オドレミン。 よくあるご質問|オドレミン メーカー直販店 オドレミンストア

オドレミンとデトランスαの違いとは?|比較してみて分かった特徴

オドレミン

ベタベタして気持ち悪い 乾きは悪いし、塗ったところがベタベタします。 おまけに 脇に塗ると消毒臭くて気持が悪くなりました。 確かに汗は止まるような気はしますが、消臭は市販のデオドラント剤の方が効きました。 口コミからわかったオドレミンのメリット・デメリット オドレミンは日邦薬品から販売されている制汗剤で、成分は塩化アルミニウムです。 塩化アルミニウムは皮膚科で多汗症治療にも用いられる制汗力のある薬剤ですが、オドレミンは濃度が13%と低い為に刺激が低いのが特徴です。 塩化アルミニウムは肌に塗ると、一時的ですが汗腺に炎症が起こり汗の出口を塞いでくれます。 また塩とまざると結晶化することからも、汗の塩分に反応して汗腺を防ぐのではないかとも考えられます。 効果は一過性ですが、地道に使うことで汗が減っていきますのでワキガにも効果を感じることはできます。 長期間使用することで効果が薄れてしまうように感じる人もいますが、汗の量が少しずつ減ることで劇的な変化を感じなくなっているのではないかとも考えられます。 消臭効果を感じられないのは、塗り方に問題があるか、ワキガの原因が汗だけでなく肌そのものに雑菌が増えすぎて十分な殺菌効果を感じることができない事が原因でしょう。 塗れば殺菌するからと、汚れた肌に塗っても効果をしっかり発揮することができなくなります。 口コミの中では、多くの人が「かゆみ」「湿疹」「かぶれ」を感じているのは、炎症にとって肌の乾燥が進んでしまうからです。 消臭効果が持続しない、感じられないのも、この乾燥によって肌のバリア機能が乱れてしまうこと、 塩化アルミニウムの殺菌力ではワキガの原因菌の繁殖を完全に抑制することができていないからでしょう。 オードムーゲはニキビの炎症を抑える抗炎症剤で、イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ニカリウムが有効成分です。 殺菌効果は認められていますが、オドレミンと併用することで肌にどのような刺激を与えるかはわかりません。 単品での使用は問題はありませんが、 「成分が有効だから」と安易に併用するのはおすすめできません。 口コミが本当か実際にワキガに悩む方に使っていただきました。 どちらも塩化アルミニウムを成分とした制汗剤ですが、この二つには大きな違いがあります。 塩化アルミニウムは皮膚科で多汗症やワキガ治療に良く処方される薬剤で、濃度は20%が一般的。 これは日本人の肌に合わせた濃度で、ワキガの場合は希釈して使うことが多くなります。 はスイス製の制汗剤ですから、日本で処方される濃度の上25%となっています。 オドレミンは一部の薬局で取り扱うことができる塩化アルミニウム液で、濃度が13%。 同じ塩化アルミニウム液でも、濃度は低く効果もゆるやかなのが特徴なのです。 専門家が分析!成分から見えたオドレミンの特徴や効果 オドレミンは市販もされていますので、塩化アルミニウム液の中では比較的濃度が低いものなります。 主に手足多汗症に使用すり制汗剤として、古くから薬局で取り合っていました。 最近では、制汗剤や消臭剤の種類が増えた事からドラッグストアや薬局でみかけることが少なくなっています。 市販されている塩化アルミニウム液は、オドレミンの他にテノール液もありますが濃度はオドレミンの方が高いです。 病院で処方される塩化アルミニウム液よりもオドレミンは濃度が低いので、比較的使いやすく副作用も起こしにくいとも言われています。 容量が少なく一過性、とりあえず効果を感じたい人向け オドレミンは市販されていますので、自宅で塩化アルミニウム液で制汗効果を感じたい人に向いています。 容量は15mlと少量ですので10日間で使い切ることができます。 病院には行きたくない・他の制汗剤では汗が止まらない脇汗が多い人やワキガの予防として使われることが多くなります。 1本使い切れば、しばらくの間は汗を止めることができますので「どうにかして早く汗を止めたい人」はオドレミンが便利です。 