おしるこ ぜんざい 違い。 ぜんざいとおしるこの違いは常識?!

おしることぜんざいを英語にすると?その違いは?

おしるこ ぜんざい 違い

おしることぜんざいの違い おしることぜんざいは、実は 関東と関西で指すものが違います。 まず関東の場合。 こしあんを使うのでサラサラ~っとしたあんこ汁です。 小豆がない分こてこてしていないので見た目お上品な印象を受けます。 汁気がないのでお皿で食べられてしまいます。 あずきトーストの、トーストがお餅に代わった形ですね。 では次、関西です。 関西でもこしあんを使ったサラサラのあんこ汁の中にお餅を入れたものがおしるこです。 関東は汁気がない粒あんに対し関西は汁気のある粒あんです。 ちなみにお店でぜんざいを頼むとお茶と塩昆布が付いてきます。 甘さが主体だけど時折混じる塩気がまた更に旨さを引き立ててくれるという訳です。 こう見ると、関西の場合はおしるこもぜんざいも汁気のあるあんこのものを指しているのがわかりますね。 ただあんこの状態によって呼び方が違っています。 こしあんのものを おしるこ、 粒あんのものが ぜんざいとなります。 私は関西圏の生まれなのですが、関東のぜんざいを初めて見た時は「餅にあんこがかかってる!?汁気ないの?!」と驚きました。 ぜんざいはつぶつぶのあんこ汁の中にお餅が入ってるものでしょ…!! 現在は関東に住んでいますが自宅で作るぜんざいはやっぱり汁気ありのぜんざいです。 また関西では、地域によっては粒あんのものを「田舎しるこ」、こしあのものを「御膳しるこ」とも言います。 田舎と御膳、名前からして扱いが全然違いますが、でも確かに粒あんよりこしあんの方が上品なイメージはありますよね。 そもそもこしあんの方が手間がかかりますしね。 と、言うことで。 ざっくりまとめますと、 甘さ控えめの小豆いっぱいぜんざい 材料— ・あずきの水煮缶 1個 ・水 あずき缶の同量~2倍量 ・砂糖 大さじ2 ・塩 ひとつまみ ・焼いたお餅 3つ 作り方— 1、あずきを鍋に入れてその缶を使って水を入れ、砂糖大さじ2を加えてかきまぜながら中火にかけます。 2、沸騰したら弱火にして2分ほど煮ます。 火を止めたら味見をして調節、最後に塩をひとつまみ入れます。 そこにお餅を入れれば完成。 小豆と水と砂糖を入れて煮て最後に塩をパラっと。 これだけです!とっても簡単! 濃度は水の量や煮詰める時間で変わりますし、甘いのが好みなら水煮缶ではなくて砂糖入りの缶詰を使えば早いです。 また関東のぜんざいにする場合は、この煮た小豆をすくってお餅にかければ良いだけです。 その場合水分は少ない方が良いのでお水は缶と同量以下にして作りましょう。 塩がちょっと入ることで味が引き締まるのでおすすめです。

次の

おしることぜんざいの違いは?ぜんざいの簡単な作り方。

おしるこ ぜんざい 違い

ぜんざいとおしるこ。 普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。 しかし、そこには微妙な差異があるのです! 辞書による定義 ぜんざい 「善哉餅のこと。 関西ではつぶしあんの汁粉。 関東では餅に濃いあんをかけたもの。 」 おしるこ 「小豆あんを汁状にし砂糖を加えて煮たものに焼き餅 (もち) や白玉団子などを入れた食物。 御膳 (ごぜん) 汁粉・田舎汁粉など。 汁粉餅。 」 一言では語れないぜんざいとおしるこの違い 辞書による定義を見ると分かるように、そもそもぜんざい(善哉餅)の定義が日本国内で統一されておらず、関東と関西で地域差があるようです。 そのため、「ぜんざいとおしるこの違いはコレ」と一言で言い切ることはできなさそうですね。 それにしても辞書の定義だけを見てもなかなか違いが分かりにくいと思うので、改めて以下にいくつかの視点から、ぜんざいとおしるこの「違い」に焦点を当てて解説しようと思います。 関西におけるぜんざいとおしるこの違い 関西では、あずきを溶かした汁のことをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 つまり、関西では焼き餅や白玉団子等の具が入っているかどうかが、ぜんざいとおしるこの違いということですね。 関東におけるぜんざいとおしるこの違い 続いて、関東では、餅にあんをかけたものをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 同じものように思えますが、主役が餅なのかあんなのか、という点で異なるようです。 つまり、関東のぜんざいは餅が主役であるため、必ずしも餅があんにどっぷり浸かっている必要はなく、あんが餅の「タレ」のようにかかっているだけでぜんざいと呼べます。 一方で、関東のおしるこはあずきの汁が主役であり、餅はあくまでも具であるため、汁気たっぷりのあずき汁の中に餅が浸かっていなければおしることは呼べないのです。 関西と関東におけるぜんざいの違い 前述の定義に沿うと、関西のぜんざいと関東のぜんざいとでは、餅が入っているかどうかという点と、汁気が多いか少ないかという点において異なります。 餅がなくて汁気が多いのが関西のぜんざいで、餅があって汁気が少ないのが関東のぜんざいということですね。 関西と関東におけるおしるこの違い では、おしるこの地域差についてはどうでしょうか。 定義に沿って考えると関東も関西も違いはないように思えます。 しかし、一説によると関西ではこしあんで作られたものしかおしること呼ばないのに対し、関東ではこしあんで作られていても、つぶあんで作られていてもおしること呼ぶという違いがあるのだとか。 結局ぜんざいとおしるこの違いは何か、地域差があって一言では語れませんでした。 今回は地域差も含めて、4つの視点から両者の違いについて考察してみましたが、果たして本当なのかどうか、関西出身の人と関東出身の人両方に聞いてみると面白そうですね。

