならず別袋で出すことになっています。 ガスが抜けていないライターを入れた場合も、特に紙にそのことを書いて貼るなどは必要ないとのことでした。 このように壊れていてガスが抜けないものもあるので、そのときは面倒でも、 お住いの自治体に直接問い合わせてみてください。 勝手に自己判断で捨てるのだけはやめてくださいね。 その他の注意点 火気のない風通しがいい屋外で行うのはもちろんですが、ほかにも気を付けたいことがあります。 ひとくちに不燃ゴミで出すと言っても、 「別袋で」や 「キケンと表示する」など、出し方の指定は自治体によってさまざまです。 中には「キケンの表示をする、またはゴミ収集員に直接手渡しする」というところもありました。 ゴミの捨て方のリーフレットなどが手元にない場合などは、アプリがあると便利ですね。 あと、最近 使い捨て100円ライターの回収ボックスを、役所や公民館などに設置しているところが増えてきているそうです。 ガス抜きが難しそうで自分ではできない、たくさんあって面倒、壊れて火が付かない…という場合は、こういう回収ボックスがあると助かりますね。 うちの市にはまだないので、こういう便利なものはぜひ設置して欲しいなと思いました。 家には他にも捨てにくいものがありますよね。 万一、当ブログ内の情報を利用することでトラブル(直接、間接を問わず)が生じたたとしても、当方では責任を負いかねます。 あらかじめご了承の上、読者様の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。 商品ご購入、ご利用の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。 また、引用文の著作権は引用元に所属します。 全体一部を問わず無断使用はできません。

次の

使い捨てライターの捨て方!壊れてガス抜きが出来ない場合はどうする?

100 円 ライター 捨て 方

捨てる際も慎重に扱いましょう。 もちろん自分の家のゴミ箱に入れた状態でも非常に危険です。 ライターを捨てる際は、まず「中のガスを完全に抜く」ようにします。 例えば岸和田市では燃えるゴミ扱いですが、練馬区では燃えないゴミ扱いになっています。 分別の種類が分からない場合は、住んでいる地域の自治体のサイトなどで確認してみて下さい。 ガスを吸い込んでしまわないように、また子供が近づかないようにも注意しましょう。 ガス抜きの手順は以下の通りです。 セロハンテープなど、貼って剥がせる粘着テープを用意して下さい。 着火レバーを押したままにして火を吹き消し、火が消えてもレバーを押さえたままにする。 火が消えたことを確認したら、レバーが元に戻らないようセロハンテープでしっかりと固定する。 その状態で2時間ほど放置する。 2時間経ったら風上に移動し、テープを外してレバーを数回押して火が付かなければガス抜き完了。 作業は慌てずゆっくりと、またガスの吸引には充分注意して下さい。 最後にガス抜きができたかどうかの確認を行う際は、作業をしていた場所にはガスが残っている可能性があるので、風上に移動して行うようにします。 上記エントリーでは作業時の注意点がさらに詳しく解説されているので、そちらもぜひ目を通してみて下さい。 今回は身近なようで意外と知らない「使い捨てライターの正しい捨て方」をご紹介しました。 最近はライターが原因の火災が多発し問題にもなっています。 捨て方とあわせて、子供の手の届く所には置かない、必要以上にたくさん持たないなど、普段の管理にも充分気を付けていきたいですね。 Title Photo by.

次の

安全に処分するには?「使い捨てライター」の正しい捨て方を覚えよう

100 円 ライター 捨て 方

間違われて出されやすい代表的なものを紹介します。 インクジェットプリンタのインクタンク(燃やすごみ) 電池や、プラスチック製容器包装と混入されている事がありますが、これは燃やすごみになります。 販売店などにはリサイクルの為に専用の回収ボックスが設置されていますので、そちらに出すのが理想です。 回収ボックスに出すのが難しい場合は、燃やすごみとして出してください。 プラスチック製品(燃やすごみ) プラスチック及び樹脂製のまな板、ピンチハンガー、クリアファイル、おもちゃ等は、プラスチック製容器包装ではなく、燃やすごみになります。 アルバム 燃やすごみ 雑誌として出されている事が多いアルバムですが、写真を保護するフィルムや表紙、背の部分に紙以外のものが使われていることが多く、資源化は難しいため、燃やすごみに出してください。 ペットボトルは広義的にはプラスチック製容器包装になりますが、質の良い材質である事や、リサイクルを開始した時期が違う事などから、リサイクルのインフラも違います。 ペットボトルは…ペットボトル・制服や作業着など繊維製品他 プラスチック製容器包装は…プラスチック製品原料・高炉燃料など そのため、ペットボトルは「びん・缶・ペットボトル」の曜日に回収しています。 資源選別センターでそれぞれに分別されるので、びん・缶と分けて出す必要はありません。 ペットボトルもびん・缶と同様、中身を出して洗ってから出してください。 嵩張る様なら潰してください。 (缶は潰さない) また、ペットボトルのフィルムやキャップはプラスチック容器包装として出してください。 また、ペットボトルのマークがあっても、内容物によってプラスチック製容器包装になる物があります。 油・ソース・洗剤(油脂・洗剤成分が工程上取りきれない)や 薬品・卵(衛生面の問題等から)が入っていたペットボトルマーク入りの容器は、プラスチック製容器包装として出してください。 醤油・みりん・酒が入っていたペットボトル容器は、ペットボトルとして回収できます。 せっかく分別したごみも、曜日が同じだからと全部一つの袋にまとめて出されているのをよく見かけます。 これらは不適正なごみとされて取り残しの対象になる場合があります。 燃やすごみ(家庭ごみ)• 乾電池• 陶磁器・ガラス類• 蛍光灯• スプレー缶 と、種類ごとに分けて出して下さい。 市のごみ収集車には 「乾電池」 「燃えないごみ(陶磁器・ガラス類、蛍光灯、電球)・スプレー缶」 の回収BOXが備えられており、それぞれ分けて回収しています。 「陶磁器・ガラス類、蛍光灯、電球、スプレー缶」は同じ回収BOXに入れますが、排出するときには手作業で分けています。 そのため、乾電池の袋にガラスの破片が混ざっていたりすると、分けるときに思わぬ怪我をしてしまう事があります。 びん、缶、ペットボトル・小さな金属の収集曜日は、• びん、缶、ペットボトル(この3種類は同じ袋に入れてください)• 小さな金属(30センチ未満の金属製品) の二種類を回収します。 小さな金属は専用の回収BOXに回収しますので、びん・缶・ペットボトルと混ぜて出さないようにして下さい。

次の