熱中症 業務上過失。 エアコンの故障で、入院患者が熱中症で死亡。この時に、業務上...

【学校でのスポーツ事故|判例|テニス・野球・組み体操】

熱中症 業務上過失

Oくん側は、事故の原因はAくんの過失と授業の受け持ちだったI教師の過失によって生じたとして、損害賠償を求めて提訴。 公立学校教員の教育活動は国家賠償法第1条にいう「公権力の行使」に当たる。 ただし、この場合、通常、定規を二つに折ることが まったく予想もされなかった動作であるから、 教員が指導上払うべきであった注意義務を怠ったということにはならず、I教諭には注意義務違反の過失はないとした。 引率の校長を含む3人の教師が業務上過失致死罪に問われた。 「通常何人も容易に予見し得られた」危険を見逃し、必要な注意義務を怠ったとした。 被害者が損害賠償請求。 被害者は低学年でも相当程度、自己の行動の是非を判断しうる年齢に達していたと考えられるので、こうした事故が発生するとは、担任教諭として予測することが不可能で、したがって、児童の指導監督について過失がなかったと判断。 左目の視力が極度に落ちて後遺症が残った。 女子児童の両親は、加害の 男子児童が日頃から粗暴で女子児童にいたずらを繰り返していたのに放置していたとして、男児の両親と学校設置者の神戸市に574万円の損害賠償を求めて提訴。 (逸失利益の計算に多少ずれあり) 各自382万5796円の支払い命令。 「 教師は、教育活動およびこれと密接不離の生 活関係において、代理監督者として児童を保護・監督する義務を負う。 特に小学校低学年の学級担任の監督義務は、教師の教育内容の重要な一部をしめる。 M教諭はTのいたずらについて十分承知していながら、事前に事故の発生を防止するための適切な処置を取らなかったのだから、監督義務の懈怠(けたい)による過失があった」として 事故発生の予見性と放置した過失を認めた。 また、「 親権者の負担する児童の 他人に対する加害行為を防止すべき監督義務は(中略) 児童の生活全般にわたる広範かつ一般敵なものであって」「親権者として果たすべき一般的な監督義務を果たしていず、その責任を免れ得ない」とした。 頭を強く打って 死亡。 児童の両親が小学校設置者である高槻市に損害賠償請求。 「 判断力に乏しい反面、好奇心と行動力が旺盛でこわいものしらずの児童が、学校側の注意に反して鉄ばしごを登り天井改め口から本件天井裏に入って遊ぶことは 十分予測しえた 」とした。 一方、きまりを破って天井裏で遊んでいた児童にも3割の過失相殺。 植物人間に。 1万分の1の確率の「衝撃による発症」に置き換えられる。 スクラムを組んだ際、首の骨を折り、 手足が不自由になった。 県に安全配慮義務違反による債務不履行責任を認める。 双方控訴。 指導教師の責任を認めながらも、「スクラムでの基本動作を怠った清家さんにも過失があった」として 過失相殺。 双方の上告を棄却。 小野幹雄裁判官は、「指導教師に 安全配慮義務があった」として、学校の責任を認めた。 して全身まひになった。 横浜市が控訴。 横浜市が控訴。 「教諭が指示した飛び込みの方法は、体育の水泳指導などによったものではない。 踏み切りのタイミングや位置が難しく、安全な空中姿勢をとることも困難となる危険性を含んでいる。 指導教諭は注意を怠った過失がある」と判断。 「危険を伴う技術を指導する場合には、教師は事故発生防止のための十分措置を講ずる注意義務がある」と指摘。 自習時間中 青森県 小学校4年生のクラスで、 担任教師が子どもの急病のため時間休をとり、自習時間中に、施錠のない教師机に保管していた学級行事の風船割りに使用する吹き矢を児童(小4)がいたずらで吹き、同級生の 左眼を失明させた。 被害者が提訴。 1.吹き矢のような危険なものを預かって、施錠のない教室内に保管、2.当時、テレビの影響で吹き矢が子どもたちの間にはやっていた、3.教員配置の状態などから自習時間になることは予想しえた、 として、事故は予想できたとし、保護監督義務違反を認めた。 損害賠償をめぐる話し合いがこじれて、Kくんの父母が代理で、加納小学校の設置者である岐阜市に対して、国家賠償法による損害賠償を約2500万円請求して提訴。 1.クラブ担当教員は事故防止に万全を尽くす必要がある、 2.校長の予見すべき事故の発生は、当事者や態様の特定された具体的なものである必要はなく 抽象的なもので足りるというべきである、 として、学校側の過失責任を認めた。 引率教師を告訴。 各2500万円の補償で 示談成立。 病院は軽い脱水症状などと診断。 点滴などの処置が帰した。 両親が息子が死は、倒れてすぐに病院に連れていかなかった学校( 学校法人同志社)と、初診の 啓信会京都木津川病院の誤診が原因として、慰謝料など5000万円の支払いを求めて提訴。 