武庫川 一文字。 武庫川一文字(尼崎市)釣り/水温・潮汐表・波の高さ・風速

武庫川一文字でタコ釣りしてきた。タコジグ仕掛けで初心者にも簡単【岸タコ】

武庫川 一文字

スポンサーリンク 武庫川一文字の釣り場紹介 武庫川河口の沖合にある全長約4. 5㌔の長大な一文字が釣り場となる。 渡船利用となるが、定期的にくる渡船内にはトイレがあるし、足場がいいから家族揃っての釣行も問題ない。 一段高い沖向きは3〜4㍍の段差があるため、ケーソンに取りつけられたハシゴを使って上がる(足場が狭いから要注意)。 ここの釣り場にはテトラなどの目立った障害物はない。 内、外向きとも垂直ケーソンが続いている。 一見すると単調な釣り場である。 しかし、岸からかなり沖にあるため潮通しが抜群であること、足もとから豊富な水深(約10㍍)に恵まれていることなど、釣り場の立地条件は最高だ。 武庫川一文字の四季の釣りもの ターゲットはバラエティーに富んでいる。 チヌ・スズキ・メバル・ガシラ・アイナメ・タコ・スルメイカ・タチウオ・アジ・サバ・イワシ・カワハギ・ハマチなど、ベテランから家族連れまで幅広い層の釣り人が楽しめる魚が揃っている。 春〜夏はズボ釣りがおもしろい。 足もとから水深があるため、波止際を狙うだけでも十分な釣果が得られる。 ポイントはケーソンの継ぎ目。 潮流によって大きく浸食されている継ぎ目には根魚がびっしりと居ついている。 チヌの乗っ込み期になれば、この釣り方で50㌢オーバーの大型が狙える。 また、落とし込みやフカセ釣りで数が釣れるのもこの時期である。 そして、梅雨入り前になるとスルメイカの群れが回遊してくる。 冷凍キビナゴなどを餌にしたウキ釣りで沖向きを狙えば手軽に数が狙える。 梅雨が明けるとタコ釣りがおもしろくなる。 タコジグを使って波止際を探り歩けば数・型ともに好釣果が期待できる。 ハネは春からずっと釣れ続く。 特に水温が上がり始める5月ごろからは、エビ撒き釣りで良型の数釣りが期待できる。 アジ・サバ・イワシのサビキ釣りが楽しめるようになるのもこの時期である。 秋は夏の釣りものに加えて青物が回るし、半夜でタチウオが狙えるようになる。 手軽に数釣りができるとあって盛期を迎える10〜11月には5㍍間隔で釣り人が並ぶほどの盛況となる。 冬場は根魚釣りがおもしろい。 ズボ釣りでポン級のアイナメや艮型のガシラが上がる。 また、底層を狙うと50㌢級も期待できるなど、チヌ狙いのフカセ釣りもおもしろい。 キーワード検索•

