させ て いただく 敬語。 「もらう」の正しい敬語は「いただく」?ビジネスで役立つ例文も

聞いてくださいの敬語表現は?謙譲語/尊敬語/お気軽にお尋ねください

させ て いただく 敬語

う~ん。 何にでも「させていただく」付ければいいってもんじゃないぞ! 「させていただく」はビジネスシーンだけでなくテレビや日常会話でもよく耳にするフレーズですが、誤用の多い敬語の一つでもあります。 ただし 「させていただく」という言葉自体は日本語として間違いではありません。 あくまで多用しすぎると幼稚な印象になったり、場合によっては失礼にあたるため注意して使う必要があります。 そこで今回はビジネスシーンでスマートに「させていただく」を使いこなせるよう、正しい意味と使用上の注意点を詳しく解説していきます。 また「させていただく」は丁寧語の「ます」と組み合わせて「させていただきます」と使う場合も多いため、本記事では同じ意味の言葉としてご紹介します。 「させていただく」が使えるのは2つの条件を満たしたとき 自分の行為・動作に対して 「させていただく」が使えるのは、以下の2つの条件を満たしたときが適切とされています。 それは 「第三者や相手から許可を受けている場合」と「自分が恩恵を受ける場合」です。 たとえば「会議の開始時刻を変更させていただきます」という文章があります。 これは予定を変更するには「相手の許可・了承」が必要で、また変更によって「自分が恩恵を受ける」という意味を持つため、正しい使い方といえます。 「させていただく」を使った例文 ビジネスシーンにおいて「させていただく」は、取引先やお客様に対して謙虚な姿勢を示す表現として使われます。 ここからは 「させていただく」を使った例文をシチュエーションごとにご紹介していきます。 相手から許可を受けている場合の「させていただく」を使った例文 「させていただく」は「頂く」と漢字で書かない 「させていただく」を「させて頂く」と表記している場合もありますがこれは誤りです。 「いただく」と「頂く」にはそれぞれ別の意味があるため、漢字とひらがなの表記を使い分ける必要があります。 漢字の「頂く」は「食事を頂く」や「プレゼントを頂く」など、「食べる・飲む」「もらう」の謙譲語として使用する場合に使われます。 一方ひらがなの「いただく」は「ご覧いただく」や「お越しいただく」など、補助動詞としての役割のときに使用します。 そのため「させていただく」はひらがなで表記するのが正解です。 二重敬語に注意 「させていただく」を使う場合は、敬語に敬語を重ねた「二重敬語」に注意しましょう。 そのため「させていただきます」を使うのは適切ではありません。 つい習慣で「させていただく」を使ってしまう人は、言葉に出す前に「相手の許可・依頼・恩恵を受けているか?」「いたしますに言い換えできないか?」と頭の中で整理するように心がけましょう。 ・I will happily participate to the wedding. 「させていただく」の正しい使い方をマスターしよう! 「させていただく」は「第三者や相手から許可を受けている場合」と「自分が恩恵を受ける場合」に使えるフレーズです。 これらの条件以外のパターンで「させていただきます」をむやみに使ってしまうと、敬語が使えない未熟な印象を与えてしまう可能性もあります。 適宜「いたします」と言い換え、「させていただく」を多用しないように工夫して使いましょう。 ビジネスシーンにおいて 「させていただく」は正しく適度に使えば、丁寧で低姿勢な態度を示すことができます。 相手や状況に応じて「させていただく」を上手に使いこなせるビジネスパーソンを目指しましょう!.

次の

「見せていただく」「見させて頂く」「拝見させていただく」「おっしゃっていただく」は正しい日本語なのか?

