おへそ 引っ込め 体操。 【たけしの家庭の医学】30秒おへそ引っ込め体操でいつの間にか骨折対策!

【ためしてガッテン】おへそ引っ込め体操|腰痛持ちでも出来るお腹痩せ

おへそ 引っ込め 体操

2.「背骨の骨折リスク」を知る方法とは いつも間にか骨折を起こす危険度は、顔の「歯茎」を見るだけで判断できます。 例えば笑ったときに、歯茎が下がり歯の根元が露出していると、いつの間にか骨折のリスクが高くなっていると考えられます。 歯茎が下がるのは、アゴの骨密度が下がっているからです。 アゴの骨密度は全身の骨密度と連動しているため骨折のリスクの指標になるのです。 また、歯茎が下がり痩せると骨折だけでなく歯周病にもなりやすくなります。 3.背骨若返り法「おへそ引っ込め体操」とは 骨密度をアップさせ背骨を若返らせる「おへそ引っ込め体操」をご紹介します。 1か月程度継続すると姿勢もよくなります。 いつ何回行ってもOKです。 このとき、おへそ周りの筋肉を意識することがポイント! お腹を引っ込めると、腹筋や背筋が収縮し、背骨に刺激がかかるので、背骨の骨密度が増える効果を期待できます。 注意点として、息を止めると血圧が上がるため、必ず呼吸をしながら行ってください。

次の

【ためしてガッテン】おへそ引っ込め体操|腰痛持ちでも出来るお腹痩せ

おへそ 引っ込め 体操

お腹を痩せたいと思ったら、すぐに思いつくのが腹筋ですよね。 その腹筋運動とは、床に寝て、膝をまげ、両手を頭の後ろで組んで 上半身を起き上がらせるというトレーニングだと思います。 ちなにみ、この運動をシットアップと呼びます。 シットアップは、腰痛を持っている人には、辛い運動ですし、 腰痛を悪化させる要素もあるので、腹筋を鍛えたいと思っても、 シットアップをするのは避けた方が良いです。 またシットアップは、お腹の表面の筋肉(腹直筋)を鍛えるのには適していますが 腰痛予防には適していません。 そこで、腰痛にもお腹痩せにも効果のある おへそ引っ込めを紹介します。 4.お腹の力を抜いて普通に呼吸をして、また1より繰り返す 最初は、なかなかおへそを引っ込めることが出来ないかもしれません。 その場合は、両手をおへその両脇に置いて、おへそを引っ込める意識と同時に 手でお腹を凹んでいくのを補助しても構いません。 少しづつ、お腹の筋肉が自分の意識だけで、動かせるようになってきたら 両手は上記2の要領のとおりにしましょう。 このうち、腰痛予防に効果的に働く筋肉は腹横筋で、 通称コルセット筋とも呼ばれています。 おへそ引っ込め体操は、まさに腹横筋を鍛えることができます。 お腹を痩せたい場合は、出来るだけ限界までお腹を凹ませるように してください。 お腹を凹ますことが出来ない場合は、手を補助することも書きましたが お腹を痩せたい場合は、お腹全体の筋肉が自分の意識で 動かせるようになるまで、手を添えながら行ってください。 お腹といっても、肋骨の下、おヘソの下、おヘソの両脇など 手を補助する箇所は数カ所あるので、すべてのお腹の箇所で 手を添えながら、お腹の筋肉が動いていることを確認すると効果的です。 運動をしていない人は、お腹の筋肉の神経と脳が繋がっていない人もいるので 手で補助することで、脳がお腹を意識しやすくなります。 簡単な体操ですが、痛みを感じる場合は、即中止してください。 6 7 8 9 10• 最近の記事• カテゴリー• RSSリーダーで購読する.

次の

【たけしの家庭の医学】30秒おへそ引っ込め体操でいつの間にか骨折対策!

おへそ 引っ込め 体操

いつの間にか骨折とは? 気づかないうちに背骨が折れている状態のことを言います。 これに気づかず放置すると、骨折の連鎖『ドミノ骨折』を起こす怖れがあります。 ドミノ骨折を起こすと、心臓や肺が圧迫され、心不全などの発症リスクが高まります。 いつの間にか骨折について教えてくれたのは、信州大学医学部附属病院 整形外科講師の中村幸男先生です。 いつの間にか骨折のチェック法 1、手鏡で最高の笑顔を見ます。 歯茎が下がり、歯の根元が露出していたらいつの間にか骨折のリスクが高まっています。 2、20代の頃の身長と比べて… 2~3センチ縮んでいたら、要注意です。 4センチ以上縮んでいたら、いつの間にか骨折の可能性が高いです。 1回30秒で背骨若返り!おへそ引っ込め体操のやり方 1、足を肩幅に開いて立ち、背筋を伸ばします。 2、おへそを背骨にくっつけるイメージで、お腹をぐっと引っ込めます。 おへそ周りの筋肉を意識するのがポイントです。 30秒で1セット、1日5セット行いましょう。 1日の合計が5セットになれば、いつ何回行ってもOKです。 (注意点)息を止めると血圧が上がるため、必ず呼吸をしながら行ってください。 まとめ 身長が4センチも低くなるなんてあり得ないと思ったけれど、うちの母もそういえばずいぶん背が低くなったと思います。 年のせいかと思っていましたが、いつの間にか骨折の危険性があるかもしれないと思うと心配です。

次の