次の

武庫川一文字の渡船料金と時間帯!オススメの乗り場の選び方

武庫川 一文字

武庫川一文字でタコ釣り。 大雨の影響は?水潮は? 到着してすぐに一文字際の状況を撮影。 ぐっちゃぐちゃに濁ってるし浮遊物もまだまだ残っている。 際には淀川あたりから流れ出たであろうアシなどの植物ゴミがたくさん居着いている。 潮は動いているものの後から後から浮遊物が流れてきておりキリがなさそうだ。 潮も完全に水潮。 よくある上だけ水潮って感じでもなく完全に水潮。 果たして今回は・・・。 今年のタコ釣りの為にタコ釣りタックル揃えました とにかく釣りをするならまず道具を揃えなきゃいけないってことでタコ釣り用の竿とリールも揃えました。 竿はPROXの「」を選択。 ベイトリールを使用する関係でトリガーも欲しかったし、錘負荷150号のものが欲しかった。 ちょろっと探した所、この竿が求めるスペックに合致していたことも大きな要因。 リールは「」を選択。 こちらも竿と同様でタコ釣りコーナーのカラカラうるさくて重い安物で十分なのだけど、さほど高いものでもないのでちょっとだけ良いものを選択。 以前カンダイ釣行の際に、同行者のN田氏が同機種の他魚種用を使用しており、堅牢そうな印象を受けたので当リールを選択。 基本的には船タコ用と思われるがもちろん岸タコにも最適。 MAXドラグパワー12kg、シンクロレベルワインダーなど岸タコする上で頼れるアイテム。 今後船タコやエギタコがやりたくなった時にも使えるので汎用性も高く非常に良い買い物をしたなぁと思っている。 水潮にも関わらず朝イチから簡単に釣れてくれるタコ この日は前日にタコシーズンインっぽい釣果が出ていた為、朝1番船からタコ狙いとおぼしき釣り客が数十人と大勢。 大半の釣り客は西側方面へ渡っていったが人の多さを嫌気して私は最も東側の桟橋で下船。 5時の1番船に乗り、1番近い場所で降りて5時15分にはもう一匹目。 最近の傾向では朝に釣れて日が昇ってからはちょっと渋くなってしまうらしい。 ハイシーズンであれば日中いつやっても体力があればいくらでも釣れるといった感じだけど、今年はシーズンに入るのが遅い上に単純にタコが薄いようだ。 それでも一応時合ということで、良い所に当たればダブルヒットなんかも拾える。 リリースサイズのタコもいくつか混じったが基本的には持ち帰りが可能な100g以上の個体が大半。 岸タコ釣りにおいても時合は大変重要で、釣れる時に釣っておかないと数が伸ばせないので手返し良く進めていく。 しかしながらこの日の時合は短く、6時前にはパッタリとアタリがなくなってしまった。。。。 丁寧に繋ぎ目や、繋ぎ目付近の底を叩いてみるも・・・・。 カニとかヒトデとかしか釣れなくなってしまった。 恐竜もいた 時刻は6時半過ぎ。 日差しが暑いしアタリもなくなったので終了。 どう考えても早すぎるけど、暑い中粘って粘って100gのマダコを数匹上積みすることに意義を感じられるほど岸タコ釣りジャンキーではない。 7時便で帰ろうとした所、一文字付近でなにやら問題があったらしく消防や警察が渡船で一文字へ。 みんな重装備でクソ暑そうだった。 釣り人と同じぐらい日焼けしてた。 武庫川一文字での岸タコ。 最終釣果 最終釣果は持ち帰り7匹、リリース3匹。 7時便で帰った割には釣れたほうかなぁ。 まぁ、この釣りに関しては釣り勝とうが負けようがどちらでも良いという気持ちで100%。 早速下処理でもしていくかなと思ったけど、微妙に生きてて目が怖い。 アヒージョかサラダにでもしていただこうかな。 帰宅してから釣果情報を確認してみると、私がやっていた付近では1番釣れていたようなのでやり方や仕掛けなんかは全然合っているようだ。 しかしながら暑すぎて何度もリピートする気に全くならないので仕掛けや釣り方、タコジグのカスタム方法などブログで放出してしまおうかなという気分。 今回の使用タックル ロッド:CX攻技蛸TE CXSTTM175 リール:ELAN WIDEPOWER OCTOPUS SPECIAL 道糸:ヤマトヨテグス 蛸専用PE16号 30m ハリス:ラインシステム 蛸NYLON20号 タコジグ:タコゆらハンター錘無し、10号、20号の3連仕掛け.

