サーナイト 弱点。 【爆炎ウォーカー】サーナイトVMAXデッキレシピ 【ポケカ】

【ポケカ】耐久で追い詰める!《サーナイトVMAX》デッキをご紹介【爆炎ウォーカー】

サーナイト 弱点

《サーナイトVMAX》をバックアップするHP回復カードです。 《マオ&スイレン》は《ポケモンいれかえ》の効果と同時に、HPを「120」回復することが出来ます。 《サーナイトVMAX》の『ダイキュアー』を合わせれば合計「170」HPを回復することになるので、半端な攻撃は完全に回復してしまいます。 耐久戦を仕掛けるときは《マオ&スイレン》を軸にして戦っていきます。 新カード《妖しいカンヅメ》は、超エネルギー1つを使ってHPを「80」回復させるグッズです。 《すごいキズぐすり》とは違ってエネルギー1枚で回復できるので、手軽に使用することが出来ます。 ただし、エネルギーを使うことに変わりはないので、手張りするためのエネルギーを手札に持っておきましょう。 どちらかというと優勢な盤面を更に万全なものにする為のカードです。 《ホラー超エネルギー》 耐久力のある《サーナイトVMAX》と相性のよい特殊エネルギー。 ワザを受ければ受ける程、相手のHPを削りに行くことが出来ます。 『ダイキュアー』のダメージは高いという程でもない為、火力補助という点でも是非採用しておきたいカードです。 複数付ければその分だけ乗せるダメカンも増えるのがおいしい。 【サーナイトVMAX】のサンプルデッキ デッキレシピ 今回は人気のデッキである【ドラパルトVMAX】の構築ノウハウを元にデッキを作成してみました。 ポケモンは違えど、耐久しながら戦っていくという点では似通った部分があると感じたためです。 それでは構築のポイントを何点か説明していきます。 使用者がまだまだ多い現状では、対策手段は持っておきたいです。 そこで【三神ザシアン】対策として、《クラッシュハンマー》と《ウィークガードエネルギー》で1枚ずつ投入しています。 《クラッシュハンマー》は《基本水エネルギー》や《オーロラエネルギー》を破壊しに行きます。 運次第ではありますが、成功すれば『オルタージェネシスGX』を撃つプランを崩しにいくことも可能です。 《ウィークガードエネルギー》は《サーナイトVMAX》に付けることによって、弱点をなくし、《ザシアンV》の攻撃を耐えられるようにします。 3ターン目に確実に《サーナイトVMAX》の『ダイキュアー』が打ち込めるように盤面を整えていきましょう。 《ジラーチ》の特性『ねがいぼし』や《デデンネGX》の特性『デデチェンジ』でデッキを回していきましょう。 サポートも《博士の研究》が4枚、《マリィ》を3枚採用しているので、何もサーチやドローが出来ずに番を終わることはほとんどないと思います。 2ターン目に攻撃を受けていてもダメージが大きくなければ『ダイキュアー』の効果で回復できます。 また、《サーナイトVMAX》に付ける「ポケモンのどうぐ」は《大きなおまもり》と《ビッグパラソル》があります。 どちらも優秀なので、相手のデッキに合わせて付けるどうぐを変えていきましょう。 基本的には《大きなおまもり》を付けて、ダメカンばら撒きを警戒するなら《ビッグパラソル》を付けると良いです。 1ターンで「190」ダメージを回復することは十分現実的です。 こちらは毎ターン「180」ダメージを刻み、勝利を手にしましょう! 【サーナイトVMAX】の強い点・弱い点 強い点:強大なHPをものにいわせた耐久力! HPが高い「ポケモンVMAX」に回復効果を持ったワザ。 この圧倒的な耐久力こそ《サーナイトVMAX》の強みです。 生半可な攻撃は意味をなさず、《マオ&スイレン》との組み合わせで中程度の火力も無力化します。 対して《サーナイトVMAX》は安定して「180」ダメージを刻みにいけるため、相手を上手くコントロールしつつじっくりと攻めることが出来ます。 ミラーマッチ?多分不毛な戦いになるでしょうなぁ… 弱い点:《ザシアンV》《リザードンVMAX》は厳しい 《サーナイトVMAX》の弱点を突ける鋼タイプポケモン、特に数の多い《ザシアンV》は天敵です。 『ブレイブキャリバー』でお手軽に一刀両断されてしまいます。 《ウィークガードエネルギー》を付けても安心は出来ません。 HPを「150」以上回復することが出来なければ、2回目の攻撃で倒されてしまうからです。 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の『オルタージェネシスGX』が適用されていると要求値はさらに上がります。 一撃で「300」ダメージを与える《リザードンVMAX》も厳しい所です。 『キョダイゴクエン』を連発されれば、回復していようが2回目の攻撃で倒されてしまいます。 これらポケモンに対抗するには《大きなおまもり》も付けて、なおかつ回復手段をキープしておくという動きが必要になります。