させ て いただく 敬語

「聞いてください」を敬語にするとき、「お聞きいただく」という敬語表現は間違いです。 「お聞きする」は尊敬語といって目上の人に使って相手を立てる敬語です。 他の例を挙げると、行為を表す「する」という言葉は「なさる、される」、「見る」は「ご覧になる」といったような尊敬語があります。 しかし一方で「いただく」は謙譲語といって自分をへりくだるときに使用する言葉で、そうすることにより相手を立てるという目的があります。 謙譲語では、その行動をする人は自分自身であると決まっています。 つまり「お聞きする」という言葉と「いただく」という言葉は敬語の種類が異なることがわかりますね。 このように尊敬語と謙譲語は敬語の種類が異なるため、組み合わせて使用することができないのです。 また、「いただく」というのは「相手の要望に応えて行う」という意味を持ちます。 相手が「聞く」という行為をするときには適切といえない表現ですよね。 このように、一見正しいと思える表現でも間違っていることがあります。 「ご拝聴いたします」は敬語が重なっているため間違い 「聞いてください」を敬語にするとき「ご拝聴いたします」は敬語が何重にも重なっているため間違っています。 「拝聴」という言葉にはすでに「聞いてください」の謙譲語という意味が込められており。 「ご〜する」という使い方は過剰な敬語表現です。 丁寧さを意識するあまり誤った敬語になってしまうことが少なくありません。 また、「いたします」という表現は「する」という言葉の謙譲語です。 これも「拝聴」という謙譲語と重なり二重敬語となってしまいます。 慇懃無礼 いんぎんぶれい 、といって丁寧さを意識するあまり失礼になってしまう、という言葉がありますがまさにその通りになってしまうので気をつけましょう。 いただく、といえばよく「させていただく」という敬語の過剰敬語問題が話題になりますよね。 「伺う」という謙譲語を使用する際に「伺わせていただく」というように使用するとこれは過剰敬語になってしまいます。 過剰敬語になってしまうなら「聞いてください」の方が正しいかもしれませんね。 これは比較的フラットで基本的な使い方の敬語です。 シンプルで使いやすい上に聞いてくださいよりも丁寧さが伝わりますね。 社内の同僚や親しい方に対して用いると良いでしょう。 スムーズに伝えたいことが伝わる表現ですよね。 少し工夫を加えるだけでさらに丁寧な敬語にすることもできます。 例えば、「お聞きくださいますよう、お願いいたします」のようにすると、丁寧さが格段に上がります。 このような言い回しだと、対取引先や対顧客に用いることができます。 さらに丁寧さが欲しい場合には「幸甚」という言葉を使います。 これには「この上なく幸せなことで大変ありがたい。 」という気持ちが反映されています。 「お聞きくださいますと、幸甚に存じます」のように使用し、最大級の丁寧さ・最大級の敬意を示すことができます。 しかし親しい仲で使用してしまうとふざけているのかとも思われ兼ねないので、時と場合に合わせて用いましょう。 「聞いてください」の正しい敬語表現の2つ目は、「お尋ねください」という尊敬表現です。 「お尋ねする」とすれば行動するのが自分、という謙譲語の表現にすることも可能です。 「聞いてください」や「お聞きください」よりも少し丁寧なように感じますが意味は同じため、失敗を恐れずに使用して大丈夫です。 「お尋ねください」は「お尋ねくださいませ」とすることで、言葉にやわらかさを持たせることができます。 「〜ませ」という表現は女性け敬語だとされる場面もありますが、男女平等がうたわれている時代にそこまで気にする必要はないでしょう。 「聞いてください」よりもだいぶ丁寧でやわらかくなりますね。 これは使用するときに、少し注意が必要な敬語です。 例えば「ご確認してください」というように使っている方もいるのではないでしょうか?この使い方だと謙譲語と丁寧語が組み合わさり用いられています。 つまり二重敬語になります。 「聞いてくださいの」敬語として実際に使用するときには「ご確認ください」というように使用しましょう。 ただし人によっては、目上の人に対して「ください」という敬語は失礼だという人もいます。 これはくださいに命令のような印象を受けるからです。 ですので、さらに丁寧な表現を用いたい場合には「ご確認の程お願いします」としましょう。 他の言葉に換えて「ご一読くださいませ」「ご査収くださいませ」としても語尾で柔らかさが加わり丁寧さが十分に伝わるでしょう。 会話でもメールでも用いることのできる敬語表現です。 例えば、あなたがなにかイベントなどを開催するとしましょう。 そのときに掲示するポスターに載せる文言はこれで大丈夫です。 これを見た人は「お気軽に」問い合わせてくれることでしょう。 問い合わせ先はこういったポスターには絶対に必要ですよね。 その問い合わせ先を書いた近くに「お気軽にお聞きください」と書くだけで問い合わせ数が増える、ということがあるそうです。 