次の

武庫川一文字でサバの飲ませ&タコ

武庫川 一文字

どうもガチろっくんです。 コロナ禍に伴う自粛も明け、私生活でも少し落ち着きを取り戻したことから、久しぶりに釣りにでも出掛けるかと・・・ 珍しく平日に出掛ける今回、さてどこに何を釣りに行こうかと色々と調べていると、 5月の終わりからマダコが始まっていた様子。 『もうすでに梅雨に入っているし、これは明らかに出遅れたか!?』 岸和田一文字と武庫川一文字の釣果情報を見てみると、どうやら100g程度の新子ばかりの釣果が目立ちます。 それでもタコが始まっていたと知ってしまうと、もう他の釣りにという気分にはなれない。 夏以降の本格シーズン到来前に一度は行っておくかと思い、 武庫川一文字へタコジグ仕掛けを使ったタコ釣りに出掛けてきました。 タコでも新子がターゲットということで、もちろん2桁以上のお土産が目標でしたが、結論から言うとリリースサイズも多く残念ながら未達成でした。 タコ釣り(合間にガシラ釣りも)となった4か月ぶりの釣行、果たしてその釣果やいかに・・・ 武庫川一文字でタコジグ仕掛けを使ったタコの新子 【釣 行】 2020年 6月 18日(日) 5 :00~9:30 場所:武庫川一文字(ムコイチ) 天気:曇り後雨 風強し 潮 :中潮 武庫川渡船で武庫川一文字へ 武庫川一文字は国内最大の沖堤防だが、渡船の船が着岸する場所としては1番から9番まである。 2番~6番への渡しがある武庫川渡船が有名だが、久保渡船や西野渡船もある。 管理人自身は武庫川渡船しか使ったことがなく、この日も武庫川渡船で武庫川一文字(ムコイチ)へ渡る。 平日ということで釣り客は少ないはずだが、それでも一番船は30分繰り上げの4時半出発となり、無理してギリギリで滑り込んだ。 各ポイントには10名ずつほど降りていくが、管理人は周囲のタコ師の様子を伺いながら、何となくタコ師が多そうだった5番に降りた。 本日の武庫川一文字(5番付近) 当日は天気が悪く、曇り空ということもあり到着時はまだ薄暗かった。 写真は5時半頃になってからの様子で、すでに二番船も到着していたが、5番の釣り人は15名程度だっただろうか。 この後も天気の崩れもあってだろうが、ほとんど釣り人が増えることはなかった。 というか、管理人もこの日は午前中一杯までの釣りと考えていたのだが、想定よりも随分と早く雨が降り始めたので、短期決戦になってしまった。 タコジグ仕掛けをセットしタコ釣り開始 内海側は反応ゼロ お決まりのことだが、行き掛けにフィッシングマックスの武庫川店に寄ってきた。 タコ釣り(オクトパッシング)で使うルアーは、タコジグ・タコエギに関わらずたくさん持っているのだが、三連のタコジグがなかった。 ちょうど10号以上のハリスも切らしており、現場で三連仕掛けを作るのは面倒なので、完成仕掛けのタコジグでは定番であるYAMASHITA(ヤマシタ)のタコゆら兄弟の3連結セット(サイズ3S)を思い切って2個購入した。 長らく釣行に出ておらず、釣具も購入していなかったので、少しばかり金銭的な余裕があったことと、ソッコーで根掛かりして切れたら目も当てられんようになるためだ。 そして、更にタコがアウトだった時の保険のためということで、青イソメ500円も買っておいた。 タコジグはタコゆら兄弟の3連結セット タコゆら兄弟3連結はリーダーも不要で、三男タコ三郎(青)の頭の1箇所を結べば完成なので、タコジグ仕掛けでも楽勝だ。 ちなみに 管理人はタコジグでは大抵船竿の50号と、8kgのドラグ性能を持つベイトリールを使っている。 本当はもう少しパワーのあるタックルが良いのだが、何しか軽いのが良いのと、タコエギへのスイッチも念頭に置いているためだ。 管理人が所有するタックルは、あれやこれやの釣りに使える汎用性に富んだリーズナブルな釣り道具ばかりだ。 取り敢えず、渡船から降りた直後は、船付き場付近と4番へ向かって50mほど内海側を探ってみたが反応はなかった。 結論から言うと、この日内海側では1杯のタコも釣れず、他の釣り人を見ている限りでも釣果は出ていなかった。 外海側ではタコの新子は釣れるがリリースも多い 外向きに移動すると遠目に新子をゲットしている釣り人がいた。 武庫川渡船の釣果情報でも6時くらいに釣果が集中という情報が多数記載されていたので、少しばかり期待感が高まる ケーソンの隙間の前へ仕掛けを落としていくと、管理人にもすぐに微かな重みが手に伝わってきた。 グィ~と軽く竿をあおってやると、わずかに重みを感じるが抵抗感はゼロだ。 新子のタコと海洋生物 タコはヒットしていたが、同時に海洋生物に引っ掛かっていただけかいな! これも明らかに100g未満だが、今度はキープする。 