アーク ナイツ ケルシー。 コメント/ケルシー

【アークナイツ】ケルシー(凯尔希 Kal’tsit )の詳細(性能やスキル、信頼相関)

アーク ナイツ ケルシー

信頼性エンジニア「クロージャ」とは クロージャは主にロドスのインフラ面の整備を行っているエンジニアの一人で本名は「エイダ・クロージャ・チャーチ」。 アークナイツの世界では珍しく本名が明らかになっているキャラクターであり、自身の本名をコードネームにしているキャラクターでもあります。 ロドスアイランドの設立者の一人 ケルシーとはかなり長い付き合いのようで、クロージャの協力が無ければロドスを設立することは出来なかったという発言がケルシーから出ているため、ロドス設立メンバーの一人かと思われます。 クロージャの種族 クロージャの種族はワルファリンと同じくサルカズのブラッドブルードと呼ばれる種族で現実で言えば吸血鬼に該当する種族となっています。 ブラッドブルードは夜行性ということから基本的には昼には弱いようで会議等には出席はしているものの、基本は寝ていることが多い様子。 なお、ワルファリンのように血を好むのかは不明です。 ロドスのトラブルメーカーかつ信頼出来るエンジニア クロージャはブラッドブルードの性なのか非常にイタズラが好きで夜中に爆音でラジオを館内放送し始めたり、空調設備を弄り倒して室内の真夏の暑さまで上げるといった様々なイタズラをしているようです。 これらのイタズラについてケルシーは苦言を呈しており、クロージャも謝りはするものの、気持ちを改めるつもりはない様子。 一方で非常に信頼が出来るエンジニアでもあり、実質的にロドスのエンジニア部門トップの人物でもあります。 ただ、エンジニアとしての腕前は一流なものの、出不精なところもあるため基本的には他のエンジニアスタッフに仕事を任せてしまう一面も。 オペレーターになろうとし突っぱねられた過去も クロージャはオペレーターになって前線に出ようとした過去があるらしく、詐称した履歴書をケルシーに提出をした結果、突っぱねられたという過去があります。 その時の説明文が以下のとおり コードネーム「クロージャ」、本名「アダ・クロージャ・チャーチ」。 ロドスの仕入れやインフラ、工事関連を担当している、 数々のデザイン賞を受賞。 熱狂的なゲーマー。 サウンドカードと炭酸水とイブニングコーヒーが大好き。 どれも彼女がでっちあげたものだ。 彼女は前線に行きたいと思っていたが、ケルシーに追い出されてしまい帰っていった。 彼女が自分で作ったスキル• 工業の魅力を享受し、3つのAを瞬間敵にスーパーAに合成する。 退廃は神秘、富は危険の中で求めろ• 周囲の他ユニットを特定の空間の中に突っ込み、一時間無酸素運動を行わせる。 ケルシー先生の勧めにより、彼らは炭水化物を減らすこととなる。 クロージャの名前の元ネタ 「クロージャ」の名前の元ネタの最有力とされているのはアークナイツのプロデューサーである海猫络合物氏が「CLOSURE」というIDを使用していたということ。 また、プログラミング言語における関数オブジェクトの一種である関数閉包から取られているとされています。 では残る「エイダ」と「チャーチ」はというと「エイダ」は世界で初めてのプログラマーである「エイダ・ラブレス」から、「チャーチ」はラムダ計算の創案者である「アロンゾ・チャーチ」から取っているとされています。

