遺族 年金 受給 額。 遺族年金とは?妻が受給できる金額や受給資格について徹底解説 マネリー

夫に先立たれた妻、遺族年金はいくらもらえるか?

遺族 年金 受給 額

配偶者や親など、親族の中でも特別に近しい人が亡くなるのは本当につらいことです。 あまりの喪失感に、葬儀の後は現実を受け入れることが難しく、 ただ呆然としてしまう方もいらっしゃいます。 しかし、そんな中でも毎日の生活は維持していかなければなりません。 特に、生計を支えていた「大黒柱」の方が亡くなった場合、 すぐに今後の生計の立て方を考え、実行に移すことが必要になります。 ここではそんなとき、 残された家族の経済的な強い味方となる遺族年金について解説していきます。 遺族年金は非常に優れた制度ではありますが、 受給資格のある方は自ら率先して手続きを行わなければなりませんので、 出来る限り素早く行動に移すようにしましょう。 遺族年金とは? 遺族年金とは、 国民年金、 または厚生年金の被保険者(つまり、毎月年金保険料を支払っていた方)の遺族が 単独で今後の生計を立てることができない場合に支払われる年金のことを指します。 いわば、一家の大黒柱を失った方に年金を支払って 当面の生活を補助する生活保障の制度。 ただ、年金にも今まで「国民年金」や「厚生年金」など種類に違いがあったように、 遺族年金にも今まで支払ってきた年金保険料が国民年金か厚生年金かによって 受給できる遺族年金の種類も違ってきますし、実際に受給できる金額にも違いが出ます。 遺族基礎年金 遺族基礎年金は国民年金に加入していた方の収入によって生計を立てていた配偶者、 または子が受給できるものです。 国民年金は 自営業者(フリーランス・個人事業主なども含む)や農業従事者、 20歳以上の学生など、一般的には会社員以外の働き方をしていた方が加入する、 日本の公的年金です。 年金手帳等ですぐ判断がつけば問題ないですが、書類からはよく判別できない場合は、 亡くなった方がどのような労働形態で働いていたのか調べる必要があります。 遺族厚生年金 主に会社員として働いていた方の収入によって生計を立てていた配偶者、子ども、 亡くなった方の両親(子から見ると祖父母)が受給できるものです。 金額 遺族厚生年金の額は、老齢厚生年金の報酬比例部分の年金額4分の3となります。 つまり、被保険者の給与額とこれに基づく今までの保険料によって遺族が受け取ることができる金額も変動しますので、受給できる金額はある程度はっきりさせたい場合には、年金事務所などに問い合わせするのも手です。 以上が大まかな諸条件ですが、状況によって受け取れない、 または受け取ることができる場合もありますので、迷ったときには最寄りの年金事務所や 年金相談センターに相談してみましょう。 共働き家庭の場合は? 遺族年金は被保険者の死後、自活が難しいと思われる遺族への支援制度です。 したがって、 自活ができる経済状況だと受給できないことがあります。 具体的には、遺族の将来年収が850万円以上になる可能性がある方などは受給ができません。 ただし、被保険者死亡当時、配偶者に850万円以上の年収があっても、 向こう5年以内にこの年収がなくなる可能性のある方は受給できます。 共働き家庭の場合は、こうした年収による受給制限があることを念頭に将来設計をしましょう。 保険会社が販売する死亡保険や個人年金に加入しておくのも得策です。 戸籍謄本(被保険者死亡後の、全部事項証明書)• 年金手帳(被保険者、請求者)• 住民票の写し(世帯全員の記載が必要)• 年金証書・恩給証書等、受給権のあるものすべて• 被保険者の住民票の除票(世帯全員の住民票の写しに含まれている場合は不要)• 被保険者、請求者のマイナンバーがわかるもの• 請求者の健康保険証• 請求者の収入状況がわかるもの(源泉徴収票、所得証明書など)• 子の収入状況がわかるもの(義務教育中は不要)• 子が高等学校在学中は学生証明書など在学を証明するもの• 死亡診断書のコピー• 請求者の預金通帳、印鑑(キャッシュカード等でも可) 2 年金請求書の準備・記入 以上の書類をそろえたら、次は年金請求書を準備し、必要事項を記入します。 