同志社は高校生にもなれば体調が悪いと報告できるはずだが、訴えはなかったと強調。 病院も腎臓病を疑う症状はなく医師に過失はないと主張。 小北陽三裁判長は、「高温多湿の夏季に実施される合宿では、顧問教諭らは生徒の健康につき深い配慮をすべきだった」と学校の責任を認めた。 さらに、1年生で先輩らには言いにくかったことも気を配るべきだったとも指摘。 啓信会についても、尿検査をして、急性腎不全であると診断していれば、助かった可能性があったとした。 そのまま競技が続いたため、複数の生徒に腹部を踏みつけられ、内蔵破裂などの大けがを負った。 2年半にわたり入退院を繰り返し、疲れやすい体質になった。 競技中に原告が転んだのを発見していたとしても重大な事故になるとの予見性はなかった」「学校側に安全対策の過失はなかったとした。 トランポリンを踏み台にし、厚さ30センチのマットに背中から着地する方法で、前日始めたばかりの前方2回宙返りの練習中、頭からマットに落ちて首の骨をけがし、頸髄を損傷。 全身まひで両手足がほとんど動かない重度障がいとなった。 男子生徒と両親が、障がいを負ったのは顧問教師が安全を指導しなかったためとして、 県を相手どり、総額2億900万円の損害賠償を求めて提訴。 視力が0.02まで落ち、矯正不能となった。 男子生徒は、「監督が球を打つ方向の選手の動きをよく見ていなかったのと、選手が見える範囲を越えてノックした過失があったとして、 県を相手どり、逸失利益や慰謝料など3000万円の支払いを求めて提訴。 内野手であった原告が所定の位置に移動せず、球からも目を離した結果、自ら招いた事故で、監督の過失ではない」と反論。 高升五十雄裁判長は、「監督の打球は 証言などから、通常打つべき範囲を大きくそれていたと言わざるを得ない」として、 打ち損じが事故の原因と判断。 「事故は、高校の教育活動中の一環である野球部の課外活動中に、教師の過失によって起きたのだから、公務員としての過失があった」と国家賠償法の適用を認めた。 首の骨を折り、 後遺症で障がい1級と診断。 車いすとなった。 女子生徒と家族が、 名古屋市に1億5300万円余の損害賠償を求めて調停申立。 「部活動の担当教諭は事故当時、プールサイドのテント内におり、飛び込み方法などに 具体的な 危険防止の指導を怠った」「 プールの水深は1.3メートル以下であり、 体格が向上した中学生にとって安全性を欠いていた」と主張。 市から1850万円、「日本体育・学校健康センター」から2119万円の計3969万円余が支払われる。 名古屋市教育委員会は、この事故以降、スタート台を使うのは、確実に飛び込み姿勢のとれる児童・生徒に限る(1988年度)、スタート台での練習は技術レベルの高い児童・生徒に限る(1990年度)と新たな指導法を各校に指示。 学校が決めたコースを途中で変更し山頂を目指したところ、落石が頭に当たり 死亡。 両親が、 学校法人「灘育英会」を相手どり、約9020万円の損害賠償を請求して提訴。 「学校側は生徒の生命の安全を守るべき義務があるのに、コース設定に十分な指導をしなかった」と主張。 辰己和男裁判長は、「生徒が自主的な判断で行動しており、 事故が客観的に予測できなければ、 学校側は生徒について逐一指導監督する義務はない」とした。 スタート台からプール(水深1.1メートル、スタート台から水面まで0.58メートル)に飛び込んだ際、プールの底に頭を打ち、頸椎を骨折し、8カ月入院。 完全四肢まひの 1級障がいに認定。 女子生徒と両親が、「事故は同部の顧問の不注意と水深の浅いプール構造が原因」として、学校設置者の相模原市を相手取り、総額2億1千万円の損害賠償を求めて提訴。 被告の市は、「部活動は生徒の自主的な活動であるうえ、顧問教諭も事前に十分指導しており、注意義務違反はない。 また、原告が水深が浅いと主張するプール構造と、事故との因果関係は認められない」と反論。 尾方滋裁判長は、「 顧問教諭には事故発生を未然に防止する注意義務がある。 また、 プールはその構造上、安全性に欠けていた」とした。 原告側の過 失相殺2割を認める。 左目を失明したのは、指導した教師の過失として、 桶川市に総額約5200万円の損害賠償を求めて提訴。 山崎健二裁判長は、 1.生徒が審判用のマスクが欲しいと要望したのに用意しなかった 2.生徒がスピードの出る上手投げをしていたのにやめさせなかった などとし、「生徒のけがを防ぐための注意義務に違反した担任教師の過失は重大」とした。 