ポケカ デッキ 作成。 ほっぺすりすり×アンノーン[HAND]!?衝撃コンボデッキ「すりすりHAND」ポケカレシピ!│エンジョイ! ポケカ部

ポケカデッキ作成~ロマンデッキ改造編~|uruke|note

ポケカ デッキ 作成

目次(Contents)• 【ピカチュウ&ゼクロムGX(ピカゼク)】とは 「TAGTEAM」である《ピカチュウ&ゼクロムGX》をメインアタッカーとした速攻寄りのデッキ。 『フルドライブ』によるエネルギー加速で盤面を固めつつ、絶え間ない攻撃で勝利を目指すデッキです。 主要カードの役割 《ピカチュウ&ゼクロムGX》:メインアタッカー 先ほども載せましたが、 『フルドライブ』による中火力と安定したエネルギー加速を同時に行う、このデッキのメインアタッカーです。 エネルギー加速は1体のみ対象ですが、バトル場・ベンチを問わず付けられるため、自身に付けて『タッグボルトGX』に備えるも良し、ベンチに付けて後続を準備するも良しです。 また、雷エネルギーが6枚付いていればGXワザ『タッグボルトGX』の追加効果を使って、ポケモンを2体同時に倒すことも可能です。 まずはこのポケモンから攻撃することが出来るように動いていきましょう。 GXワザ『ライトニングライドGX』は追加効果で250のダメージを出すことが出来ます。 《エレキパワー》を1枚使えば、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》等、主要なポケモンのほとんどを一撃で倒すことが可能です。 ただし、このポケモンもエネルギーの要求が重めなので、エネルギー管理には気を付けましょう。 逃げるエネルギーも0なので非常に扱いやすく、スキのないポケモンとなっています。 『スパイクドロー』も万が一の時には使えて強力。 《デデンネGX》《ジラーチ》《電磁レーダー》《デンジ》:ドロー・サーチ デッキの回転力を高めるカード群です。 自分の好みや環境によって採用カードを変えていくのがベストでしょう。 《デデンネGX》は特性『デデチェンジ』によって、手札をすべてトラッシュした後、6枚ドローします。 《ピカチュウ&ゼクロムGX》の早期起動のために、とにかくデッキを掘っていく・雷エネルギーをトラッシュに送ることが重要、かつ《電磁レーダー》でサーチできるので他のデッキに比べ多めに採用されています。 《ジラーチ》は特性『ねがいぼし』によって「トレーナーズ」をサーチします。 ランダム要素はあるものの、幅広いカードをサーチできるので、柔軟な動きが可能になります。 《エスケープボード》をつければ、デメリットを帳消ししつつ逃げエネ0で逃げられるので、《ライチュウ&アローラライチュウGX》や《サンダー》と相性が良いです。 《電磁レーダー》は手札を2枚トラッシュしてデッキから雷タイプの「ポケモンGX」を2枚サーチします。 このデッキには雷タイプの「ポケモンGX」がたくさん入っているので、重要なサーチカードとして多数積まれる傾向にあります。 《デンジ》はデッキから「雷エネルギー」と「グッズ」を1枚ずつ持ってきます。 「グッズ」には《電磁レーダー》や火力増強の《エレキパワー》など、種類が多いので、状況に合わせたカードを持ってくるようにしましょう。 動きとしては再三書いておりますが、 まずは《ピカチュウ&ゼクロムGX》が殴れるようにして、『フルドライブ』によるエネルギー加速で盤面を作り、そのまま殴り続けるといった感じです。 理想は先攻2ターン目か、後攻1ターン目に『フルドライブ』が打てること。 今回の構築もそれが最大限行えるように作ってみました。 《エレキパワー》によって、高い火力を出し続けられるのが魅力的ですね。 拡張パック「反逆クラッシュ」に収録されている《ボスの指令》や《スピード雷エネルギー》を採用しました。 【ピカチュウ&ゼクロムGX】を更に強化するカード達なので、是非入れてみてください。 また、今回のデッキには《デデンネGX》や《博士の研究》、《マリィ》といったドローカードも多く入っています。 しっかりと山札を引いて、必要なカードを手札に持っていきましょう。 以下、《ピカチュウ&ゼクロムGX》が最速(先行2ターン目or後攻1ターン目)で『フルドライブ』を使う一例です。 状況を判断して付けていきましょう。 ここまで来たら《ライチュウ&アローラライチュウGX》や《パルスワンV》といったアタッカーで押し切ってしまいましょう。 相手が入れ替えカードを使い果たした状況になると《ライチュウ&アローラライチュウGX》の『タンデムショック』が効いてきます。 マヒ効果でターンが稼げると大きなアドバンテージになります。 入れ替え系カードが少なくなった現環境でははマヒ効果が発揮する場面も多くなってきました。 《パルスワンV》は場にエネルギーがあることを前提としますが、200ダメージを越える絶大な火力を出すことが可能です。 《エレキパワー》を一緒に使って相手ポケモンを一撃で気絶させましょう。 各デッキとのマッチアップ 一貫して言えるのは 『フルドライブ』を可能な限り最速で打つことです。 