しぃ アンテナ スマホ。 スマホ画面に貼れる、5G対応の透明フィルム型アンテナ DNPが開発

スマホ付属の“アンテナケーブル”、普通のケーブルと何が違う?

しぃ アンテナ スマホ

今回はスマートフォンのアンテナについて書いてみます。 スマートフォンは内部にアンテナが幾つも入っているのですが、外側からは見えません。 2G世代やPHSはアンテナ線を延ばすことができましたが、現在のスマートフォンは アンテナは外側から見えなくなっていますね。 ではスマートフォンはアンテナが無いのかというと違います。 アンテナは内部にあります。 幾つかのWebサイトではスマートフォンの分解記事が書かれていたりするのですが、 それらをそのまま記載する事は出来ないので、図だけ紹介します。 この図は某社スマートフォンのアンテナの位置と金属パターン形状です。 よく言われるアップルとかAndroidが動くサムスンのスマートフォンですね。 それぞれ異なった周波数、用途なので複数のアンテナが組み込まれてます。 スマートフォンのアンテナは、アンテナ線を伸ばす事は出来ませんから2G世代のようなアンテナではありません。 実際には金属部品が電気的に電線のループと等価となるような 組み込み方をしています。 これは昔のポケットベルで採用されていたようなアンテナと同じで2G世代とは大きく異なります。 このループアンテナと呼ばれるものはAMラジオなどでも使われているもので、 ラジオと基本的には同じものなんですが、ループアンテナには指向性というものがあるので、 アンテナの正しい設置方法というものがあるんですね。 これはスマートフォンにも当てはまります。 正しい電波の受信方法 アンテナの向け方 というものがあるんです。 具体的には下の図に示すように、基地局に対してスマートフォンの「向け方」というものが あるんですね。 スマートフォンは画面を見ながら真正面に基地局を見るのではなく、 画面を見ながら横目に基地局アンテナを見る位置が電波感度がもっともベストなんです。 そしてスマートフォンは地面に平行にしても駄目で、立てるように使います。 正しいアンテナの向け方をしないと、当然、電波受信状態は悪くなります。 これはループアンテナの形状が原因で生じる問題です。 電波が届きにくい場所で緊急通話をしなければならない場合は、このアンテナの 指向特性や「向け方」を覚えておくと命が助かる可能性が高まるといえるかもしれません。 なのでスマートフォンに外部アンテナを取り付けるのであれば必ずループ型アンテナを使わなければいけません。 間違っても導線が棒状に垂直に伸びた外部アンテナは使わないように。 垂直ダイポールやスリーブアンテナでも駄目です。 電波が受信できませんから。 これは携帯電話基地局の電界強度測定を行う場合も同様で、必ずアンテナの種類に注意しなければ 正確な輻射エネルギーの強度を得る事は出来ないという事でもあるんです。 電磁波の偏波面に注意しなければいけないんです。 なので専門的な設備を持つ機関であればバイコニカルという特殊な形状のアンテナを使います。 何故スマートフォンの内部のアンテナがループアンテナなのかというとそれはスマートフォンの 形状やデザインからアンテナを目立たなくするという問題もあると思いますが、 一番の理由は基地局のアンテナがループだからです。 基地局コリニアアンテナがループをスタックしたブロードサイドアレイだからなんです。 基地局がループのコリニアである事はあまり知られていないようなのですが、 一般的なダイポールを縦にスタックしたコリニアと全く違います。 基地局側がループアンテナなので、端末のスマートフォンもループアンテナに合わせているということです。 (正確にはキャリアごとに微妙な違いはありますが) スマートフォン向け携帯電話の電磁波はループアンテナを使うと驚くほど電波は強く受信できます。

次の

スマホ画面に貼れる、5G対応の透明フィルム型アンテナ DNPが開発

しぃ アンテナ スマホ

キーワード• すべてを含む• いずれかを含む• 除外する 検索範囲• すべて• 商品名のみ カテゴリ• 送料無料• 条件付き送料無料 配送• 当日配送 きょうつく• 翌日配送 あすつく• 今からの注文で 販売の状態• 在庫ありのみ• 予約可能• 割引あり 商品の状態• すべて• 中古 価格帯• 円~ 円 出品者• すべて• ストア• 個人 支払い方法• 指定なし• Yahoo! ウォレット• クレジットカード• 商品代引• 銀行振込• コンビニ• ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済• Yahoo! 選択した条件をクリア.

次の

gma.vapur.us: docomo・SoftBank・au 携帯対応高感度外部アンテナ: 家電・カメラ

しぃ アンテナ スマホ

テレビチューナー内蔵のAndroidスマートフォンは根強い人気があります。 動画配信サービスとは異なり大量のパケットを消費する心配がない、ニュースやスポーツ中継など独自のコンテンツがある、など理由はさまざまですが、自分専用で場所を選ばず使えるスマートフォンに適したアプリケーションであることは確かです。 そんなAndroidスマートフォンでのテレビ視聴ですが、付属の「アンテナケーブル」を3. 5mmイヤホンジャックとイヤホンの間にセットし、テレビアンテナとして使うというスタイルで行います。 アンテナケーブルといっても、一見短めの延長ケーブルで作りはシンプル。 しかし、わざわざ付属するからにはなんらかの仕掛けがあるはずです。 その答えは、アンテナケーブルの端子部分にあります。 一般的なイヤホンプラグ(ステレオミニプラグ)は3極ですが、アンテナケーブルは4極。 このうち2極を使い、イヤホンケーブルが受信した地デジ信号をスマートフォン内部のテレビチューナーへと伝えるのです。 アンテナケーブルを省いて直接イヤホンをスマートフォンに接続しても地デジ信号を受信できますが、イヤホンから聴こえるテレビの音声は片方のチャンネルのみとなります。 なお、Type-C端子に接続するタイプのアンテナケーブルも存在しますが、ステレオミニプラグ変換アダプタとしての機能が追加されていることを除けば、基本的なしくみは同じです。 利用するイヤホンのケーブル長や被膜の素材によって受信感度が変わることも同じですから、いちど試してみては?.

次の