ハレクラニ ブログ。 ハワイおすすめNo.1「ハレクラニ」完全レポート!プールもレストランも一挙公開!

ハレクラニ ブログ2019絶景オーシャンフロントとオーキッズを満喫

ハレクラニ ブログ

ハレクラニでアフタヌーンディーを利用できるレストランは? 午後に紅茶と軽食を楽しむという贅沢なひとときを過ごすことができる「アフタヌーンティー」。 ハレクラニで「アフタヌーンティー」が利用できるのは、「オーキッズ」と「ベランダ」というレストランです。 まずは簡単に、それぞれの特徴についてご説明したいと思います。 <Orchids(オーキッズ)> アフタヌーンティー: 15:00~16:30(月曜日~土曜日)、サ ンデーブランチ: 9:00~14:30(日曜日)• ハワイの食材を存分に生かしたお料理でお迎えする「オーキッズ」。 ダイヤモンドヘッドとワイキキビーチを一望し、そよ風が心地よいオーシャンサイドの空間は、本格的な和定食もご用意している朝食、地産地消メニューが充実したランチ、地元の素材を生かしたアフタヌーンティー、そしてプレゼンテーションも優雅なディナーと、1日を通じてご利用になれます。 また、200種類以上の素材を用いたサンデーブランチは、『ホノルルマガジン』誌のグルメアワードで「オアフのベストブランチ」に毎年選ばれています。 () <Veranda(ベランダ)> アフタヌーンティー: 15:00~17:30• ハレクラニの歴史の面影を今も残す、ハレクラニ本館の「ベランダ」。 深い緑が美しい中庭に面したこの空間をいっそう優雅に感じられるのが、午後のお茶のひとときです。 ブリティッシュスタイルの伝統を忠実に表現しつつ、モダンにアレンジしたアフタヌーンティでお迎えいたします。 世界各地からのティーやハレクラニ オリジナルの紅茶、コーヒーそしてシャンパンとともに、ハワイの新鮮なフルーツをふんだんに使ったプチフールやペストリー、地元の食材を取り入れたフィンガーサンドイッチなどをお楽しみください。 中庭から吹く心地よい風にまどろみつつ、ゆったり過ぎてゆくリゾートの遅い午後。 心からのぜいたくを感じていただけるハレクラニ エレガンスがここにも息づいています。 () ベランダの椅子からは、次の写真のような前に大きなヤシの木と中庭を望むことができます。 ハレクラニの広い中庭の景色と伝統あるブリテッシュスタイルを感じながらアフタヌーンティーを楽しめるという、ハレクラニならではの特別感があります。 ただし、「ベランダ」はアフタヌーンティーのみの営業なので、こちらのが人気かなと思われがちですが、一般的に人気なのは「オーキッズ」です。 オーキッズは「オーシャンビュー」でアフタヌーンティーが出来るとだけあって人気があります。 日曜日限定で「サンデーブランチ」が行われるのも、人気の理由の1つにあげられますね。 「サンデーブランチ」とは、200種類以上の素材を用いた超豪華ブッフェなのですが、日曜日はこの「サンデーブランチ」を目当てに、たくさんの方がオーキッズに訪れます。 もし行きたい場合は、大変人気なので必ず予約して行ってくださいね! <オーキッズ基本情報>• レストラン名:オーキッズ(Orchids)• 朝食、ランチ、デイナー、アフタヌーンティー、バー、サンデーブランチ、要予約• 朝食: 7:30~11:00(月曜日~土曜日)• 昼食: 11:30~14:00(月曜日~土曜日)• 夕食: 17:30~21:30(毎日)• サンデーブランチ: 9:00~14:30(日曜日)• アフタヌーンティー: 15:00~16:30(月曜日~土曜日)• ドレスコード: 朝食、ランチ、サンデーブランチ、 アフタヌーンティー:タンクトップ、水着、スポーツウェア、ビーチサンダルの着用でのご利用はご遠慮いただいております。 ディナー:プリント入りのカジュアルなTシャツ、タンクトップ、水着、スポーツウェア、ビーチサンダルの着用でのご利用はご遠慮いただいております。 