さらに市側が、「本人がよそ見をしていたためボールがあたった」「失明したのも事故以前の傷が原因」としていたが、「よそ見をしていた事実はなく、事故以前の傷と失明との因果関係も認められない」とした。 心身に傷害が残った。 翌月、外傷性くも膜下出血で死亡。 両親が、埼玉県の公園管理と引率の教師の指導に手落ちがあったとして、埼 玉県と大宮市を相手取り約5300万円の損害賠償を求めて提訴。 両親が、「事故は担任の指導ミスが原因」として 県と教師に総額7150万円の損害賠償を求めて提訴。 北山元章裁判長は、「事故は担任教師の指導ミスが原因」と認定。 慰謝料や葬祭費用などはほぼ原告の請求通り認めたが、争点だった男子生徒の逸失利益の算定について、「 自閉症だったA君が一般企業に就職する可能性は低い。 (県の主張通り)障がい者らが働く地域作業所へ進んだとすると、 県内の作業所の平均年間工賃約7万3千円を基準にするのが妥当で、 18歳から67歳までを計算すると、本件 逸失利益は約120万円になる」とした。 賠償総額を4840万円とはじいたうえ、死亡見舞金など差し引いた280万円を両親に支払うよう、市に命じた 宍戸達徳裁判長は、「一審の認定は、極限すれば重度障害者や重病人の命を無価値と評価することになる」と述べて、「人間の尊厳」を尊重する考えを示した。 一審の金額を「命の価値をはかる基礎として低すぎる」と取り消し、生徒が調理師として働ける可能性があったことから、「控えめにみても、全国労働者の平均賃金の40、50%の収入を得る能力は潜在的にあった」と判断。 両親と市の弁護士同士の交渉で、市も学校側に、 生徒の病状把握や遊歩道の下見などで配慮に欠ける点があったことを認めた。 女子生徒と両親が、「引率教師の過失や特殊学級に対する教師の配置数が足りなかったことが(けがの)原因として、 市に対して約9267万円の損害賠償請求。 市に5320万円の支払いを命じる判決。 両親は、宏之くんが死亡したのは、激しい練習や倒れた後のずさんな処置が原因として、学校法人土浦学園に計7600万円の損害賠償請求。 学園と野球部監督、当時のコーチに約4870万円の支払い命令。 (確定) 福島登裁判長は、「同野球部では、 監督やコーチが生徒の体力の現状を知るなど十分に健康管理に務めていたとは必ずしも言えない」と、 練習と死亡の因果関係を認め、学校側の過失を認めた。 両親は、給食のそばを食べて気分が悪くなったのに、学校が適切な処置を取らなかったため死亡したとして、札幌市を相手どって、約3950万円の損害賠償を求めて提訴。 畑瀬信行裁判官は、「札幌市教委には、 そばアレルギー症の情報を校長や担当職員に知らせ、事故を未然に防ぐ義務があるのに怠った。 担任教諭も哲夫君の訴えを受けた際、 養護教諭にみせ、さらに 帰宅の際に教師を付き添わせるなどの措置が必要だった」などと 管理・責任体制に問題があったと指摘。 一方、「母親は事前に渡されるメニューで、この日にそばが出ることを知りながら、 代替食を持たせず、当日帰宅する際も 迎えに行かなかった」として 過失相殺を認める判断をした。 ・市は哲夫くんの死亡について哀悼の意を表す。 ・市が両親に和解金800万円を支払う。 ・両親はそのほかの請求を放棄する。 後遺障害8級になる。 児童の両親に対する訴えは、「民法上の時効(3年)が成立していた」として棄却。 下司正明裁判長は、 「小学校高学年であっても、危険性を認識する能力はまだ不十分」「退屈な拘束が長時間続けば石や砂で遊び始め、やがて相手めがけて小石類の投げ合いを始めるのは 容易に予想できた。 教諭らは人文字に注意を奪われ、小石の投げ合いがかなりの時間続いたのに気づいておらず 過失がある」と認定。 また、「教諭の注意を守らず、早い段階から小石の投げ合いに加わるなど原告にも責任はある」として、 5割の過失相殺。 市と元同級生の両親に損害賠償を請求。 就職試験などでも、やけどの跡を指摘されて不合格になるなどの損害を受けたことなどを含めて損害額を算定。 市などに約4240万円の支払い命令。 森脇勝裁判長。 女性が文部科学省の外郭団体「日本体育・学校健康センター」から720万円を受け取ったことを踏まえて減額。 市などが約3600万円を支払う。 被害児童の両親が、「当時、教室には先生がおり、指導のあり方に問題があった」として、 市と補償について話しあいを続けていた。 県側に約1億2千900万円の賠償命令。 (実質 勝訴 )。 県側控訴。 「ピラミッドに危険性があることを十分に認識せず、十分な練習も行わなかった」として、指導教師らの過失を認定。 県側に約1億1千150万円の賠償命令。 鍋山健裁判長は、「事故防止対策を講じた形跡はまったくなく、練習計画もずさんだった」として、再び学校側の注意義務違反による過失責任を認めた。 