コロナ禍 ころなか。 コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ禍の読み方がわからないので意味とかも一緒に調べてみた話【うず?なべ?】

コロナ禍 ころなか

コロナ禍(ころなか:コロナショック)で失職や収入減などでひどい目に遭っている人も多い。 来年の就職は超氷河期だろう。 自分の場合は貯蓄して寿命まで逃げ切れると踏んで退職して遊んで暮らそうと思っていたら癌が見つかって半年お休みでやっと落ち着いて旅行ができるかと思えば今度はコロナ禍でまた半年以上身動きできない。 外出できないので平日もフラフラ遊べないしスポーツジムでただでさえ少ない体力の維持すらできない。 そのうちコロナのストレスで精神面の体調不良だ。 これでは何のために早期退職したか分からなくなる。 癌については早期退職のおかげで病院に通って手遅れ前に発見できたという見方もできるがコロナ禍は違う。 自分の場合にはまだ2年間遊んだからいいものの今年早期退職してよし人生これからと企んでいた人はいきなり石ころに躓いた形だ。 会社によってはテレワークでいいのだから自分の仕事だったら家で遊んでいるのと大差がない😏 しかしそんなコロナ禍でも悪い事ばかりではない。 一つはコロナに限らずウィルスに対する国民の認識が変わりつつあること。 これまで風邪は感染された方が悪いという考え方が大半だった。 風邪やインフルを引いてもマスクはしないし咳エチケットをする人間も少なかった。 そんなもの免疫の弱い自分からすると頭おかしい。 風邪だろうが感染させる方が悪いに決まっている。 ウィルステロと変わらないし刃物を持って振り回しているのと大差ないのだ。 風邪による体力消耗はグーで3回本気で殴られる痛みと大差がないと考えている。 コロナは死者が発生するためようやくウィルスに対しても感染させる責任という概念とマスクをつける咳をする時には人に向かないという習慣が広がった。 この点だけ鑑みれば嬉しい。 今後も継続されるべきだ。 新型コロナウィルスは数年に跨って流行ることになるだろうから定着すると期待したい。 そしてもうひとつ変化したのが食生活だ。 今年から主食を米からオートミールに変えたのはコロナではなく高脂血症のためのスタチン薬が飲めなくなったからだ。 しかしおかずはコロナによって変化している。 コロナ禍で高級魚が売れないのでスーパーなどでお安く並んでいるという話はニュースで耳にする。 でも残念ながら田舎のスーパーでは見たことがない。 地方で見かけるのは毎年と変わらず高級魚だと鯛、ヒラメ、金目鯛あたりだ。 たしかにこのボリュームの鯛の塩焼きが300円台で食べられるのは嬉しい。 それでも高級品のクエ、ノドグロ、ホシガレイ、ハマダイあたりを鮮魚店で入荷されないか期待してチェックするのだが見たことがない。 田舎じゃ元々食材として存在しない魚を並べたところで売れるか分からないものは販売しないようだ。 一方で魚以外は見かけない食材をちらほら目にするようになった。 例えばウルグアイ産の牛肉だ。 食べてみたが赤身がしっかりした味がするものの臭みが無いし価格もリーズナブルでまた見つけたら是非買いたい。 調べてみると牧草育成なので本来あの豪州牛肉のような独特の臭みがあって然るべきだがペロリと食べられたことから与えている牧草の種類が違うのだろうか? 何種類も並んだ肉の中から目隠しで豪州肉だけを当てろと言われても100%の確率で当てられるほどあの匂いが苦手なのでウルグアイ産牛肉は明らかに味が違う。 アメリカ産牛肉は臭みが少なく大好きなのだが 肥育ホルモン剤をガシガシ使っているらしいので毎回食べるのには気が引ける。 最近食したウルグアイ産はおそらくコロナで客が寄りつかないステーキハウス・ブロンコビリーの仕入れ分が流れて来たと思われるができるなら今後もウルグアイ産をアメリカ産並みに流通させて欲しい。 アメリカ産も輸入しないとトランプ大統領の圧力が煩いから牛丼など加工食品だけに使ってくれればいいぞ😛 コロナがなければウルグアイ産の牛肉がおいしいなんて知ることはな無かった。 豪州肉は苦手といったが独特の香辛料で煮込まれているので臭みも飛んでいるしこのミートパイ価格の割においしい。 1個400円や500円するならおいしくて当たり前だがスーパーで販売していた時には200円だった。 追加購入しようと翌々日に出かけたが既に売り切れて再入荷は無かったものの調べるとコストコで6個約1000円で販売されているのでこれ目当てでまたコストコに入会し直してもいいくらい。 でも入会すると大好きなブラッドオレンジジュース、やわらか焼きいか、さくら鶏、冷凍タコ焼き、お寿司、でっかいティラミスあたりがもれなくついて来て無駄使いしそうで悩みどころだ。 中国食材中心で激安の業務スーパーか国産中心のお高めなコストコのどちらに通うのが安全かなんて敢えて答える必要もない。 ミートパイ以外にもトンブリを見つけて食べたり、 シオーナなんて聞いたことがない野菜も食べることが出来た。 原価120円のサラダ、価格の大半がトマトとシオーナ — 退職しよう retire00049 これはサクサクな葉っぱの中に薄っすらと塩分を持っている不思議な食感の野菜だった。 多分これらも中央(東京)の高級店などで消費しきれず流れてきたものだろう。 加工製品でも見かけない食品を販売していた。 米久の肉団子 247円 だ。 国産と書かれてこのボリュームで250円は安い。 美味かった。 レトルト肉団子であの独特の臭みがないのは衝撃だった。 もう少し軟骨が混ざっていれば食感も最高だったがこの価格で贅沢は言えない。 この食材もこれまで近所のスーパーで見たことがなかったのでコロナの影響による微妙な物流の変化が少なからずあるのではないかと思う。 日持ちもするのでセブンプレミアム食品を1,2つ削って冷蔵庫のストック用にしたいほどだ。 このウィンナーも見たことがなかった。 天狗ハムのサラミ風ウインナーだ 実のところウインナーはあまり好きではない。 サラミはピザに乗っていたりするので普通に食べる。 スーパーのポップでかなりおいしいと書かれていたので試しに買ってみた。 サラミ風ウィンナーというよりウィンナー風サラミでいいと思う。 天狗ハムは金沢のメーカーのようでこれも長年通っているスーパーで初めて見たのでコロナの影響だろう。 流通の変化だけではなく3日に1度しかスーパーに行かないため冷凍食材を使う機会も増えた。 その中でも定番になったのが焼売だ。 元々冷凍餃子は冷凍庫に常備していたがレンチンで済む焼売の方がサイドとして使い勝手がいいので利用が増えた。 よく食卓に並べるようになるのでおいしい焼売を求めて一時は黒豚シュウマイ、居酒屋焼売、エビシュウマイなど高級冷凍焼売にも手を出した。 しかしこれらの焼売は単価が高いのでメイン料理にせざるを得ないことから最終的に再度コスパでニッスイのかに風味シューマイ25 178円 に落ち着いている。 これも価格を考えればおいしい。 今後も流通が変容して新しい食材が地元に流れてくるのを楽しみにしている。 なにせコロナ禍の間は自炊の食事しか楽しみがないから。

