仁王2鎖鎌。 仁王2

仁王2: 2週目以降の装備厳選まとめ

仁王2鎖鎌

武器について 武器の基本について 仁王2で扱える武器は、 刀・二刀・槍・斧・鎖鎌・大太刀・旋棍・手斧・薙刀鎌です。 手斧と薙刀鎌が、仁王2で新しく追加されました。 武器を使い続けることで、装備している武器の『 愛用度』が増えて、攻撃力がアップしていきます。 アイテム『研石』で簡単に愛用度をアップさせることも可能。 そして敵を攻撃してると、装備している武器のスキルポイントを得ることがある。 スキルポイントを得たら、メニュー項目の『 スキル習得』から各スキルを解放できます。 仁王2のスキル画面はスフィア版形式になってしまったので、お世辞にも見やすいとは思えない…。 鍛冶屋について 武器強化は拠点の鍛冶屋で行います。 基本的にはミッション中に敵からドロップした装備を使用した方がいいが、『 鍛造』で自分で作ることも可能。 鍛冶屋では『 魂合わせ』で武器のレベルを上げたり、 『 焼き直し』をして武器に付与されている特殊効果を変更したりして強化していきます。 いらないなら『 分解』して素材に変えてしまうか、売って金にするといい。 基本能力のステータスによる攻撃への反映について 基本能力値の 体・心・勇・剛・武・技・忍・呪のステータスは、 『 攻撃力への反映』に影響して、攻撃力にボーナス補正がつきます。 ステータスは社の『能力開発』からレベルアップできる。 装備画面を見ると値がどのくらいなのか確認できる。 『S』ほどボーナス補正が高い。 体:槍に反映される• 心:刀・弓に反映される• 勇:旋棍に反映される• 剛:斧・大筒に反映される• 武:大太刀に反映される• 技:二刀・手斧・銃に反映される• 忍:鎖鎌に反映される• 呪:薙刀鎌に反映される 能力開発のステータス割り振りにおいて、「あ、失敗した・・・」と感じることはよくあると思う。 そんなときはアイテム『 六道輪廻の書』を使用すれば、 アムリタを初期化して最初からステータスを割り振ることが可能です。 装備の重量について 装備の重量が重くなりすぎるとスタミナの消耗が激しくなるので、 防具に関しては防御力が高い装備品は避けたほうがいい。 駄目なやつほどヘビー級にしたがる。 メニュー『状態』から装備の重さを確認できます。 装備重量が70%以下、70%以上にするかは人それぞれだが、筆者は ギリギリ70%未満を保つようにしてます。 バトルに慣れてくると、軽装のほうが良いと思えてくるようになります。 仁王2の武器考察 武器は2種類装備できる。 ミッション中に武器切り替え可能です。 武器は仁王1の頃から存在したものは、モーションを含めてあまり変化が感じられなかった。 ただし、強さ的なパラメーターの設定は調整された印象があります。 初心者にオススメの武器といえば、 槍とか 薙刀鎌が使いやすい。 刀・斧・旋棍なんかは強いけれども、リーチが短く、敵の攻撃をきちんと回避して 反撃できるようになるまで上達しないと危険なので、初心者にはあまりおすすめしない。 サブウェポンとして装備しておいて、敵に合わせて使い分けるといい。 刀 刀は全体的にオーソドックスな武器。 リーチは短いが、使いこなすと妖怪に強い。 無駄な大振りモーションが少な目なので、すぐに回避行動へ移行できるのもポイント。 気合削りが弱く、武技で対処できるが人間相手にはやや苦戦する印象だが、 居合い・乱迅剣・残月などガードからゴリ押しもなかなかいい。 二刀 リーチは刀と同様。 刀を2本装備している。 仁王1の頃に火力が強かった、水形剣や十文字が弱くなった印象。 ただし、状態異常を武器に付与させて、水形剣で乱れ切りして状態異常にしたりと、 そういった戦い方もできる。 要は使い方次第かな。 中段構えなら風神の気合削りもなかなかいい。 でも刀と比較すると、二刀はマルチプレイ向けの武器に感じる。 赤色のゴエモンは暴れん坊将軍w — ゲーム攻略マン🎮龍が如く7 gameman13 槍 槍は武技がどうのこうのというより、リーチが長く、無駄なモーションも少な目で使いやすい。 瞬間的な火力には期待できない武器だが、安全圏内から槍の先っぽでチクチク突ける点は強い。 妖怪・人間・複数の敵に相手において、総合的に考えても使いやすい。 火力の低さは五月雨突きで補えるが、若干技の出が遅いのが気になる程度かな。 斧 斧は攻撃力の高い武器が特徴。 全体的にモッサリとした動作なので、素早い敵に対しては不利だが、 ガードの上からゴリ押しして気合削りもできる。 1対1なら強い印象だが、敵が複数いる状況だと微妙。 別の武器に切り替えて弱点をカバーするといい。 鎖鎌 鎖鎌は上段構えの速い攻撃、強い攻撃の分銅など使いやすいところもあるが、 仁王1と比較すると火力が弱体したような…。 強くもなければ、弱くもない印象。 ただ、強い攻撃の分銅飛ばしはリーチがないので、相変わらず安全圏内からピシピシと ダメージを当てつつ様子見できる。 全体的にクセのある武器だがバフが使える。 大太刀 大太刀はリーチが長くて、威力も高い武器。 動作がモッサリしているので、忍者のような敵に素早く懐に入り込まれると弱い。 攻撃範囲は広いので、敵が範囲内へ入って来るところを先手で斬る戦い方。 旋棍 旋棍はリーチが短く、素早い手数と気合削りが優秀。 なるべく軽装が好ましい。 気合削りが多いので人間相手にはかなり強かったりするが、妖怪相手だとリーチの短さと火力的にやや微妙に感じる。 きちんと回避ができて、距離感が分かると扱える武器。 手斧 手斧は二刀に似ている印象もあるが、多くの武器投げ武技が存在する。 接近攻撃もしたいけど、「危なさそうだから武器投げ!」といった使い分けできる点がいい。 ただ、どちらかというと中距離向けの戦い方で似たくさい技ばっか。 オンラインマルチプレイで、近距離攻撃が自身の無い人向けの気がする。 薙刀鎌 薙刀鎌は、上段・中段・下段の構えにより、武器の形が変形するので、 敵に合わせた戦い方ができるのが特徴です。 上段は単発気味だが威力が高く、中段は槍のようにリーチが長くて隙も少な目、 下段はリーチは短いが細かく切り刻める。 全体的な火力はまずまずな方。 仁王2の攻略記事• 最近運営してるゲーム攻略サイト スクエア・エニックスが開発・発売の。 原作のFF7をフルリメイクした作品で、バトルシステムがアクションとコマンドを融合。 今作は分作のため、ミッドガル脱出までの物語までですが、それでもブルーレイディスク2枚組のボリューム!FF7の完全版みたいなタイトルかな。 セガの龍が如くスタジオが開発の。 新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。 舞台も神室町よりも約3~4倍広い横浜・伊勢佐木異人町を追加。 コマンドバトルになったことで、キャラクターの成長要素やジョブシステムが存在しており、これまでの龍が如くシリーズとは一味違った遊びプレイできます。 ノーティー・ドッグのサバイバルアクションの。 前作から5年後のアメリカを舞台にしており、ジョエルとエリーはワイオミング州ジャクソンで平和な生活をしていた。 しかし、とある事件により、エリーが復讐をするためにシアトルへ旅立つ物語。 無慈悲で暴力の連鎖の先にあるものとは!? サッカーパンチの。 侍のオープンワールドのアクションアドベンチャー。 舞台は日本の鎌倉時代の対馬で、モンゴル帝国が日本に襲来したときの戦争の物語。 武士道を重んじる境井仁が、滅ぼされた故郷を守ろうとして、邪道な戦い方の冥人を学んで復讐する!.