vs【ドラパルトVMAX】 『ダイファントム』によるダメカンばら撒きが強力なデッキです。 《ピカチュウ&ゼクロムGX》と《デデンネGX》を同時に倒されてサイドを5枚取られることもあり、警戒しつつ戦う必要があります。 《ドラパルトVMAX》は少ないエネルギーで動ける為、こちらも最速の動きで『フルドライブ』を打ち込んでいきましょう。 幸いにも【ドラパルトVMAX】はワンパン出来る火力を持ち合わせていないので、《マオ&スイレン》で回復しつつ戦うことが出来ますし、『タッグボルトGX』の追加効果も狙いやすい相手ではあります。 最速の動きを意識し、先に王手を出しにいける状況に持ち込んでいきましょう。 《ピカチュウ&ゼクロムGX》に《大きなおまもり》を付けると、『ダイファントム』2回で倒されなくなります。 ただし《ホラー超エネルギー》には警戒。 vs【リザードンVMAX】 ワザ『キョダイゴクエン』でデッキにあるすべてのポケモンがワンパンされます。 《大きなおまもり》込みでも倒される為、《大きなおまもり》は《クイックボール》のコストに使用してしまっても問題ないです。 《エレキパワー》を1枚絡めれば、『フルドライブ』2回で《リザードンVMAX》を倒すことが出来ます。 【リザードンVMAX】は展開速度はそこまで早くなく、後1《ボルケニオン》や《溶接工》が無ければ2ターン目に動くことはないので、最速の動きで先手を打ちに行きましょう。 vs【三神ザシアン】 超強力カードである《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》と《ザシアンV》を組み合わせた攻守ともにハイレベルなデッキです。 最近では《ガラル ニャース》が通集な特性を引っ提げて登場したので、《ガラル ニャイキング》を採用して最大280~300ダメージを出してくる構築も見かけるようになりました。 戦い方は、基本の沿って素早く《ピカチュウ&ゼクロムGX》が『フルドライブ』を使えるようにすること。 もたついていると『オルタージェネシスGX』の恩恵を受けた《ザシアンV》が殴りかかってきます。 『フルドライブ』でエネルギーを付けるポケモンは、次の相手のターンに《ピカチュウ&ゼクロムGX》が倒されることがなさそうなら《ピカチュウ&ゼクロムGX》に付けましょう。 その後、《エレキパワー》を絡めた『タッグボルトGX』で、相手のバトルポケモンと《デデンネGX》を倒してしまいましょう。 《大きなおまもり》を《ピカチュウ&ゼクロムGX》に付けることが出来ると戦いが楽になります。 vs【超パーフェクション(超ミュウミュウ)】 《ミュウツー&ミュウGX》が切り札の、超エネルギーを必要とする「ポケモンGX」を駆使して戦うデッキです。 超タイプが主体となるので《カラマネロ》によるエネルギー加速も可能で、安定した動きが可能です。 このデッキに対しても基本は、最速での『フルドライブ』を狙っていきます。 相手のデッキは高火力を出しにくいですが、相手のポケモンのHPが高いためこちらもワンパンを狙いにくく、先に動かれるとジリ貧になってしまいがちです。 もし先手を打たれたら《マオ&スイレン》でごまかしつつ戦えるとよいです。 『フルドライブ』でエネルギーを付けるポケモンは、《ピカチュウ&ゼクロムGX》、《ライチュウ&アローラライチュウGX》どちらでも良いでしょう。 《ピカチュウ&ゼクロムGX》なら『タッグボルトGX』で、キーカードである《カラマネロ》を倒すことが出来ます。 《ライチュウ&アローラライチュウGX》の『ライトニングライドGX』の追加効果があれば、《エレキパワー》1枚追加で280ダメージと《ミュウツー&ミュウGX》や《オーロット&ヨノワール》をワンパン出来る火力を出すことが出来ます。 《アーゴヨンGX》が持っている『ベノムシュート』に注意。 vs【小ズガドーン】 苦しいマッチ。 普通に戦っていればサイドを1枚ずつしか取れないので、サイドを取り切るまでに時間がかかってしまいます。 そうこうしている間に『ひのたまサーカス』でこちらの「TAGTEAM」が消し炭にされてしまいます。 『ひのたまサーカス』による超火力を防ぐために、 早い段階で《マリィ》や《リセットスタンプ》による手札の妨害をしつつ戦っていきたい所です。 拡張パック「爆炎ウォーカー」では《クワガノンV》が収録されました。 グッズロック効果によって【ズガドーン】の動きを止めやすくなっているので、【ズガドーン】デッキを倒しに行きたい時は投入の余地ありです。 まとめ 今回は《ピカチュウ&ゼクロムGX》を使ったデッキを組んでみました。 剣盾環境になってからは環境トップクラスといってもいいほどのパワーがあるデッキだと思います。 作成費も1万円ほどで組めるのでコストパフォーマンスがいいです。 【ピカゼク】の構築に悩んでいる方や、これからポケカを始めようと思った方の参考になれば幸いです! また、以下の記事では「優勝デッキ20個」から見た【ピカゼク】の構築論も書いております!.