次の

コロナ禍の読み方がわからないので意味とかも一緒に調べてみた話【うず?なべ?】

コロナ禍 ころなか

コロナ禍の読み方は「ころなか」 コロナ禍の読み方は「ころなか」。 ぶっちゃけ調べるまで「なべ?」「うず?」とか思ってました。 いやそんな読み方のはずはないんだけど。 よくよく考えてみれば「禍」の右側って「過」と同じですもんね。 ちなみに僕は日馬富士を「ひのまふじ」と読んでいた消し去りたい過去があります。 うっかり周りに言わなくて良かった。 大恥かくところでしたよ。 禍 か の意味はわざわい・不幸せ で、禍 か の意味は何かというと「災い・不幸せ」。 つまりコロナ禍というのは 「コロナによってもたらされた災い・不幸せ」ということですね。 これでかなり納得がいきました。 ちなみに禍々しい まがまが-しい という言葉にも、この禍 か という文字は登場しています。 そっちの方がわかりやすいですね、まさに災いとか不幸せっていう感じで。 ちなみに災いの「災」とコロナ禍の「禍 か 」の違いは• つまりコロナってちゃんと対策立てれば対応できる、という見方をされているんですね。 まぁたしかにインフルエンサなんかも「災害」なんて言いませんもんね。 まとめ:コロナ禍の読み方は「ころなか」。 意味は災い、不幸せ 今回はTwitterやニュースでよく見るコロナ禍 ころなか について、その読み方や意味を調べてみました。 読み方間違えて恥かくこともありません。 ぜひこの記事を読んでコロナ禍 ころなか の読み方を知ったみなさん、いろんな場所で言っていきましょう。 ころなか、ころなか、と。 学があるということ、アピールしていきましょう。 正しい感じが読めること、主張していきましょう。 そう、このコロナ禍に負けないためにも…!.