年金請求書は年金事務所の窓口でもらえますし、インターネットを使用できる場合は 日本年金機構のホームページからもできます。 3 書類・年金請求書の提出 ここまできたら、最後はそろえた書類と必要事項記入済みの年金請求書の提出です。 どちらの遺族年金を請求するかによって提出先に違いがあります。 遺族厚生年金 + 障害基礎年金 or 遺基基礎年金• 遺族厚生年金 + 老齢基礎年金 or 遺族基礎年金• 遺族厚生年金 + 老齢厚生年金 基本的に、併給できる組み合わせ以外のパターンだった場合には 「一人一年金」の原則に従い、 どちらかを選択しなければならないと考えておきましょう。 年金を選択する 二つの年金を受け取ることができる場合になったら、 併給できるパターン以外はすべてどちらか一つを選ぶ必要があります。 選択の手続きは「年金受給選択申出書」を最寄りの年金事務所、 または年金相談センターに提出して行います。 選択の手続き自体に期限などはありませんが、「一人一年金」の原則を守り、 後々複雑な状況になるのを避けるためにも、速やかに行ってください。 被保険者が死亡した時点では胎児だった子が生まれたとき この他にも、 遺族厚生年金の受給権を取得して5年経過し、 被保険者が死亡した時点で30歳未満、 子がいなかった妻などが該当します。 遺族年金の制度には目的があり、その目的が他の手段で達成されていれば、 遺族年金の出番はありません。 この点をよく考慮した上で生活設計を立てることをおすすめします。 遺族年金がもらえない場合、他の支援はあるのか? 遺族年金自体は非常に優れた、頼りがいのある制度ですが、 今まで見てきたように受給には諸条件をクリアしなければならず、 中には当然受給できない遺族も出てきます。 しかしそのような場合でも、遺族年金以外の経済的支援が用意されています。 その代表的なものが寡婦年金、死亡一時金、児童扶養手当です。 寡婦年金 その名の通り、妻のみ受給できる年金制度です。 子供がおらず、遺族基礎年金の受給ができない場合でも、 以下の条件を満たせば年金を受給できます。 故人と請求者の関係がわかる戸籍謄本• 被保険者の住民票の除票(世帯全員の住民票の写しに含まれている場合は不要)• 請求者の収入状況がわかる書類(源泉徴収票、所得証明書など)• 公的年金を受給している場合は年金証書• 請求者の預金通帳、またはキャッシュカード、印鑑 2 請求書の準備・記入 「国民年金寡婦年金裁定請求書」、もしくは 「死亡一時金裁定請求書」を 最寄りの年金事務所または年金相談センターの窓口で入手します。 からもダウンロード可能です。 3 書類・請求書の提出 準備した書類と請求書を最寄りの市区町村の役場窓口、または年金事務所に提出しましょう。 児童扶養手当の請求方法 児童扶養手当の請求は寡婦年金、死亡一時金の請求方法と共通する部分がありますが、 書類の提出先が年金事務所ではないので注意しましょう。 1 書類の準備• 請求書と子の戸籍謄本• 世帯全員の住民票• 請求者名義の通帳と印鑑• マイナンバーが確認できるもの• 年金手帳 2 請求書の準備・記入 最寄りの市区町村の役場でもらえます。 入手後、必要事項を記入します。 3 書類・請求書の提出 最寄りの市区町村の役場窓口に提出しましょう。 各種支援制度を利用する際の注意点 家族を扶養していた大黒柱の方が亡くなった場合でも遺族が路頭に迷わないよう、 様々な制度が用意されていることがわかりましたね。 それでは最後に制度を利用する際の注意点を挙げておきます。 遺族年金にも課税されるのか? この点を心配されている方が多いですが、 遺族年金は非課税ですので安心してください。 そのほかの支援制度も非課税です。