次の

《初心者講座》ゼロからのデッキの作り方《ポケカ初心者の為のリアルな組み方》

ポケカ デッキ 作成

PTCGOnoアカウント作成、インストールについての記事です。 PTCGOって何? PTCGOとは、ポケモントレーディングカードゲームオンライン PokemonTradingCardGameOnline の略称です。 ポケモンカードを気軽にネット上でプレイすることができます。 日本の公式ではなく、海外の公式が関わっているので日本語版はございません。 ゲームは基本英語のみですが、英語が全くできない私でも問題なく続けられています。 別に英語を覚えなくてもどのボタンを押せば対戦に進めるかとかちょっとしたルーチンさえ覚えれば不自由することはありません。 基本的に無料でできる むしろ、課金するのが難しい のでちょっとした暇つぶしにでも始めてみてはどうでしょうか。 このようにWindows、Macもしくはタブレット等、自分が使う端末のものをダウンロードしてください。 要求スペックはこのように上記のサイトの下部の方を見ていただければ、記述されています。 高スペックを求めているわけではないので、古すぎたり低スペック過ぎたりしなければ動くと思います。 アカウント作成 もう一度さっきのサイトを貼りますが、飛んで左の方を見てください。 上からlogin 緑 、join 黒 、オレンジのマーク、検索マークとなっている部分のjoinをクリックしてください。 アカウント作成の手続きのページに移ることができます。 まず、誕生日と国籍。 誕生日は自分ので構いませんが、国籍は日本を選択しないようにしてください。 PTCGOは日本でサービスをやってるわけではないので、面倒なことになる場合もございます。 私は無難にUnited States アメリカ を選択しています。 「Check Availability」で被っていないか利用できるかを確認してください。 「Screen Name」はゲーム上で表示される名前です。 フレンド登録などにはこっちを使いますので、「Username」とごっちゃにならないようにしましょう。 後はチェックボックスにチェックを入れたりして、次のページへ移るとメールが送られてくるのでメールに記載されてる確認のリンクを踏めば完了です。 アカウント登録する際のチェックボックスの一つにポケモンの宣伝的なメール送っていい?みたいなのがあります。 他のサービスだとめんどくさくてチェックしない方が多いと思いますが、受け取ることをおすすめします。 そこまで、高頻度にメッセージはきませんし、2ヶ月に1回ぐらいのペースでPTCGO上で使えるパックのコードがくるからです。 まあ単純に海外のポケモンではこんな商品が売られてるのかというカタログ的な楽しみ方もあったりします。 続いてはチュートリアル、トレーナーチャレンジについての解説へ.

