アメブロ ランキング おかしい。 アメブロの公式ハッシュタグを賢く戦略的に活用する方法【2020年最新版】|さよみみ部屋

アメブロ公式ジャンルのランキングアップで大事なことをまとめました

アメブロ ランキング おかしい

公式ハッシュタグの一部 公式ハッシュタグランキング ランキングページでは1000位まで表示されます。 自分のブログ管理画面では100位以内に入った記事だけがランクイン記事一覧として表示されます。 古い記事でもアクセスがあればランクインします。 ただしこのランキングは謎の多いランキングで集計方法については完全な憶測です。 根拠は何もないことを先に述べておきます。 集計方法の推測 ランキング集計方法はアクセス数が基本だと思われます。 記事内容のチェックは無いと思います。 ただアクセスが多い記事が上位にランクインしないことも多くありアクセス数以外にも要素がある可能性は高いです。 しかし1記事に10個までつけれるハッシュタグは毎日の総数がかなり多いと思われるため複雑な集計をやっているとは思えません。 逆に カウントしないアクセスがあるのかもしれません。 そして記事内容チェックをやっていないと推測する理由ですが、所属する公式ジャンルに関係なくハッシュタグを使うことができるとAmebaヘルプに記載されていること、公式ジャンルに所属していなくても公式ハッシュタグを使うと公式ハッシュタグランキングに参加することになると記載されていること、これらからジャンルを問わない新たなカテゴリを作っていると思われるためです。 芸能人ブログもハッシュタグを使うことが出来ますがランキングは別です。 集計期間の推測 全体、ジャンル総合、人気記事ランキングが午前8時頃に更新されているのとは別でもっと早い時間に更新されます。 おそらく午前3~4時の間に更新されていると思います。 はっきりとした時間の確認はとれていません。 では 集計期間がいつかというと、これは完全に謎です。 まずランキングにのる日が記事公開の翌日とは限りません。 1日遅れ、2日遅れのことが頻繁にあります。 遅れた場合は2日分、3日分のアクセス数をまとめている可能性もありますし、極端に低い順位にランクインしている場合は直近の1日分だけのアクセス数の可能性もあります。 そして集計方法、集計期間は公式ハッシュタグ毎に違っていると思われます。 同じ記事に2つの公式ハッシュタグをつけた場合、2つのランキングで順位が逆になっていることも多いのです。 集計期間のズレでアクセスが分散することでは説明できないようなランキングも多数あるため集計要素は本当に謎のランキングとなります。 ハッシュタグランキング 公式以外のハッシュタグについてもランキングを見ることができます。 ハッシュタグをタップするとそのハッシュタグのランキングにとびます。 自分一人しか使わないようなレアな単語の場合はそのランキングには自分の記事しかでてこないはずです。 よく使われる言葉であれば数万件の記事があるはずで1位からランキング形式でみることができます。 例えば「#旅行」というハッシュタグは公式ではありませんが検索してみると10万件以上の記事があることがわかります。 そして「#旅行」の人気記事ランキングのページでは関連ハッシュタグや注目ハッシュタグもでてきます。 タグを探す参考になると思います。 そして古い記事でも今からハッシュタグを変えれば新しい公式ハッシュタグランキングに参加できます。 以前は無かった公式ハッシュタグが追加されている可能性もあるので調べてみて追加したり付け直したりすることも効果があります。 あとは人気のない公式ハッシュタグタグ(投稿記事が少ないハッシュタグ)を使うことでランキングの上位に入りやすくなります。 ただ見る人が少なくなりますのでランキング上位に入る効果も少なくなります。 そして記事内容と合わないタグを使って上位ランクインした場合の違和感はかなり大きく感じます。 記事内容とかけ離れたタグを使うことはやめておいたほうがいいでしょう。 ハッシュタグの人気はタグをつけるときにわかります。 タグを入力した時点でそのタグや類似タグが候補として出てきます。 その候補と一緒にタグを使っている記事数が何件と表示されます。 謎が多いランキングですが圧倒的なアクセス数があれば一桁順位にランクインする可能性は高いです。 ただ何日後にランクインするのかもわからないためアクセスが多くても100%ランクインとは言い切れません。