体育担当教師は生徒に呼ばれるまで事故に気付かなかった。 学校管理者に対して、学校の安全指導、報告義務を問う。 生徒の証言を全て「信用できない」とし、教師・学校側の言い分のみを認める。 原告側の主張する 安全配慮義務、事前注意義務、事後報告義務など全て、学校側はそれなりの責任を果たしていたとした。 亀田裁判長は、「落雷の危険性の予兆があるものとして、サッカー競技を直ちに中止して、安全空間に避難すべきであった」「気象状況悪化に伴う中止や中断のルールを協議しておく必要があった」と指摘しながらも、「サッカー指導者の大半が落雷の危険性を感じていなかった。 雷注意報は発令回数が非常に多く、危険性が明確に認識できるとは言えない。 落雷の予見は不可能だった」とした。 松本信弘裁判長(代読)は、「雷鳴は遠くで鳴った程度で空も明るくなっており、危険を認識できたといえない。 落雷の予見は可能といえない 」と1審の高知地裁判決を支持。 中川了滋裁判長は、 「現場にいた教諭らは気象状況から落雷を予見できた」と認定。 「たとえ一般的なスポーツ指導者に認識が薄かったとしても、 教育活動の一環として行われる部活動では、生徒は指導官の指示に従って行動するのであるから、生徒との安全にかかわることを具体的に予見する義務がある」「危険を予見して、かつ、事故を防止する義務がある」 と教示。 私立土佐高校とサッカー大会を開いた高槻市体育協会に約3億円の支払い命令。 矢延裁判長は、「クラブ活動では、生徒は担当教諭の指導監督に従って行動する」と指摘したうえで、 「生徒の安全を守るべき引率教諭は一般に知られている避雷の知識を当然持つべきだ」として、部活動での学校の安全配慮義務を厳しく捉えた。 協会にも、同様の責任があるとした。 当日の気温は37.3度で、道場内はさらに気温が高く蒸し暑かったが、水分補給はなく、顧問は水分摂取を控えるよう指導していた。 両親が、 福島県 を相手に、総額7100万円の損害賠償を求めて提訴。 県に総額5500万円の支払いを命じる判決。 木下徹信裁判長は、「横紋筋融解症は高温下で水分、塩分を補給せずに激しい運動を行った場合に起きる」として因果関係を認定。 「高温下での練習には脱水症状がおこる可能性が高く、顧問の教諭は水分、塩分の補給に一層留意する義務があったのに、実際には水分を補給しないように黙示的な指導がなされ、生徒は水分は補給しづらい雰囲気にあった」として、顧問教師の過失を認めた。 仙台高裁で和解。 学校の事故報告書に保護者の意見欄も付け加えて提出できるようにすることなどが内容に盛り込まれた。 (確定) 同排水溝には蓋を設置していたが固定化されておらず、本件排水溝の蓋ははずされていたこと等からみて、町にはプールの設置管理に瑕疵があったと認めた。 学校プールの安全に関する必要な指導をしていたとして、県の町に対する指導等に違法はないとした。 両親が、学校の健康管理に過失があったして、 市に1億1560万円の損害賠償を求めて提訴。 杉山正士裁判長は「 死ぬことまでは予見できなかったから、学校側には 過失はない」とした。 元相撲部員と両親らが、事故にあったのは、顧問の男性教諭が注意義務を怠ったためだとして、 市を相手に治療費など約4300万円の損害賠償を請求。 弁論では、男性教諭の指導と、けがの因果関係は確認できなかったが、訴訟の長期化は双方にとって不利益として高知地裁が和解を勧告。 男性教諭が相撲部員を竹刀でたたくなど行き過ぎた指導があった点と、倒れた後に男性教諭らの不適切な対応で病院への搬送が遅れた点について、 南国市が原告に遺憾の意を表明し和解金として金100万円を支払う内容で、和解成立。 5月18日、多臓器不全で死亡。 ・村側が、遺族に6073万404円を支払う。 (村が加入している賠償責任保健の保険金を充当) ・村の広報にて事実説明をする。 内容で和解。 下あごに全治1か月のけがをしたほか、奥歯5本が欠けた。 2008年5月29日、東京地裁八王子支部で、 河合治夫裁判長は、 金井市に約397万円の損害賠償を命じる。 裁判所は、Nくんのけがを、高窓からの落下と認定。 そのうえで、自閉症児童がその障がい特性から、「そんなに入っていたければ入っていなさい」という教員の指示を理解することができずに、大声で叱られたこと、扉を閉められたことで、不安や混乱に陥り、倉庫から逃げ出そうとして窓から出ようとすることは推認できたとして、予見可能性を認め、 身障学級の教師としての過失を認定した。 jca. apc. html Copyright C 2013 S. TAKEDA All rights reserved.

次の

重過失傷害罪と業務上過失傷害罪、どちらが重い罪?

