インテル ミラノ 掲示板。 インテルナツィオナーレ・ミラノの選手一覧

長友選手に会いにインテルの練習場(アッピアーノ・ジェンティーレ)へ行ってきたvol.1 ミラノからロマッツォ駅

インテル ミラノ 掲示板

スレッド一覧 560個のスレッドがあります• 10:• 11:• 12:• 13:• 14:• 15:• 16:• 17:• 18:• 19:• 20:• 21:• 22:• 23:• 24:• 25:• 26:• 27:• 28:• 29:• 30:• 31:• 32:• 33:• 34:• 35:• 36:• 37:• 38:• 39:• 40:• 41:• 42:• 43:• 44:• 45:• 46:• 47:• 48:• 49:• 50:• 51:• 52:• 53:• 54:• 55:• 56:• 57:• 58:• 59:• 60:• 61:• 62:• 63:• 64:• 65:• 66:• 67:• 68:• 69:• 70:• 71:• 72:• 73:• 74:• 75:• 76:• 77:• 78:• 79:• 80:• 81:• 82:• 83:• 84:• 85:• 86:• 87:• 88:• 89:• 90:• 91:• 92:• 93:• 94:• 95:• 96:• 97:• 98:• 99:• 100:• 101:• 102:• 103:• 104:• 105:• 106:• 107:• 108:• 109:• 110:• 111:• 112:• 113:• 114:• 115:• 116:• 117:• 118:• 119:• 120:• 121:• 122:• 123:• 124:• 125:• 126:• 127:• 128:• 129:• 130:• 131:• 132:• 133:• 134:• 135:• 136:• 137:• 138:• 139:• 140:• 141:• 142:• 143:• 144:• 145:• 146:• 147:• 148:• 149:• 150:• 151:• 152:• 153:• 154:• 155:• 156:• 157:• 158:• 159:• 160:• 161:• 162:• 163:• 164:• 165:• 166:• 167:• 168:• 169:• 170:• 171:• 172:• 173:• 174:• 175:• 176:• 177:• 178:• 179:• 180:• 181:• 182:• 183:• 184:• 185:• 186:• 187:• 188:• 189:• 190:• 191:• 192:• 193:• 194:• 195:• 196:• 197:• 198:• 199:• 200:• 201:• 202:• 203:• 204:• 205:• 206:• 207:• 208:• 209:• 210:• 211:• 212:• 213:• 214:• 215:• 216:• 217:• 218:• 219:• 220:• 221:• 222:• 223:• 224:• 225:• 226:• 227:• 228:• 229:• 230:• 231:• 232:• 233:• 234:• 235:• 236:• 237:• 238:• 239:• 240:• 241:• 242:• 243:• 244:• 245:• 246:• 247:• 248:• 249:• 250:• 251:• 252:• 253:• 254:• 255:• 256:• 257:• 258:• 259:• 260:• 261:• 262:• 263:• 264:• 265:• 266:• 267:• 268:• 269:• 270:• 271:• 272:• 273:• 274:• 275:• 276:• 277:• 278:• 279:• 280:• 281:• 282:• 283:• 284:• 285:• 286:• 287:• 288:• 289:• 290:• 291:• 292:• 293:• 294:• 295:• 296:• 297:• 298:• 299:• 300:• 301:• 302:• 303:• 304:• 305:• 306:• 307:• 308:• 309:• 310:• 311:• 312:• 313:• 314:• 315:• 316:• 317:• 318:• 319:• 320:• 321:• 322:• 323:• 324:• 325:• 326:• 327:• 328:• 329:• 330:• 331:• 332:• 333:• 334:• 335:• 336:• 337:• 338:• 339:• 340:• 341:• 342:• 343:• 344:• 345:• 346:• 347:• 348:• 349:• 350:• 351:• 352:• 353:• 354:• 355:• 356:• 357:• 358:• 359:• 360:• 361:• 362:• 363:• 364:• 365:• 366:• 367:• 368:• 369:• 370:• 371:• 372:• 373:• 374:• 375:• 376:• 377:• 378:• 379:• 380:• 381:• 382:• 383:• 384:• 385:• 386:• 387:• 388:• 389:• 390:• 391:• 392:• 393:• 394:• 395:• 396:• 397:• 398:• 399:• 400:• 401:• 402:• 403:• 404:• 405:• 406:• 407:• 408:• 409:• 410:• 411:• 412:• 413:• 414:• 415:• 416:• 417:• 418:• 419:• 420:• 421:• 422:• 423:• 424:• 425:• 426:• 427:• 428:• 429:• 430:• 431:• 432:• 433:• 434:• 435:• 436:• 437:• 438:• 439:• 440:• 441:• 442:• 443:• 444:• 445:• 446:• 447:• 448:• 449:• 450:• 451:• 452:• 453:• 454:• 455:• 456:• 457:• 458:• 459:• 460:• 461:• 462:• 463:• 464:• 465:• 466:• 467:• 468:• 469:• 470:• 471:• 472:• 473:• 474:• 475:• 476:• 477:• 478:• 479:• 480:• 481:• 482:• 483:• 484:• 485:• 486:• 487:• 488:• 489:• 490:• 491:• 492:• 493:• 494:• 495:• 496:• 497:• 498:• 499:• 500:• 501:• 502:• 503:• 504:• 505:• 506:• 507:• 508:• 509:• 510:• 511:• 512:• 513:• 514:• 515:• 516:• 517:• 518:• 519:• 520:• 521:• 522:• 523:• 524:• 525:• 526:• 527:• 528:• 529:• 530:• 531:• 532:• 533:• 534:• 535:• 536:• 537:• 538:• 539:• 540:• 541:• 542:• 543:• 544:• 545:• 546:• 547:• 548:• 549:• 550:• 551:• 552:• 553:• 554:• 555:• 556:• 557:• 558:• 559:•

