朝鮮 人参。 オタネニンジン

『朝鮮人参は体に良いのか?』

朝鮮 人参

日本ではあまり見かけませんが、アジア諸国では「朝鮮人参スープ(Ginseng soup)」をよく見かけます。 朝鮮人参の根を入れたスープです。 私もよく過去に朝鮮人参スープをトライしたのですが、美味しくないばかりでなく、後味が悪く感じていました。 特に朝鮮人参の根を食べると気分が悪くなります(本当は食べるものではないような気がしますが・・・・・)。 朝鮮人参は、元々は朝鮮が中国への貢物として捧げた特産品だったようです。 その名目は「滋養強壮」やアンチエイジングでした。 ただし、どこで朝鮮人参を採取したかで効能は違うと言われています。 さて、私が朝鮮人参のスープや根を食べて気分が悪くなる理由が明快になった研究が報告されています(Exp Biol Med Maywood. 2004 Jun;229 6 :560-8)。 朝鮮人参を用いた過去の更年期の治療で、性器出血や乳房肥大が起こることが知られていました。 その理由は、なんと朝鮮人参の根に含まれるカビ毒(mycotoxin) の作用だったのです。 確かに朝鮮人参の根はカビ臭い匂いがします。 このカビ毒(mycotoxin)はエストロゲン作用をするため、免疫抑制およびがんを増大させます(Toxins Basel. 2014 Mar; 6 3 : 1080—1095)。 このようなカビ毒は、朝鮮人参の根だけでなく、トウモロコシ、大麦、小麦、米などの穀類にも含まれています。 カビ毒の厄介なところは、熱耐性があるというところです。 つまり、加熱調理でも死活できないのです。 穀物も長期保存がきく主食とされてきましたが、これも見直す必要があるかも知れません。

次の

朝鮮人参酒

朝鮮 人参

朝鮮人参 朝鮮半島から中国東北部の原産。 朝鮮人参は古くから著名な薬草で、739年に中国の渤海使が日本の朝廷に進上した記録があるそうです。 根の形が人の形に似ているので人参と名付けられました。 もともとニンジンという名は薬用の朝鮮人参に由来するもので、野菜のにんじんは別の名で呼ばれていました。 効能としては血糖値降下、不整脈、慢性下痢、強壮、疲労回復、精神安定などによいとされています。 材料 朝鮮人参(生根) 200グラム 35度焼酎甲類(ホワイトリカー(1)) 1. 8リットル 作り方• 朝鮮人参を密閉ビンの中へ入れます。 朝鮮人参はなるべく生根を使いましょう。 なければ市販の乾燥品でもかまいません。 1の中へホワイトリカー(1)を注ぎ漬け込みます。 6ヵ月ほど漬け込むと飲めるようになります。 素材はとくに引き上げたりせずにそのまま漬け込んでおいてかまいませんが、途中で引き上げて料理(例えば、ぬか漬けや天ぷらなど)に利用することもできます。 おいしい飲み方• 一回に飲む分量の目安としては、7~10cc程度が適当でしょう。 ストレートで飲みにくい場合はお好みのカンキツ系の果実酒とブレンドすると飲みやすくなります。 朝鮮人参酒を使ったかんたんクッキング.

