膝 の 内側 曲げる と 痛い。 「鵞足炎」かも!?ランニングで膝の内側が痛む時の改善法

膝の内側が痛い・腫れる・左足だけ突然痛む!子供・大人の原因は?

膝 の 内側 曲げる と 痛い

Contents• 膝の内側が痛い(曲げると痛い)原因 膝って私達が普段生活をするのにも大事な部分ですよね。 膝で体重を支えていると言ってもいいでしょう。 そのためかなり負担がかかります。 通常立っている時も膝で自分の体重を支えていますが歩くだけでも約3倍の負荷がかかります。 さらに激しい運動をすると10倍以上の負荷になります。 体の中でも負荷がかかるので膝は結構傷みやすい部分でもあるようです。 普通の生活だけでなくスポーツをや運動をするのにも膝は重要です。 膝はクッションの働きをしてくれるので激しい運動にも耐えることができます。 スポーツや運動をする際には瞬発的に力を入れる瞬間もありますもんね。 膝が痛い状態だと満足にスポーツをすることもできませんし普段の生活にも支障が出てきてしまいます。 膝の痛みが深刻になると痛くて歩けないということにもなりますからね。 膝が痛い時って外側よりも内側が痛くなりやすいようです。 私も何度か膝が痛いなーと感じたことがありますが膝の内側が痛くなることが多かったです。 膝の内側が痛いときの原因とはなんなのでしょうか。 どこかにぶつけて膝が痛いというのなら原因ははっきりとしています。 しかし特に怪我をしたわけでもないのに膝を曲げると痛いときなど原因がわからないんですよね。 朝起きたら急に膝の内側が痛くなっていたということもありますし歩いていたら痛みを感じる場合もあります。 座っていて立とうとした時に膝に痛みがあることもあります。 見た目は変わっていないので原因がわかりませんよね。 そこで膝の内側が痛いときや曲げると痛いときの原因をいくつか紹介します。 変形性膝関節症 膝を曲げると内側が痛い時に多く診断されるのが変形性膝関節症です。 変形性膝関節症は男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。 症状が軽いうちは歩いた時に膝に痛みがありますが、症状が重くなってくると座ったりしていても膝が痛くなります。 変形性膝関節症で膝の内側が痛くなる原因は関節軟骨の老化です。 ですから年齢を重ねた人がなりやすいようです。 関節軟骨が固くなったりすり減ったりし膝に痛みが出てきます。 上述したように私の母も膝の内側が痛いと言っていて病院でみてもらいました。 どうやらこの変形性膝関節症が原因で膝を曲げると痛いという状況だったようです。 数ヶ月病院に通ってヒアルロン酸を注射してもらっていました。 徐々に膝の痛みは和らいだようです。 いまでは膝が痛いということもないみたいです。 高齢者の方が膝が痛い場合は変形性膝関節症の可能性がありますね。 鵞足炎(がそくえん) 鵞足炎も変形性膝関節症と同じように診断されることが多いです。 鵞足炎になると膝を曲げた時に痛みがあり階段をのぼることが辛くなったりスポーツもできない状態になります。 鵞足は膝の内側にある部分をいい、この場所が炎症を起こすことを鵞足炎といいます。 スポーツをやっている人や靴の内側がすり減りやすい人が鵞足炎のため膝を曲げると内側が痛いという人が多いんです。 日頃ランニングなどで運動をしている人で膝が痛い場合は鵞足炎の可能性があります。 オスグッド病 オスグッド病で膝が痛くなりやすいのは高校生までの子供です。 スポーツや運動をしている子供が膝が痛いという場合はオスグッド病の可能性があります。 成長期に多いので大人になると痛みがなくなります。 オスグッド病は軟骨が剥離することになって膝が痛くなります。 運動を軽めにしたり膝の痛みが激しい時は運動を止めさせましょう。 タナ障害 膝にはタナと呼ばれる部分があります。 スポーツなどを繰り返し行なっているとタナが炎症を起こすことがあります。 タナ障害だと膝を曲げたり伸ばしたりするときに痛みがあります。 膝のお皿の内側が痛いなーと思ったらタナ障害かもしれません。 膝を曲げたり伸ばしたりするとパキパキという音がなったりするのもタナ障害の特徴です。 内側側副靱帯損傷 内側側副靱帯損傷はスポーツや運動をしている人がなりやすいです。 その名の通り膝の内側の靭帯に傷が付き痛みがあります。 重症化すると靭帯断裂などにもなります。 急な方向転換などをするスポーツで内側側副靱帯損傷は多く見られます。 膝の内側の少し上辺りを押すとかなり痛いのでわかりやすいです。 スポーツで膝を捻って痛いという場合は内側側副靱帯損傷が原因かもしれません。 半月板損傷 半月板は膝の関節でクッションの役割をしています。 