次の

遺族年金の計算方法 誰でも5分で簡単に計算できる | マネーの達人

遺族 年金 受給 額

(1)遺族厚生年金とは 出典: 一家の大黒柱である人物が亡くなってしまった際、残された遺族が会社から受け取ることの出来る年金を遺族厚生年金といいます。 全ての遺族が貰えるというわけではなく、亡くなってしまった方が会社の厚生年金に加入していた場合のみ貰えるもので、遺族厚生年金は国民年金から支給される遺族基礎年金に上乗せする形で支給されます。 遺族厚生年金の計算は少々難しいのですが、大切なことですのでしっかり知っておきましょう。 (2)受給条件 遺族が遺族厚生年金を受け取るためには、前述の通り亡くなった方が厚生年金に加入していることが条件となります。 しかし、ただ厚生年金に加入していれば良いわけではなく、 免除期間を含めた保険料納付済期間が国民年金加入期間の3分の2以上あることが必須となります。 ただし、期間限定ではありますが、65歳未満の方は直近1年以内の年金を滞納していなければ問題ありません。 こちらは平成38年4月までの緩和条件となります。 (3)受給対象者 出典: 遺族厚生年金の受給対象者は、厚生年金加入者によって生活を維持されていた子ども、夫、妻、父母、孫、祖父母が該当します。 生活を維持されていない(別の稼ぎで生活していた、そもそも接点が無かったなど)場合は例外となります。 ただし、子どもや孫であれば十八歳未満であること、夫や父母、祖父母は厚生年金加入者の死亡時に五十五歳以上であることなど、遺族厚生年金の受給にいくつかの条件があるため、注意が必要です。 (4)遺族厚生年金はいつまでもらえるのか 遺族厚生年金がいつまでもらえるかは、厚生年金加入者と受給者の関係性によって変化します。 まず、遺族厚生年金を受給する対象が子どもと孫の場合、 厚生年金受給者が死亡した日の翌月から18歳到達年度末までが該当します。 例外としては、障害等級1・2級を保有している場合です。 この場合は期間が2年伸び、20歳年度末までとなります。 妻はその時点での年齢および子どもがいるかいないかに応じて変化し、30歳未満かつ子どものいない妻は死亡した日の翌月から5年間が遺族厚生年金の受給期間となります。 30歳以上、もしくは子どもがいる場合は死亡した日の翌月から一生涯となります。 夫、父母、祖父母の場合は 受給者が60歳から支給が始まり、一生涯の受給が可能になります。 ただし、無条件に遺族厚生年金が一生涯受給可能というわけではないので注意が必要です。 受給者の死亡• 受給者が婚姻(事実婚含)した場合• 受給者が直系血族及び直系姻族以外の養子になった場合• 受給者と死亡した厚生年金加入者との親族関係が終了した場合• 他の年金を受け取る場合(老齢年金など) 以上5つの項目のいずれかを満たした場合、遺族厚生年金の受給は停止されます。 (5)遺族厚生年金の算出方法 出典: 遺族厚生年金の金額は、以下の計算式によって算出されます。 正しく計算できるようにしておきましょう。 平成15年の時点で加算方法が変わってしまったため、このような計算式となります。 ここでいう平均標準報酬月額はボーナスなどを含めたものとなります。 (6)遺族厚生年金の計算例 例えば、厚生年金加入歴30年で月の給与が35万の方が平成30年の12月に亡くなった場合、支給される遺族厚生年金は以下のような結果となりますこ。 あくまで計算例なのでここではボーナスは加算をせずに計算します。 (7)算出に必要な遺族基礎年金の計算方法 遺族基礎年金とは、死亡した厚生年金加入者の子どもに対して支給される年金です。 こちらの計算は非常にシンプルで、 ベースとなる779,300円に子どもの人数に応じた金額を加算することによって計算することができます。 第1子・第2子であれば各224,300円、第3子以降は各74,800円が加算されるので、5人兄弟であった場合は673,000円となります。 (8)算出に必要な老齢厚生年金の確認方法 老齢厚生年金は厚生年金加入者の老後に支給されるもので、基礎年金に上乗せされる形で支給されます。 老齢厚生年金の受給額は、以下の計算式によって求められます。 老齢基礎年金+報酬比例部分+加給年金 65歳以降に貰える老齢厚生年金は遺族厚生年金との同時受給が可能です。 しかし、遺族厚生年金と老齢年金を比較し、差額を遺族厚生年金として受給という形になりますので単純な足し算ではない点は要注意です。 自分でどちらを受給するかを選択するのではなく、一番受け取り額が多くなるように、自動的に計算されることとなります。 そのため、年金事務所などで説明を受けられておくことを推奨いたします。 このような場合、大変便利なのが『』というサイトです。 ねんきんネットではこれまでの年金記録や加入期間、これから先受給可能となる年金の金額を確認することが可能です。 また、毎年誕生月に郵送されてくるねんきん定期便をネットで確認することも可能となりました。 計算などがややこしくてわけが分からなくなっている方がいらっしゃいましたら、こちらで一度確認されておくと良いかもしれません。 (9)中高齢の加算額とは 基本の金額に加え以下の条件に該当する場合、 40~65歳まで584,500円が加算されます。 これを、中高齢の加算額といいます。 厚生年金加入者の夫が亡くなったとき、40~65歳未満で子どもがいない場合• 既に遺族厚生年金と遺族基礎年金を受けていた子どもを持ち、子どもが18歳到達年度の末日に達した(障害の状態にある場合は20歳に達した)などの理由によって遺族基礎年金を受給できなくなった場合 (10)遺族厚生年金の計算方法を理解して正確な受給額を知ろう 出典: 遺族基礎年金が子どものいる家庭のみを対象とするのに対し、遺族厚生年金は対象が幅広くなっていることが特徴的です。 しかし計算が非常にややこしく、『一人一年金』の規定などもあって、上手く理解できていない方も多いのではないでしょうか。 年金に関する計算式は多く存在するので、こんがらがってしまうのも無理はありません。 遺族厚生年金は家庭の困窮を防ぐための大切な切り札です。 誤った情報に踊らされたり、計算を誤ったりして適切な受給ができなくなることをさけるためにも、この制度についてしっかりと知っておく必要があります。 また、よく勘違いされているのが『年金は高齢者が受け取るもの』というものです。 この通り、一概にそうとは言い切れないところがありますので、もしもの時に備えてしっかりと年金を払っていく必要性があるでしょう。 介護・医療に特化した情報を提供するWebメディアです。 介護について正しい情報を発信し、介護にかかわるすべての人の疑問や悩みを解決していきます。 難しい制度やストレッチ方法など文章ではわかりづらいものは、動画や図でわかりやすく解説! 厚生年金の支払額などむずかしい計算は、シミュレーターを設置!自分でカンタンに計算ができます。 介護に関するニュースや日ごろから使えるテクニック、各資格の取得方法など新しい情報も更新中! これから介護職に勤める方、現在介護施設などで働いている方、ご家族の介護をされている方、自分の将来について考えている方など、たくさんの方々に読まれています。 ~介護に関わるすべての人を応援します~ このコンセプトをもとに情報をお届けしていきます!.

