ツイキャス 投げ銭。 ツイキャスでモナコイン(MONACOIN/MONA)の投げ銭が可能に!どんなサービスなのか見てみましょう|【公式】マネオラ

ツイキャスの視聴方法を解説!アプリなしで見れる?PCもOK?|ライブ配信.net

ツイキャス 投げ銭

スポンサードリンク ライブハウスとアーティストを繋ぐ 「ツイキャス」を運営するモイ株式会社が公開したもので、ライブ配信に取り組むライブハウスと、ステージでのイベント開催を模索しているアーティストをマッチングします。 「ツイキャス」のプレミア配信に対応したライブハウス、スタジオ等の店舗が一覧でまとめられており、店舗所在地や問い合わせ先、スタジオの種類や配信設備などの店舗概要が掲載されています。 ぼくもオンライン飲み会のときにさんに参加してもらって生歌を聴かせてもらっているのですが、ネット越しの歌声というのも良いものですよ。 やはり音楽があるのは素晴らしいです。 対応店舗は掲載を申し込むことができます。 チケット制ライブ機能「プレミア配信」とは 「」は「ツイキャス」のチケット制ライブ機能です。 「ツイキャス」の公式ストアから「プレミア配信チケット」を販売することで、購入者限定のライブを行うことができます。 出品者ユーザーは、公式ストアで本人確認情報と振込先口座の登録申込を行うと、即日でプレミア配信チケットの販売・配信が可能になります。 利用に際して、初期費用・月額利用料等はかかりません。 を見ると、何百枚も売れているケースというのがあるのですね。 Zoomの画面もそのまま配信できるんだ! さらに投げ銭機能まであって、アーティストは「ツイキャス」は試してみた方が良さそうですね。