熱中症 業務上過失

Oくん側は、事故の原因はAくんの過失と授業の受け持ちだったI教師の過失によって生じたとして、損害賠償を求めて提訴。 公立学校教員の教育活動は国家賠償法第1条にいう「公権力の行使」に当たる。 ただし、この場合、通常、定規を二つに折ることが まったく予想もされなかった動作であるから、 教員が指導上払うべきであった注意義務を怠ったということにはならず、I教諭には注意義務違反の過失はないとした。 引率の校長を含む3人の教師が業務上過失致死罪に問われた。 「通常何人も容易に予見し得られた」危険を見逃し、必要な注意義務を怠ったとした。 被害者が損害賠償請求。 被害者は低学年でも相当程度、自己の行動の是非を判断しうる年齢に達していたと考えられるので、こうした事故が発生するとは、担任教諭として予測することが不可能で、したがって、児童の指導監督について過失がなかったと判断。 左目の視力が極度に落ちて後遺症が残った。 女子児童の両親は、加害の 男子児童が日頃から粗暴で女子児童にいたずらを繰り返していたのに放置していたとして、男児の両親と学校設置者の神戸市に574万円の損害賠償を求めて提訴。 (逸失利益の計算に多少ずれあり) 各自382万5796円の支払い命令。 「 教師は、教育活動およびこれと密接不離の生 活関係において、代理監督者として児童を保護・監督する義務を負う。 特に小学校低学年の学級担任の監督義務は、教師の教育内容の重要な一部をしめる。 M教諭はTのいたずらについて十分承知していながら、事前に事故の発生を防止するための適切な処置を取らなかったのだから、監督義務の懈怠(けたい)による過失があった」として 事故発生の予見性と放置した過失を認めた。 また、「 親権者の負担する児童の 他人に対する加害行為を防止すべき監督義務は(中略) 児童の生活全般にわたる広範かつ一般敵なものであって」「親権者として果たすべき一般的な監督義務を果たしていず、その責任を免れ得ない」とした。 頭を強く打って 死亡。 児童の両親が小学校設置者である高槻市に損害賠償請求。 「 判断力に乏しい反面、好奇心と行動力が旺盛でこわいものしらずの児童が、学校側の注意に反して鉄ばしごを登り天井改め口から本件天井裏に入って遊ぶことは 十分予測しえた 」とした。 一方、きまりを破って天井裏で遊んでいた児童にも3割の過失相殺。 植物人間に。 1万分の1の確率の「衝撃による発症」に置き換えられる。 スクラムを組んだ際、首の骨を折り、 手足が不自由になった。 県に安全配慮義務違反による債務不履行責任を認める。 双方控訴。 指導教師の責任を認めながらも、「スクラムでの基本動作を怠った清家さんにも過失があった」として 過失相殺。 双方の上告を棄却。 小野幹雄裁判官は、「指導教師に 安全配慮義務があった」として、学校の責任を認めた。 して全身まひになった。 横浜市が控訴。 横浜市が控訴。 「教諭が指示した飛び込みの方法は、体育の水泳指導などによったものではない。 踏み切りのタイミングや位置が難しく、安全な空中姿勢をとることも困難となる危険性を含んでいる。 指導教諭は注意を怠った過失がある」と判断。 「危険を伴う技術を指導する場合には、教師は事故発生防止のための十分措置を講ずる注意義務がある」と指摘。 自習時間中 青森県 小学校4年生のクラスで、 担任教師が子どもの急病のため時間休をとり、自習時間中に、施錠のない教師机に保管していた学級行事の風船割りに使用する吹き矢を児童(小4)がいたずらで吹き、同級生の 左眼を失明させた。 被害者が提訴。 1.吹き矢のような危険なものを預かって、施錠のない教室内に保管、2.当時、テレビの影響で吹き矢が子どもたちの間にはやっていた、3.教員配置の状態などから自習時間になることは予想しえた、 として、事故は予想できたとし、保護監督義務違反を認めた。 損害賠償をめぐる話し合いがこじれて、Kくんの父母が代理で、加納小学校の設置者である岐阜市に対して、国家賠償法による損害賠償を約2500万円請求して提訴。 1.クラブ担当教員は事故防止に万全を尽くす必要がある、 2.校長の予見すべき事故の発生は、当事者や態様の特定された具体的なものである必要はなく 抽象的なもので足りるというべきである、 として、学校側の過失責任を認めた。 引率教師を告訴。 各2500万円の補償で 示談成立。 病院は軽い脱水症状などと診断。 点滴などの処置が帰した。 両親が息子が死は、倒れてすぐに病院に連れていかなかった学校( 学校法人同志社)と、初診の 啓信会京都木津川病院の誤診が原因として、慰謝料など5000万円の支払いを求めて提訴。 同志社は高校生にもなれば体調が悪いと報告できるはずだが、訴えはなかったと強調。 病院も腎臓病を疑う症状はなく医師に過失はないと主張。 小北陽三裁判長は、「高温多湿の夏季に実施される合宿では、顧問教諭らは生徒の健康につき深い配慮をすべきだった」と学校の責任を認めた。 さらに、1年生で先輩らには言いにくかったことも気を配るべきだったとも指摘。 啓信会についても、尿検査をして、急性腎不全であると診断していれば、助かった可能性があったとした。 そのまま競技が続いたため、複数の生徒に腹部を踏みつけられ、内蔵破裂などの大けがを負った。 2年半にわたり入退院を繰り返し、疲れやすい体質になった。 