早い対応ありがとう メール。 ビジネスメールでの敬語の使い方!早い返信へのお礼編

間違いも多い「早速のご対応」の意味と敬語表現・使い方と例文

早い対応ありがとう メール

2.「早速のご対応」をメールで使うのは失礼? 「早速のご対応」という表現をメールで使っても失礼には当たらないのでしょうか? 結論を述べると、 メールで使っても失礼には当たりませんので、安心して使いましょう。 「早速のご対応」が失礼に当たらないのは、感謝の意味が込められているからです。 「早速の対応」だと語が使われていないので失礼にあたってしまいますが、「ご対応」と丁寧語が使用されているので、メールで使用する上でも失礼にあたるということはありません。 また、 上司のような目上の人に使っても失礼当たることはありません。 たとえば、社内で上司に何かを依頼したときにメールの文頭で使用するという場合が考えられるでしょう。 また、初対面の人にも使える表現なので、同僚や部下であってもまだ知り合って間もない時にはメールで「早速のご対応」を使っても不自然ではありません。 次からは、「早速のご対応」の具体的な使い方と例文について見ていきましょう。• 以上の3つの類語・言い換え表現について、順番に解説していきます。 「速い」と「早い」は読み方は同じであるものの、意味が異なっていることに注意しましょう。 「早い」の場合は、ある時点を基準にした時に、それよりも時間的に前の時点にあることを意味しています。 、夜の8時に集合なのに7時に到着すれば「早い」と言えますし、平均初婚年齢が30歳の時代に20代前半で結婚すれば「早い」と言えます。 その一方で、「速い」とは物理的な速度を表しています。 例えば車の速度は時速40kmよりも時速60kmの方が「速い」と言えますし、キーボードで1分間200語打てる人は100語打てる人よりもタイピングの速度が「速い」と言えます。 そのため「迅速なご対応」とは物理的な速度が速いと言うニュアンスが込められており、 こちらの依頼や要望に対する対応の速度がきわめて速い場合に使われる言葉だと言えるでしょう。 たとえば納期が1週間後であるにもかかわらず2日後に納品してくれたのなら、「迅速なご対応」と使っても違和感はないでしょう。 「早々」とは、 ある状態が成立した直後に、といったニュアンスがあります。 「早々」を使った例文としては以下のようなものが考えられます。 生まれて 早々に言葉を喋れるようになった。 就職して 早々、新卒で入った会社を辞めてしまった。 結婚して 早々に子供が生まれた。 「早々のご対応」を使うときも、こちらの依頼や要望などの直後に相手方が対応してくれた場合などに使うと違和感がありません。 ただし、どのようなタイミングであれば「直後」であると言えるのかは仕事の種類によります。 メールでファイルを添付するなど、即日対応可能な仕事もあれば、1ヶ月くらいかかってしまう仕事もあります。 自分が依頼した仕事の種類に応じて使い分けるようにしましょう。 そのため、 どのような場面で使ったとしても違和感のない無難な表現であると言えます。 「素早い」とは文字通り速いという意味ですが、「迅速」ほどには速いというニュアンスはありません。 また、「素早い」は「早々」のように、仕事を依頼した直後に対応してもらった場合のような、依頼から対応までの時間的間隔を表すニュアンスもありません。 そのため、どの表現を使うか迷ったら「早速のご対応」か「素早いご対応」が無難であると言えます。 5.「早速のご対応」の間違った使い方 「早速のご対応」はそれほど難しい表現ではありませんが、間違った使い方もあるので注意しましょう。 「早速のご対応」を自分なりにして使っているうちに、思わず相手に対して失礼な使い方をしてしまっているかもしれません。 ここでは「早速のご対応」の間違いやすい使い方について解説します。• 注意点1. 「早速の対応」は間違い 「早速のご対応」は、こちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現なので、 丁寧語であることが必要です。 そのため、「早速のご対応」の「ご」を抜いて「早速の対応」としてしまったら、相手方に対して失礼な表現となってしまうので注意しましょう。 ただし、いかなる場合にも絶対に使ってはいけないわけではなく、使う場面にもよります。 例えば上司が部下に対して「早速の対応、感謝します」と使うのであれば問題ないでしょう。 注意点2. 「早速のご対応いただき」は間違い 「早速のご対応いただき」と書いてしまいがちですが、 この表現は日本語として不自然になってしまいます。 「早速のご対応」は「早速」と「ご対応」を「の」で繋いでいることから、「ご対応」が名詞的に使われていることがわかります。 そのため「ご対応いただき」ではなく、「ご対応をしていただき」と、「対応」のあとに助詞の「を」を入れないと不自然な日本語になってしまいます。 正しい使い方に変えるとしたら、「早速の」が「する」の変化形「して」を修飾することになるので、「していただき」に続けても不自然にならないようにしなければなりません。 その場合は、「早速、ご対応をしていただき」か「迅速にご対応をしていただき」と表現すれば不自然にならないでしょう。 6.「早速のご対応」の英語表現 「早速のご対応」の英語表現は、「早速」をどの英単語を使うかによって変わります。 「早速」は英語だと 「quick」「speedy」「immediately」「now」「instantly」など多様な表現があります。 また、「I 〜」で始めるか「Thank you for」で始めるかでも変わってきます。 以下では「早速のご対応、感謝いたします」の英語表現の4つのバリエーションをご紹介します。 I your swift reply. Thank you for your quick response. Thank you very much for your quick response. I am grateful for your speedy handling. どの表現を使うか迷ったら、 もっとも無難な「Thank you for your quick response」を使うといいでしょう。 まとめ 「早速のご対応」はこちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現です。 メールで使っても上司に使っても決して失礼な表現ではありません。 ただし、意味としては難しくないものの、使い方には注意しましょう。 特に「早速のご対応」を自分でアレンジして使うときは、ニュアンスの違いによく注意する必要があります。 どのような表現を使うか迷ったら、「早速のご対応」か「素早いご対応」を使うのが無難ですので、不安な時はこのような表現を使って見てください。