次の

ツイキャス、仮想通貨(モナコイン)の購入方法

ツイキャス 投げ銭

昨今のコロナウィルスの影響で、ミュージシャンに限らずアーティスト全般が苦境に立たされています。 ですから、できるだけ早くネットで商品の販売や支援の受け取りを始めたい人が多いでしょう。 そこでおすすめしたいのが でネットショップを開設すること。 にはTシャツやスマホケースなどを 今すぐオンデマンド(受注生産)で販売できる機能があります。 在庫を持つ必要もないので、安心してグッズ販売できますよ。 また デジタルデータも販売できます。 ですから「コロナウィルスの緊急支援お願いします!アーティスト写真データセット¥1000」みたいな商品も販売できるんですね。 例えばこんな風に販売できます に支払う手数料は、商品が売れるごとに6. 6%+¥40。 つまり 売り上げの9割以上を販売するアーティストが受け取ることができます。 そして 初期費用も¥0です。 でネットショップを作って販売するのがイチバン手軽に今すぐ始められ、かつ多めに利益を受け取れるのではないかと思います。 また は通常の振り込みサイクルも振り込み申請から10日と早いのですが、さらに最短で 翌日に売上金が振り込まれる「お急ぎ振り込み」の機能があります。 ショップのアドレスとパスワードを決めて、メールアドレスを登録すればすぐにネットショップの立ち上げが完了です。 にはその他にも様々な機能があるので、今回のコロナショック以降も使い道はいろいろあります。 ぜひこの機会にあなたの公式ウェブショップを立ち上げて下さい。 その他の機能はこちらで解説していますので、興味ある方はご覧ください。 関連記事 投げ銭+ライブ配信で人気の『HAKUNA LIVE』 投げ銭と言えば、ライブ配信! というぐらい、最近人気のライブ配信アプリにはほとんどのサービスに投げ銭機能が実装されています。 特に稼ぎやすいのは「」です。 ライブ配信アプリの多くは、視聴者にデジタルギフトを送ってもらい(ギフティング)、ライバーはそのアイテムを換金することで収益を得ることができるというシステム。 アイテムの換金には手数料が必要なので、他社のライブ配信アプリでの還元率はだいたい10%から50%というところ。 こういったライブ配信サービスはアイドル、ミュージシャンなどを中心に大変盛り上がっていて、中にはものすごい金額を稼ぐ配信者もいるそうですよ! インスタグラマーとも相性がよいらしく、起業家のあやにーさんのこちらの記事なんか興味深いです。 男性フォロワーが9割の読者モデル系インスタグラマーが、最近増えているライブ配信サービスをしている姿を 偶然近くで見ることがあり、興味深いなあと思っていまして。 彼女自体はアラサーで日々自分の写真をインスタに掲載しているきれいな女性といった感じ。 ライブ配信は食事を食べながら行っていて 「おいしいでーす!」「アイテムありがとうー!! うれしい!」といったやり取りを15分ほど続けていて。 配信を切った瞬間「本当ちょろいんだけど、いっぱいアイテム投げてくれるんだよね~毎月いいお小遣いになってる!稼げるし、もっと貢げやって思ってるんだけど(笑)」と。 こういった事例からも言えるのは、 投げ銭ともっとも相性が良いのはライブ配信であるということです。 投げ銭をする側になった経験をお持ちの方なら直感的にわかると思うのですが、投げ銭したくなる時って感動した瞬間だったり、場の熱量が高まった時ですよね? つまり「ライブ感」が必要なんです。 「相手が投げ銭を受け取った事実が今すぐにわかり、喜んでいる顔が見える。 」 それが投げ銭する側からすると、大きな「理由」になっています。 ぼくは後述するnoteを使っていますが、ライブ配信サービスの「ギフト」ほど、noteの「サポート」は景気がよくありませんよ(笑) それはやはりライブ配信とちがってnoteで発表できるコンテンツが静的(ライブではない)だからですね。 これは良い悪いではなく性質の違いだと思います。 はもちろん無料で始められるので、まずはダウンロードしてその操作感を確かめてみて下さい。 YouTube上でライブ配信ができる YouTube Liveに付随している「Super Chat」という機能で、100円~50000円まで投げ銭ができます。 手数料が30%とちょっと高いのが配信者にとってはつらいところですねw YouTube LiveはHAKUNA LIVEや17Liveとはちょっと風土が違う感じです。 YouTube Liveの方がゲーム配信やお馴染みのYoutuberに通ずるようなチャレンジングなタレント的配信者が好まれるようです。 最近ではデジタルYoutuberも話題ですね! リアルタイムで人間とキャラクターの動きを連動するモーションキャプチャーを利用して、まるでアニメのキャラクターがYouTubeに登場してライブ配信を行っているようです。 ヴァーチャルYoutuberの中でも人気の「ミライアカリ」がSuper Chatを使ったところとんでもないことに…。 なななななんとスーパーチャットで180万稼いだとか、しかも放送が終わってからも投げ銭が入るとかいう 盛況な模様。 実際にはクラウドファンディングというほど堅苦しいものでなく、小銭をボタン一つで送金できるまさに投げ銭といった感じ。 また、銀行振込の場合に限り振込手数料が216円 税込 必要になります。 アプリのみの展開になってますので、プロジェクトを立ち上げる人も支援する人もこちらからダウンロードをどうぞ。 さらに「サポート」という投げ銭ボタンがデフォルトで実装されています。 記事毎にこんな感じで表示されますよ。 (サポートお願いします!の文言を自由に変更できます) noteは• 投げ銭• コンテンツ販売• 月額課金マガジン など色んなマネタイズに挑戦できるのが特徴です。 もちろん無料で公開することもできますし、SNSのようなフォロー機能もありますので、クリエイターの母艦として有能なサービスだと思います。 かなり利便性が高いので個人的にはおすすめのサービスですね。 noteに関してはこちらの記事でも詳しく解説していますので、興味がありましたらどうぞ! 関連記事 ゲーム実況では世界一の『Twitch』 アイドルのSHOWROOM、YoutuberのSuper chatと言った感じですが、ゲーム実況で人気なのがです。 アメリカで人気のあるプラットフォームですが、徐々に日本でも浸透してきていますね。 bitというサービス内の仮想通貨を投げ銭できる他、500円から月額スポンサーになることもできます。 (毎月更新) TwitchはAmazonが買収しており、 Amazonプライム会員だとTwitchがノンストレスで楽しめるTwitchプライムに無料で入会することができます。 そして、Twitchプライムになると好きな配信者の月額スポンサー(500円)に無料でなることができるんですね。 つまり Amazonから毎月500円あげるから好きなゲーム配信者応援してよ!と言われているのと一緒なんですね! なんつーふとっぱら! この事実を知ったので、ぼくもミュージシャン仲間でブログ仲間のうめだそうたろう()さんのゲーム配信を支援しています。 ぼくの財布は特にいたまないのでw Amazonプライム会員は年額3900円でお急ぎ便無料や、プライムビデオ、Prime Musicが使えるのでそれだけでも簡単に元がとれます。 加えてTwitchプライムと連携したことで、ますますお得なサービスになりましたね。 ぼくもプライム会員ですが、感覚的には全部無料で使っている気がしますもん(笑) 月額に直すと325円ですし。 まだプライム会員でない人はこの機会にどうぞ! こちらの記事で詳しく解説しています。 関連記事 ツイキャスで投げ銭ができる『キートス』 2018年の春からツイキャスでも投げ銭機能が実装されました。 「キートス」という名前のサービスで、企画ページを立ち上げて支援を募り、ツイキャスの放送内で告知・宣伝できるようになっています。 企画単位で支援をつのるカタチになるので、Polcaとライブ配信を合わせて感じですね。 記事執筆現在で招待制になっています。 (いずれ自由登録制になるとのこと) またスタートキャンペーンも実施中です。 そのため通常よりも手数料がお得になります。 手数料額は支払い申請ページでご確認いただけます。 Hakuna Live(17live)、YouTubeLive、Twich、キートスといづれもライブ配信ですが、それぞれ特色があります。 配信を考えている方はぜひ自分の個性に合わせて選んでみて下さい! ウェブ決済の王道を使った投げ銭『Paypal. me』 ウェブ上の決済・送金サービスで世界的に有名なのかPayPalですよね。 PayPalには 「PayPal. me」という自分のアカウントに簡単に送金してもらえるURLを生成する機能があります。 使い方は簡単で、まずPayPalアカウントを作成しログインします。 「支払いと請求」のところに「PayPal. meプロフィールを作成」という項目があるのでクリックします。 任意のURLを作成します。 顔写真と色を設定します。 これで設定はOKです。 あとはURLを共有すれば投げ銭を受け付けることができますね。 PayPal. meは投げ銭する側もPayPalアカウントが必要なので、広く一般から投げ銭を募集するのには向いていないかもしれません。 でも、例えばこんな風にサイトやホームページに導入しても良いかもしれませんよ。 自分自身の株となる独自のトークン(仮想通貨)Valuを発行し支援をつのれる「VALU」でも投げ銭機能が追加されました。 VALU内での取引はすべてビットコインになるので、投げ銭もビットコインで行われます。 VALUは独自のSNSとして進化を遂げているので、風土が合う人には強い味方になってくれるかもしれませんよ。 関連記事 音楽に仮想通貨を投げ銭できる『tipmusic』 tipmusicというプラットフォームではサウンドクラウドと連携して、投稿された音楽に対して投げ銭を行うことができます。 こちらも仮想通貨での投げ銭で、• モナコイン• ビットゼニー• リップル が使えます。 日本円にすると一桁ぐらいの小額から投げ銭できるので、かなり気軽ですね。 関連記事 仮想通貨ならツイッターアカウントがあるだけで送金が簡単にできる VALUもtipmusicも仮想通貨で投げ銭できるサービスですが、そもそも仮想通貨はネット上で簡単に送金できます。 今のことろ、ツイッターを使うと簡単ですね。 (tipmusicもツイッターを利用している) ブログやウェブサイトに投げ銭ボタンを埋め込めるブログパーツを開発してくれた方もいますよ。 こちらの記事で紹介しています。 関連記事 今後、ネット内の送金は仮想通貨がどんどん主流になっていくと思われます。 いづれのサービスを使うにしても、仮想通貨をちゃんと取り扱うには口座を開設する必要がありますね。 主要な仮想通貨口座はいくつかありますが、がおすすめです。 東証一部マネックスグループのグループ会社が運営しています。 2019年国内仮想通貨取引アプリDL数ナンバーワンの人気です! の口座開設は 無料ですので、ぜひひとつ持っておいてください。