次の

【仁王】鎖鎌のステータスの振り方・おすすめ育成例

仁王2鎖鎌

忍を優先して振る 鎖鎌は「忍」のステータス補正が高く、最も効率的に攻撃力を伸ばすことが可能。 「忍」に振ることで忍者スキルを軸とした戦いをできるようになるが、 気力や体力などが大きく伸びるわけではないので、他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 「体」は10まで、「心」は15まではステータスの伸び幅が大きいため、最初はこれを目安するのが良い。 アムリタに余裕が生まれてきたらさらに振るのもアリ。 軽防具の特殊効果用に技 防具の特殊効果を発動するために、必要分だけステ振りをするのもおすすめ。 序盤は1〜2上げるだけで発動でき、 特殊効果にはステータスを大きく上昇させる効果もある。 優先度が高い「体」と、鎖鎌の適正ステータスである「技」の値で特殊効果を発動可能な 軽防具との相性が良いため、「技」に振っていくと良い。 「技」は残心初期量を上昇させる効果があるため優秀だ。 サブ武器の補正に合わせるのもアリ 鎖鎌のステ振りが進んだら、サブ武器の補正に合わせてステ振りを進めてもOK。 鎖用の「忍」「技」「武」が無駄になりにくい武器は下記5種が該当する。 鎖鎌の弱みである 受け性能をケアできる旋棍・二刀・手斧、万能な薙刀鎌、崩し性能が高い大太刀の中から好みで選ぼう。 鎖鎌と相性が良い武器種 スキル 簡易解説 【最初から解放】 ・ダメージと崩し性能が優秀 ・攻撃判定の発生がやや遅め ・弐への強化は優先度低 【最初から解放】 ・長リーチのコンボ起点となる技 ・「脚緘」とのコンボでダウン&追い討ち 【「武の道 初伝」クリア後】 ・足払いでダウンを取れる ・「蛇噛み」からのコンボが使いやすい 【「武の道 初伝」クリア後】 ・対人型専用のカウンター技 ・崩し性能&気力削りが優秀 【「武の道 初伝」クリア後】 ・弱めの崩し性能と優秀な気力削り ・モーションが短く差し込みやすい 【「武の道 中伝」クリア後】 ・広い攻撃範囲と出の早さが優秀 ・火力はやや控えめ 【「武の道 奥伝」クリア後】 ・角折りや集団戦で有用な広範囲技 ・コマンド被りの「藪切」より火力は劣る 優先度:低.