オドレミンを使えば、汗を止めることはできますが効果が切れるとまた汗が噴き出してきますので「使って効果が出たら休み、切れたら使う」を繰り返すことで汗を減らしていきます。 汗腺を一時的に閉塞するのですが、薬剤は自然に肌のターンオーバーによって排出されていきますので継続的に使いながら制汗していくことが大切です。 ミョウバンにも同じような効果がありますが、制汗の持続性はオドレミンの方が高いのでワキガを改善したいのであれば使い方をしっかり学び使うことで悩みを軽減することができます。 オドレミンには軽い殺菌効果もあります オドレミンは制汗剤ではありますが、 殺菌力もあることからワキガ治療にも使われており、塗ることでワキガのにおいを消臭できます。 肌に残っている雑菌を塗ることで消臭ししてくれるので、瞬間的に制汗と消臭ができる強力な制汗剤と言えます。 手足多汗症には20%の塩化アルミニウム液が有効ですが、ワキガに関してはオドレミンで十分な効果を得ることができますので、市販のデオドラント剤ではワキガを改善することができないと感じている人は使ってみることをおすすめします。 濃度が高いから、早くに制汗と消臭効果がでるのではないだろうかと、オドレミン以上の濃度の商品を使う人もいますが、濃さにはあまり意味がなく時間をかけてつかうことでじっくりと効果を感じることができます。 肌の強さや汗の量は人によって異なりますので、すぐに効果がでないからとやめるのではなくじっくりと試すことを考えましょう。 ワキガにはオドレミンの使い方をしっかり把握すること 手足多汗症の場合には、脇に塗るよりオドレミンの量を増やしますが肌の薄さが異なるので少量で効果を発揮します。 〇できるだけ汗をかかないような環境で脇に塗る 〇少量を脇全体に塗ったら、叩き込むようにして浸透させる 〇完全に乾くまでは下着や衣類は身に着けない(薬剤により線維が変色するのを防ぐため) 早くに効果を感じる人は3日前後で汗が止まり消臭効果もあらわれます。 3週間近く使い続けても効果を感じられない人は、オドレミンでワキガの改善は難しいと思います。 持続性は1週間から10日ですが、止まった汗が出だした頃には再度塗るとにおいも汗もすぐに止まりやすいようです。 自分がどれくらいの間効果を感じることができるのかを把握したら、その期間に2回程度使用すると持続性が長くなります。 オドレミンを使うとかゆみが起こりやすい オドレミンを長期間使い続けると、 どんな人もかゆみを感じやすくなります。 中には赤くなったり、黒ずみができてしまうこともありますが、副作用の中ではかゆみが一番多いようです。 かゆみが起こる原因としては、オドレミンを必要以上に多く塗っている・塗る感覚が短すぎる・アレルギー体質・敏感肌です。 ある程度のかゆみは起こりうる塗り薬ですが、かぶれを起こすような場合には上記のような原因が考えられます。 特にアレルギー体質や敏感肌の人は、肌のバリア機能が正常ではないために、オドレミンを塗ることでサイクルがより乱れてしまい薬剤が排出されずに残ってしまうことで起こります。 このような体質の人は、 かゆみだけでなくかぶれやすいので使用を中止し医療機関で診察を受けましょう。 ただし消臭目的に使う場合、ワキガ以外の体臭には使うことはできません。 加齢臭や足臭・すそわきがの改善には、専用ソープやクリームを使用してください。 足臭の原因が、大量の汗が原因である場合には汗を止めることでにおいを消すことはできますが、足臭の原因は足の裏の汗だけでなく指の間に溜まってしまうホコリや垢が原因にもなりますので、オドレミンではなく薬用ソープやクリームの方が効果を感じやすいでしょう。 オドレミンはどこで買うと最安値で手に入れることができる? 大手のドラッグストアよりも、個人の小さな薬局で取り扱っていることもあるようですが、地域によってはどこにいっても手に入れることができない場合もあります。 定価は1,080円で10日分、ワキガに使うのであればかなり長く使うことができます。 Amazonや楽天でも取り扱いがありますが、Amazonは1,539円(2,000円以上の購入で送料無料)、楽天では最安値で950円(送料500円)。 日邦薬品工業株式会社のホームページから近隣の販売店が検索できますので、近くに販売店があればそちらで購入するのが一番良い方法です。 