次の

おしることぜんざいの違いはあるのか

おしるこ ぜんざい 違い

冬の寒い時期、 おしるこや ぜんざいは体もあったまるし、和のデザートとして最高ですね。 甘党、餅好き、あんこ好きのぼくとしては、正月はおろか、秋から春までに結構な頻度で ぜんざいを食べています。 あのあずきたっぷりの甘い汁に浸かった焼餅がたまりませんよね! (笑) なっ! それは おしるこですって!? うーむ、どうやら地域によっても おしることぜんざいの認識に違いがあるようですね。 というより、そういえば言われてみればそもそも おしることぜんざいの明確な違いってなんなのでしょうか。 自宅で食べるだけでなく、神社などにある 『甘味処』が大好きなぼくが、これを知らないわけにはいかん! (注文時にうろたえていてはいけませんからね。 ) ということで今回は、 おしることぜんざいの違いについて調べたことを書いていますので、一緒に見ていきましょう! contents• おしることぜんざいは何が違うの? おしることぜんざいの主な違いを簡単に説明すると、 あずきから作りあずきの粒が入っているものをぜんざい、こしあんを水でといて汁にしたものがおしるこです。 それぞれ中に入れるのは好みで、餅や白玉団子、栗の甘露煮など様々です。 しかし、これが少しややこしくなってしまっている原因は、関東と関西での 呼び名の違いがあるためです。 どういうことなのか、細かく見ていきましょう。 おしるこ(お汁粉) 一般的には、あずき(小豆)から作った あんこ(餡子)を水、砂糖でといで作る汁物(液状)のことです。 こしあんで作るので、小豆のつぶつぶは無く、さらっとしています。 これに餅や白玉団子などを入れて食べることもあります。 写真のようなイメージですね。 ジュースと一緒に自動販売機でも販売されているくらいなので、飲む(吸う)というような食べ方をしますね。 これが関西では 『おしるこ』、関東では 『御膳汁粉』(ごぜんしるこ)と呼ばれます。 なるほど、どちらも汁粉でよさそうですね。 さて次はぜんざいに行ってみましょう! ぜんざい(善哉) 主に 関西では、あずき(小豆)を砂糖と水で甘く煮て作る汁物(液状)のことです。 あずきの形が残っているのでつぶつぶがあります。 これに餅や白玉団子、栗の甘露煮などをいれて食べることもあります。 まさにこの写真の通りですね。 ぼくの大好きな奴です。 焼餅と、とろとろになったあずきの相性が抜群です。 これは箸やスプーンであずきをすくって食べるという感じですね。 主に関西ではこれがまさしく 『ぜんざい』です。 しかし関東ではこれは 『田舎汁粉』(いなかしるこ)と呼ばれることがあるんですね。 これがしししし、しるしるしるしる・・・・ しるこだと!? と思ったあなたはぼくと同じ関西人ですね。 なるほど、どうやらこの辺りが ちょっとややこしくなっている原因のようですね。 関東のぜんざい 関東でぜんざいと言えば、基本的には 汁気のない(固形の)つぶあんを餅などに乗せたものを指すようですね。 関西ではこれを 『亀山』(かめやま)と称するようですが、ぼくは正直これはあまり聞いたことがありません。 でも地域によっては有名なものなんですね。 写真は少しイメージとは異なりますが、要は餅などの上につぶあんがとろりと乗っている(添えている)ものが ぜんざいと呼ばれるんですね。 なるほど、そういえば茶屋(甘味処)などで、 『白玉ぜんざい』とか頼むとこんな感じで出てくることがありますね! ぼくはぜんざいの汁が好きなので、 「ししししるしる・・・汁が無いよ」と嘆いていたことがありました。 つまり、その場合はおしること頼めば良かったんですね! これでどこの茶屋でも 挙動不審にならなくて済みそうです。 関東では汁物であればおしるこ、ぜんざいはつぶあん(汁物ではない)というところですね。 関西ではどちらも汁物で、こしあんのものをおしるこ、つぶあんが入っているのはぜんざいということです。 この呼び名の違いがあるために、はっきりと区別がつきにくくなってしまっているんですね。 おわりに 冒頭に書いたとおり、一番の違いは、 あんこ(こしあん)で作る汁物がおしるこ、 あずきから作るつぶ(つぶあん)があるのがぜんざい(関東では汁無し、関西では汁あり)、つまり 調理法が違う料理ということで良さそうですね。 あとは各地でこの表を見ながら注文すれば間違いありません! (笑) あ、でも亀山だけは本当に馴染みが無いですね・・・。 ぼくにとってはもうそれは、 『あんこ餅』もしくは 『餅のあんこのせ』、最悪は 『餅にあんこつけて食うやつ』ですけどね。 いやいやさすが和スイーツ、奥が深いですねぇ。 確実に今食べたくなっています! 観光地などでおしるこやぜんざいを食べるときにはご確認くださいね! ^^ 他にもぜんざいに関する記事があります。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 102件のビュー• 58件のビュー• 48件のビュー• 35件のビュー• 30件のビュー• 25件のビュー• 22件のビュー• 21件のビュー• 21件のビュー• 18件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の