次の

遺族年金は70歳以上でももらえる?金額は?自分の年金ももらえる?

遺族 年金 受給 額

この記事のポイント• 2015年10月以降は公務員も厚生年金に一元化されている。 それ以前の対象者は公務員共済年金を受給している。 計算は加算も含めて複雑な為、シミュレーションなどで目安を試算する程度が良い。 どうしても詳細を知りたい場合は年金事務所に相談を。 この記事は約5分で読めます。 一般的な年金の種類として、現在では自営業者などが加入する【国民年金】と、会社員や公務員が加入する【厚生年金】がありますよね。 国民年金を建物の一階部分、厚生年金を二階部分に見立てる【二階建ての年金】などのたとえによって、年金を分かりやすく説明するFPの先生も多いです。 (私もよく二階建てのたとえを使います) しかし、 実は数年前まで公務員の方が加入する【共済年金】というものがありました。 昔は、建物で言うと三階部分があったということです。 現在その三階部分である【共済年金】は消滅したのではなく、【厚生年金】と合併してデータなども全て統合されているのでご安心ください。 建物の二階と三階をくっつけたとイメージしていただくのが良いでしょう。 今回のテーマはこの共済年金も含めて《公務員の【遺族年金】について》です。 年金をもらい始めた時期によっては【共済年金制度】の適用がされていることもあるので、一緒に内容を確認していきましょう。 共済年金とは? 2015年10月に、公務員等が加入していた【共済年金】は、会社員などの給与所得者が加入している【厚生年金】と一元化されました。 それまでの【共済年金】にかかるデータ全般は、時間はかかりましたが厚生年金にデータ移行が済んでいます。 共済年金には【退職共済年金】【障害共済年金】【遺族共済年金】の制度がありました。 2015年10月以降に年金受給対象となった場合は、全て【遺族厚生年金】をもらうことになります。 【共済年金】を実際にもらうための要件などは、ほぼ現行の【厚生年金】と同じ内容です。 また、現在公務員の方が今後遺族補償として年金をもらう場合は全て【遺族厚生年金】の対象です。 【遺族厚生年金】の概要については、あわせてこちらもご覧いただくと良いでしょう。 国家公務員共済年金 国家公務員(主な省庁に勤務、自衛隊など)は【国家公務員共済年金】に加入していました。 現在でもKKR【国家公務員共済組合連合会】が各省庁ごとに年金相談の窓口を設けています。 KKRは全国でホテルや病院などを運営しており、共済加入者や年金受給者への施設優待があります。 もちろん共済加入者以外の方でも利用できます。 地方公務員共済年金 【地方公務員共済年金】は、 地方職員共済組合が窓口です。 2015年以前に受給対象となった方の窓口として現在も運営されています。 その他の共済 地方公務員共済組合に関しては、警察共済組合、全国市町村職員共済組合、指定都市職員共済組合など、所属先団体によって細分化されていました。 詳しい概要については、 日本年金機構ホームページ内に「地方公務員共済組合一覧」のページがありますので、これらの詳細を知りたい方はご確認ください。 (旧)遺族共済年金の受給資格 まず、 亡くなった方の要件として《共済年金に加入していた方が2015年9月以前に亡くなった場合》または《亡くなった方が既に老齢共済年金や障害共済年金を受け取っていた場合》です。 これ以降は全て【遺族厚生年金】の対象になります。 もちろん未納や滞納が多く、所定の期間加入していない場合は対象にはなりません。 さらに受給資格についていくつかのポイントがあるので、ここからそれぞれに分けてまとめますね。 亡くなった方 先にまとめた条件と併せて、 以下の内いずれかに当てはまらないと【遺族共済年金】はもらえません。 