アメリカ で インフルエンザ 大 流行。 アメリカのインフルエンザの過去死者数と感染者数がかなりヤバい事実

死亡者が新型肺炎の27倍。それでも日本が報じぬ米インフル大流行

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

CDC は、「主要な指標によるインフルエンザウイルスの活動性は依然として高いが、第6週(2月9日から2月15日)に引き続き低下している。 全般的な重症度を追跡する指標(入院ケースと死亡ケース)はゆるやかな状態から低い状態だが、入院率は年齢によって異なり、小児および若年成人の入院率が高い状態である」と分析しています。 検査で確認された小児および成人のインフルエンザ関連入院を監視している によると、2019年10月1日から2020年2月22日の間に確認された患者数は累計15,319人。 FluSurv-NET は、18歳未満の小児(2003~2004年のインフルエンザシーズン以来)と成人(2005年~2006年のインフルエンザシーズン以来)を対象に人口ベースの監視を行っており、新興感染症プログラム(Emerging Infections Program:EIP)に参加している10州(CA、CO、CT、GA、MD、MN、NM、NY、OR、およびTN)とインフルエンザ入院監視プロジェクト(Influenza Hospitalization Surveillance Project:IHSP)州の70以上の郡が含まれています。 この15,319人の内訳は次のとおりです。 インフルエンザ A:10,439(68. 7人で、「」と発表されています。 人口10万人あたりの累計入院率は次のとおりです。 0~4歳:80. 1 5~17歳:20. 6 18~49歳:28. 6 50~64歳:69. 1 65歳以上:132. 0 は、インフルエンザは感染している人が咳やくしゃみをしたりするとウイルスが飛散し、周囲にいる人はウイルスが含まれた空気を吸うことで感染する飛沫感染で広がると考えられていることから、感染予防に次のような予防策を推奨しています。 生後6か月以上の場合はを受ける• 病気の人との密接な接触を避ける• 手を頻繁に洗う• 咳をする際は口をおおう• 病気のときは外出を控える• 病原体に感染することを避けるため、手で目・鼻・口をさわらないようにする• 自宅や学校、職場で、頻繁に触れられている表面や物体を清潔にして消毒する(特に病気の人がいる場合) CDC では、65歳以上、妊婦、出産後2週間以内の女性、2歳未満の幼児、特定の持病のある人など、について掲載しています。

次の

アメリカの季節性インフルエンザがさらに爆発的流行。米CDCは感染者数が最大で3100万人に達していると発表。死者は最大3万人に

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

今年もインフルエンザの季節がやってきた。 日本と同様アメリカでも毎年同じ季節にインフルエンザが流行するが、によると、今年アメリカで大流行するウイルスは例年とは違い感染力が強く症状も重い「H3N2型」。 オーストラリアで昨年流行したものと同じタイプで、記事中の医師によるとアメリカではもはや「疫病(エピデミック)級」の猛威をふるっているという。 しかしまだピークは迎えていないそうで、感染拡大は今後もしばらく続きそうだ。 によると、2017年10月1日から2018年1月20日までの間でインフルエンザが原因の入院患者数は、カリフォルニア、コロラド、コネチカット、ジョージア、メリーランド、ミネソタ、ニューメキシコ、ニューヨーク、オレゴン、テネシー各州の計10州70郡のみで11,965人を数えた。 1月20日付のによると、カリフォルニア州では65歳以下の死者が今季97人。 同州ではインフルエンザの場合、死者数統計を65歳以下でしか出さないため、65歳以上の死者も足すとさらに多くなると思われる。 南部アラバマ州では1月10日、同州内の公衆保健衛生上のした。 地元テレビ局の1月25日付の報道によると、同州ではこれまで今シーズン44人がインフルエンザ関連の原因により死亡している。 また中西部インディアナ州の地元紙(電子版)によると、同州では今季107人がインフルエンザで死亡した。 3州だけでこれまで計248人が死亡しているということは、50州全体を合わせると死者数は最終的に数千人以上の規模になる恐れもありそうだ。 2017年11月9日付 によると、アメリカの医学専門家は同年オーストラリアでH3N2型インフルエンザの大流行が発生したことから、今シーズンのアメリカにおける同型インフルエンザの流行が例年よりも拡大し、被害が大きくなることを予想していたという。 同記事によると、オーストラリア保健省は昨年のシーズン、同国でインフルエンザに関連した入院患者数は215,280人、死者数は504人を数えたとしている。 死者数においてはもちろんすでにアメリカがオーストラリアの数を超えていることは疑いがない。 によると、インフルエンザはおよそ1. 8メートル以内の距離で感染力があり、インフルエンザウイルスを持った人がくしゃみをしたり、話したりしているときに唾液が飛び、別の人の鼻や口からウイルスが入り込んで感染することが多いという。 つまり1. 8メートル以内にいる人が多ければ多いほど感染する確率が高いということで、人口密度の高い都市で満員電車に乗ったり、狭いオフィスで多くの同僚と働いたりする場合、それだけ感染率がアップすることになる。 アメリカでこれだけ流行しているインフルエンザが日本に飛び火することは時間の問題であり、アメリカより人口密度が高いであろう日本で感染が拡大することは想像に難くない。

次の

日本でほとんど報道されぬ米インフルエンザ8000人超死亡の大流行(MAG2 NEWS)

アメリカ で インフルエンザ 大 流行

厚労省によると、全国の推計の患者数は約283万人で、前週から112万人増えた。 年齢別では5~9歳が約59万人と最も多く、10代も約40万人に上った。 都道府県別の定点1医療機関あたりの患者数は、鹿児島が最も多く86・53人。 次いで、宮崎84・97人、福岡83・99人、大分82・40人、佐賀69・64人と続く。 東京は49・67人、愛知は62・12人、大阪は44・17人だった。 計44都府県で警報レベルを超えた。 休校や学年・学級閉鎖をした保育所や幼稚園、小中高校は全国で7536施設に上り、前週の161施設から50倍近くに急増した。 ウイルスは直近の5週間では、2009~10年に新型として流行したA型のH1N1とB型が同程度で全体の8割超を占めた。 毎年2~3月に流行するB型が例年より早めに増えている。 複数の型のウイルスが同時に流行し、患者数を押し上げているとみられる。 インフルエンザに詳しいけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「子どもを中心にB型の感染が広がっているとみられる。 今後、大人にも高齢者にも広がる恐れがあり、注意が必要だ」と指摘する。 (土肥修一、).

次の