食料品 軽減税率 いつまで。 【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

軽減税率はいつまで?対象と対象外商品や外食は?NHK受信料や病院食はどうなる?

食料品 軽減税率 いつまで

そもそも軽減税率とはどういうもの? そもそも軽減税率とは何?って思われる方もいると思うのでざっくりと説明すると 「消費税増税に伴い生活の負担が圧迫するので生活必需品の特定の品目の消費税を軽減して負担を抑えましょう。 」 といったものです。 まぁ例を出してわかりやすく説明しますと 文具が軽減税率によって消費税5%に軽減されるとしましょう。 現在(消費税8%)文具を税抜きで1000円購入した場合、消費税込みで1080円になりますよね? それがもし軽減税率によって5%に下げた場合 1000円+消費税5%で1050円と30円分税がかからないようになります。 かからないという表現が適しているかわかりませんが、まぁ軽減税率がどういうものかはわかっていただけたかなと思います。 軽減税率の対象品目は8%に据え置き とはいえ軽減税率の対象品目は 8%のまま据え置きです。 そう、据え置きなだけなんです。 据え置きを軽減するというのはおかしいのでは?という意見も出てくるでしょう。 軽減というのは名ばかりで実際は増税しかしていないという反対意見も出ています。 軽減税率のメリット、デメリットについては別記事にまとめますが、 軽減税率が意味をなさないと不満を持つ人も多いでしょう。 軽減税率はいつから適用される? 確定ではありませんが消費税10%に増税した際に軽減税率も適用されるだろうと現時点で予想されています。 つまり 2019年10月1日に導入される予定です。 予定というのは現時点では導入出来るように話合っている最中で 消費税増税の際に軽減税率を絶対に適用しよう…というわけではありません。 とはいえ消費税増税に対して国民の反発も大きいでしょうし、 これだけ話合った軽減税率をなかった事にしよう。 という事はまずないでしょう。 とはいえ軽減税率を導入すれば他の商品との消費税を区別する必要があり(=単一税率ではなくなる) 販売側や事務処理など非常にめんどうな事が増えてくるので現状は不満の方が大きく反対意見が多い状況ですね。 参照:• 自民党は対象品目を絞り込みたいと思っており生鮮食品のみ• 公明党は加工食品まで広げたい との思惑があるようです。 国民としては当然ながら加工食品まで範囲を広げた方が助かるわけではありますが どこまでは加工食品なのかこれまた定義があいまいで商品が数多くありすぎます。 加工食品全てが対象であればほとんどの食品が軽減税率の対象であるからか、現状では加工食品の一部が対象になるような話になっています。 ただそれを仕分けするとなると膨大な時間が必要です。 自民党はそれを嫌っているからか 絞り込みたい思惑があるかもしれません。 とは言え生鮮食品のみでは恩恵を受ける方が少ない方も多くメリットを感じられない方もいるとは思います。 その事からもなかなか対象品目をどこまでにするかの決定が決まっていない状況が続いているんです。 とはいえ食品が対象品目とされるのは間違いないでしょう。 まとめ.