階段の登り降りをするときに膝の内側が痛いと感じる場合は半月板損傷が原因の可能性があります。 半月板損傷の場合はじん帯も同時に損傷していることがあります。 膝に水が溜まったり急に膝が動かなくなるなどの症状がある場合もあります。 歩けなくなるほどの膝の痛みが伴うこともあります。 スポンサーリンク 膝に痛みが出た時の対処 膝の痛みは急にきますよね。 膝を曲げると痛いという時の対処はどうすればいいのでしょうか。 まずは運動やスポーツをやっている場合は中断しましょう。 そのまま続けているとさらに膝の痛みがひどくなることもあります。 さらに重症化することもありますからね。 ちょっと膝が痛いぐらいの場合はしばらく様子を見るのもいいでしょう。 次の日になったら痛みがなくなることもあります。 私の場合は寝て起きたら膝の痛みがなくなっていることがほとんどです。 しばらく様子を見ても膝の痛みがあったり、様子を見ている状況じゃない膝の痛みの時はすぐに病院に行きましょう。 病院に何科に行けばいいのかがわからない場合もありますよね。 膝の痛みの場合の病院は整形外科です。 膝が痛くて違和感があったり普段の生活に支障が出る場合は病院の整形外科で診てもらいましょう。 我慢したり大丈夫と思っていると膝の痛みが重症化する場合があります。 放置しないで病院で診てもらってください。 病院でしばらく治療しているけどなかなか良くならないという場合もあります。 膝の痛みに関しては整体院や鍼灸院などでも診てもらえます。 他にもスポーツ医療を専門にしている場所もあります。 病院で膝の痛みが良くならなくても上記のような場所に行ったら数日で良くなったという人もいます。 自分にあった治療を選択するのがいいのではないでしょうか。 膝が痛くならないための予防 膝が痛くなると普段の生活もいつも通りにはできないものです。 階段を昇ったりするだけで痛みがあると外出を避けがちになったりもします。 膝が痛いのにスポーツや運動をする気にならないですもんね。 膝が痛くならないようにするための予防が必要です。 膝の痛みの予防には生活習慣を変える必要があります。 膝の痛みの予防には適度な運動をするのが効果的なんです。 急に激しい運動は絶対にいけません。 激しい運動で膝を痛めることもありますからね。 運動をする前には準備運動やストレッチをしっかりと行いましょう。 そして軽い運動をするようにしてください。 最初はウォーキングがいいのではないでしょうか。 プールの中で歩くというのもいいようです。 O脚やX脚の場合は可能なら治したほうがいいでしょう。 膝に負担がかかってしまいます。 膝の怪我にもつながりますからね。 そして体が固い人も注意が必要なんです。 体は柔軟性があった方が怪我をしにくいと言われています。 膝の痛みの予防にも柔軟性は重要です。 特にスポーツをする人は柔軟性を高めましょう。 体が柔らかいと可動域が広がるということですからね。 膝の痛みが出る前に予防をしておくのが必要です。 しかし膝が痛い時には安静にするようにしてください。 膝に痛みがあるのにストレッチや運動をしてしまうと炎症がさらにひどくなって重症化する場合があります。 まとめ 膝の内側が痛いときや曲げると痛いときの原因でした。 膝を曲げると内側が痛い時の原因をいくつか紹介しました。 他にも膝が痛くなる原因は様々あります。 膝が痛いときの対処法についても紹介しました。 ゆっくりと休息するのが大切です。 膝が痛くてしかたないというときには病院で診てもらいましょう。 膝が痛い時は整形外科に行って診てもらって下さい。 膝が痛くならないようにする予防は生活習慣の改善が必要です。 日頃運動をしていない人は軽い運動をするようにしましょう。 最初はウォーキングなどから始めるといいと思います。 膝が少し痛いぐらいであれば2日や3日もすれば治る場合もあります。 私も寝て起きたら膝の痛みがなくなっていることも多いです。 気がついたら痛みが消えています。 しかし何日経っても膝が痛い場合は病院で診てもらいましょう。 私の母の場合は何日も膝の痛みがありました。 病院で診てもらって治療したらかなり楽になったようです。 現在では膝が痛いということもありません。 病院に通院しても膝の痛みが良くならないという場合は鍼灸院などでも診てもらえます。 人によっては病院よりも効果を感じる人もいます。 選択肢の一つに入れてもいいのではないでしょうか。 膝が痛いと普段の生活にも支障がでます。 階段も登れないほどの痛みだと気分も落ち込みますしね。 早めに膝の痛みは治療しましょう。 膝が痛くならないように予防することも大切ですね。