次の

「迅速な対応」の読み方と意味は?目上への敬語表現、類語、英語も紹介

早い対応ありがとう メール

まず最初にご紹介するのが、上司からのメールの返信は「タイミングに合わせたお礼の一言」を活用するという点です。 これはどういうことかというと、上司からメールを貰ったときは、その内容だけでなくメールがどのタイミングで送られてきたメールなのかを確認して、時間帯などに合わせた言葉を選んでお礼メールとして返信する、という意味です。 上司からのメールが何時に送られたものなのか? どのようなビジネスメールなのか? これらをお礼のメールとして返信する際に把握しておけば、上司がどのような状況下でメールを送ってくれたのかが想像できます。 それにより、感謝やお礼の言葉も変えるのがビジネスマナーといえるのです。 上司からもらったメールに対してお礼メールで返事をする際は、ビジネスメールとして使えるある程度決まったフレーズというものもあります。 もしメールの内容に迷った場合は、こういった感謝の言葉を使えば問題はありませんから、覚えておきましょう。 基本的に、お礼の気持ちがしっかりとこもったメールであれば相手に伝わりますので、それほど神経質になる必要はありませんが、参考程度に頭に入れておけば、長いビジネスマン人生の中でいつか必ず役に立つはずです。 丁寧な感謝の言葉として、上司からの印象はよいものとなるでしょう。 また、「感謝しております」という言葉もお礼メールの返信で使えるフレーズですからオススメです。 上司といっても、直属ではなく会社の中でもかなり高い地位にいる役職付きの人に対しては、丁寧なお礼の言い方として「心より感謝申し上げます」「感謝申し上げる次第です」などもあります。 とはいえ、直属の上司に対してここまで改まる必要もありませんから、メールを返信する相手によって使い分けをしましょう。 「お世話になりました」「お手数をおかけしました」「お気づかいありがとうございます」「ご配慮いただき、ありがとうございます」などがこれにあたります。 ビジネスメールでは、文末にこういった感謝の気持ちを添えるケースは非常に多いので、返信の際の基本的なお礼のフレーズは、しっかりと頭に入れておきましょう。 せっかく感謝の気持ちを込めて返信するお礼のメールですから、これまでのようにそのタイミングやフレーズをおさえておくのは元より、感謝の気持ちがより伝わる構成・書き方にすれば効果が高まるでしょう。 次に、上司へのお礼メールにおけるコツについてお伝えします。 このテクニックを使うだけで感謝の気持ちが強調され、メールから格段とお礼の気持ちも上司へ伝わるはずです。 要点を簡潔にまとめ感謝の気持ちを際立たせる お礼メールというものは、そもそも上司に取り急ぎ感謝を述べるためのビジネスメールですから、書き方として「内容は要点を絞って簡潔にまとめる」ようにしましょう。 大事なのは内容や言葉選びではなく、上司からのメールに対して「とにかく感謝の気持ちが伝わる」かどうかです。 つまり、感謝を伝えるためには必要のない要素を削る、とい考えれば良いので、何に対するお礼かがわかれば問題ありません。 また、メールそのものの文章も数行にまとめるように意識するのが、お礼のメールを送る際に望ましい書き方です。 上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点 それでは最後に、上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点についても見ておきましょう。 これらのメールはビジネスメールである訳ですから、当然ながら感謝の気持ちを伝えればいいというものではありません。 ビジネスにおけるマナーを守り返信する必要があるのです。 では一体、どういった点に注意して上司にメールを返信すれば良いのでしょうか? 感謝のメール・お礼のメールの返信は時間との勝負! 先ほども述べたように、感謝のメールやお礼のメールというのは上司の心遣いに対して、取り急ぎお礼を述べるためのメールです。 とにかく時間を空けないようにするのが重要です。 経過する時間に反比例して、感謝やお礼の言葉が持つ効果は薄くなっていくと考えましょう。 もちろん、メールの中身は最低限のマナーを守った丁寧な文章である必要ありますが、あまりにもこだわりすぎて時間がかかっていては、そもそもお礼の意味がありません。 上司に対するメールは早いレスポンスであるかどうかも大事なので、注意してください。 お礼のメールを上司に送る際のフレーズや書き方を覚えて返信しよう 今回は、感謝の返信メールに使える一言!お礼のメールを上司に送る際の書き方について見てきました。 上司へのお礼といっても、堅苦しくならずに柔らかく素直な気持ちで返信した方が相手に感謝の気持ちが伝わり易いものです。 どうやって返事をしていいのかわからない人は、今回まとめたフレーズや書き方を参考に、自分の気持ちを素直に文字に表して上司に返事をしましょう。 感謝の子持ちをお礼のメールとして返信するのとしないのでは、上司からの評価も変わってきます。 但し、お礼メールや感謝メールを上司に返信する際に、時間を掛けてしまうのはNG。 ビジネスメールでは迅速な対応が第一ですから、ビジネスマンとしてのマナーを守った感謝のメールを上司へ返信するのが吉です。