次の

アメブロランキングの順位を上位表示するサービスをご紹介

アメブロ ランキング おかしい

Amebaブログこと「通称アメブロ」は、タレントさんのブログも複数ある、人気の無料ブログサービスです。 以前からアメブロのランキングには集計に不透明な部分があり、問題視する声が聞こえていました。 アメブロが不正な順位操作をしているなんて、噂話だと思っていたのですが、筆者の所有しているアメブロのブログランキングにも、実際にあり得ないほどの大きな変動があったので、その内容とアメーバの回答を抜粋して紹介します。 アメブロのブログランキングってなに? アメーバブログことアメブロには、現在「公式ジャンル総合ランキング」と「全体ブログランキング」の2種類があります。 そのブログのランキングなのは確かですが、アメブロのランキングにアクセス数は直接関係ないので、必ずしも人気ブログほど上位表示されているとは限りません。 公式ジャンル総合ランキング 公式総合ブログランキングとは、「犬」や「釣り」など、そのブログの主なテーマに沿って、ブログを作成した人が「1つ選択して」参加するランキングです。 ちなみに、ジャンル別ランキングに当てはまらない記事が5回連続して投稿されると、ジャンル別ランキングを解除されてしまいます。 例えば「犬」の公式ジャンルに参加しているブログに、家事や子育てなど、犬とは関係ない記事を5回連続で投稿した場合です。 順位を決める集計方法は非公開です。 全体ブログランキングとは アメブロ全体の総合的に決定されるアメブロのランキングです。 こちらも集計方法は非公開なため、決定方法はアメブロ運営にしかわかりません。 しかし、下記で紹介するアメーバカスタマーからの返信メールをでは、アメブロのランキングは「アクセス意外にも色々な要素を踏まえてランキングを決定している」と記載されていたので、全体ブログランキングにもアクセス数は直接関係無いようです。 アメブロにはアクセス数ランキングは存在しない そうなんです。 アメブロにはアクセス数ランキングが無く、アクセス数がそのまま反映される事はありません。 アメブロのランキングは、アメーバカスタマーからのメールによると、アクセス数以外に、「様々な要素を含めて」集計しています。 つまり、利用者にはアメブロのブログランキングの決定方法が全くわかりません。 この時点でアメブロのランキングは、透明性に欠ける不誠実かつ運営の意向ありきで決定されているブログランキングである事がわかります。 筆者が体験したアメブロランキングの異常 アクセス数が1万を超えるとランキングが下がった! ランキング10位から8491位になり、また11位戻ったいます。 いったい4/21日に何が起こったのか? よく見ると1万を超えています。 この時、問い合わせてみたい際の回答は、ざっくり記載すると、アメブロ のランキングは「アクセス数だけで無く様々な要素で集計を行なってる」とのこと。 つまりランキングに不具合はなかったようです。 日によってランキングに有り得ない差が発生 なんと日によってランキングが1桁台と4桁を行ったり来たり。 アクセス数は数万あり前日と大差もないため、紛れもなくアメブロランキングは意図的な操作によって順位が変動しています。 では、何故にランキングがこれほど変動したのでしょうか? いくらアメブロの集計方法が不明でも、21日に極端に順位が下がった説明にはなりませんよね? 画像は不具合が起きていないのに順位が大きく変動し証拠になる訳すが、こんな8000の変動するアメブロの集計方法に、ブログランキングとしての正確性があるのか? この画像により、アメブロのブログランキングが裏で操作がされていることは明白となりました。 こんな不正操作とも思える、順位操作がなされている、ブログサービスを提供する必要性にとはなんなのでしょうか。 気になる人は調べてみてね。 またしても、アクセス数が1万を超えるとランキングが下った! わかりやすく1万を超えた日からランキングが下がってる。 ちなみに、ブログランキングが下がった次の日にアクセス数のベストを更新しているので、アメブロ内のランキングが上位でも何の得もない事が良くわかるが。 順位が下がる際の下限が8500前後であり、一定の順位で上位・下位で変動している点が挙げられる。 公式順位ランキングでは、アクセス数が1万を超えると、他のブログの集計結果次第では4〜10位以内に入る事もあるため、アメブロ運営が4〜10位以内に入れたい「あるのブログ」のために、順位操作をして集計から弾いている可能性もある。 これらの証拠から、アメブロは日によってブログランキングの集計方法に変化を付けているか、なにかしら意図を持って順位の操作をしている事が明白となった。 つまり、アメブロのブログランキングは、日によって極端に差が生じる、不正確極まりないブログ順位を表示している事になる。 これはブログサービスとして非常に大きな問題であり、全く持って公平性が保たれていない。 そもそも、アメブロの場合は集計方法が非公開のランキングの時点でお察しくださいと言った所だろう。 アメブロで上位を狙う人には大問題?? 筆者はランキングに関係なく、グーグルなど外部からのアクセスさえ有れば良いので気にしないが、中にはアメブロのランキングで上位を狙って頑張っている方も居るはずだ。 