次の

朝鮮人参の効能・効果20選

朝鮮 人参

特徴 [ ] 草丈は50~60cm。 茎は1本だけ直立し、茎頂に5出掌状複葉を輪生する。 葉は楕円形又は卵形で鋸歯があり先端は尖る。 花は白色を帯びた淡緑色で散形花序。 名称 [ ] 由来 [ ] 本種は元来「 人蔘」と呼ばれ、中国、朝鮮半島、および日本では古くからよく知られただった。 枝分かれした根の形が人の姿を思わせることが、その名称の由来といわれている。 「御種人蔘」の名は、八代将軍がに命じて朝鮮半島で種と苗を入手させ、試植と栽培・結実の後で各地の大名に種子を分け与えて栽培を奨励し、これを敬って「御種人参」とよぶようになったといわれる。 これ以前の「人蔘」は朝鮮半島からの輸入に依存していた。 その後、区別の必要から、本種に対しては、明示的に拡張した「 朝鮮人蔘」の名が使われるようになった()。 戦後になると、日本の人蔘取扱業者は輸入元ので嫌がられる「朝鮮」の語を避けて「 薬用人蔘」と称してきたが、後に「薬用」の名称がに抵触するとする行政指導を受け呼称を「 高麗人蔘」へ切り替えた [ ]。 以上2種類の植物について、各国語の呼び名を対照すると以下のとおりである。 また、「はかつて朝鮮に存在した統一王朝の名称であり、その頃から栽培が始まったためにこの名がある」といった旨の説明がしばしば添えられているが、実際は日本から逆輸入された名称である。 古くから薬効が知られ珍重されていたが、栽培は困難で、18世紀はじめので初めて成功した。 韓国ではと、ではが産地として有名。 中国では(白頭山)の麓で「長白山人蔘」として栽培される。 日本では、、(旧八束町)のなどが古くからの産地として知られる。 栽培にはおよそ2 - 6年ほどの月日を掛けた上で根が収穫されるが、5年以上のものが良品とされ栽培が難しい。 日本には野性はなく、栽培地では小屋掛けで直射日光と雨除けをして、通常は6年がかりで栽培する。 皮を剥ぎ、根を天日で乾燥させたものを 白参(はくじん、ペクサム、 백삼)、皮を剥がずに湯通ししてから乾燥させたものを 紅参、(こうじん、ホンサム、 홍삼)ということもある。 なお、日本薬局方においては、根を蒸したものを紅参としている。 他に、濃い砂糖水に漬け込んでから乾燥させる 糖参もあり、白参に分類される。 利用 [ ] 韓国のマーケットにて 生薬 [ ] 人参と紅参 [ ] 生薬である人参(ニンジン)や紅参(コウジン)の基原植物である。 人参(ニンジン)は根をそのまま又は軽く湯通しして乾燥させた生薬である。 紅参(コウジン)は根を蒸してから乾燥させた生薬である。 主要成分 [ ] 主要な薬用部位は根で有用成分に、ジンセノサイドとよばれる13種の群、その他、、が含まれている。 ストレスによる胃腸虚弱や食欲不振、嘔吐、下痢、病後の回復期、疲労回復、滋養強壮に効能があるとされ [ ]、として古くから服用されてきた。 伝統医学的観点では、低いを高める作用があるための人は控えるべきだと言われてきたが、ジンセノサイドの一部分には高い血圧を降下させる作用があるとされ、高血圧症、低血圧症それぞれ体に合わせて調整作用するといわれている。 また、種々のストレスに対しても抵抗力を増す効果があるとされ、自律神経の乱れを整え、生体の防御作用を助けるものと考えられている。 風邪などの時は避けることとされている [ ]。 漢方では紅参(コウジン)よりも人参(ニンジン)を配合するものが多く、人参湯類(、、、など)のほか、とともに参耆剤(、など)に配合されている。 民間では、1日量1 - 3グラムの人参を400 の水に入れて30分ほど煎じ、3回に分けて服用する。 また人参酒としては、紅参か白参20 - 100グラム、または生のオタネニンジン80 - 90グラムを、35度の焼酎1リットルに漬けて、冷暗所に約1 - 3か月保存したものが1日量で約20 ccを目安に飲用される。 1回目に浸した人参を使って、再度6か月漬け込み2回目の人参酒を作ることも出来る。 そのあとの人参は、料理にも使える。 ただし、オタネニンジンのヒトを対象とした質の高い試験は無く、健康的有益性を裏付けるは存在しない。 ただし、血圧およびに血糖値に影響を与えるとされ、副作用としては頭痛、睡眠障害および消化器障害などが報告されている。 ウコギ科の薬用植物 [ ] ウコギ科の薬用植物には他に(花旗蔘)、(竹節人蔘)、(田七人蔘)、などがある。 一部ではこれらから抽出し精製したものを『ジンセン』などと呼称しているが、『ジンセン』とは本来、朝鮮人蔘から抽出されたエキスを指す。 :人蔘のみで構成された漢方方剤。 通常、漢方では複数の生薬を組み合わせて用いるため、人蔘を単独で用いる本方は、特異な処方である。 なお、日本には同属の種としては、などが自生している。 食材 [ ] 現在では入手不可能な天然物のオタネニンジン 韓国では煎じたものを(インサムチャ、 人蔘茶)として飲用したり、(参鶏湯、 蔘鷄湯)などの料理にも利用するほか、乾燥させる前の「水参」(スサム、 水蔘、 수삼)をスライスしてにつけて食べたりもする。 人蔘入りのや、なども市販されている。 日本においては、韓国料理の材料として用いられる他、生のものは短冊切りにしてにしたり、の材料とすることがある。 北朝鮮では開城の人蔘酒が主要な輸出品となっており、韓国でものなどで購入できる。 保護の現状 [ ]• 産のものはの附属書II類に指定されている。 備考 [ ]• はその強壮作用から中国語で「海の人参(御種人参)」を意味する名前である「海参(ハイシェン)」と呼ばれる。 江戸時代には大変に高価な生薬で、庶民には高嶺の花だった。 このため、分不相応なほど高額な治療を受けることを戒める「人蔘飲んで首括る」のも生まれた。 「人参で行水」は医薬のかぎりを尽くして治療をすること。 脚注 [ ] []• 2012年8月13日閲覧。 2200621. 2012年8月13日閲覧。 2012年8月13日閲覧。 NCBI 英語. 神戸学院大学薬学部附属薬用植物園. 2020年3月8日閲覧。 昆明植物研究所. 《中国高等植物数据库全库》. 中国科学院微生物研究所. 2009年2月24日閲覧。 『菜譜』に「胡蘿蔔」の項目あり、「せりにんじん」と訓じている。 明治時代の刊本が国会図書館近代デジタルライブラリー で閲覧できる。 吉林インポート. 2012年11月20日閲覧。 National Center for Complementary and Integrative Health 2016年11月29日. 2019年11月10日閲覧。 Geng J, Dong J, Ni H, Lee MS, Wu T, Jiang K, Wang G, Zhou AL, Malouf R 2010年12月8日. Cochrane. 2019年11月10日閲覧。 第5版 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、46頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、74頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 - 雲州人参ミュージアムを設置• () Eurycoma longifolia Jack. - の薬用植物で マレーシアニンジンとも呼ばれる。 住民の現地の言葉で「の」の意。 和名は ナガエカサ。 (マンドラゴラ) - 個体次第で根が人型をした薬用植物であることが類似する。 ただし毒性の強さから薬用として使用されることはほとんどない。 外部リンク [ ]• - 「健康食品」の安全性・有効性情報()」.

次の