次の

軽減税率はいつからいつまで?制度の目的や対象と対象外の品目についてわかりやすく解説

食料品 軽減税率 いつまで

知ってはいても食料品は実は10%なんじゃないかって、10月1日の朝のコンビニでビクビクしたのを覚えています。 笑 数分後には8%で安心したわけですが、、軽減税率って嬉しい反面、少しややこしいですよね。。 今回初めて取り入れられた「 軽減税率制度」、日本では食料品が主な対象ですが実は海外でも軽減税率は既に行われています。 イギリスのように電力や燃料を軽減税率の対象としたり、アメリカでは州によって軽減税率が違うので大きな買い物は軽減税率の安い州に行くって家庭も多いとか。。 そんな軽減税率、 日本では増税後でも主に食料品が8%のまま購入できる制度ですが、いつまで続くのでしょうか? 実は 終了するタイミングは未定で決まっていない のです。 つまり来年終わるかもしれないですし、5年後まで続く可能性だってあるのです。 政府のことなので、よほどのことがない限りすぐに終了するってことはないと思いますが、終了したら食料品も一律10%になってしまう可能性あるということです。 スポンサーリンク 軽減税率とは?そもそもなぜするのか? 「軽減税率」とはある特定の商品の税率を下げることで、増税などによる税負担が重荷になってしまう人の負担を軽くしようとする制度のことです。 今回の軽減税率は特に低所得者への増税による負担を考慮して行われています。 国としては消費額の多い高所得者を中心に今まで以上に税金を納めてもらい、誰もが購入する「食料品」を軽減税率の対象とすることで低所得者を守ろうとする目的があります。 しかしながら、「軽減税率」に関して賛否両論さまざまな意見が出ており「本当に低所得者の為になっているのか?」っといった議論も多く出ています。 消費税が10%以上になる可能性も高い今後の日本のことを考えると本当に軽減しなくてはいけない人のことを考えて制度化して欲しいですね。 スポンサーリンク 軽減税率の対象商品、対象にならないものをもう一度確認しよう! より引用 軽減税率で対象となるのは「 食料品」、「 定期購読している新聞(週2回以上発行されている)」の主に2つです。 外食する際にテイクアウトだと軽減税率が適用され8%ですが、イートインだと対象外で10%と大きな違いがあります。 「1%以上のアルコールを含むお酒類」も軽減税率の対象外で10%の消費税がかかるので注意したいところです。 実は軽減税率の対象になるケース 他にも実は軽減税率の対象になるものがあります。 先ほどの「食料品」や「定期購読している新聞」とは少し違い、特定の人や場合を対象としています。 学校給食や有料老人ホームで提供される食事代 義務教育の学校給食(小学校や中学校)や有料老人ホームで提供される食事も軽減税率の対象になり8%のままになります。 軽減税率が適用される学校給食の条件は「 全生徒を対象に提供された場合のみ」になり、生徒に食べるか食べないかの選択権がある自由な学校の場合は対象外になります。 近いものだと他にも 夜間の高等学校、特別支援学校、幼稚園も対象施設に当たります。 有料老人ホームやサービス付きの高齢者住宅での食事も軽減税率の対象になるのですが、「1食あたり必ず640円(税抜)以下で1日の食事代の合計が1920円以下」といった条件が付きます。 こちらを満たしていれば軽減税率の対象になります。 ホテルや旅館の客室に備え付けてある冷蔵庫内の飲料 ホテルや旅館などの客室にある小さな冷蔵庫に飲料って有料ですが入っていますよね。 そちらも軽減税率の対象となり8%のまま購入できます。 ホテルや旅館がサービスとして飲料を食事の際などに提供した場合は対象外で10%になるのですが、客室で冷蔵庫から飲料を購入した場合は、単に飲料を購入した扱いなるため軽減税率が適用されるのです。 もちろん、冷蔵庫内にある1%以上のアルコールを含むお酒を購入した場合は対象外になるので注意してください。 釣り堀や果物狩りで収穫した食材 釣り堀や果物狩りで獲得した食材を購入する場合は、もちろん軽減税率が適用されます。 ただし、入園中の飲食に関しては「飲食設備のある場所において飲食サービスを提供した場合」に当たるため軽減税率の対象外になります。 入園中の食事ってすごく楽しいことですが、税率だけを考えると獲得した食材をそのまま購入した方がお得になります。 軽減税率における疑問 軽減税率について考えると、適用されるのか微妙な事例を思い浮かべると思います。 そういった疑問点に答えます。 社員食堂や大学の学食などの食事代は軽減税率の対象になりますか? いいえ、対象外ですので10%の税率がかかります。 「飲食設備のある場所において飲食サービスを提供した場合」は軽減税率の対象になりません。 コンビニのイートインコーナはどうなりますか? こちらも対象外です。 同じく「飲食設備のある場所において飲食サービスを提供した場合」に当たります。 ネットで購入した食料品は対象になりますか? 対象になります。 面と向かって食料品を購入していなくても、「飲食料品の譲渡」に該当すれば軽減税率は適用されます。 ペットフードや家畜の餌は対象になりますか? 対象になりません。 軽減税率の対象になる「食料品」は人の食用、飲用に当たるもので、人以外の動物を対象としている場合は適用されません。

次の

軽減税率(消費税)とキャッシュレス還元についての仕組み。いつまでやるの?仕組みは?

食料品 軽減税率 いつまで

【課税事業者の方】• 軽減税率対象品目の売上げ・仕入れが両方ある場合 (例)飲食料品を取り扱う小売・卸売業(スーパーマーケット、青果店等)、飲食業(レストラン等)• 【免税事業者の方】• 軽減税率対象品目の売上げがある場合 取引先から区分経理に対応した請求書等の発行を求められることがあります。 【軽減税率の対象となる飲食料品の範囲(イメージ)】 一体資産とは、例えば、おもちゃ付きのお菓子など、食品と食品以外の資産があらかじめ一体となっている資産で、その一体となっている資産に係る価格のみが提示されているものです。 一体資産のうち、税抜価額が1万円以下であって、食品の価額の占める割合が3分の2以上の場合に限り、全体が軽減税率の対象となります。 3 消費税の計算の仕方など• 軽減税率制度実施後は、これまでの記載事項に税率ごとの区分を追加した請求書等の発行や記帳などの経理(区分経理)を行っていただくこととなります。 課税仕入れ等に係る消費税額を控除するには、こうした区分経理に対応した帳簿及び請求書等の保存が必要となります。 注:仕入税額控除の要件について、平成31(2019)年10月1日から平成35(2023)年9月30日までは、帳簿及び区分記載請求書等の保存が必要となります(区分記載請求書等保存方式)。 平成35(2023)年10月1日からは、帳簿及び適格請求書等の保存が必要となります(適格請求書等保存方式)。 税額計算は、原則として、売上げ又は仕入れを税率ごとに区分して行うこととなりますが、売上げ又は仕入れを税率ごとに区分することが困難な事業者の方には、税額計算の特例があります。

次の