このとき電話対応が最良ですが、ホームページなどを記載しておくとさらに「お気軽に」問い合わせてくれると考えて良さそうです。 とはいえ、電話対応にはなかなかなれずに苦手、という方もいるのではないでしょうか?そんな方にはこちらの記事をおすすめします。 電話に出る前の心構えから、基本的なマナーまでご紹介していますので、きっとあなたの役にたつでしょう。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 聞いてくださいの敬語表現の使い方の2つ目は「お尋ねください」を使った「何かございましたらお尋ねください」という表現です。 取引先に対して質問したいことがあるのに失礼を気にして質問できない、という場面は作業も進まず悶々としてしまいますよね。 そんなときにこの言葉が先方からあったらどうでしょうか。 質問することのハードルがグンと低くなりますよね。 ですので、あなたも取引先などとやりとりをしている中でこの言葉を使うと良いでしょう。 どのような小さなことでも聴いてくれたら答えますよ、という姿勢を見せることで相手も安心して仕事を進めることができそうです。 お気軽に、という表現をつけても大丈夫です。 「お尋ねください」と使用するときには、あくまでも「いつでも大丈夫ですよ、お気軽にどうぞ」という姿勢で使用することに注意が必要です。 相手の力量を心配して発している、などと取られないように気をつけましょう。 タイミングなども重要で「すぐにお尋ねください」などと使ってしまうと失敗の元になってしまうかも。 プレゼンテーションの資料や契約書など、何かに注目し内容をチェックしてほしいときに万能なこちらの表現。 メールで資料を添付するなどの際には、返信がほしい時もありますよね。 そのようなときには「こちらをご確認ください。 その上でご連絡いただけると幸甚でございます。 」などと返信がほしい旨を伝えましょう。 このときにも直接的な表現は使わずに、精一杯相手に敬意をはらいましょう。 メールなどの文章では表情が見えないため、細かいところにも気を配ることが大切です。 ファンレターを送るときには、その他のファンレターよりも目立ちたい!というのがファンの心理ですよね。 少しでも可愛いものを、という気持ちもあります。 そんな方に、以下の記事をご紹介します。 なんと100均で買うことのできるレターセットをお店別に紹介しています。 素敵なレターセットで気持ちを伝えてみてください。 おすすめの書籍の2冊目は、末岡実さんの『正しい敬語』です。 「ビジネス」や「家庭」など日常の様々な場面に対応した敬語を実例をあげて紹介しています。 シーン別で正しい敬語を紹介しているので、目的の敬語や場面を探しやすそうですよね。 パラパラとめくるだけでも十分に勉強になりそうです。 さらに、付属のすぐに使える敬語言い換え表現の一覧は、読んだ瞬間から即座に役立つこと間違いなしです。 一つ一つの敬語の紹介も大きな字で簡潔に描かれているため、少しの空き時間に効率よく学ぶことができますよ。 いつも使っている敬語が、実は間違っているかも?ぜひ一度手にとって中を見てみてくださいね。 敬語に綺麗な人には憧れますよね。 こちらの記事では言葉遣いを含めた「育ちがいい人の特徴」について紹介しています。 生まれ育った環境や今の性格に悲観しないでください。 言葉遣いや仕草など、意識することでなおすことができる部分もたくさんあります。 ぜひ記事を参考にして、上品な女性になってくださいね。 おすすめの書籍の3冊目は、齋藤孝さんの『これでカンペキ! マンガでおぼえる敬語』です。 この本は漫画で描かれているため子どもはもちろん、大人でも読みやすい1冊です。 他の敬語の解説をしている書籍では滅多に使わないビジネス用語なども載っていることが多くありますよね。 しかしこの本は子どもでも楽しめる、という点からもわかるように、基本中の基本と言われる部分の解説のみしか載っていません。 つまり、お気軽に読んでもらうことができる1冊ということです。 これ1冊読めば、日常のコミュニケーションには困らないと言っても過言ではないでしょう。 分厚い敬語の解説本を買って数ページ読んでも飽きてしまったり、疲れてしまったりして読むのをやめてしまうことがありますよね。 気づいたら埃が積もっていたり。 まずはこの1冊から始めて見るのが良いのではないでしょうか?その上でもう少し学びを深めたい、という方はもう少し上級の敬語の本を読むことをおすすめします。 聞いてくださいの敬語を使いこなそう! いつの時代も言葉の乱れを指摘されるもの。 時代とともに変わると言っても、その基礎的なところは押さえておきたいですよね。 聞いてくださいの敬語だけでなく正しい敬語を使える人はビジネス関係はもちろん、プライベートで1人の人間としても信頼がおけます。 ぜひ今回の内容を参考にして信頼の置ける人になってくださいね。