次の

ほっぺすりすり×アンノーン[HAND]!?衝撃コンボデッキ「すりすりHAND」ポケカレシピ!│エンジョイ! ポケカ部

ポケカ デッキ 作成

このデッキのカードは比較的安価なもので構成されており、初心者でも組みやすいデッキです。 カードショップのストレージに眠っているものや、拡張パック「ソードシールド」に封入されているカードもあります。 このデッキは耐久力の高いラプラスVMAXで回復しながら戦っていこう!というコンセプトになっています。 デッキのカード解説 ラプラスVMAX 拡張パック「ソードシールド」に収録されているVMAXポケモンです。 このカードはなんといってもHPが高いのが特徴です。 このポケモンを一撃で倒せるポケモンは中々いないため、回復を駆使しながら戦っていきます。 また、ワザ「キョダイポンプ」も強力で水エネルギーが3コついているだけで180ものダメージを与えることができます。 エネルギーがついている分だけ30与えるダメージが増えていきます。 カメックス&ポッチャマGX このカードはワザ「スプラッシュメーカー」が強力で、傷ついたラプラスVMAXのHPを大幅に回復することができます。 最大3エネルギーまでつけることができ、150ものHPを回復することができます。 また、「バブルランチャーGX」は6エネルギーがついていると250ダメージもの高火力を与えつつ、マヒさせることが可能です。 モスノウ ヌオー 基本的にモスノウとヌオーでエネルギーをつけていきます。 モスノウとヌオーは非常に相性がよく、手札にあるエネルギーを一気にバトル場のラプラスVMAXに供給することが可能です。 これにより相手の意表をついてラプラスの高火力ワザでダメージを与えることが可能です。 ヌオー(闘) こちらは水タイプのヌオーとは違って、特性を持っていません。 タイプが闘タイプであるため、電気、悪、無タイプなどに弱点を突くことができます。 ラプラスVMAXが苦手な ピカチュウ&ゼクロムGXを弱点を突いて一撃で倒すことができます。 おおきなおまもり このカードをつけているポケモンのHPを30上げることができます。 ラプラスVMAXにつけることによってHP350もの超高耐久ポケモンを作り上げることが可能です。 回復デッキと相性の良い道具です。 いれかえフロート 水タイプ専用グッズになります。 バトル場で傷ついたポケモンをいれかえながら回復することが可能です。 このカードによって味方のポケモンが倒されないようにうまく立ち回ることができます。 たっぷりバケツ 拡張パック「VMAXライジング」で発売のグッズです。 このカードは非常に強力で、モスノウと非常に相性がいいです。 手札に水エネルギーを素早くため込めるため、水タイプの専売特許ともいえるカードです。 マオ&スイレン このサポートカードもHPを回復できるため、ラプラスVMAXと相性がいいです。 また、ベンチポケモンと入れ替わるため傷ついたポケモンを下げることができます。 デッキの立ち回り解説 序盤は上記のような盤面を目指します。 トキワの森やたっぷりバケツでエネルギーを供給しつつ、モスノウの特性「ひょうせつのまい」でエネルギーを一気につけます。 そして、ヌオーの特性「おしながす」で一気にラプラスVMAXにエネルギーをつけていきます。 ラプラスVMAXがダメージを負ったら、いれかえフロートやマオ&スイレンでベンチに戻しつつ、カメックス&ポッチャマGXをバトル場に出します。 この時、ヌオーの特性「おしながす」でラプラスVMAXについているエネルギーをカメックス&ポッチャマGXにつければ無駄がありません。 また、「おおきなおまもり」などをつけることによってさらなる高耐久を作り出すことができます。 デッキをカスタマイズ このデッキに慣れてきたらほかの水タイプのデッキも作ってみてください。 水タイプのデッキはこれから大幅強化が見込まれるため作っておくのもよいと思います。

次の