組合員である間に初診日がある病気やケガが原因で初診日から5年以内に死亡した場合• 障害年金を受けている方が死亡した場合(障害等級1〜2級の共済年金か、1~3級の障害年金) 配偶者 公務員の遺族年金では、配偶者の要件として妻も夫もその対象となっています。 ただし 妻と夫で満たすべき要件が違いますので、それぞれポイントをまとめます。 妻 妻が【遺族共済年金】をもらうための条件は以下3つです。 このうちどれかに当てはまればもらえます。 18歳未満の子供がいる妻• 子供のいない妻 簡単に言うと、 子供の有無に関わらず、妻であれば【遺族共済年金】はもらえるということですね。 夫 夫が遺族共済年金を受け取る場合は、 妻の場合よりかなり条件が絞られます。 18歳未満の子供がいる場合で、妻が亡くなった時に夫が55歳以上である場合に、60歳以降になればもらえる。 公務員の遺族年金・支給額の計算 実際に支給される金額の計算ですが、計算の基となるのが故人の生前の給与です。 その給与に対して所定の係数をかけて割り出しますが、 一律にいくらというものでは全くないので、ご自身で計算するのは一苦労ですからオススメしません。 目安として知りたい場合は、 Web上の無料シミュレーションを活用するか(あくまで目安程度として活用くださいね)、 公務員共済の相談窓口、社会保険労務士などにお尋ねいただくのがベストです。 お子さんがいる場合などで【遺族基礎年金】の要件にも該当すれば、もちろん【遺族基礎年金】からももらえます。 現行制度の場合 現行制度の 【遺族厚生年金】の支給額の計算には《平均標準報酬額》や《平均標準報酬月額》の金額が必要です。 さらに加入期間ごとに2つの計算式に分けて計算をし、それらを合計した額が【遺族厚生年金】の受給額(の目安)となります。 これもなかなか分かりづらく、念のため参考までに計算式を以下に紹介しますが、やはりご自身で計算するよりはWeb上の簡易シミュレーションを活用するか、年金事務所等に出向くことをお勧めします。 旧共済年金の場合 参考までに、遺族共済年金の計算式をご紹介しますが、聞きなれない言葉ばかりでなかなか分からないと思いますので、やはり 支給額に関しては年金の担当窓口にお尋ね頂くのがよいでしょう。 統合の背景として、年金をもらうための手続きの煩雑化や、年金制度の分かりづらさ等を軽減する目的もあったそうです。 2015年から既に役5年ほど経過し、現在では随分浸透してきているようです。 まとめると、 現行制度では、自営業者やフリーランスは【遺族基礎年金】、公務員と会社員などの給与所得者は【遺族厚生年金】の対象です。 日本は高齢化も進み、人口のバランスとしても、子供より高齢者の割合が高くなってきていますよね。 いよいよ平均寿命も、あと数年後には90歳に到達するのではないかと言われています。 【遺族年金制度】は、共済年金でも、厚生年金でも、ご遺族が安心して暮らしていけるための大切な生活費として、末永くもらえることのできるお金です。 今回の記事を参考に試算をしてみて、もし不足分が判明したり、何か金銭的な不安があるようでしたら、 お早めに遺族補償としての生命保険の活用や、老後資金対策をスタートしてみてはいかがでしょうか。 最後に、年金制度全般に関するご不明点は、最寄りの年金事務所、または年金の専門家である社会保険労務士事務所までお尋ねすることをお勧めします。 遺族年金について税理士に相談したいけど、誰が良いのかわからないというお悩みはございませんか? 遺族年金について税理士に相談したい。 だけど、税理士をどうやって探せばいいのか・誰が良いのかわからない。。 そんな方には、税理士を【無料】で紹介してくれるサービス「税理士紹介エージェント」がおすすめです。 自身の希望に合う税理士を何度でも無料で紹介してもらえ、紹介後のフォローまでエージェントに丁寧に対応してもらえます。 ぜひご活用ください。

次の