次の

深くしゃがむと膝が痛い!そんな時に試して欲しい2つの運動!

膝 の 内側 曲げる と 痛い

多くの方々が悩みを持つ膝の痛み。 しかし、その原因は何なのか、また痛みを改善させるためのリハビリ方法や、介護予防を目的とした体操のやり方はあまり知られていません。 ここでは痛みの原因を解説したうえで、自宅で行える簡単なトレーニングや体操方法をご紹介します。 これを継続することで痛み改善にも効果的です。 ページ後半では動画を用いて体操方法を分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。 【目次】 関節痛は要介護の一因にも 多くの高齢者は膝の痛みに悩まされています。 「東京大学医学部22世紀医療センター」によると、日本ではレントゲンで調べたところ変形性膝関節症が2,400万人いると推測されています。 また、2016年の厚生労働省の調べによると「介護が必要となった主な原因」を要介護度別にみると、要支援では「関節疾患」が17. これらの情報から、およそ5人に1人程度の割合で、膝などの関節に痛みを抱えている人がいることが分かります。 では、これだけ多くの方々が悩まされている痛みの原因とは、どのようなものがあるのでしょうか? その原因をみていきましょう。 膝の痛みの場所と原因 膝の痛みは、 関節の内側が痛むか外側が痛むかによって、考えられる原因は異なります。 膝の内側が痛む原因 痛みの原因として最も主要なものは 変形性膝関節症です。 これは膝関節に発症する慢性の関節炎で、多くの場合が外傷などの明確な原因がなく、自然に発症してくるものです。 レントゲンを撮ってみると、関節のすき間 関節裂隙<かんせつれつげき> が狭くなったりして痛みを生みだしていたりします。 この症状をもつ男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢になるほど変形性膝関節症になる可能性は高くなります。 症状は、「初期、進行期、末期」の3期に分かれます。 初期 関節の軟骨がこすれ合い、年齢的な要因もあり、軟骨の表面が傷ついてきます。 そのため、立ち上がり・歩き始めなど動作の開始時のみに痛みが生じ、少し休息すれば痛みが消えたりします。 この時期の治療としては、湿布を貼ったり、痛み止めの内服や関節注射 ヒアルロン酸 を行います。 また、リハビリでの運動療法や温熱療法も有効です。 2.進行期 関節の軟骨がすり減ったり、軟骨がはがれてしまうことで、骨に負担がかかり、関節が変形してしまい、正座や階段の上り下りが難しくなります。 この時期の治療としては、初期の治療と変わらず、痛み止めの内服や関節注射を行います。 また、膝の痛みが強い人に関しては膝の装具も効果的となります。 3.末期 関節の軟骨がなくなり、骨が露出するため、骨同士が直接こすれ合ってしまい、関節が硬くなり、変形も進行します。 痛みに関しても強く、安静時にも痛みが取れず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行することが難しくなる場合があります。 この時期の治療としては、痛みが強い場合は、人口膝関節置換術などの手術を行います。 膝の内側が痛むほかの原因 ・内側半月板<ないそくはんげつばん> ・前十字靭帯<ぜんじゅうじじんたい> ・内側側副靱帯<ないそくそくふくじんたい> といった 靭帯の損傷が多く考えられます。 また、別の原因として、膝の下にある脛骨<けいこつ>(いわゆる 脛<すね>)の内側部分にある筋肉の、炎症やハリなどによって膝の内側が痛むことがあります。 膝の外側が痛む原因 膝の外側が痛む原因は、外側半月板<がいそくはんげつばん>や外側側副靱帯<がいそくそくふくじんたい>などの損傷が考えられます。 