次の

【ツイキャス】6つの収入の仕組みを解説!収益化の条件や還元率も紹介

ツイキャス 投げ銭

先日GoogleがYouTubeにスマホライブ配信機能を一般公開したと発表しました。 このライブ配信機能自体は2016年6月に実装されていたのですが、一部のユーザーしか使えないものでした。 ここで注目したいのが新たに実装された 「投げ銭機能」。 視聴者は配信に対して100~5万円の投げ銭をすることができ、投げ銭をすると金額によって自分のコメントが固定表示されます。 自分の思いを配信者に伝えたい場合は、より大きな金額で投げ銭をすればコメントが長時間固定表示されるので(最大5時間)、配信者に自分のコメントを見てもらえる確率が上がります。 この新たなマネタイズ機能実装により、YouTubeクリエイターは収益アップが期待でき、視聴者は自分のコメントが読まれるようになるので配信者との交流が楽しめます。 さすが動画業界のYouTube。 動画投稿だけではなく生配信機能までおさえてきたか、と関心したものです。 で、このYouTubeの投げ銭機能導入のニュースを聞いて個人的に思ったのが、生配信サービスのツイキャス(正式名称ツイットキャスティング)はなんで投げ銭機能を導入しないのかなってことです。 そもそもツイキャスって何? ツイキャスというサービスを知らない方のために軽く説明しておきましょう。 理解している方はこの項は飛ばしてください。 簡単に言うとツイキャスとは、 無料でできる動画生配信サービスです。 ユーザーが自分をカメラで撮影し、その模様をインターネット上に発信することができるのです。 別段デジタルカメラなどは必要とせず、スマホのカメラがあれば配信可能ですので、かなり手軽に生配信ができます。 この手軽さがツイキャスの売りとも言えるでしょう。 ツイキャスはTwitterのアプリと連動しており、Twitterのアカウントがあれば簡単にツイキャスの登録ができます。 実際の放送画面はこんな感じ。 (スマホ視聴の場合) この放送に対してユーザーがコメントを書き込むことができます。 それが下記の画像。 ツイキャスはTwitterと連動したサービスなので、コメントを書き込むにもTwitterアカウントが必要となります。 当然ですが、コメントは打ち込んだらリアルタイムで反映されるので、視聴者と配信主がコミュニケーションを取ることが可能です。 やってみるとわかりますが、自分のコメントに配信主が反応してくれるのは中々うれしいものです。 生配信サービスで有名なサービスでニコ生というのがあります。 ニコ生こそ生配信サービスの元祖的な存在とも言えますが、そんなニコ生とツイキャスの大きな違いは、 ツイキャスの方が配信が手軽で、無料で生配信ができる、の2点でしょう。 ニコ生の場合はプレミアム会員登録(月額525円)をしなければ生配信の機能は利用できませんが、ツイキャスの場合は視聴も生配信も全て無料。 そして冒頭でも説明したように、スマホから簡単に放送を始めることができるのもニコ生にはない利点です。 以上がツイキャスというサービスの概要です。 ツイキャスには配信者に稼がせる仕組みがない さてここからが本題。 ニコ生やYouTubeには配信者に稼がせる仕組みがあります。 YouTubeだと、前述した投げ銭機能や、動画の再生回数に応じて入る広告収入などが配信者の収益になります。 ニコ生だと、プレミアム会員収入を原資として、クリエイター奨励プログラムという配信者に利益を一部支払うというシステムが存在します。 このように動画投稿や生配信で稼ぐことができるプラットフォームが徐々に広がりつつあるので、「動画投稿で食べていきたい!」と考える人達も増えてきました。 ところが、前述したように生配信サービスのツイキャスは、今のところ配信者がマネタイズできる仕組みが構築されていません。 どれだけ視聴者を増やそうと配信者の利益は0円。 いつでもどこでもスマホ1台あれば放送することができる手軽さが魅力のツイキャスですが、こと配信者のマネタイズに関しては全く充実していません。 ツイキャスこそ投げ銭システムはマッチしすると思うし、ツイキャスこそ投げ銭機能を率先して導入したほうがビジネス的にいい気がしますけども、なぜ導入しないんでしょうかね。 生配信アプリの「SHOWROOM」がすごい 投げ銭システムを導入している生配信アプリの 「SHOWROOM」では、稼いでる配信者は 月の収入が500万を超えると言われています。 これだけの金額が毎月自分の口座に振り込まれれば、配信で生活できるどころかかなり裕福な暮らしを送ることが可能ですね。 基本的にSHOWROOMでは配信者はこの投げ銭機能により収益を得ています。 つまり濃いファンが多ければ多いほどより多くの投げ銭を集められるということになります。 本記事執筆のために、SHOWROOMをインストールしてみました。 すると驚いたのが、SHOWROOMのトップ画面はほとんどが芸能人枠で埋まっており、一般人枠は一番右端のメニューに存在するのみでした。 配信画面はこんな感じ。 配信画面が実にユニーク。 まるでライブのような画面です。 ちなみに僕が視聴したのはAKB48の放送です。 すごいのと思ったのが、AKBのアイドルたちが、視聴者たちのコメントを流さずにちゃんとコメントを読んでなんかしらの反応をしてることです。 この距離感はすごい。 好きなアイドルにTwitterでリプライを送ってもシカトされるのが普通ですが、SHOWROOMはちゃんとコメントに反応してくれます。 これはファンからしたらとても嬉しいことでしょう。 こうした交流ができるのが生配信サービスの醍醐味ですね。 ツイキャスは投げ銭機能を導入して影響力のある配信者を囲い込もう 動画配信サービス、特に生配信サービスがビジネスとして大きく成功するには、 影響力のある配信者を囲い込むことなんじゃないかなと、いろいろな生配信サービスを見て感じました。 YouTubeだとヒカキンやはじめしゃちょうがとても有名です。 はじめしゃちょーのチャンネル登録者数は400万人を越え、Twitterのフォロワーは300万人を誇ります。 Twitterのフォロワー300万人というのは、日本のTwitterフォロワーランキング5位の数字。 芸能人よりはるかに影響力があります。 こうした影響のある配信者を獲得することができれば、一気に何百万単位でユーザーが増えます。 ですので、ツイキャスは投げ銭機能などの配信者が稼げる仕組みを実装した方が、ビジネス的には成功するんじゃないかなってのが僕の考えです。 ツイキャス発信で有名になったユーザーとかあまり聞きませんし、僕自身ツイキャスで配信したりするし、投げ銭機能頼みますよツイキャスさん。 以上、配信者が稼げないツイキャス。 ツイキャスこそ投げ銭機能を導入したほうがいいんじゃない?... でした。 youkenwoiouka.

次の