オドレミンはこんな方におすすめ• 脇汗が多くワキガ体質• 薬でかぶれたことはない• 時間をかけてワキガを改善したい• 安くて便利な塗り薬が欲しい オドレミンの脇汗にたいする効果は非常に有効ですので、安くて簡単に使える塗り薬を探しているのであれば一度使ってみると良いでしょう。 塗ってすぐに効果があらわれるものではありませんので、じっくりとワキガを改善していきたい人におすすめです。 オドレミンはこんな方におすすめできない• かぶれやすい• 即効性を求めている• 脇汗は少なくにおいがキツイ• アレルギー体質や乾燥、敏感肌である かゆみが起きやすい塗り薬ですので、 肌の弱い人やアレルギー体質に人は注意が必要です。 制汗・消臭効果が出るまでには時間がかかりますので「塗ってすぐに消臭したい」人にも不向きな塗り薬です。 オドレミンの口コミまとめ 古くから オドレミンは制汗剤として使われてきた塗り薬で、今でもたくさんの使用者が多いです。 ワキガにも効果がありますので、手頃な塗り薬を使ってみたい・試してみたい人には便利でしょう。 ただし、 ワキガだから必ずしも消臭効果を感じられるものではありません。 ワキガは汗を餌にして雑菌が増えるだけでなく、乾燥でも繁殖しやすくなります。 オドレミンを使うことで肌トラブルが起こってしまうと、肌のバリア機能が低下しにおいが発生しやすくなります。 オドレミンを使ってもワキガを改善することができない、効果をいまいち感じられないのであれば原因菌である「コリネバクテリウム」に対して働きかけるイソプロピルメチルフェノールが含まれており、肌の保湿効果のある成分が豊富で制汗力も高い薬用わきがクリームを使ってみましょう。 薬用わきがクリームは低刺激・無添加処方で、肌の弱い人も安心して使うことができます。 クリームは浸透性も高いですから、肌に膜をはることで汗をしっかり止めるだけでなく繁殖する雑菌を殺菌、抗菌することで常在菌のバランスを保ってくれます。 一時的な効果ではなく、肌を健康に導くことによってしっかりとワキガを改善することができるのです。 良いクリームを使っていれば、肌を健康に保ちながらワキガを改善することができます。 健康な肌には雑菌も繁殖しにくくなりますので、結果的に薬用わきがクリームの使用回数を減らしても消臭効果の持続性が高くなっていくのです。 当サイトでも一番人気のあるは、殺菌・制汗効果も高く敏感肌でも使っていただける無添加薬用わきがクリーム。 ボディソープもありますので、併用すればさらに効果をアップできます。 女性に人気のは保湿成分が高く美肌効果も抜群。 このように肌に優しく守ってくれる薬用わきがクリームであれば、かぶれやかゆみに悩むことなく快適な毎日を過ごすことができるのです。 敏感肌や肌が弱い人はオドレミンではなくやなど敏感肌や肌の弱い子供でも安心して利用できる薬用わきがクリームを使って「自分の肌力」を高くし悩んでいるワキガへ対策としてみましょう。 デオシークはクリームだけでもクリアネオと並んでワキガ対策クリームの2強と言われています。 殺菌・制汗・抑臭のトリプルブロックでしっかりとニオイをガードしてくれます。 しかも。 医薬部外品の指定を受けているボディーソープと身体の中からニオイをケアしてくれるサプリプリメントの 3つのアイテムでニオイをブロックしてくれる2つのトリプルブロックでニオイを元からしっかりと改善してくれます。 しかも、薬用クリーム、医薬部外品のボディーソープ、身体の中からニオイを消すサプリメントの3点セットで5980円とかなりやすいのです。 オドレミンだと単体で1ヶ月分で安くても3000円+送料ですし、クリアネオも単体で4980円、ボディーソープとセットで6980円とデオシークよりも高いです。 クリアネオもデオシークも定期購入でオドレミンは単体購入の値段です。 デオシークは1回だけで止めることができる購入回数縛りなし定期購入なので安心して購入できます。 しかも、 永久返金保証で効かなかった場合は即返金できちゃいます。 1回でも止めれる上に、永久返金保証まで付けている理由は本当に効くからやめられないし、返金を申し出られる可能性も低いと自信があるからできているのです。