次の

コメント/ケルシー

アーク ナイツ ケルシー

言われてみれば納得ですね。 レッドの名前は「赤」、服装は赤ずきんそのものです。 さらにプロファイルからある人物が登場します。 「オバアサン」の存在です。 レッドは認知障害を患っており、その原因が「オバアサン」だと考えられています。 一部の医療オペレーターは、これは典型的な色覚異常に類似した認知障害と考えている。 何故なら、神経系統の欠陥あるいは異変の影響で、レッドは通常のループス族が気づきにくい細部まで観察できるからだ。 レッド 第二資料 コードネームの意味 彼女のコードネームは英語で「Projekt Red」です。 これには2つの意味が隠れています。 意味1 Projektというのはポーランド語で「デザイン」、「計画」を意味します。 レッドの怪しい背景、計画を表しています。 意味2 Projektの「K」には他の意味があります。 意味は「Kill」です。 通常のスペルはCombat、格闘という意味です。 両者の意味は理にかなっており、レッドの背景、設定ともマッチしています。 ウルフハンター レッドの種族である「ループス」は「オオカミ」という意味です。 しかし疑問が生じます。 なぜレッド自身もオオカミなのに、ウルフハンターと呼ぶのでしょうか。 レッド。 ウルフハンター。 ここも、オオカミの匂いがする。 レッド 到着 この疑問を解決するために、アークナイツ世界の地球(テラ)での「オオカミ」という言葉の意味を知る必要があります。 資料を見てみましょう。 レッドにとって、自分も他のループス族も決してことわざやスラングで「オオカミ」と言われるものではない。 レッド 第二資料 赤いオオカミには気をつけた方がいい。 悪いやつではないが……私たちとは違う。 テキサス 信頼度上昇後会話1 彼女はヒトリオオカミ(注:ここで使われているのはループス族の俗語で、認められなかったループス族のことを指している)で、深い傷を抱えている。 永遠に家族を失い、二度と他の一族のために身を捧げることもない。 ラップランド 第四資料 この資料から分かる通り、一般的にループス族は自分たちを「オオカミ」と呼んでいます。 しかしレッドの認識する「オオカミ」は他のループス族と異なります。 レッドの考える(狩っていた)「オオカミ」とは何でしょうか「ウルフ」とは違うのでしょうか。 なぜ他のループス族に恐れられているのでしょうか。 ループス族に恐れられている理由 先にループス族に恐れられている理由を探っていきます。 他のループス族のオペレーターは、レッドに対する恐怖する資料、ボイスがあります。 あの、腕を借りてもいい……?そうすれば……安心できるから……。 プロヴァンス 信頼度上昇会話1 恐怖する原因はなんでしょうか。 2つの説が考えられます。 説1 1つ目は、レッドが強すぎて他のループス族がそれを見て恐怖した説です。 戦闘能力が高いラップランドさえ、戦ったら死んでしまうと言っています。 説2 2つ目は、レッドが大量の「オオカミ」を殺した説です。 レッドに染み付いた血の匂いが、他のループス族に恐怖を与えていると考えられます。 なのでレッドもオオカミと仲が良かったと考えられます。 レッドにはこんなセリフがあります。 オオカミには牙。 レッドにはナイフ。 オオカミは休まない。 だからレッドも休まない。 レッド 会話3 ……荒野の風、土に埋もれた残骸、星空を震わせる遠吠え……匂いだ。 オオカミの匂い。 レッド、ハンティング開始。 レッド 昇進後会話2 このセリフから分かる通りオオカミを狩っているよう印象は受けません。 むしろオオカミと協力して狩りをしている印象を受けます。 じゃぁレッドは一体何を狩っていたのでしょうか? 結局「オオカミ」の正体はわからずじまいですが「レッドはオオカミに似た生き物を狩っていた」と考えられます。 余談ですが、通常生物なんていたっけという疑問があるドクターも多いと思います。 ムース、エイヤフィヤトラの昇進イラストを見てみましょう。 猫が猫を抱いています。 オバアサンについて 【権限記録】 「オバアサン」と深く関わらせるべきか否か。 相当危険な行為であるということは認識している。 深く関われば、レッドにどのような影響をもたらすのか?既に彼女は「オバアサン」にどれほどの影響を受けているのか?「オバアサン」はどのような個体、あるいは群体で、またどのような方法で、にレッドに影響を及ぼすのか? 非常に明確なのは、「オバアサン」は既にレッドを現在の姿に作り上げたという点だ。 レッドの「オオカミ」に関しての知識、ならびにループス族がレッドに対する独特な反応、または多くの無視できない秘密等……「オバアサン」が何を企んでいようと、それはレッドのこれから先の未来に深く根を張っている。 (略) 彼女には自身で選ぶ権利がある。 レッド 第四資料 オバアサンについては情報が少なく、個人あるいは組織であるとしか推測できません。 ただレッドにとって良くも悪くも重要な存在であるようです。 公式ギャラリーのイラスト.