次の

インテルナツィオナーレ・ミラノ

インテル ミラノ 掲示板

UEFAカップ(UEFA Cup)は、欧州サッカー連盟(UEFA)が毎年9月から翌年の5月まで開いている欧州のクラブによる国際大会。 前身はフェアーズ・カップで、1972年に現在の名称UEFAカップとなった。 なお、1999年にそれまであったUEFAカップウィナーズカップ(ヨーロッパ各国のカップ戦優勝クラブによる大会)が統合されている。 対戦の勝敗は基本的にホーム・アンド・アウェー方式の2戦合計にて決められる。 また、決勝戦のみ中立地での1戦で勝敗を決する 1997-1998シーズンより。 2001-2002シーズンにオランダフェイエノールト在籍時の 小野伸二が優勝を経験し、日本人として初めて、 欧州における主要カップ戦のタイトルを獲得している。 サッカーアメリカ合衆国代表(United States national soccer team)は、アメリカ合衆国サッカー連盟により構成されるサッカーのナショナルチーム。 1930年にワールドカップに初出場して以来、1954年から1986年大会まで長らくワールドカップ本大会に出場できず、「サッカー不毛の地」とも言われてきたが、1994年に自国でワールドカップを開催して以来、強化にも成功しヨーロッパや南米の代表チームにとっても脅威の代表チームとなりつつある。 最近ではフレディー・アドゥーが若手の成長株として期待を集め、ドイツW杯のメンバーとして招集されるか話題となっていたが、結局メンバーには選ばれなかった。 もちろんトリニータがJ2に降格したからもう応援しないというようなやわなサポーターではありません。 トリニータが大分県の誇りであり、県民に希望を与える象徴であらねばならないと感じています。 今や大分で連想されることの一番が別府や由布院ではなく、トリニータであるということは全国の調査で出ていました。 しかるに大分県の財界や経済界のトップたちのトリニータに対する考えがネガティブであるのは、不況が原因でしかたがないとはいえ、大分の経済全体をしぼませていき、せっかく全国に注目されるようになった大分をまた、九州の中で存在感のない県にしてしまいかねません。 県をあげての募金も大切ですが、本当に6億円もの借金を返せるでしょうか、しかも今年中に。 またシーズンシート13,000席も絵に描いた餅で、J2に降格した今、最高に盛り上がった昨年を大きく上回るのも困難でしょう?かりに今年何とかできても、将来的に安定した経営ができるかといったら疑問ですよね。 そうは思いませんか。 経済界では溝畑前社長の強引さが反発を買い誰も助けないのだという言葉をよく聞きますが、溝畑さんがいなかったら本当にトリニータが存在しえたか、ワールドカップが大分で開催されたか、と考えるとその熱意のあまりの強引さもやむを得なかった部分も多々あったでしょう。 ましてや大分県人ではなかったわけですから。 しかし、とにもかくにもトリニータは誕生し16歳になったのです。 生まれなかったほうがよかったなんて思う人はごくわずかでしょう。 