競技中に原告が転んだのを発見していたとしても重大な事故になるとの予見性はなかった」「学校側に安全対策の過失はなかったとした。 トランポリンを踏み台にし、厚さ30センチのマットに背中から着地する方法で、前日始めたばかりの前方2回宙返りの練習中、頭からマットに落ちて首の骨をけがし、頸髄を損傷。 全身まひで両手足がほとんど動かない重度障がいとなった。 男子生徒と両親が、障がいを負ったのは顧問教師が安全を指導しなかったためとして、 県を相手どり、総額2億900万円の損害賠償を求めて提訴。 視力が0.02まで落ち、矯正不能となった。 男子生徒は、「監督が球を打つ方向の選手の動きをよく見ていなかったのと、選手が見える範囲を越えてノックした過失があったとして、 県を相手どり、逸失利益や慰謝料など3000万円の支払いを求めて提訴。 内野手であった原告が所定の位置に移動せず、球からも目を離した結果、自ら招いた事故で、監督の過失ではない」と反論。 高升五十雄裁判長は、「監督の打球は 証言などから、通常打つべき範囲を大きくそれていたと言わざるを得ない」として、 打ち損じが事故の原因と判断。 「事故は、高校の教育活動中の一環である野球部の課外活動中に、教師の過失によって起きたのだから、公務員としての過失があった」と国家賠償法の適用を認めた。 首の骨を折り、 後遺症で障がい1級と診断。 車いすとなった。 女子生徒と家族が、 名古屋市に1億5300万円余の損害賠償を求めて調停申立。 「部活動の担当教諭は事故当時、プールサイドのテント内におり、飛び込み方法などに 具体的な 危険防止の指導を怠った」「 プールの水深は1.3メートル以下であり、 体格が向上した中学生にとって安全性を欠いていた」と主張。 市から1850万円、「日本体育・学校健康センター」から2119万円の計3969万円余が支払われる。 名古屋市教育委員会は、この事故以降、スタート台を使うのは、確実に飛び込み姿勢のとれる児童・生徒に限る(1988年度)、スタート台での練習は技術レベルの高い児童・生徒に限る(1990年度)と新たな指導法を各校に指示。 学校が決めたコースを途中で変更し山頂を目指したところ、落石が頭に当たり 死亡。 両親が、 学校法人「灘育英会」を相手どり、約9020万円の損害賠償を請求して提訴。 「学校側は生徒の生命の安全を守るべき義務があるのに、コース設定に十分な指導をしなかった」と主張。 辰己和男裁判長は、「生徒が自主的な判断で行動しており、 事故が客観的に予測できなければ、 学校側は生徒について逐一指導監督する義務はない」とした。 スタート台からプール(水深1.1メートル、スタート台から水面まで0.58メートル)に飛び込んだ際、プールの底に頭を打ち、頸椎を骨折し、8カ月入院。 完全四肢まひの 1級障がいに認定。 女子生徒と両親が、「事故は同部の顧問の不注意と水深の浅いプール構造が原因」として、学校設置者の相模原市を相手取り、総額2億1千万円の損害賠償を求めて提訴。 被告の市は、「部活動は生徒の自主的な活動であるうえ、顧問教諭も事前に十分指導しており、注意義務違反はない。 また、原告が水深が浅いと主張するプール構造と、事故との因果関係は認められない」と反論。 尾方滋裁判長は、「 顧問教諭には事故発生を未然に防止する注意義務がある。 また、 プールはその構造上、安全性に欠けていた」とした。 原告側の過 失相殺2割を認める。 左目を失明したのは、指導した教師の過失として、 桶川市に総額約5200万円の損害賠償を求めて提訴。 山崎健二裁判長は、 1.生徒が審判用のマスクが欲しいと要望したのに用意しなかった 2.生徒がスピードの出る上手投げをしていたのにやめさせなかった などとし、「生徒のけがを防ぐための注意義務に違反した担任教師の過失は重大」とした。 さらに市側が、「本人がよそ見をしていたためボールがあたった」「失明したのも事故以前の傷が原因」としていたが、「よそ見をしていた事実はなく、事故以前の傷と失明との因果関係も認められない」とした。 心身に傷害が残った。 翌月、外傷性くも膜下出血で死亡。 両親が、埼玉県の公園管理と引率の教師の指導に手落ちがあったとして、埼 玉県と大宮市を相手取り約5300万円の損害賠償を求めて提訴。 両親が、「事故は担任の指導ミスが原因」として 県と教師に総額7150万円の損害賠償を求めて提訴。 北山元章裁判長は、「事故は担任教師の指導ミスが原因」と認定。 慰謝料や葬祭費用などはほぼ原告の請求通り認めたが、争点だった男子生徒の逸失利益の算定について、「 自閉症だったA君が一般企業に就職する可能性は低い。 (県の主張通り)障がい者らが働く地域作業所へ進んだとすると、 県内の作業所の平均年間工賃約7万3千円を基準にするのが妥当で、 18歳から67歳までを計算すると、本件 逸失利益は約120万円になる」とした。 賠償総額を4840万円とはじいたうえ、死亡見舞金など差し引いた280万円を両親に支払うよう、市に命じた 宍戸達徳裁判長は、「一審の認定は、極限すれば重度障害者や重病人の命を無価値と評価することになる」と述べて、「人間の尊厳」を尊重する考えを示した。 一審の金額を「命の価値をはかる基礎として低すぎる」と取り消し、生徒が調理師として働ける可能性があったことから、「控えめにみても、全国労働者の平均賃金の40、50%の収入を得る能力は潜在的にあった」と判断。 