エディ アーバイン。 ジョニー・ハーバート

エディ・アーバイン、ベッテルを酷評「彼は一芸しかない……4回F1チャンピオンを獲った男には見えないね」(gma.vapur.us 日本版)

エディ アーバイン

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 略歴 全日本F3000 生まれ。 などで活躍した後、に国際でから参戦し、にEJR エディー・ジョーダン・レーシング)へ移籍して活躍した後ににからへ参戦した。 当時の全日本F3000は・・のタイヤ戦争が起こっており、のワンメイクだった国際F3000に比べはるかに高いグリップレベルのタイヤを使いこなすことが要求されていたが、多くの外国人ドライバーが悩むタイヤの使い方をマスターして、にと壮絶なチャンピオン争いをした(獲得ポイントは同点、優勝回数の差で星野がチャンピオンに)。 ちなみに、このことからアーバインは星野に一目置くようになり、後にF1初優勝時のレース後記者会見で「日本にはホシノっていうバカっ速いドライバーがいて、なかなか勝たせてくれなかったんだよ」「今ここに自分が居られるのはホシノさんのおかげだよ」と語り、2位入賞で同席していた(同じく全日本F3000でのレースキャリアがある)も思わず頷いた。 そのため、欧州などのジャーナリストが「ホシノとは何者だ?」と日本人ジャーナリストに聞きまわったという逸話がある。 また後に星野が現役引退した際、引退を惜しむコメントを寄せている。 F1へ その走りが評価され、でジョーダンのシートを与えられる。 F1デビュー戦である日本GPで6位入賞を果たし、実力を世界に知らしめることとなった。 この日本GP決勝直後アーバインは、クレームを付けに来たに殴打されかかるという事件があった。 レース中に周回遅れのアーバインがラップリーダーのセナに対し道を譲らなかったこと 、およびファイナルラップに勝利を確信したセナのクルージングラップ中にアーバインがパッシングしたことに対するクレームである。 なお、この事件は周囲の懸命な制止により未遂であるにもかかわらず、アーバインは「セナに殴られた」と触れ回ったため、新聞には「セナ、アーバインにパンチ」という見出しなどで掲載された。 かつてはセナに憧れ、自らのヘルメットもセナのデザイン(ブラジル国旗をモチーフとしたもの)を真似ていたが、この事件以前にセナから「の侵害である」とクレームを付けられたこともあり、関係が悪化していた。 翌からはジョーダンのレギュラードライバーとなるが、開幕戦での多重クラッシュの原因を引き起こしたとされ3レースの出場停止を言い渡される。 この処分は他の同様の例に比べると重いものであり、前年にセナとの問題で法廷に 被害者として出廷した際のアーバインの態度がきわめて不遜かつ無礼なものであった事に対し、FIAが灸を据えたのではないかとも言われている。 若手のホープとして嘱望されていたチームメイトのを予選で上回ることも多く、速いことは認められていたものの、歯に衣着せぬ物言いで他のドライバーの悪口をうっかり口にしてしまうなど悪い癖もあり、当初は危険なドライビングをするドライバーという印象が定着していた。 この年、日本時代の親友であり、で事故死したの代役としてに・トヨタから参戦。 チームは終盤までトップを快走するも、ミッショントラブルから3位に後退。 最終ドライバーを任されたアーバインは予選並みのハイペースで疾走し、ファイナルラップで2位を奪還する熱い走りを見せた。 レース後、「ローランドがいれば楽勝だった」とのコメントを残した。 このレースでのチームメイトであり、やはり日本時代に親交を深めていたも後にレース中に絶命し、アーバインは大きなショックを受けたという。 も引き続きジョーダンがら参戦し、では3位入賞を果たし、初の表彰台を獲得する。 フェラーリへ 1995年後半ジョーダンはアーバインの来季残留の契約がまとまったことを早々に明らかにしていたが、金銭トレードの形で翌年はフェラーリに移籍することが急遽発表された。 以降、のチームメイトとなり、サポート役に徹する。 移籍後の初戦、開幕戦のでは、予選でいきなりシューマッハより速いタイムを叩き出し、決勝においても3位表彰台を獲得した。 しかし初年度はシューマッハがベネトンにいた頃同様にナンバー2ドライバーにはテストも満足にさせてもらえずリタイヤが多く成績も低迷、結局開幕戦がこの年のハイライトになってしまう。 以降はテストやセッティングに関しても望むものを得られ、日本GPではシューマッハとのチャンピオン争いにおいて、ヴィルヌーヴ を牽制する汚れ役をこなし、その仕事師ぶりから「ベスト・セカンドドライバー」と称された。 には開幕戦オーストラリアGPでF1初優勝を遂げたが、立場的にナンバー2扱いは変わらなかった。 