しかも日本一という夢まで見せてくれたのですから、大分のスポーツ界やもちろん経済界のためにも絶対に存続させなければなりません。 ・・続く• しかも経営を安定させて百年以上は続くように、それがサポーターみんなの願いでしょう。 結局現状を考えると、トリニータを救うのはやはり熱意あるサポーターたちしかいないのです。 そこでどうやったら、サポーターの熱意でお金を作れるか。 私は今、? 愛ことばという会社に昨年の11月に入りました。 何をしている会社かと言いますと、高齢者の24時間365日の見守りサービスをしています。 具体的に説明すると電話機に愛ことばという端末機を設置して、緊急通報、日々の安否確認をして、一人住まいや夫婦のみの高齢者の命を守るシステムで大分市内にコールセンターを持ち、全国の高齢者の見守りサービスをしています。 もちろんまだ発展途上の会社で全国とはいっても、電話回線で全国にはつなげますが、利用者はまだ5,000人ほどです。 65歳以上の高齢者は現在約3,000万人に達しようとしていますからほんの微々たる数ですが、10年後には4,000万人に達するわけです(日本の総人口は増えません。 )からこのままではたいへんなことになってしまいます。 まず命を守り、次に寝たきりにならないようにすることを実行していかないと、日本の若者のおおくは介護士にならないといけなくなってしまいます。 少子高齢化が大問題化している今日、わかっていながら政治家たちも先送りにしている状態ではないでしょうか。 そういう中でこの会社は大分県の人が造り、独居や夫婦の高齢者が身体に異常が生じた時は緊急ボタンを、夜中に淋しかったり、不安で眠れなかったりした時などは相談ボタンを押すと、即座にコールセンターにつながり、オペレーターが丁寧に応対し、必要ならば支援者に連絡や駆けつけ、救急車や消防車の要請、高齢者を狙った強引なセールスなどに対しての警察の要請など、高齢者が安心して暮らせるようにサポートします。 そういう仕事内容なのですが、実は昨年10月より、この機能を持った携帯電話をソフトバンク社との提携で発売しました。 これはいわゆる簡単携帯で、ソフトバンクのショップでは、832Tという機種で、当社との契約を加えることで、ワンタッチダイヤル、または緊急ブザーを押せば即座に愛ことばのコールセンターにつながり前述のサービスが受けられます。 自宅で充電器に立てておけば普通の電話機と同じで愛ことば端末と同じです。 さらに外出時に持っていただけば、外出先での緊急時にも同様のサービスが受けられますし、GPSにより位置の検索(コールセンターで位置がわかると、支援者や救急車に通報、また家族の方にもメールで地図を送信します。 )でき、救助者の迅速な駆け付けも可能になるため、高齢者でなくとも、持病を持たれている方にも最適です。 さらに、携帯を開くと今日も元気だということを示すメールがご家族の方に着信されますので、ご家族の方も安心です。 ですから、お父上やお母上また祖父、祖母が同居ではなく、お仕事の関係で近くにいない場合、また他県にお住まいの場合でも、この愛ことば携帯サービス利用すれば安心できると同時に親孝行が遠くにいながらでもできるということです。