次の

オドレミンの効果vsクリアネオの効果|通販・販売店・薬局のどこで買うのがいいのか?

オドレミン

オドレミンはドラッグストアで買うことができます。 ではオドレミンはどこで売っているのでしょうか? 実はちゃんとオドレミンを取り扱っているドラッグストアを探す方法があります。 ネットでも販売していますので、もしも近くのお店でない場合は、ネットも検討してみましょう。 オドレミンが売っているドラッグストアはどこ?! オドレミンは、 「日邦薬品工業株式会社」が販売元として販売 しています。 製造販売元は「有限会社 皮膚薬化学研究所」という横浜にある会社になります。 ドラッグストアでは、この日邦薬品工業株式会社の商品を扱うお店でオドレミンを手に入れることができます。 在庫しているかも分かりませんので・・・ 日邦薬品工業のお求め先ご案内ページで薬局を検索することができます。 地方の場合は、市で1つのところもあります。 都内や関東近郊だとやはり取り扱い店舗はとても多いように思います。 オドレミンはドラッグストア 薬局 のどのコーナーに売っている!? オドレミンは薬局やドラッグストアのどこのコーナーで売っているのでしょうか? 私が購入したオドレミンはこのように販売されていました。 錦糸町のドラッグストアです。 箱のままだときっとすごく簡易な箱で、ナニコレ??とオドレミンを元々知っている人以外手に取ってくれないことから、このような形で別の袋で包装しているのだと思います。 オドレミンの薬局 ドラッグストア での値段は、税抜き1000円 でした。 ドラッグストアの設定する価格にもよりますが、ネットよりも送料分が安く買えるようです。 ネットで買うのも家族にバレるや、同棲相手に、など悩みがある場合は店舗で買いたいですよね。 でも、近くに取り扱い店舗がなく、やむなくネット通販を利用しなければならない場合は、オドレミンよりも最強の塩化アルミニウム液を利用するのが良いと思います。 塩化アルミニウム濃度• 濃度が濃ければ濃いほど効き目は強いです。 欧州のデンマーク発の制汗剤でオドレミンのようなビンに入ったタイプではなく、 BANなどのようなロールオンの一般的な制汗剤の形になりますので、見た目もGOODで、使いやすさもGOODな商品です。 2900円で普通肌用と敏感肌用のミニサイズがセットで大変お得です。

次の

オドレミン

オドレミン

肌が弱い人でも薄めて使うことができる オドレミンは酸性が強めの商品なので、人によってはかぶれてしまうこともあります。 でもどうしても使いたい場合は、効果は少し薄れてしまいますが、希釈して使うこともできます。 水で1対1の割合で薄めて使用しても効果はあらわれます。 ただし保存はききませんので、薄めて使用するときはその都度薄めるようにしてください。 オドレミンの悪い口コミと良い口コミ オドレミンの悪い口コミ ・確実に効果はありますが、塗ったあとにすごく肌が痛くなりました。 そのあとめちゃくちゃ痒くなって、赤いぶつぶつもできてしまったので使用を中止しました。 (20代) ・これを使い始めてからワキ汗が気にならなくなりました。 でもつけた部分の洋服の色が変色してしまいます。 本当は朝に使いたいのですが、汚れてもいい服を着る夜にしか塗ることができません。 (20代) ・サラサラで化粧水のようなので塗るときにたれてしまい、とても塗りにくいです。 (10代) ・ワキのムダ毛を処理した後に使うと、ピリピリと刺激を感じて痛いです。 毎回ムダ毛処理後は使えないので困っています(30代) ・使い始めてからワキ汗は驚くくらいピタリと止まりました。 でも顔や頭などほかの部分からの汗がひどくなり、化粧崩れはするは頭皮は臭うわで大変でした。 (20代) オドレミンの良い口コミ ・5年くらい使い続けています。 ほぼ毎日使っていますが、効果が薄れたり痒くなったりなどの症状はありません。 ニオイもワキ汗もしっかりと抑えてくれるので、これからも使い続けます。 (30代) ・脱毛してからワキ汗が大変なことになり、何かないかと探していたところで出会ったのがオドレミンでした。 お風呂上がりに塗ったら、次の日一日快適に過ごせました。 一日ワキ汗や汗ジミ、ニオイを気にせずに過ごせたのは久しぶりです。 (20代) ・瓶がとても小さくすぐなくなるのではないかと思っていましたが、意外と長持ちしています。 (40代) ・無香料なのでつけていても香水のじゃまをしません。 好きな香水がつけられるのがとてもうれしいです。 (30代) ・効果の持続性が高く、1回塗ったら3日くらいもちました。 使う量も少ないし回数も少なくてすむので、経済的にも助かります。 (20代) オドレミンの口コミからわかるメリットとデメリット オドレミンのデメリット ・塗ったところが痒くなる人もいる。 ・服が変色してしまうこともある。 ・テクスチャーがサラサラで水のようなので塗りにくい。 ・ワキ汗は止まるが他のとこから汗が出やすくなることもある。 ・脱毛処理後はしみてしまうこともある。 オドレミンのメリット ・朝塗れば1日汗が気にならなくなる。 ・1回塗ると2〜3日効果が持続する人もいる。 ・使う量が少しでいいので長持ちする。 ・無香料なので使いやすい。 ・コスパが良く経済的。 オドレミンの口コミまとめ オドレミンは塩化アルミニウムが含まれているため、肌への刺激が強めの商品となっています。 とくに敏感肌の人は肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので、使用するときは注意が必要です。 しかし肌へのトラブルが心配ない場合、このオドレミンは塩化アルミニウムによって高い制汗作用を発揮してくれるので、本気でワキ汗やニオイに悩んでいる人にはおススメの商品です。 脇汗対策参考ページ•

次の