あいりん フェイスブック 白血病。 あいりん👄

【文化】 「Origami」の元祖はウリナラ…テコンドーがカラテを抜いたように、「K

あいりん フェイスブック 白血病

AppBank の主任です。 インターネット回線の速度を表す単位では「Mbps」が多く使われています。 もちろん、どちらの単位も数値が高いほどに転送速度が速いのは同じ。 ですから、その違いを知らなくても困ることはないかもしれません。 「Mbps」とは? 「Mbps」は1秒間に何メガビットのデータを転送できるかを表す単位です。 主に回線速度を表す際に使われます。 例えば、昨今の Wi-Fi ルーターなら最大 300Mbps 出るとか、 5 の LTE の最高通信速度は 100Mbps といった具合です。 ここで注目して頂きたいのはデータの量を示す単位が「ビット」であること。 一般的にデータの量を示す単位は「バイト」です。 主にハードディスク・SSD などのデータ転送の速度を表す際に使います。 ここで使われているデータの量を示す単位は「バイト」。 ビットとバイトの違い では、「ビット」と「バイト」は何が違うのでしょうか? 「ビット」は PC などでデータの量を表す際に使われる、最小の単位です。 1ビットで2通りの数字を扱うことができ、2ビットでは4通り、8ビットでは256通りも扱えます。 このようにビット数が増えると扱う数が大きくなるので「バイト」に換算します。 現在のコンピュータでは以下の通りに換算します。 MB という身近な単位に変換することで、どれくらいの速さなのかが分かりやすくなりますね。 iPhone の通信速度を計測した際には、ぜひ「8ビット=1バイト」を思い出してみましょう。 単位を変換するなら区切りやすい「10」が良いように思えます。 この IBM のコンピュータが広く普及したため、一般的に8ビットを1バイトとして扱うようになり、今日においてもその換算方法が使われています。 参考(順不同)• (bps)• (にごろ)• (PDF・産業技術史資料情報センター)• バックナンバー•

次の

【文化】 「Origami」の元祖はウリナラ…テコンドーがカラテを抜いたように、「K

あいりん フェイスブック 白血病

衆議院東海ブロック小選挙区4名新人衆議院議員のネット選挙力と発信をリサーチする連載21回目は、東海ブロック、愛知の小選挙区の1年生議員4名を取り上げる。 佐藤夕子(さとうゆうこ;1963年生)氏、山尾志桜里(やまおしおり;1974年生)氏、杉本和己(すぎもとかずみ;1960年生)氏、大西健介(おおにしけんすけ;1971年生)氏、森本和義(もりもとかずよし;1966年生)氏のインターネットにおける発信とその活用度をレポート。 脱原発 佐藤夕子氏の公式サイトまずは、佐藤夕子氏の公式サイト(独自ドメインyuko-sato. com)を見てみよう。 佐藤氏は、河村たかし氏の秘書を経て愛知県議を1期務めた後、2009年に民主党から初当選。 昨年5月に離党し、地域政党の減税日本に合流、現在は新政党「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党(略称:脱原発)」の愛知1区の公認候補として次期選挙に出馬予定。 サイトには「生活目線で政治を変える!」とある。 メニューは「お知らせ」「活動報告」「アルバム」「広報紙」「ライブラリー」などと豊富であり、定期的に更新もされているが、いずれも事務的な一覧であったり、広報紙等の資料のアップであったりとで、情報は得られるが、一般的には訪問者の興味が持ちにくい内容である。 また、トップページにはオフィシャルブログへとジャンプするためのバナーも用意されている。 ページは同サイト内だ。 内容は、率直な感想などを加えて書かれた活動報告。 月2〜3回の更新があったが、11月にはいって更新が止まっているようだ。 さらにフェイスブックのバナーもあったが、こちらは「佐藤ゆうこ事務所」の名称を使用しており、ブログの更新情報やイベントの案内などの告知が中心であり、本人のコメントはない。 民主党 山尾志桜里氏の公式サイト次に、山尾志桜里氏の公式サイト(独自ドメインyamaoshiori. jp)を訪問。 山尾氏は検察官を経て政治家に転身、2009年に民主党・愛知7区で初当選した。 トップページには「政治家として、母として、未来への責任を果たします」と掲げている。 サイトのトップページは山尾氏の写真で埋め尽くされたアルバムのような印象だ。 メニューボタンに写真が使用されており、動画がアップされた「お茶の間街頭演説」、「活動写真」、決意表明の「初志」、「政策」「議事録」などの他、「日記(ブログ)」が用意されている。 ブログはサイト内にあり、ほぼ連日更新されている。 記事は、写真なしの原稿が中心。 内容は、活動報告や、政治的課題など、山尾氏の率直な感想や意見などを交えながらつづられており、読みやすい。 みんなの党 杉本和己氏の公式サイトとブログ・ソーシャルメディア3人目は杉本和己氏の公式サイト(独自ドメインsugimotokazumi. jp)を見てみよう。 杉本氏は日本興業銀行(現 みずほ銀行)を経て、2005年に全国公募により民主党より立候補、初当選は2009年。 先月民主党を離党し、みんなの党から愛知10区で出馬予定。 サイトのコンテンツは、プロフィールや政策などの基本的な情報の他、半年ごとにまとめられている「活動報告」や「動画」など。 特に動画は、本会議や委員会、国政報告会など、アーカイブが豊富だ。 さらに、週に3〜4回更新されているブログがあり、タイトルには「尾張のまちを元気にする男!」とうたっている。 記事は活動報告や時々の政治的課題・時事問題などの感想や意見などを簡潔にまとめたものだ。 このブログ記事は、ツイッターやフェイスブックでも見ることができ、フェイスブックでは、さらに「国会のスギちゃんの…」と冒頭にカテゴリーを加えた記事も加わっている。 例えば、「…あまり目にしない書類報告」や「…感受性」「…地元散策」「…緊急速報」「…確信報告」「…一言」といった具合だ。 ちなみに、ツイッターのアカウントは「sugichannet(スギちゃんネット)」。 民主党 大西健介氏の公式サイトとソーシャルメディア4人目は大西健介氏の公式サイト「オニケンWEB」(独自ドメインoniken-web. jp)を訪問する。 大西氏は参議院事務局に勤務、退職後は衆議院議員馬淵澄夫氏の政策秘書を経て2009年に民主党・愛知13区で初当選した。 サイトのコンテンツは、ブログが中心のようだ。 更新は多くても月に2〜3回と多くはないが、各記事は比較的長文であり、政治的な提言をしているものが多い。 また「書評」として、本を取り上げている。 ブログの記事は少ないが、その代わりツイッターやフェイスブックを利用しており、毎日更新されている。 記事が重複しているものもあるが、主にフェイスブックの発信が多い。 1日に複数回、活動の報告をしており、寄せられるコメントに返信などもしている。 民主党 森本和義氏の公式サイト最後は森本和義氏の公式サイト(独自ドメインmorimoto-kazu. com)。 衆議院議員古川元久氏の公設秘書を務め、2009年に民主党・愛知15区で初当選した。 週に2〜3回更新されており、告知や活動報告の他、時に政治的な提言などの長文記事もある。 調査総論それではネット選挙力として5氏を総括してみよう。 いずれも、記事数に差があるものの、ブログによって丁寧に活動を報告し、考えを発信している印象があり、評価できる。 加えて、杉本氏と大西氏のフェイスブックは、更新回数の多さと記事の充実が見られ、興味深く読む人も多いだろう。 いずれも、ソーシャルメディアの魅力であるリアルタイムの情報発信やコミュニケーションなども生きている。 いずれにしても選挙区民なら、ぜひ一度訪問をお勧めしたい。