次の

「していただく」の意味と使い方・敬語・漢字と言い換え方法

させ て いただく 敬語

おっしゃっていただくは正しい敬語!二重敬語ではない 結論からいいますと、おっしゃっていただく、おっしゃって頂くは適切な敬語表現といえます。 これは、言うの尊敬語のおっしゃると、するの謙譲語の頂く(いただく)が繋がったものであり、文法的には問題ないです。 つまり、おっしゃっていただきます。 おっしゃっていただこうなど、これらの表現は構造的には正しいわけです。 ただ、二重敬語ではないものの、なんとなく違和感が残る表現と感じる方も多いでしょう。 このようなケースでは、お話しいただくくらいの伝え方の方が、より自然といえます。 見させて頂くや見せて頂くも文法的には間違っていない このように、正しいのかどうか迷う敬語表現として、おっしゃって頂くというものがあるのです。 さらには、「見させて頂く」も「見せて頂く」なども間違った敬語かと考えがちですが、こちらも正しい敬語といえます。 具体的には、見るの謙譲語として「見させて頂く」も「見せて頂く」も挙げられ、二重敬語ではありません。 拝見すると同じ立ち位置にあると理解しておくといいのです。 見せて頂くと見させて頂くの違い このように見せていただくも見させていただくも、敬語として問題ないわけですが、意味に若干の違いがあるため気をつけるといいです。 ここで、見せて頂くはあくまでこちらから目上の人に対して見せて欲しい気持ちがあるときに使うものです。 一方で、見させて頂くは目上の方があなたに対にて見てもらいたいと頼んできた際に、使用する言葉なわけです。 よって、どちらを使うにしても場面での使い分けをきちんと行うといいです。 拝見させて頂くは二重敬語でNG! さらに、見せて頂くではなく、拝見させていただくとなるとこれは二重敬語になるため、NGな表現です。 拝見するは見るの謙譲語、させていただくもさせてもらうの謙譲語だからです。 よって、使うなら拝見するだけでいいのです。 まとめ 見させて頂く、見せて頂く、おっしゃって頂く、拝見させていただくは正しい敬語か? ここでら、見させて頂く、見せて頂く、おっしゃって頂く、拝見させていただくは正しい敬語かについて解説しました。 見させて頂く、見せて頂く、おっしゃって頂く共に正しい敬語です。 ただ、おっしゃって頂くは使用に若干のの違和感がでるため、お話しいただくなどの方がより適切といえます。 また、拝見させていただくは二重敬語で正しくない使い方です。 きちんと敬語の使い回しを理解して、毎日の業務に役立てていきましょう。

次の