両親と市の弁護士同士の交渉で、市も学校側に、 生徒の病状把握や遊歩道の下見などで配慮に欠ける点があったことを認めた。 女子生徒と両親が、「引率教師の過失や特殊学級に対する教師の配置数が足りなかったことが(けがの)原因として、 市に対して約9267万円の損害賠償請求。 市に5320万円の支払いを命じる判決。 両親は、宏之くんが死亡したのは、激しい練習や倒れた後のずさんな処置が原因として、学校法人土浦学園に計7600万円の損害賠償請求。 学園と野球部監督、当時のコーチに約4870万円の支払い命令。 (確定) 福島登裁判長は、「同野球部では、 監督やコーチが生徒の体力の現状を知るなど十分に健康管理に務めていたとは必ずしも言えない」と、 練習と死亡の因果関係を認め、学校側の過失を認めた。 両親は、給食のそばを食べて気分が悪くなったのに、学校が適切な処置を取らなかったため死亡したとして、札幌市を相手どって、約3950万円の損害賠償を求めて提訴。 畑瀬信行裁判官は、「札幌市教委には、 そばアレルギー症の情報を校長や担当職員に知らせ、事故を未然に防ぐ義務があるのに怠った。 担任教諭も哲夫君の訴えを受けた際、 養護教諭にみせ、さらに 帰宅の際に教師を付き添わせるなどの措置が必要だった」などと 管理・責任体制に問題があったと指摘。 一方、「母親は事前に渡されるメニューで、この日にそばが出ることを知りながら、 代替食を持たせず、当日帰宅する際も 迎えに行かなかった」として 過失相殺を認める判断をした。 ・市は哲夫くんの死亡について哀悼の意を表す。 ・市が両親に和解金800万円を支払う。 ・両親はそのほかの請求を放棄する。 後遺障害8級になる。 児童の両親に対する訴えは、「民法上の時効(3年)が成立していた」として棄却。 下司正明裁判長は、 「小学校高学年であっても、危険性を認識する能力はまだ不十分」「退屈な拘束が長時間続けば石や砂で遊び始め、やがて相手めがけて小石類の投げ合いを始めるのは 容易に予想できた。 教諭らは人文字に注意を奪われ、小石の投げ合いがかなりの時間続いたのに気づいておらず 過失がある」と認定。 また、「教諭の注意を守らず、早い段階から小石の投げ合いに加わるなど原告にも責任はある」として、 5割の過失相殺。 市と元同級生の両親に損害賠償を請求。 就職試験などでも、やけどの跡を指摘されて不合格になるなどの損害を受けたことなどを含めて損害額を算定。 市などに約4240万円の支払い命令。 森脇勝裁判長。 女性が文部科学省の外郭団体「日本体育・学校健康センター」から720万円を受け取ったことを踏まえて減額。 市などが約3600万円を支払う。 被害児童の両親が、「当時、教室には先生がおり、指導のあり方に問題があった」として、 市と補償について話しあいを続けていた。 県側に約1億2千900万円の賠償命令。 (実質 勝訴 )。 県側控訴。 「ピラミッドに危険性があることを十分に認識せず、十分な練習も行わなかった」として、指導教師らの過失を認定。 県側に約1億1千150万円の賠償命令。 鍋山健裁判長は、「事故防止対策を講じた形跡はまったくなく、練習計画もずさんだった」として、再び学校側の注意義務違反による過失責任を認めた。 体育担当教師は生徒に呼ばれるまで事故に気付かなかった。 学校管理者に対して、学校の安全指導、報告義務を問う。 生徒の証言を全て「信用できない」とし、教師・学校側の言い分のみを認める。 原告側の主張する 安全配慮義務、事前注意義務、事後報告義務など全て、学校側はそれなりの責任を果たしていたとした。 亀田裁判長は、「落雷の危険性の予兆があるものとして、サッカー競技を直ちに中止して、安全空間に避難すべきであった」「気象状況悪化に伴う中止や中断のルールを協議しておく必要があった」と指摘しながらも、「サッカー指導者の大半が落雷の危険性を感じていなかった。 雷注意報は発令回数が非常に多く、危険性が明確に認識できるとは言えない。 落雷の予見は不可能だった」とした。 松本信弘裁判長(代読)は、「雷鳴は遠くで鳴った程度で空も明るくなっており、危険を認識できたといえない。 落雷の予見は可能といえない 」と1審の高知地裁判決を支持。 中川了滋裁判長は、 「現場にいた教諭らは気象状況から落雷を予見できた」と認定。 「たとえ一般的なスポーツ指導者に認識が薄かったとしても、 教育活動の一環として行われる部活動では、生徒は指導官の指示に従って行動するのであるから、生徒との安全にかかわることを具体的に予見する義務がある」「危険を予見して、かつ、事故を防止する義務がある」 と教示。 私立土佐高校とサッカー大会を開いた高槻市体育協会に約3億円の支払い命令。 矢延裁判長は、「クラブ活動では、生徒は担当教諭の指導監督に従って行動する」と指摘したうえで、 「生徒の安全を守るべき引率教諭は一般に知られている避雷の知識を当然持つべきだ」として、部活動での学校の安全配慮義務を厳しく捉えた。 協会にも、同様の責任があるとした。 当日の気温は37.3度で、道場内はさらに気温が高く蒸し暑かったが、水分補給はなく、顧問は水分摂取を控えるよう指導していた。 両親が、 福島県 を相手に、総額7100万円の損害賠償を求めて提訴。 県に総額5500万円の支払いを命じる判決。 