アフタヌーンティーのメニューは以下のとおりです。 Classic Afternoon Tea : 36ドル• Champagne Afternoon Tea : 49ドル• Celebratory Afternoon Tea : 56ドル ちなみに、カメ夫婦は、H. さんで予約したので、 「オーキッズ」、「ベランダ」または「ルームサービス」から選べるアフタヌーンティーという特典がついてきて、それを利用しました。 もちろん「オーキッズ」を選択したのですが、内容は「Classic Afternoon Tea : 36ドル」と同じでしたよ! HISさんのもう1つの特典の「ルームサービス シャンパンブレックファースト」についての詳細は以下記事をご覧ください。 ドレスコードは? アフタヌーンティーは、「リゾートカジュアル」です。 「タンクトップ、水着、スポーツウェア、ビーチサンダルはNG」ですので、注意しましょう。 カメ夫婦は、こういう時にドレスコードで迷うのが面倒なので、ハワイで購入した「アロハシャツ・ムームー(ワンピース)」を着ていきました。 こんな感じで行きましたよ!• (カメ助)アロハシャツ、長ズボン、スリッポン風のつま先と踵が隠れる靴• (カメ嫁)ムームー(ワンピース)、ヒールサンダル 周りの方も、男性はポロシャツと長ズボン、女性はワンピースの方が多かったです。 男性でTシャツ、短パン、スニーカーの方もいました。 好ましくないかもしれませんが、全然浮いてはいなかったです。 笑 予約方法 部屋に備え付けの電話で予約する場合は、「Dining Reservations(ダイニング予約)」という短縮ボタンを押して、予約しましょう。 私たちは、1Fにいる日本語が話せるコンシェルジュに話しかけて、予約しました。 前日に予約したのですが、16時半であれば空きがあるとのことで、その時間でお願いしました。 あれ?16時半スタートでもいいんですね。 日本語なので、スムーズに予約出来て助かりました。 当日でも空いてれば入れてくれますし、諦めずどんどん聞いてみましょう!! アフタヌーンティーの実態 16時25分頃、オーキッズに向かいました。 スタッフの方が席まで誘導してくださいます。 海に近い席は埋まっていて、店内の席を案内されました。 まぁ、前日予約なので仕方ないか。 笑 こんな景色が見えました。 海がとっても素敵~!!! 席に着くと、何やら木箱を広げくれます。 <12種類のフレーバーティー>• 30年記念ブレンド• オーガニックアッサム• オーガニックダージリン• カモミール• セイロン&インド• クイーン・キャサリ• Tippy Yunnan(中国茶)• フォルモサウーロン(台湾茶)• 陰ハオジャスミン• 日本の煎茶• エデンローズ• ジャーディンルージュ カメ助は「30周年記念ブレンド」、カメ嫁は「オーガニックダージリン」を選びました。 頼んだお茶を待っていると、スコーンとポピーシードのマフィンが運ばれてきました。 スコーンは温かくて、しーっとりしてて、めちゃめちゃ美味しかったです!! 後で知ったのですが、オーキッズのこのスコーンは美味しいで有名とのこと。 この緑のプチプチのやつ、食べようとしたら崩れて床に何粒か落としてしまいました。 カメ夫婦はH. さんで予約した特典で利用したのですが、特典のクーポンには「クーポンには税金・サービス料が含まれております。 」と書いてあったので渡していません。 もし、普通に入って渡す場合は、高級レストランですので20%~25%程度が妥当かと思いますよ! 以上です。 ハワイでのんびり優雅にアフタヌーンティー、おすすめの過ごし方です。 ハレクラニのオープンエアで心地良い風を感じられるレストラン「ハウスウィズアウトアキー」でランチした際の記事もあるので、ぜひチェックしてみてください。