しかし、でシューマッハが大クラッシュを起こし長期戦線離脱を余儀なくされると、代役エースとしてチームのサポートを受けチャンピオン争いに名乗りを上げる。 次戦で優勝し、続くではシューマッハの代役として参戦していたからチーム・オーダーにより優勝を譲られたことで連勝を果たし、ポイントリーダーだったを抜きチャンピオン争いをリードする。 最終戦を残した時点で獲得ポイント首位に立っていたが、第15戦マレーシアGPより復帰したミハエル・シューマッハの露骨な援護にもかかわらず、結局最終戦日本GPにてハッキネンに再逆転を許し、ランキング2位に終わる。 しかしながらフェラーリは16年ぶりとなるコンストラクターズチャンピオンを、アーバインらの活躍で獲得することができた。 アーバインはF1キャリアの中で一度もを獲得したことがなく、1999年はあわやポールポジション獲得経験の無いチャンピオンが誕生しかけたシーズンでもあった。 この年限りでフェラーリを離脱するが、ミハエル・シューマッハ中心主義の体制に不満があったとのちに公言し、 「いつかあいつがバナナの皮でずっこけて足でも折らないかと思っていたら、本当に骨折した」との過激な発言を残している。 ジャガー ジャガー時代(2002年) からはと3年契約を結び参戦する。 フェラーリ時代とは異なりエースドライバー待遇となり、チームにちなみヘルメットをのデザインに変えるなど意気込みを見せたが、マシンの開発が進まず成績は低迷する。 思うような走りは出来なかったが、の、ので3位入賞を果たす。 このレースではフェラーリが1-2フィニッシュを達成しており、元フェラーリであるアーバインが共に表彰台に上ったことになった。 3年契約の最終年の2002年をもってチームを放出される。 シーズン終了後、一時「来期はジョーダンで走る」と言われたが契約が破談し、2002年限りで引退した。 引退後 引退後、アメリカ・マイアミに住居を構える。 全日本F3000参戦中は日本語が全く出来なかった為、テレビはずっとCNNなど英語が聞けるニュースや経済番組しか見なかった。 そのため、現役時代より不動産などの投資に長けており、現在も投資を続けている。 その資産は、2008年3月時点で2億4,500万ユーロ(約384億円)ともいわれ、これは北アイルランドスポーツ長者番付では断トツのトップである。 また、映画の脇役で銀幕デビューも果たしている。 には、F1への新規参入チームを巡るニュースでアーバインの名が取り上げられたが、実現はしなかった。 のと仲が良く、1999年のLUNA SEAのライブに顔を出している。 F1での年度別成績 年 所属チーム ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数 ジョーダン 15 22位 1 6位・1回 0回 8位・1回 15 16位 6 4位・1回 0回 4位・1回 15 12位 10 3位・1回 1回 4位・1回 フェラーリ 2 10位 11 3位・1回 1回 3位・1回 6 7位 24 2位・1回 5回 3位・1回 4 4位 47 2位・3回 8回 2位・1回 4 2位 74 1位・4回 9回 2位・3回 ジャガー 7 13位 4 4位・1回 0回 6位・2回 18 12位 6 3位・1回 1回 6位・1回 16 9位 8 3位・1回 1回 5位・1回 アイルランド国旗問題 アーバインはに属するの出身であるが、自らは人であるというアイデンティティが強く、で初めてF1の表彰台に登ったときにアイルランドを掲揚した(これは主催者側が用意したものではなくアーバイン自身が持参もしくはアイルランド人オーナーのエディ・ジョーダン側が用意したものと言われている)。 これがユニオニスト(プロテスタント派の過激組織。 とも)の逆鱗に触れ、殺害予告をされるほどの問題になった。 この時以来、アーバインは自らがイギリス国民であると公称し、表彰式の際もイギリス国旗を掲揚するようになった。 脚注 [ ヘルプ]• ただし、このときアーバインは6位争いをしておりを激しく攻め立て攻略寸前という状況であり、スポット参戦のデビュードライバーとしては情状酌量の余地がある。 ヴィルヌーヴは日本での活動時にで遊んで以来の友人でもあった。 後年ヴィルヌーヴは「汚い言葉を除けば彼(アーバイン)はまともなことを言っている」と評している。 最終戦の日本GPでのアシストに関して、、はテレビ解説時に「シューマッハの覇気の無いレースぶりにはで先にを獲られたくないとの思いがあったのではないか」とコメントした。 それに対し、は著書『F1ドキュメント』で「シューマッハのスタート失敗はシステムの異変。 最初のピットイン迄の失速は、によるもの」と分析し、「シューマッハのやる気がなかった」という意見を否定している。 関連項目 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