次の

【ビジネスマン必見】「迅速な対応」の意味と使い方を解説

早い対応ありがとう メール

「早い返信ありがとうございます」似た表現 「早い返信ありがとうございます」の丁寧な使い方として似たようなものとしては、「早速のご対応」や「早々のご対応」または「迅速なご対応」などが挙げられています。 そのため一般的にはこれらの表現のいずれかが使用されているのですが、実はそれぞれの丁寧語には適した使い方や相手があるので意味や用途を理解しておく必要があるのです。 「早速」の場合 例えば「早速」の場合は文の頭につけることで本文に入る時や話題を切り替える時などに利用される起こし言葉となっていて、目上の人や初対面の人に対してでも比較的使いやすい敬語だと言われています。 使い方としては「早速の返信ありがとうございます」や「早速の〇〇ありがとうございます」などとして、そのあとに本文を添えるようにするのがおすすめです。 「早々」の場合 そして「早々」の場合は、一般的に目下の人や友人または知人など親しい間柄や身近な間柄の相手に利用されている敬語となっています。 そのため敬語の中でも若干砕けた表現として利用されているので、目上の人に使う場合は失礼だと感じられてしまう恐れもあるようです。 つまりビジネスメールの上ではあまり使うことは避けた方がいいと考えられており、特に取引先や目上の相手に対しては使わないように心がける必要があると言えます。 「迅速」の場合 さらに「迅速」の場合ですが、こちらは相手の行動に対してだけではなく自分の行動に対しても使える敬語であるところが特徴です。 このためビジネスメールの中では比較的使いやすい敬語となっていますし、「早い返信ありがとうございます」の敬語としても問題なく利用できます。 さらに文中だけではなく文の頭に持ってくることも可能なので、応用しやすいところがポイントとなっています。 「早い返信ありがとうございます」使分け このようにビジネスメール上での「早い返信ありがとうございます」の敬語の使い方としては、「早速」や「迅速」を使うと目上の人に対しても失礼のない返事ができます。 「早々」は目上の人には使えないので注意が必要ですが、例えば部下や同僚に対しての「早い返信ありがとうございます」の敬語として使うのは問題ありません。 そのため相手によって使い分けをしていく必要があるのですが、使い分けを必要としていない「早速」や「迅速」の方が間違いがないので安心して利用できるようです。 早速」や「迅速」などの敬語を使う注意点 ただし注意点として、「早速」や「迅速」などの敬語を使う場合には「していただき」という敬語を同時に使えないとされています。 このため「早速返信していただき、ありがとうございます」または「迅速な返信をしていただき、ありがとうございます」のような敬語の使い方は誤用なのです。 「早速」または「迅速」という敬語を使って「早い返信ありがとうございます」という文章を打つ場合には、「早速のご返信をありがとうございます」または「迅速なご返信をありがとうございます」のように打つのが正しい使い方になっています。 ほかにも「お忙しいところ」など相手を労うような文章を一緒に打っておくと気遣いのあるビジネスメールにできますし、メールの文章だけではなくこちらも同じように早めの返信をするように心がけるのも敬語と同じように大切なポイントです。

次の