また、別の原因として、太ももの筋肉である大腿四頭筋<だいたいしとうきん>の外側に位置している脛の外側の骨である腓骨<ひこつ>に付く腸脛靭帯<ちょうけいじんたい>という大きな靭帯が痛みの原因になっていることもあります。 上記のように膝の痛みは大きく内側・外側と分かれますが、その多くは内側に痛みが出やすくなっています。 紹介した内容が、全ての膝の痛みの原因とは限りませんが、主要な原因とされる部分です。 覚えておきましょう。 自宅でできる簡単筋トレ法 次に、医療機関等のリハビリで行う筋肉トレーニング方法をお伝えします。 膝の痛みを起こさせないように、このトレーニング方法を実践してみましょう。 膝の痛み緩和には筋肉トレーニングが有効 痛みを緩和するためには、筋肉をつけることが重要です。 膝のまわりの筋肉が強くなることにより、膝の動きが安定し、関節や骨、靭帯、腱などにかかる負担が減るため痛みを和らげることが期待できます。 しかし、トレーニングといってもどのように行えばいいのか理解している人は少ないと思いますので、今回は5つポイントをお伝えします。 ぜひ意識して行ってみてください。 そのため、回数は筋肉トレーニングを行って疲労感が出てくるまでの回数とします。 その回数が実施回数の目安となるためしっかり覚えておいて下さい。 効果が高いと言われているやり方というのは、1種目につき2~3セット、セット間の休憩は1~3分で行うのが良いといわれています。 頻度がこれより多すぎても、少なすぎても効果が低くなると言われています。 鍛えたい筋肉を意識すると、筋トレの効果が上がることがわかっているため、しっかり意識するようにして下さい。 筋肉とレーニングを行う時に意識する点が理解できたかと思います。 つぎは実際のトレーニング方法をみていきましょう。 仰向けで寝て両足を伸ばします• つま先をしっかり上に向けます• 膝を曲げずに伸ばしたまま、足を上げていきます• 足の上げ下ろしをゆっくり繰り返して行います• これらを1回として、10~15回程度の回数で2~3セット程度行います *ポイント 足の上げ下げを行う時は膝を曲げることなく、しっかり膝を伸ばしたまま行うようにします 腰痛がある場合は、腰への負担を軽減させるために、足の上げ下げを行う時に逆の上げ下げを行っていない方の足を曲げて、膝を立てた状態で行うと、腰への痛みを軽減させることができます。 筋肉トレーニングの方法は他にも沢山ありますが、まずは少ない種類をしっかり行うようにして、少しずつ筋肉トレーニングの種類を増やすようにしていきましょう。 もしも痛みなどが生じた際はトレーニングを止め、医師の診断を受けましょう。 【動画でわかる】介護予防体操 膝の痛みに関しては、筋肉のトレーニングだけではなく、以下で紹介する体操も効果的です。 この体操は椅子に座った姿勢で行うことができるので、筋肉トレーニングを行うことが難しい身体状態の方にもおすすめできます。 また、膝の痛み改善だけではなく、健康寿命を伸ばすための介護予防としても効果的です。 椅子に両方の足を床に付けてしっかり座ります。 足を軽く広げて、両手で太ももの内側を揉むようにしっかりマッサージを行います。 しっかりマッサージをしたら反対側の足も同じようにマッサージを行います。 *マッサージは気持ちよさを感じる程度の力で行います 今回、紹介したメニューを全て行うのが難しい方は、メニューの数や、体操の実施回数を減らすなどして調整してみましょう。 もしも痛みなどが生じた際は体操を止め、医師の診断を受けましょう。 まとめ 今回ご紹介した、痛みを改善するための筋肉トレーニングや介護予防体操をしっかり行うことにより、筋力が向上し膝の痛みが和らぐことが期待できます。 痛みが和らぐことで、歩くことや外出にも前向きに取り組めるようになりますね。 膝の痛みと上手に付き合いながら、日常生活が前向きに送れるように、自宅でもトレーニングや体操をしてみましょう。