次の

【仁王2】最強候補「鎖鎌」のおすすめステ振りや武技・使い方など│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王2鎖鎌

Contents• 「鎖鎌」での今回のクリア時間は約10時間 「鎖鎌」を使った今回は、レベル上げもそこそこやって、修行ミッションも全てクリアして、全メインミッションクリアまでにかかった時間は 約10時間ほどでした。 約10時間という、RPGとしては短時間で全メインミッションをクリアできることが分かったので、クリア済の 「二刀・斧・鎖鎌」以外の残る二つのメイン武器 「刀と槍」でも挑戦してみようと思ってます 笑 【仁王】の新たな魅力「各武器でボス戦を高速で楽しむ」 少し話が反れますが、普通にプレイして約10時間でクリア可能な、「ゲーム自体の進行スピード」も 【仁王】の魅力の一つだと今回思いました。 武器を変えると戦い方もガラッと変わるので、個人的には 「各武器で全ボス戦の戦闘を高速で楽しむ」という新たな楽しみ方が確立された感じです。 備考:【仁王】全 クリア世界最短記録 は 1時間24分! ちなみに 【仁王】全メインミッションのスピードラン世界記録 2017年3月時点 は 「」さんの 1時間24分です。 呪に30くらいは必須 スピードラン世界記録 2017年3月時点 の「」さんも使っていた「鎖鎌」を私も今回使ってみたところ、まさしく 最強でした。 自分でもビックリするぐらい 速攻で瞬殺できたボス戦もあったり、アムリタ稼ぎ時の道中の敵狩りも快速でした。 私の仁王3周目「」時に忍術の「クナイ」が相当強くて驚いたのですが、 忍術と鎖鎌は共に「 忍」にポイントを振ることで強くなっていくので一石二鳥で反則ぎみに最強です 笑 「陰陽術」のための「呪」に30くらい振り分けるのは必須としたうえで「忍」振りにすると最強そうです。 ちなみにレベル89で戦った「ヤマタノオロチ」戦で 1オロチ辺りクナイ 4発で倒せてました。 鎖鎌だけでも強いのに忍術の「クナイ・手裏剣・剛力丹」等も漏れなく付いてきます 笑• クナイの関連記事:「」 「鎖」の使い勝手の良さと「鎌」の破壊力が凄い! 「鎖鎌」はその名の通り 「鎖-くさり-」 分銅 と 「鎌-かま-」に分かれています。 さらに「鎌-かま-」には序盤から使える 高速連打系の武技「 藪切」があり、序盤からラスボス戦まで常に超効果的でした。 二刀の武技「」と似ています 「鎖鎌」で今回のプレイ時のメイン防具 今回もニンジャ系の 「忍び装束」をメインで使っていました。 正直、4周やって思うのは、仁王は 「武技・陰陽術・忍術、の効力の高さ」に比べたら、「防具の効力は低め」だと感じます。 なので、お手軽さで「忍び装束」を毎回使うようになってました 笑 「忍び装束」は序盤から 作成可能で、非常に軽く、「忍術 術力」が付きやすく、「必要な体と技が3」なので防具の為にポイントを振り分ける必要がなく、個人的には「これで十分OK」というラインの 「お手軽 優良防具」です。 常世の影響も絡んできますが、個人的には 防具が重いほどレスポンスが悪く回避しにくいので 軽いほどやり易いです。 今回、武器は拾った鎖鎌で特性や数値が良いものを使ったり、良いものがない時は作成してみたり、という感じでこだわらずにやっていました。 なので私は、1つのメインミッション終了ごとに獲ってきた防具を 一括 タッチパッドボタン で分解して「忍び装束」を作成していました。 これをパターン化することで防具に悩まず、防具レベルを常に 「最高レベル帯」にキープし続けて、スピーディーにサクサク進めていました。 たまに使える防具が拾えたら使う時もあります 「鎖鎌」でクリア時の最終ステ振りと状態 今回は最終レベル90で「忍」に大量に振っています。 「鎖鎌」で各ミッションクリア時のレベル 【鎖鎌でのメインミッション全ボス戦 動画】の各ボス戦時のレベルは以下の通りです。 メインミッション全ボス攻略動画「鎖鎌」編.

次の