血液 検査 ck 高い。 血液検査の項目にある“CK(CPK)”で分かること、追加検査の内容

血液検査CKが高い!原因は日常生活の場合も!

血液 検査 ck 高い

それぞれ含まれている臓器が異なり、CK-BBは脳や平滑筋、CK-MBは心臓、CK-MMは骨格筋に多く存在しています。 タイプ別に考えられる病気は以下の通りです。 CK-BB:脳の病気 脳や、などの脳の病気が考えられます。 CK-MB:心臓の病気 やといった心臓の病気で上昇する傾向があります。 CK-MBは心筋梗塞を疑う際の指標となります。 CM-MM:筋肉に関わる病気 、、症や筋委縮症、けいれん直後などに増加することが多いとされています。 ほかに、も筋細胞に影響を与えるため、CK-MMが上昇する傾向にあります。 CK-MMは骨格筋に含まれているため、過度な運動、寒さによる震え、緊張によるこわばりなど、日常生活の中で起こりうる現象によって骨格筋にダメージが加わると上昇することがあります。 しかし、数値が高いうえにほかの症状があるときや、ほかの検査値にも問題があるときなどは何らかの病気である可能性が懸念される場合もあります。 医師から再検査や追加検査の指示がある場合は必ず従うようにしましょう。 そして、それぞれの臓器に適した検査が行われます。 CK-BB:頭部CTやMRI 脳の病気を考えて頭部CTやMRIを行います。 場合によっては、脳や脊髄の中を循環している脳脊髄液を採取するため、腰の辺りの脊椎に針を刺す検査を行うこともあります。 CK-MB:心電図や心臓超音波検査 現実的には、CKが異常値であった場合、まずはCK-MBの測定が行われます。 その値が総CKの10%を超えるときは急性やなどの病気が疑われ、より詳しい検査が必要になることもあります。 心臓の病気の可能性を考えて、まずは体への負担が少ない心電図や心臓超音波検査を行われます。 や心筋梗塞など、心臓に栄養を供給する血管である冠動脈の病気が考えられる場合は、心電図や心臓エコー検査を行い、必要であれば追加で心臓CT検査やを行います。 心筋炎などが疑われるときは、心臓MRIやSPECT検査など心筋の機能や血流を評価するための検査が追加して行われます。 CK-MM:筋電図検査や筋生検 まず、の可能性を考え、この病気を引き起こすような薬の使用や脱水、、けがなどがないか確認します。 特殊な状況として筋肉の病気が疑われるときは、筋電図検査や筋肉の組織を一部採取する筋生検と呼ばれる検査などが行われます。 など遺伝子の異常が関与していると考えられる場合は、必要に応じて遺伝子検査が行われることもあります。 また、ほかの身体的症状などからが疑われる場合は、甲状腺ホルモン値などを調べる血液検査や甲状腺の状態を確認するための超音波検査などを行います。

次の

血液検査のCK値の基準値は?高い、低いと何が問題?