次の

サーナイト

サーナイト 弱点

わざマシン No. 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 0 80 85 20 1 120 75 5 3 75 100 15 4 75 100 15 5 75 100 15 8 150 90 5 9 150 90 5 10 60 - 20 14 - 90 20 17 - - 30 18 - - 20 19 - - 25 21 - - 10 23 60 100 25 24 50 100 15 25 - - 10 27 55 95 15 29 - 100 20 31 - 100 15 33 - - 5 34 - - 5 38 - 85 15 39 70 100 20 40 60 - 20 41 - - 20 44 - - 10 59 - 100 10 60 - - 10 61 - - 10 70 - - 5 71 - - 10 72 - - 10 76 60 100 15 87 50 100 10 89 - - 10 91 - - 10 92 75 100 10 過去作でのみ覚えられる技 覚える技 タイプ 威力 命中 PP - - 20 - 100 15 - 85 15 - - 5 40 100 15 おまじない - - 30 おんがえし - 100 20 シグナルビーム 75 100 15 - - 10 しぜんのめぐみ - 100 15 シンクロノイズ 120 100 15 70 100 15 120 100 15 50 90 10 テレキネシス - - 15 60 - 20 - 90 10 20 100 10 - - 20 ひみつのちから 70 100 20 フラッシュ - 100 20 - - 15 - - 40 めざめるパワー 60 100 15 - - 10 やつあたり - 100 20 ゆうわく - 100 20 よこどり - - 10 - - 10• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

サーナイト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

サーナイト 弱点

サー・ナイトアイのプロフィール ヒーロー名:サー・ナイトアイ 本名:佐々木 未来 ささき みらい 誕生日:1月2日 年齢:38歳 新党:200㎝ という感じです。 アニメ版の声優は三木眞一郎さんが勤めています。 彼はサー・ナイトアイ事務所を立ち上げ独立しているヒーロー。 かつてオールマイトのサイドキックでもありました。 極度のオールマイトファンで部屋にはオールマイトのフィギュアやタペストリーなど、デクに 「重度のオールマイトファン」と言わしめるほどの熱狂ぶり。 現在彼の事務所には「バブルガール」「センチピーダー」「ルミリオン 通形ミリオ 」がサイドキックとして所属しています。 堀越先生いわく「オールマイトに対してゴリゴリのジャパニーズイメージ」という感じで、姿からもサラリーマンのような風貌をしています。 ナイトアイの個性「予知」を深堀りしてみる ナイトアイの個性「予知」の詳細を詳しく深掘りしていこうと思います。 彼自身にはカメラのフィルムのような形式で対象の未来の行動を見るような感じである。 再使用までのインターバルが24時間なために、頻繁に使うといざというときに使えないため「ダメ押し」と判断した際に発動するという。 それにしても未来を見ることができるのだから相当強い個性だというのがわかります。 サー・ナイトアイの弱点とは 一見チートすぎると思われる個性「予知」ですが、弱点はあります。 弱点その1 連戦やvs多数に不利 ナイトアイの弱点は連戦や一対多数を行うことが苦手ということです。 彼の個性「予知」は一時間の間、一人の相手にしか予知ができません。 条件を発動するのにもかなり大変でしょう。 連戦となった場合、一人目に予知を用いた場合次の相手に対しては生身で戦う必要があります。 1体多数も同様で、一人だけ予知をしていてもその相手のみ未来が見えるので結局不利です。 仮に相手が「自分が見られている」と気づいてしまったら、見方に戦闘を頼めばよいのですからね。 ですが、ナイトアイ自体基礎戦闘能力は高めです。 5㎏もする印鑑を高速で投げ飛ばし相手を吹っ飛ばすなど、並はずれた能力を持ち合わせています。 ですが、彼が戦闘に交わるときは「団体行動」をするのが得策でしょう。 弱点その2 自分自身を予知できない 2つ目は自分自身を予知できないということです。 サー・ナイトアイは対象の相手の未来を見ることができるのですが、自分自身にはどうなのでしょうか? 鏡をみて自分を触りながら発動!という可能性がありますが、おそらく無理でしょう。 自分自身の予知ができないため、自身がどうなるかは対峙する相手から読み取る必要があります。 リカバリーガール同様個性を自分に使えないというのは少し不利でしょう。 サー・ナイトアイはサポート向き? 以上を踏まえるとナイトアイ自身が戦闘に参加するメリットはあまりないように感じます。 どちらかというと誰かのサポートという感じでしょう。 そういう意味ではオールマイトのサイドキックというポジションはかなりベストだったと感じます。 伝達のラグは発生するものの相手の切り札なども見抜けるのでヒーロー活動としてはかなりはかどったのではないかと感じます。 それとナイトアイ自身かなり珍しい個性です。 要するに替えが効かない人物と言い換えてもいいでしょう。 わざわざ戦闘に出向いて重傷を負うよりも、戦闘向きのヒーローをバックアップするという戦い方が一番合っているのではないか?と感じます。 まとめ ヒロアカ4期ではサー・ナイトアイが中心となり物語が進んでいきます。 彼の活躍、オールマイトとの関係、ミリオとの最後など見どころが満載です! ヒロアカのアニメは無料で振り返ることができます。

次の