次の

ワイキキでお一人様朝食 ハレクラニベーカリー

ハレクラニ ブログ

ハレクラニ 「ラ・メール」のドレスコードとお料理 ハワイ滞在5日目の夕食はハレクラニの「ラ・メール」でディナーをいただきました。 なんと!こちらはミシュランガイドでファイブダイアモンドを、ハワイで最も長く 獲得し続ける、ハレクラニ随一のファインダイニングです。 ファイブスターのレストランだなんて、わたし、自慢じゃないけど、今まで一度も入ったことがなく、ドレスコードで悩みました。 ラ・メールのサイトに書かれていたのは、「ドレスコード:男性のお客様は、長袖、襟付きのシャツまたはジャケットをご着用ください。 」とだけ書かれて、 女性の服装に関しての記述はなくて、何を着れば良いのか?とても気になるところです。 初めてのファイブダイアモンドレストランに、一体、どんな服装をすれば良いのか?と〜っても悩みました。 で、悩みに悩んだ結果、すご〜くベーシックにブラックの、スーツケースで運んでもシワにならない、汚れが目立ちにくいワンピースを家から持ってゆきました。 そして、靴は一応、ヒールがあるほうがエレガントかと思い、こちらを持って行きました。 本当は、せっかくハワイなので、もっと明るい華やかなドレスを現地で購入したいなぁ…とも思ったのですが、 洋服の買い出しよりも海でゆっくりしたくて…、結局、持参したままの洋服&靴でラ・メールに行きました。 パートナーのkuniちゃんはフツーにストライプの白い長袖のシャツと茶のパンツ&ベルト。 ジャケットは「荷物になるから」という理由で初めから持って行く気無し…。 もしドレスコードに引っかかってしまったら、親切にもジャケットを貸してくださるそうなので、その時は有り難くジャケットをお借りしよう!と心に決めて出かけました。 でも、何も言われることなく無事にお店に入る事ができました。 お店を見渡してみると、スーツでしっかり決めているかたもいらっしゃれば、チェックのボタンダウン的なシャツのかたもいらっしゃって、「絶対スーツ!」と、かしこまらなくても大丈夫みたい。 ラ・メールへの予約は、到着した日に、お部屋でチェックインした際にホテルのかたにお願いして手配していただきました。 でも、ここで問題が発生! ホテルのかたが書いてくださった予約時に書いてくださったメモをじっくり見てみると、わたしたちが予約したい日の日付ではなかったので、再度、自分で「Dinner Reserved」へ電話をして予約の確認をする事に…。 英語がまったく話せないので、ドキドキしながら電話をしましたが、日本語の解るスタッフが出てくださってホッとしました。 受話器を置いた後、これなら、次回は自分で電話予約もできちゃうかも!なんて思えました。 なんでも一応、トライしてみるものですね。 そして、お待ちかねのラ・メールのディナー。 その日はわたしのバースデーでした。 1月に沖縄のザ・ブセナテラスで前倒しのバースデーをお祝いしてもらっちゃったのに(そのときは「3月はどこにも行けない」つもりだった)、まさか、さらに自分のバースデーに、ハワイ!しかも「ラ・メール」に行けるだなんて、本当にビックリです。 もう、夢みたい。 ラ・メールの前には素敵なバラの花が沢山活けられていて、とってもゴージャスでしっとりした空間になっていました。 テーブルの窓からは「ハウス・ ウィズアウト・ア・キー」のお庭で行われている演奏&フラがよく見えます。 昨夜、雨のおかげで「ハウス・ ウィズアウト・ア・キー」のお店の中で、ステージの最前列でフラを見る事ができましたが、今日はまた、オペラ鑑賞のVIP席のように、「2階特別観覧席」でフラを見られるのはなかなか気分が良いです。 テーブルの雰囲気がグッと大人で、昨日と同じフラを見ているのに、時間の流れがとても優雅に感じます。 