血液 検査 ck 高い

神経や筋疾患、心疾患をわずらっていないか• 骨格筋、心筋、脳などに損傷がおきていないかどうか などが推測する事が出来ます。 推測出来るだけであって確定ではないのでもし異常値が起きた場合は再検査や精密検査をする事があるという事を覚えておきましょう。 女性より男性の方が高くなる傾向 CKの数値は筋肉量に比例します。 つまり筋肉量が多い男性の方が高くなる傾向があります。 そこまで大きな差があるわけではないのですが、男性と女性で基準値は違うものという事を覚えておきましょう。 CK(CPK)の基準値について ではまずCKの基準値について確認しましょう。 まずCKの基準値についてですが、実はCKには測定する方法が数種類あります。 測定方法によって基準値が違ったりするので違う病院で測定した場合は基準値が違ったりする事があります。 以前のデータと比較して基準値が違ったりするのはそういった理由があるんですね。 ただおおよその基準値として スポンサードリンク CK(CPK)が低い原因は? ではCK(CPK)の数値が高い事と低い事からわかる症状について確認していきましょう。 まずは低い原因について 筋力不足 CKの数値は筋肉量に比例するという話は上記でも説明したと思います。 つまり普段から運動不足で筋肉量が少ないのであればCKが基準値より低い事もあります。 普段から運動量が少ないと感じているのであればウォーキングなど少しずつ運動を取り入れていくようにしましょう、 高齢 上記と関連しているのですが、高齢になるにつれて筋肉量が減少していきます。 普段運動する事も少なくなる事もある事もあり高齢になるにつれてCKの値は低下する傾向にあります。 逆に筋肉量が落ちた状態で激しい運動などを行うとCKが一気に跳ね上がる事もあるのでもし数値が急に上がった場合は血液検査前に運動や負荷のかかる肉体労働をしていないか確認しましょう。 病気である可能性 筋肉量は特に問題ない。 高齢でもない。 それでもCKの値が低い。 そのような場合は病気である可能性があります。 CKが低い事による病気である可能性は• 甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)• 関節リウマチ といった病気にかかっている可能性があります。 ただこれらは検査前から関節に炎症がなっているなど検査前からわかっている事が多いでしょう。 CK(CPK)が低い事はそこまでないのですが、筋肉量の不足が原因である事が多いですね。 CK(CPK)が高い原因について では次に高い原因について抑えておきましょう。 CKは高い数値が出る事が多く問題視される事が多いのでもし高い場合の原因について抑えておきましょう。 負荷のかかる運動 まず上げられるのは病気ではなく負荷のかかる運動が上げられます。 激しい運動を行うと炎症を起こします。 その結果筋肉中にも含まれているCKが血液中に流れ出るので数値が上がります。 激しい運動といっても色々とあり• 筋肉トレーニング• 農作業などの重労働• マラソン などこういったものでもCKの数値は上がります。 とにかく自分にとって大変な運動を行った場合は上がりやすい傾向があるんです。 もし数値が正常値より高い場合は数日前に自分にとって負荷のかかる行動をしていないか見つめ直しましょう。 怪我 もし血液検査の際に怪我などをしている際にも数値が上がる事があります。 状態にもよりますが、怪我をした際に血中に分泌されるCKの量が増えます。 その結果基準値よりも高くなるという事もあるんです。 今までが正常値であった場合は怪我が理由である可能性も頭に入れておきましょう。 病気である可能性 これが血液検査の目的でもあるのですが、低い時と同様高い場合でも病気である可能性があります。 主に骨や、筋肉、神経、心臓にかかわる病気において数値が高くなる傾向があり• 筋ジストロフィー症• 急性心筋梗塞• 心膜炎• 重症筋無力症 といった病気にかかっている可能性があります。 もちろんあくまで可能性であってかかっているとは限らないのですが数値が高ければ高いほど病気になる可能性が高いといわれています。 けがや特に激しい運動でも1000以上超える可能性などもあります。 ここ数日の行動を踏まえた上で特に原因がわからない場合は 再検査または精密検査などを受けるようにした方が良いでしょう。 検査を受ける前に気をつけたい事。 血液検査を受ける前は空腹にしておく必要がある事についてはご存知の方も多いかもしれません。 それ以外にもアルコールを控えるなど色々あるのですが、CKに関していえば 過度な運動を控える事です。 というのも先ほど説明した通り酵素は筋肉中にも含まれているので激しい運動をしてしまうと筋肉の細胞が崩れて血液中に出てきてしまい数値が高くなってしまうからです。 肝臓病の有無を調べるGOT・GPTといった指標にも影響が出るので数日前から激しい運動を控えるようにしましょう。 まとめ 血液検査のCK(CPK)が高い場合と低い場合についてや基準値などについて紹介していきました。 数値が基準値を超えてしまうとつい心配してしまうものです。 ただ病気である以外にも基準値を越える理由は色々とあるんです。 まずは慌てず原因がわからない場合は再検査や精密検査を受けるようにしましょう。

次の

血液検査でクレアチンキナーゼ(CK、CPK)値が高い原因と病気の可能性

血液 検査 ck 高い

1~13. 0~11. アルドラーゼは、糖を分解してエネルギーを産生するはたらきをする細胞内の酵素です。 心筋や骨格筋などの筋肉組織にとくに多く含まれますが、肝臓や腎臓にも存在します。 これらの組織が損傷すると、血液中にもれ出してきます。 血液中のアルドラーゼを測定することによって、筋肉組織の損傷の程度や代謝の異常を知ることができます。 一方、CK クレアチンキナーゼ は、CPK クレアチンホスホキナーゼ とも呼ばれ、 体を動かす筋肉や心筋などに多く含まれるほか、脳細胞にも含まれている酵素です。 これらが障害されると、血液中のCKの濃度が上昇します。 検査で何がわかる? 筋ジストロフィーや多発性筋炎にかかると、アルドラーゼの値は非常に上昇します。 とくに大きな骨格筋が広範に損傷した病態に陥ると、著しく高い値を示します。 心筋に障害が起きる心筋梗塞でも、アルドラーゼは高値になります。 そのた、肝臓疾患、脳血管障害、悪性腫瘍などでも、軽度の上昇を示します。 病気がなくても、激しい運動や筋肉注射によって、アルドラーゼ値は上昇することがあります。 検査前にはこうしたことを避け、もし該当することがあれば医師に伝えておきます。 なお、病気を診断するためにアルドラーゼ検査とあわせて行われる検査には、、、冠動脈造影検査、筋電図検査などがあります。 CKの種類をさらに細かく調べることによって、詳しい診断ができます。 クレアチンキナーゼは、筋肉の量と比例するため、男性と女性とでは基準値が違います。 また男女とも高齢になると、値が低くなってきます。 検査結果が高値のときは筋ジストロフィー、多発性筋炎など筋肉の病気や心筋梗塞、脳梗塞などの病気が疑われます。 甲状腺能低下症でも値が上昇します。 一方甲状腺甲状腺機能亢進症、膠原病 こうげんびょう 、高ビリルビン血症などでは、低値になります。 軽度の上昇の場合は、筋電図検査、筋肉組織生検などの追加検査を行って総合的に診断します。 ヘルスケア辞典•

次の