次の

【アークナイツ】ケルシー(凯尔希 Kal’tsit )の詳細(性能やスキル、信頼相関)

アーク ナイツ ケルシー

言われてみれば納得ですね。 レッドの名前は「赤」、服装は赤ずきんそのものです。 さらにプロファイルからある人物が登場します。 「オバアサン」の存在です。 レッドは認知障害を患っており、その原因が「オバアサン」だと考えられています。 一部の医療オペレーターは、これは典型的な色覚異常に類似した認知障害と考えている。 何故なら、神経系統の欠陥あるいは異変の影響で、レッドは通常のループス族が気づきにくい細部まで観察できるからだ。 レッド 第二資料 コードネームの意味 彼女のコードネームは英語で「Projekt Red」です。 これには2つの意味が隠れています。 意味1 Projektというのはポーランド語で「デザイン」、「計画」を意味します。 レッドの怪しい背景、計画を表しています。 意味2 Projektの「K」には他の意味があります。 意味は「Kill」です。 通常のスペルはCombat、格闘という意味です。 両者の意味は理にかなっており、レッドの背景、設定ともマッチしています。 ウルフハンター レッドの種族である「ループス」は「オオカミ」という意味です。 しかし疑問が生じます。 なぜレッド自身もオオカミなのに、ウルフハンターと呼ぶのでしょうか。 レッド。 ウルフハンター。 ここも、オオカミの匂いがする。 レッド 到着 この疑問を解決するために、アークナイツ世界の地球(テラ)での「オオカミ」という言葉の意味を知る必要があります。 資料を見てみましょう。 レッドにとって、自分も他のループス族も決してことわざやスラングで「オオカミ」と言われるものではない。 レッド 第二資料 赤いオオカミには気をつけた方がいい。 悪いやつではないが……私たちとは違う。 テキサス 信頼度上昇後会話1 彼女はヒトリオオカミ(注:ここで使われているのはループス族の俗語で、認められなかったループス族のことを指している)で、深い傷を抱えている。 永遠に家族を失い、二度と他の一族のために身を捧げることもない。 ラップランド 第四資料 この資料から分かる通り、一般的にループス族は自分たちを「オオカミ」と呼んでいます。 しかしレッドの認識する「オオカミ」は他のループス族と異なります。 レッドの考える(狩っていた)「オオカミ」とは何でしょうか「ウルフ」とは違うのでしょうか。 なぜ他のループス族に恐れられているのでしょうか。 ループス族に恐れられている理由 先にループス族に恐れられている理由を探っていきます。 他のループス族のオペレーターは、レッドに対する恐怖する資料、ボイスがあります。 あの、腕を借りてもいい……?そうすれば……安心できるから……。 プロヴァンス 信頼度上昇会話1 恐怖する原因はなんでしょうか。 2つの説が考えられます。 説1 1つ目は、レッドが強すぎて他のループス族がそれを見て恐怖した説です。 戦闘能力が高いラップランドさえ、戦ったら死んでしまうと言っています。 説2 2つ目は、レッドが大量の「オオカミ」を殺した説です。 レッドに染み付いた血の匂いが、他のループス族に恐怖を与えていると考えられます。 なのでレッドもオオカミと仲が良かったと考えられます。 レッドにはこんなセリフがあります。 オオカミには牙。 レッドにはナイフ。 オオカミは休まない。 だからレッドも休まない。 レッド 会話3 ……荒野の風、土に埋もれた残骸、星空を震わせる遠吠え……匂いだ。 オオカミの匂い。 レッド、ハンティング開始。 レッド 昇進後会話2 このセリフから分かる通りオオカミを狩っているよう印象は受けません。 むしろオオカミと協力して狩りをしている印象を受けます。 じゃぁレッドは一体何を狩っていたのでしょうか? 結局「オオカミ」の正体はわからずじまいですが「レッドはオオカミに似た生き物を狩っていた」と考えられます。 余談ですが、通常生物なんていたっけという疑問があるドクターも多いと思います。 ムース、エイヤフィヤトラの昇進イラストを見てみましょう。 猫が猫を抱いています。 オバアサンについて 【権限記録】 「オバアサン」と深く関わらせるべきか否か。 相当危険な行為であるということは認識している。 深く関われば、レッドにどのような影響をもたらすのか?既に彼女は「オバアサン」にどれほどの影響を受けているのか?「オバアサン」はどのような個体、あるいは群体で、またどのような方法で、にレッドに影響を及ぼすのか? 非常に明確なのは、「オバアサン」は既にレッドを現在の姿に作り上げたという点だ。 レッドの「オオカミ」に関しての知識、ならびにループス族がレッドに対する独特な反応、または多くの無視できない秘密等……「オバアサン」が何を企んでいようと、それはレッドのこれから先の未来に深く根を張っている。 (略) 彼女には自身で選ぶ権利がある。 レッド 第四資料 オバアサンについては情報が少なく、個人あるいは組織であるとしか推測できません。 ただレッドにとって良くも悪くも重要な存在であるようです。 公式ギャラリーのイラスト.

次の