次の

【表記】コロナ下/コロナ禍(ころなか)

コロナ禍 ころなか

山中伸弥教授(写真:石田高志) 安倍晋三首相は2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため緊急事態宣言を発令しました。 対象地域は東京を含む7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)で、期間は4月8日から5月6日までの約1カ月です。 1カ月という期間を長いと感じるか短いと思うか、捉え方は人それぞれでしょう。 確実に言えるのは、このウイルスは人間の都合など全くお構いなしだということ。 暖かくなれば感染拡大のペースが落ちるのではないかという、当初の楽観論も最近は聞かれなくなりました。 では、新型コロナの影響は一体いつまで続くのでしょうか。 「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 世界の感染データを検証すれば、今後の趨勢がある程度予測できるからです。 米Johns Hopkins大学のデータより。 「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。 死亡率は2. 4%と世界平均(5. 8%にとどまっているのはまさに今、感染が爆発的に増えている証拠でしょう。 Trump大統領は3月31日、厳しい行動制限などの対策を打ったとしても米国内の死亡者数が最終的に10万から24万人になるとの見通しを発表しました。 米国に次いで現感染者数が多いのはヨーロッパ諸国です。 2週間ほど前から感染が爆発的に広まったイタリアとスペインが8万人台、その下にドイツとフランスが6万人台で並びます。 これらの国はまだまだ予断を許しませんが、治癒率が10%から20%台の後半になっている点が米国と大きく異なります。 医療体制が整ってくれば、現感染者数も少しずつ減っていくはずです。 「現感染者数」では既に日本と中国が逆転 私が注目したのは中国のデータです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国であり、累計の感染者数は8万人を大きく超えているにもかかわらず、現感染者数は2116人にとどまります。 この数は日本の現感染者数(2548人)よりも少なくなっているほどです。 「中国の統計データは信用できない」と考える人は少なくありません。 気持ちは分かりますが、国際的に見れば日本の検査数が少ないことも否めない事実です。 そもそも国民全員を対象にPCR検査をすることは物理的にも経済的にも不可能であり、検査品質を世界で統一することもできません。 結局、各国政府が公表しているデータを「正しい」と信じるしかないのです。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。 感染の発生源である武漢市(湖北省)は1月23日から封鎖(4月8日に76日ぶりに封鎖が解除される予定)。 北京や上海など国際都市も含め、海外から来た人は外国人であっても強制的に2週間隔離しています。 スマートフォンの位置情報を使って、感染の疑いのある人が今どこにいるかを示すアプリまで登場しました。 先進国であればプライバシーの侵害だと大問題になるのは必至です。 そうした批判も顧みず強権を発動できるのが中国という国であり、感染防御という側面ではそれが効果的に働いたことは事実です。 中国でも感染拡大の「第1波」を乗り越えられただけ では、中国は新型コロナウイルスを克服できたのでしょうか。 図1に中国における感染者数と死亡者数の推移をグラフで示しました。 これを見れば、中国では感染のピークが過ぎたことが分かります。 欧州疾病予防管理センター (ECDC)が公開している国別感染者データ(the geographic distribution of COVID-19 cases worldwide) ただし、感染者をゼロに封じ込めた状況とはなっていません。 ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 ところが、3月末から再び100人を超える日が増えてきたのです。 中国政府は人民に対して厳しい外出規制を課してきましたが、3月に入ってから状況に応じて都市ごとに規制を緩めました。 その結果、週末になると商業施設や観光施設が混雑するようになりました。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 WHOの基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間、感染者が新たに発生しなければ終息宣言となります。 新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とみられていることから、少なくとも4週間、感染者数がゼロにならない限り、ウイルスとの闘いは終わりません。 独裁的な中国共産党をもってしても、感染者数をゼロにするのは至難の業です。 21世紀の世界では、人の往来を完全にシャットアウトすることは誰にもできません。 つまり非常事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかるのは(残念ながら)間違いありません。 山中教授が「1年は続く」と指摘したのは、感染力の極めて高いSARS-CoV-2ウイルスの本質を見抜いているからです。 もちろん、バイオテクノロジーを駆使すれば、効果的なワクチンや治療薬も開発できるでしょう。 ただ、その未来がやってくるには年単位の時間がかかります。 それまでの間、私たちは医療崩壊を防ぎながら、何とかしのいでいくしかありません。 山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えました。 もはや、長期戦で臨むことを覚悟するしかありません。

次の