次の

バラエティ|【MBS】毎日放送

あいりん フェイスブック 白血病

2018年から、難病克服者さんにインタビューして周り、 2020年、再度インタビューして、録画して期間限定で無料配信を企画実行。 皆様に元気になった人を知ってもらいたい想いから「どん底こそ新たな始まり」映像製作。 2020年3月18日〜5月9日「期間限定」無料配信、実地。 895名にアドレス登録いただき、無料配信を終えました。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 「再・配信」ご希望の方は、 を送信してください。 リクエストが多数になりましたら、 再び「登録制の期間限定・無料配信」を検討します。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ・難病克服者10名のインタビュー ・克服者のご家族2名のインタビュー ・心身の専門家3名のインタビュ 「どん底」から、どのように出られたのか? その道すじをお聞きしました。 多くの人の 「生きるチカラ」になります! 〜〜インタビュー出演者ご紹介!CM動画〜〜 中村麻理さん体験談ダイジェストCM動画 シェーグレン症候群・克服者 20代、心身の不調から健康ジプシーへ そこで、出逢われたのが「ヨーガセラピー」そこから20年。 ヨーガと聞くと、運動・インストラクターなイメージがありますが 市岡さんのヨーガは「真のヨーガ」 大学院で密教研究、自然農法を実践、瞑想を実践。 人生を丸ごと、ヨーガによる「人」の探究に費やされます。 どんな風に、ヨーガに出逢われ、どんなところに惹かれ ヨーガによって、ご自身が「どう変容」されてゆかれたのか。 「生きる極意」がちりばめられたお話してもらえました。 その極意を「様々な講座」で皆さまへ伝えられています。 anicca : 健やかであるために( HP ) 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 辰巳貴之氏 体験談CM動画 クリプトコッカス性髄膜炎・克服者 突如、病により、作業療法士として患者をサポートする側からサポートされる側へ そこで、辰巳さんがしたのは・・・ 「ないものを見るのでなく、あるものを見る」 視力はなくとも、片手は少し動く、足も少しなら動く。 次々と生活の苦難をクリアーされ、リハビリから、どんどん行動範囲を広げられます。 今や、どこへでも、お一人で出かけられ、とっても、お元気!! 病によって「得たもの」もあると話されます。 あなたの「ものの見方」が、少し違ってくるかも。 辰巳さんは、ご依頼があれば、様々なところでお話をされています。 ご依頼は、下記のFBのメッセンジャーから、どうぞ。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 中村浩美さん体験談ダイジェストCM動画 妊娠中に旦那さま白血病発病&克服 15年前、妊娠中に、旦那さまが白血病に!(現在バリバリ元気) 様々な日常の困り事から、様々気づかれ、ご自身を大きく変容されてゆかれます。 浩美さんはパワフルに 「うまくゆかない現実が教えてくれる」そう笑顔で豪語。 今に至るまで 「変わりたいのに変われない」「実力以上の自分を演じないと」 「自分責め&他人責め」の痛い日々から どんな風に、どうやって、抜け出されてたのか。 その「大きなポイント」をより深く掘り下げ、お聞きしました。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 黒丸尊治医師 体験談 CM動画 元・薬を使わない心療内科医、現・緩和ケア科部長 ホリスティック医学協会 会長.

次の