次の

インテルのトピック|FOOTBALL TOPIC(フットボールトピック)

インテル ミラノ 掲示板

ミラノには、インテルとミランという、サッカーのビッグクラブが2つもあるので、ミラノに行ったらぜひ本場のサッカーを見たい!という方も多いはず! インテルとミランは、サンシーロという大きなサッカースタジアムを、共用のホームグラウンドとして使用しています。 サンシーロでサッカー観戦する際の、チケットの購入方法と、観戦の際の注意点を解説します。 サンシーロスタジアムでは当日券を購入できます! サンシーロスタジアムで行われる試合は、スタジアム脇のチケット売り場で、当日券を購入できます。 当日券購入に必要なものは、パスポートです。 2009年利用時は、クレジットカードでの支払いも可能でした。 当日券売り場は、混雑して、かなり待たされることもあるようです。 当日券を購入する場合は、早めに(できれば1時間前くらいを目指して)、スタジアムに到着しておきましょう。 サンシーロは、収容人数8万人以上を誇る大きなスタジアムなので、座席が完売することはほとんどありません。 とはいえ、好カードの場合は、前売り券を買っておいた方が、良席が確保できますし、当日券は販売する座席の種類が制限されることもあります。 ミラノ滞在に余裕があるなら、ミラノ中心部で、あらかじめ前売り券を購入しておくことをおすすめします。 インテル主催試合の前売り券の買い方 インテルホームの試合の前売り券は、「Vivaticket」というチケット販売店が入っている、タバッキやバールなどで購入できます。 「Vivaticket」の販売店は、で探せます。 「Vivaticket」を扱っているお店であれば、ミラノ以外の町でも購入できます。 ですが、インテルの前売りチケットを買うなら、ドゥオモ近くの、公式グッズを扱う「Inter Store」をおすすめします。 「Inter Store」はチケット販売に手慣れていて、また、ドゥオモ近くという立地も便利です。 また、でのオンライン購入もできます。 ミランの主催試合の前売り券の買い方 ミランも、インテルと同じように、公式グッズショップで前売り券の購入ができます。 ただし、ミランの公式ストア「Casa Milan」は、ミラノ中心部からやや離れていて、ちょっと不便です。 ミランのチケットは、ポポラーレ銀行(Banca Popolare di Milano)でも購入できます。 支店の場所は、で調べられます。 わからない場合はミラノの観光インフォメーションで尋ねましょう。 ミラノ以外の町でも、ポポラーレ銀行があればチケットを購入できます。 私はフィレンツェのポポラーレ銀行でサッカーチケットを購入したことがあります。 また、(リンク先は英語版)での、オンライン購入も可能です。 サンシーロのサッカーチケットの値段はどのくらい? イタリアのサッカーチケットは、値段が一律でなく、人気のある試合は高くなります。 チケット代が高くなるのは、ミラノダービーや、相手がユヴェントスやローマなど、強豪チームの場合、優勝がかかった試合、CLの決勝トーナメントの試合などです。 サンシーロの座席でおすすめはある? 私のおすすめは、バックスタンド側での観戦です。 メインスタンドは選手挨拶が見えますが、メインの真ん中付近は年間シートを持っているファンが多く、メインスタンドの席を購入すると、あまり真ん中付近をゲットできません。 バックスタンドで、おすすめなのが、バックスタンドの真ん中、やや上方になる「Tribuna Onore Arancione」です。 この席で、インテルのCL決勝トーナメントの試合を見ました。 また、サッカースタジアムの椅子はプラスチック製で硬いのが普通ですが、この席はインテルのフカフカのカバーがかけられていました。 そのため座り心地は最高で、真冬の試合でも寒さを感じませんでした。 もしかしたら、ミランの試合ではミランのカバーがかけられるのかもしれませんね。 ちなみに、「Anello rosso second」という席でも観戦したことがあります。 端の方ではありましたが、値段のわりにはよく見えたので、コスパは悪くないと感じました。 サンシーロの座席は、場所によって細かく値段が分かれています。 座席表を見ながら選ぶことができるので、わかりやすいです。 人気のある席から売切れていくので、座席にこだわりたい場合は、なるべく早くチケットを購入しましょう。 サンシーロでサッカー観戦するときの注意点は? パスポートは必ず持って行こう! サンシーロに限らず、イタリアでサッカー観戦する際は、入場の際に身分証明書の提示を求められます。 必ずパスポートを持って行きましょう。 サンシーロスタジアムでのパスポートチェックは、比較的(ローマやナポリと比べて)しっかりしていると感じました。 ミランとインテルのファンは過激ではないけど相手チームの応援は厳禁! ミランとインテルのファンは、北イタリアの都会人ということもあってか、イタリア中部のローマやフィオレンティーナ、南部のナポリのファンと比べると、過激ではなかったという印象です。 特に、インテリスタ(インテルのファン)は、大人しいなーと感じました。 もちろんイタリアのサッカーファンの中では、という相対基準ですが。 ただし、トラブルを避けるためにも、アウェイチームをあからさまに応援するのは控えましょう。 大人しいといっても、中には過激なファンもいます。 冬のサンシーロは極寒!防寒対策をしっかりと! イタリアは南欧とはいっても、ミラノは北部の都市です。 冬の、特に夜の試合は、かなり気温が下がります。 特に足元が冷えるので、靴下の重ね履きや、五本指ソックス、足用ホッカイロ、ブランケットなど、防寒対策は怠らないようにしましょう。 ブランケットは膝にかけてもよいですが、座席が冷たい場合は、座布団代わりに敷くのもおすすめです。 トイレは…期待するな… サンシーロスタジアムは、古くて大きな由緒あるスタジアムなのですが、何せ、古い。 つまり、トイレが、アレです。 快適には使えません。 観客が男性の方が多いため、男性トイレは特に混雑します。 そして、女性の皆様よ、男性トイレが混雑しすぎると、男性が堂々と(!)女性トイレに入ってくるので、注意してください。 私は許せん!と思ったのですが、イタリア人女性は「しょうがないね」って感じでした。 異文化体験だなあ…。

次の