ジョニー・ハーバート

エディ アーバイン

フォーミュラー・フォードやイギリスF3選手権などで活躍し、1988年のマカオGPでポールポジションを獲得。 予選では任意の時間内に出場者がコースを走り、そのタイムを計測。 1周のタイム最も速いものから順に決勝レース出場枠の台数(F1は26台まで)を選出し、このなかで最高タイムを記録した者が稲妻型に並ぶスタート位置(グリッド)の最前列となる。 有名になったきっかけとして、1993年日本GPでアイルトン・セナから激しい抗議を受けています。 その原因は1周前のラップを走っているアーバインがセナに道を譲らなかった為です。 このことがきっかけでかなり有名になったようです。 邪魔をするのはダメですが、かなり度胸が据わった方ですね。 はるな愛さんはご存知の方多いですよね? ニューハーフになるんでしょうか?きれいですね。 とてもきれいな方で声は少し低いんですが、言われなければ男だったとは思えない方です! そのはるな愛さんが昔F1のレースクイーンをしていたとき、当時現役でレースに出場していたエディ・アーバインさんに目をつけられて、部屋に呼ばれたこともあるようです。 エディ・アーバインさんはさぞかし驚いたことでしょう。 気づかないのも仕方ないですが。 その他にもはるな愛さんを女性だと思いプロポーズした人が有名人でもいるようです。 結構有名な人ではほっしゃん。 はるな愛さんが「私は男だから」と一度断ったものの、「男のようにバリバリ仕事をしているから」という意味だと解釈してしまうほど。 実際、エディ・アーバインさんも付き合ったかどうかは本人たちしか知らない秘密ですね。 スポンサーリンク エディ・アーバインの愛用のヘルメット セナさんとの関係悪化の前はアーバインさんはセナさんに憧れていたようで、ヘルメットもセナのデザインを真似ていたほど。 セナさんのヘルメットのデザイン アーバインさんのデザイン。 セナさんはブラジルの国旗をベースにしたデザインなので、黄色と緑色を組み合わせてます。 アーバインさんは赤をベースにしたヘルメットで、レーシングスーツも赤ですね。 F1なんかは車の形も遠くから見れば同じ形なので、色の協調がすごいです。 原色の色が多くすごく目立ちますよね。 エディ・アーバインの資産が気になる エディ・アーバインさんってF1引退後もビジネスで成功しているんです! そこがすごい! 不動産の投資に成功し2008年時点で 4500万ユーロ(約384億円)もの資産があると言われていました。 現在は純資産 8000万ポンド(約104億8000万円)のようです。 それでもすごい資産です。 スポーツマン長者番付2011年版では6位にランクインしてます。 もしかしたら資産の全てを公表しているわけではないかもしれない可能性もありますね。 104億もあれば何でもできますよ! ビジネスで成功しているスポーツマンの方って結構多い気がします。 なにかひらめきが人とは違うのかも・・・。 F1の世界でもビジネスでも成功して今はのんびり暮らしているのでしょう。 スポンサーリンク.

次の

エディ・アーバインとは (エディアーバインとは) [単語記事]

エディ アーバイン

1周前のラップを走っているセナを大胆にも抜こうとしたのが原因だ。 この一件でアーバインというドライバーの名は一気に広まった。 1987年イギリス・フォーミュラ・フォード選手権の王者であるアーバインは1988年にF3で活躍し、1989年はパシフィック・レーシングからF3000に参戦。 エディ・ジョーダンのチームと契約した1990年はホッケンハイムで勝利してランキング3位につけている。 翌年からは日本に渡り、スポーツカーやF3000でドライブ。 1993年日本GPにジョーダンからスポット参戦し、6位入賞を果たしながらもセナの怒りを買った。 1994年はジョーダンでルーベンス・バリチェロとコンビを組んだものの、開幕戦で大きなアクシデントを引き起こして1戦の出場停止処分を言い渡される。 控訴での不遜な態度が災いして、結局は3レースにわたる出場停止処分を科された。 1995年までに"問題児"の評判を過去のものとしたアーバインだが、予選ではしばしば好結果を出しながらもメカニカルトラブルによって入賞は果たせずにいた。 そんな中、カナダGPで3位フィニッシュを遂げる。 1997年にフェラーリへ移籍してからは状況が好転し、アルゼンチンGPで2位に入った。 ナンバー2ドライバーとしてチームに貢献した1998年を経て1999年には初勝利をマーク。 同年にチームメイトのミハエル・シューマッハが足を骨折した際にはチームリーダーになるチャンスがめぐってきた。 さらに3勝を重ねたアーバインは首位で最終戦に臨むも、タイトルはミカ・ハッキネンにさらわれている。 2000年はナンバー1の立場を占めるという期待を胸にF1初年度を迎えるジャガーへ移籍したが、チームの成績は振るわず、この年のベストリザルトはモナコGPの4位だった。 翌年は同じくモナコGPで3位という驚きの結果を出すも、チームの歩みは遅すぎた。 2002年にモンツァで3位表彰台に上ったのが死に瀕した白鳥が見せた最後の輝きであり、この年限りでアーバインはF1を引退している。 『Carlton Books(カールトン・ブックス)』刊: "The Ultimate Encyclopedia of Formula One(ザ・アルティメイト・エンサイクロペディア・オブ・フォーミュラ・ワン)"より.

次の