次の

【膝の痛み】内側が曲げると痛い時の対処方法

膝 の 内側 曲げる と 痛い

Contents• 膝の内側が曲げると痛いメカニズムを知る 膝の内側に痛みが出るのは偶然ではなく、もちろんれっきとした理由があります。 その理由をしっかり理解して痛みの対策を練りましょう。 膝の痛みが内側に出やすい理由 理由は2つあります。 一つ目は、膝関節の骨格の形状上、 内側に負荷がかかりやすい構造をしているということ。 二つ目は、 足裏の土踏まずの機能低下です。 理由1:膝関節は内側に負荷がかかりやすい構造をしている 膝の内側の靭帯は、クッションとなる半月板という膝の軟骨と癒着しています。 さらに、膝には関節包という保護膜が関節全体を覆っています。 その関節包も同じく内側に癒着しています。 すなわち、外側よりも曲げたときの柔軟性が悪くなってしまうということです。 なので、曲げる時に内側の癒着部分が押しつぶされる状態になります。 その状態が何度も起きると神経が豊富にある関節包に痛みが生じるのです。 靭帯や軟骨はそういう押しつぶされるような刺激を受けても大丈夫なようにできていますが、関節包は非常にデリケートで、こういった刺激が入ると神経が過敏になって痛みとなって現れます。 理由2:足裏の土踏まず機能低下が内側の負荷を増強させる 土踏まずは歩く時や立っている時など、日常生活での動作で膝にかかる衝撃や負荷を軽減するためのクッションの役割をしています。 そのクッションが機能していないと日常生活動作での足にかかる衝撃がすべて膝にかかってしまい、特に構造的に負担のかかりやすい内側にダイレクトに加わってしまいます。 最初の理由も、この土踏まずの機能低下が原因で起こっています。 というメカニズムです。 なので、解消法としては、筋肉に対してではなく、膝関節にかかる負荷のかかり方を変えていくことがメインになります。 膝の内側の痛みを改善する為には… やることは2つです。 内側にかかる負荷をこれ以上増やさないようにしていくことと、同時進行で今まで負荷をかけたことで 溜まった疲労を除去していく処置をしていくことです。 足裏の内側アーチ 土踏まず の機能回復 土踏まずの機能を回復させる方法も2つあります。 土踏まずを活性化させて 内側にかかる負荷をまずは食い止めましょう。 踵上げ運動と足踏み運動が内側アーチを活性化させる これは自宅でも簡単にできるセルフケアですので、回数や時間などは決めずに家事をしている時や自宅でテレビを観ている時など、足が暇な時に常に行って下さい。 普段履いている靴を見直すことで膝の痛みが改善する 土踏まずの機能が落ちている大元の原因は、あなたが普段履いている靴や靴に敷いてあるインソール 中敷き です。 特に中敷きの土踏まず部分が持ち上がっていて履いた時に土踏まずにフィットしているようなものは確実に土踏まずの動きを止めています。 なので、まずは 今履かれている靴の中敷きを取り除きましょう。 何もない状態で履いている方が土踏まずはよく動きます。 内転筋群のストレッチで内側の疲労を除去 太ももの内側の部分にある筋肉のことを内転筋群といいます。 複数の筋肉が同じ走行をしているので筋群と呼ばれています。 この 内転筋群の疲労が関節包の神経を過敏にしているので、筋群を緩めて関節包の緊張を緩和しましょう。 方法としては、動画の検索をしていただければいくらでも出てきますが、できれば自宅でテレビを観ながらできるような簡単な方法がいいですよね?では、この動画のストレッチを是非参考にしてみて下さい。

次の