このサイズをリリースしていたら、ボウズとは言わないまでも、お土産を持って帰れないかもしれない。 この後、 一匹追加するがそれも100g程度の小ダコ、更に50g以下のリリースもあり、どうやら今日はスケールは必要ないようだ。 ここで、小一時間ほど浮気をする。 そう、ここまでで2時間ほどやってタコの良型は期待薄の感じだったので、持ってきた青イソメを使って際釣りで先にガシラ(カサゴ)のお土産をゲットしておくのだ。 11時台に干潮なので、やるなら潮が動いている今のうちにやっておかないと、ガシラも撃沈してしまいかねない。 ちなみに胴突き仕掛けを使ったガシラの際釣りについては、次回の記事で紹介する予定です。 中層に浮くタコ ポツリポツリと拾えるも爆釣はなく雨で納竿 タコと違ってガシラの方は順調に数を伸ばしていたが、そうこうしているうちに小雨が降り始めた。 『マジでッ! まだタコのお土産ほとんどないで!!』 ガシラの数を増やすか、タコを増やすか・・・いやガシラはいつでも釣れるし、どこでも釣れるから!! 周囲でもそれほどタコは釣れている様子はなかったが、それでも本命のタコに戻った。 何とか小雨で許しておくれと願いながら、コンコンコンコンとタコジグで誘いを続ける。 間もなく100g程度の小ダコをゲットし、まだタコが居てくれたことに一安心する。 ここまでで底はほぼアウトだったが、中層に浮いている小ダコはそれなりにいる様子で、丁寧に探れば一応ポツリポツリだが釣れるには釣れるのだ。 ただ、リリースサイズが混じるので数はなかなか伸びない。 ポツリポツリ釣れるタコの新子 中層で狙っているからか、ピンクや青でもヒットがあり、赤が特別良いという感じではなかった。 タコゆら兄弟の3連結には白がいないので、白に変えて狙ってみたい気持ちはあったのだが、雨が降っているのでそんな気になれない。 時間の経過とともに、防波堤が雨で濡れていっているのが確認できると思うが、 レインコートを持って来なかった管理人自身は、4枚目の写真の頃にはもうビショ濡れだ。 寒い・・・どうしよ、続けていれば2桁の土産も確保できそうな感じもするが・・・リリースも多いし・・・ いや、それよりも、 もしこれで風邪を引いて熱でも出そうものなら、コロナ疑いとなり周囲に迷惑をかけて仕事に支障をきたしてしまう。 時間はまだ9時半過ぎ、10時の船に乗らないと、11時になれば雨はより強くなりそうだ。 後ろ髪引かれる思いはあったが、残念ながらツ抜けのお土産は確保できぬまま、ここで納竿とした。 本日の武庫川一文字でのマダコ釣果 【お持ち帰り】 マダコ:6杯(100g前後) 【リリース】 マダコ:5匹くらい?(70g程度まで) 最終的にお持ち帰りになったタコは、この6杯だけでした。 リリース分を合わせたら一応2桁の釣果にはなりましたが、せめて1杯くらいはそれなりのサイズが欲しかったですね。 やはりシーズン開幕から2週間ほど経過し、少々出遅れたのは痛かったというところでしょうか。 【本日のタックル】• ロッド:• リール:• ライン:• 仕掛け: 記事中でも書きましたが、タコジグとタコエギのどちらでも使えるコスパの高いリールを使っています(普段はタイラバにも使っています)。 上記のリールは、まだ入荷があるかどうか分かりませんが、人気の と同等なスペックをもつリールです。 あとPEラインは安価な3号を使いましたが、これもタコジグとタコエギの切り替えを考えてのものなので、タコジグだけなら5号がお勧めです。 タコジグは今回は楽をするために定番品を使い、まあ普通に釣れるのでそれは良いのですが、少し価格が高いのが痛いですね。 タコジグを使ったマダコの釣り方については、当サイトでも詳しく纏めた記事を用意していますので、この釣りにご興味のある方は以下の記事をご覧下さい。 少し強度のあるタックルをお持ちであれば、初心者さんでも気軽に楽しめますよ。 武庫川一文字では十中八九タコを狙う人はタコジグを使っています。 タコエギでも釣れないことは無いのですが、沖目10m程度にある掛け上がりから手前は、半端なくガチャガチャしておりエギのロストは必至なのでお勧めはできません。 今回は数釣りを目論んで出陣しましたが、雨で短期決戦になってしまったということもあり、少し物足りない釣果に終わりました。 ただ、久しぶりの釣行でガシラのお土産も確保し、その後風邪も引かなかったので良しとしています。 今年は5月後半からタコが釣れ出しているということは、久しぶりのタコの当たり年になるのかな? 本格シーズンの到来が楽しみですね。 【追記】 タコ釣りの合間をみて行ったガシラ釣りについても記事を作成しました。 渡船サイトでの釣果情報では、現在根魚パラダイスと謳われた武庫川一文字、その一端をお楽しみ頂ければと思います。

次の