飲み物のリストをいただいて、何を飲もうかと考えましたが、事前にハネムーンのお祝いにホテルからお部屋にシャンパンをいただいていたので、今回は赤ワインを選びました。 ワインをゆっくり楽しんだ後、おもむろにお料理のメニューが手渡されました。 さすが、ファイブスターのレストランです。 わたしたちはデザートを含む3品のコースをチョイスしました。 …名前は忘れてしまいましたが、ウニのジュレ…的なものでした。 可愛くて美味しい。 温製前菜に選んだのは、ホタテ貝とロブスターのラビオリ。 キレイに重ねられたホタテ貝もエビも、プリップリッしていて、ものすご〜く美味しかった! ソースも美味しすぎる! メインが運ばれる前にデザートをリストの中から選んでオーダーしました。 今夜のわたしが選んだメインディッシュは、ハワイ産おなが鯛のポワレ。 こんがりと焼いた鯛の皮がパリッパリッで香ばしくて、しかもお魚の身の厚みが凄すぎる。 ハワイのお魚は白身であっさりしているので、胃腸が弱いわたしのお腹も全然もたれなくて平気でした。 添えられたお野菜もなんとも愛らしくて、崩してしまうのが申し訳ないくらい。 デザートは、わたしはカシューナッツのミューズリーとキャロットのグラノーラ、クリームチーズのマシュマロとアボカドライムシャーベット。 マンゴーソースを添えてくださいました。 パートナーのkuniちゃんのデザートはすっごく面白い形でビックリ! ボールのように丸い大きなチョコレート! ココアバターのジェラートとココアクリーム、チョコレートのラビオリとパッションフルーツのソース。 「今日はわたしのお誕生日」なのですが、今回のハワイはハネムーン旅行ということで、kuniちゃんとふたりで、「せ〜の」で1本のロウソクの火を吹き消しました。 このチョコレートケーキもすっごく美味しかったです。 そして、これで最後かと思いきや、さらに小菓子が運ばれて来て…。 「お持ち帰りもできますからね」と言ってくださったので、…多分、これはお客様に形だけ出して、お部屋にお持ち帰りするものだと思われます。 数分後に、素早くお皿を下げて、ハレクラニの特性バッグにお土産の形にしていただけました。 お部屋で、バッグの中身を見てみると…。 一番左の箱に、先ほどお皿に並べられていた小菓子がすべて入っていました。 あとの2つの箱には、こんなお菓子が。 キラキラと青く光っていてとてもキレイです。 食べてみると、マカダミアナッツにチョコレートコーティングしたもので、この青く光っているものがお口の中でパチパチと弾けて、kuniちゃんが「海の泡みたいに弾けてる!」と大喜び。 なんとも可愛くて気が利いている心遣いが標準装備されているのには驚きました。 ラ・メールが素敵なワケは、美味しいお料理や優雅な時間を楽しめるのは勿論なのですが、こんな素敵なサプライズやプレゼントも人気の秘密だと思いました。 ハレクラニの「ラ・メール」でのディナーの夜は、人生で一番素敵な誕生日になりました。

次の

2019年12月|ハレクラニ沖縄・サンセットウィング宿泊記②チェックイン&アフターヌーンティー@クラブラウンジ

ハレクラニ ブログ

クチコミ 0件• Q&A回答 0件• 49,499アクセス• 格安だけあって、直前で指定だったはずのANAがJALになりそうになったけど、日程を一日ずらして無事ANAで行ってきました。 でもホントに超直前(5日前…)でゆわれたので、もうエクスぺディアのツアーは利用しないかなあ。 格安航空券なので、24時間前のインターネットチェックインで座席指定とかも、初めてやりました(危うく席バラバラになるとこだった…)。 やっぱ高いツアーには高いなりの保証があるもんだなって思います。 まあでも結果的には安くていい旅行ができてよかったかな。 ホテルは完璧だったし。 自分が行く前、知りたかったことを中心に書いて行こうかなと思います。

次の