木下徹信裁判長は、「横紋筋融解症は高温下で水分、塩分を補給せずに激しい運動を行った場合に起きる」として因果関係を認定。 「高温下での練習には脱水症状がおこる可能性が高く、顧問の教諭は水分、塩分の補給に一層留意する義務があったのに、実際には水分を補給しないように黙示的な指導がなされ、生徒は水分は補給しづらい雰囲気にあった」として、顧問教師の過失を認めた。 仙台高裁で和解。 学校の事故報告書に保護者の意見欄も付け加えて提出できるようにすることなどが内容に盛り込まれた。 (確定) 同排水溝には蓋を設置していたが固定化されておらず、本件排水溝の蓋ははずされていたこと等からみて、町にはプールの設置管理に瑕疵があったと認めた。 学校プールの安全に関する必要な指導をしていたとして、県の町に対する指導等に違法はないとした。 両親が、学校の健康管理に過失があったして、 市に1億1560万円の損害賠償を求めて提訴。 杉山正士裁判長は「 死ぬことまでは予見できなかったから、学校側には 過失はない」とした。 元相撲部員と両親らが、事故にあったのは、顧問の男性教諭が注意義務を怠ったためだとして、 市を相手に治療費など約4300万円の損害賠償を請求。 弁論では、男性教諭の指導と、けがの因果関係は確認できなかったが、訴訟の長期化は双方にとって不利益として高知地裁が和解を勧告。 男性教諭が相撲部員を竹刀でたたくなど行き過ぎた指導があった点と、倒れた後に男性教諭らの不適切な対応で病院への搬送が遅れた点について、 南国市が原告に遺憾の意を表明し和解金として金100万円を支払う内容で、和解成立。 5月18日、多臓器不全で死亡。 ・村側が、遺族に6073万404円を支払う。 (村が加入している賠償責任保健の保険金を充当) ・村の広報にて事実説明をする。 内容で和解。 下あごに全治1か月のけがをしたほか、奥歯5本が欠けた。 2008年5月29日、東京地裁八王子支部で、 河合治夫裁判長は、 金井市に約397万円の損害賠償を命じる。 裁判所は、Nくんのけがを、高窓からの落下と認定。 そのうえで、自閉症児童がその障がい特性から、「そんなに入っていたければ入っていなさい」という教員の指示を理解することができずに、大声で叱られたこと、扉を閉められたことで、不安や混乱に陥り、倉庫から逃げ出そうとして窓から出ようとすることは推認できたとして、予見可能性を認め、 身障学級の教師としての過失を認定した。 jca. apc. html Copyright C 2013 S. TAKEDA All rights reserved.

次の

学校事故・災害の裁判

熱中症 業務上過失

2018-07-18 仕事場の熱中症対策不足で業務上過失致死傷罪 埼玉県朝霞市の刑事事件弁護士 埼玉県朝霞市の建設会社に勤める作業主任Aさんは、炎天下の建設作業中、部下のVさんが休みたいと申し出たものの、これを無視し、無理にVさんに作業を継続させた結果、Vさんは 熱中症で倒れてしまいました。 しかし、Aさんは救急車や医者を呼ぶ等の適切な対応をせず、Vさんを寝かせて放置していたため、作業終了後に病院に搬送されたVさんは間もなく死亡してしまいました。 Vさんの遺族は、Aさんおよび建設会社に対して民事上の損害賠償請求を行うと同時に、 埼玉県警朝霞警察署に対して、Aさんに対する 業務上過失致死罪での 刑事告訴を検討しています。 (フィクションです。 ) 【熱中症対策と適切な労働環境保全義務】 今年も7月に入り、すでに猛暑により十数名にのぼる 熱中症による死者が出ています。 平成29年7月、大阪府内にある第5管区海上保安本部の特殊警備基地において、特殊警備隊員の男性が訓練中に 熱中症で倒れて死亡する事故があり、大阪府警捜査1課は今年7月6日、安全管理を怠ったとして、基地の次長ら上司の3人を、 業務上過失致死罪の疑いで書類送検しました。 警察によれば、送致容疑は、男性が 熱中症で意識障害に陥ったにも関わらず、被疑者らはすぐに救急搬送するなどの適切な対応をせず、2週間後に死亡させたというもので、被疑者は3人とも容疑を認めているようです。 業務上過失致死傷罪を定める刑法第211条は、 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者に対して、5年以下の懲役または禁錮または100万円以下の罰金を科しています。 業務上過失致死傷罪における「 業務」とは、建設業などの特定の分野の業種や 業務に限定されるものではなく、人の生命や身体の危険を防止することを義務内容とする「 業務」を含むと判例は解しており、猛暑の屋外作業のように 熱中症による死亡や傷害の危険がある場所では、 熱中症を防止する体制を整える刑法上の義務があると言えるでしょう。 今後、 熱中症を原因とする 業務上過失致死傷罪で 刑事事件化または 逮捕された場合には、 刑事事件に詳しい 弁護士に相談し、 刑事事件の見込みを知ることが大切です。 埼玉県朝霞市で、仕事場の 熱中症対策不足による 業務上過失致死傷罪の 刑事事件化でお悩みの方は、 弁護士法人あいち 刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。 ( 埼玉県警朝霞警察署への初回接見費用:39,600円).

次の