流石に変動幅が大き過ぎるので、再度アメブロに問い合わせてみた! 何故か不明だが、アメブロからの返信メールは転載禁止のため、大まかな返答内容を記載する。 ・集計詳細は答えられない ・アクセス数以外にも様々な方法で集計している ・不正検知システムなども使用して判断している ・ランキング自体に疑念を抱く状態なのは承知している ・今後システムの見直し修正を実施する予定 とのこと。 筆者がアメブロで所有するブログは、Google検索で上位3位以内に入る記事が多いだけで、アクセス水増しなど一切の不正は無いし、この不正検知システムの影響なのかは疑問である。 もし、なにか不正が有るなら証拠を出してもらいたいところ。 筆者的には裁判をしたら間違いなく勝てるレベルで不正は無い。 ただし、GWに入りアクセスが急に増えたのが影響している可能性もなくはない。 アウトドア系のブログは、連休中は急にアクセスが増える事も多いし、これが原因なのか? 大抵のブログは連休にアクセスが増えると思うので、いちいち不正検知されていたらキリがない気もするし、倍増でもしない限りアクセス数の増加あまり関係なさそうだけど。 一応、アメブロ運営も問題は承知しているそうで、 「ブログを利用する人に対して、ご不快の念を抱く状態を真摯に受け止め、今後システムの見直しと修正を実施する予定」との話だし、正確な集計方法が採用されると良いですな。 でも、ジャンルランキングは10位くらいになると、アメブロ内のランキングはアクセス数に大して影響ないのが現状。 アクセスの大半は、Googleなど大手の検索サイトからのアクセスですし、得られるのは上位に居座って見栄を張れるくらいか? アクセスだけでランキングが決まらないと返信メールに書いてあるので、アクセス数が直接関係ない可能性もありますけどね。 知り合いのブロガーさんにも、同じように急にランキングが下がった上位ブロガーさんが居ますし、「アメブロ ランキング おかしい」でググると、似たような記事が幾つか出てきます。 アクセス数が多いブロガーさんは、アメブロにとっても有益なはずなのに、集計方法が不正確・不透明だとアメブロも信用を失っちゃいますよね。 今後システムの修正を行う予定とのことですから、いつかは解消されるのかもしれません。 アメブロ的な「今後」が数ヶ月なのか、数年後なのかは不明ですが。。。 ジャンル別ランキングについては、正確性は無理だと思う。 熱帯魚ブログで上位でも、アクセス数の大半が育児の記事とかありますし。 結果時にはジャンル別ブログのアクセス数による集計は正確にならないと思いますが。 5回連続で掲載されないと公式ジャンルから外れてしまうけど、育児の記事を4記事書いて、熱帯魚の記事を1記事書いてを繰り返せば、公式ジャンルは熱帯魚のままで大半が育児の記事のブログになるし。 やっぱり無料ブログは限界がある? アメブロはサービスは良い方かと思ってますけど。 結局、本気のブロガーさんは、レンタルサーバーを借りて個人ブログ(HP)に移行しちゃうんでしょう。 ヤフーブログも無くなりますし、無料で提供されているブログサービスは、いつかは必ず終わりが来るもの。 無料ブログではサービスに限界があるし、自分が生きている間は、書いた記事を絶対残しておきた人は、バックアップとしてマイサーバーを借りてHPを作るのも考えるべきでしょう。 無料のアメブロには出来ない事が沢山あります。 ただし、グーグルで記事を上位表示するには少し時間と手間がかかりますけどね。 HP開設にはXサーバーとWordPressの利用がおすすめ 今ご覧頂いている筆者のブログもXサーバーを利用し、「WordPress」と言うブログサービスで作成しています。 WordPressでブログを始めるためには、Xサーバーの契約ととドメインの取得が必要ですが、無料ブログにある画像枚数や文字数の制限もなくなります。 なにより、ブログ運営会社による不正操作や急なサービス終了の心配もありません。 Xサーバーを契約してマイブログ始めるならWordPressを利用するのがおすすめ。 初めてでしたが意外と簡単でしたよ!。 PCを使わずにスマホだけで簡単に作れました。 PCからも確認できた方が良いけど、アクセスの大半がスマホからなので、スマホから見てレイアウトすれば大丈夫でしょう。 初心者でもレイアウトのテンプレートや、プラグインと呼ばれるスマホのアプリみたいなので、簡単にブログ機能や外観をカスタマイズできるのが特徴です。 アメブロだと40000文字規制のせいで、楽天とAmazonのリンクを貼ると、リンクのテキストの文字数が多いので、約8〜10個くらいしか商品の紹介が出来ません。 商品を紹介するための文章が多いと、紹介出来る商品数は更に少なくなってしまいます。 投稿文字数に制限のあるアメブロでは、必ず有料ブログサービスと競合する場合に限界が来てしまうのです。 ヤフーブログのように、急にサービス終了の告知がくるかもしれません。 特にブログで稼ぎたい人は、いざ終了の告知が来てから移行していると、また一からブログの評価を上げないといけないし。 もう一つブログを持っておけば、万が一のバックアップとしも機能しますし、早めにWordPressでブログを作成しておくと安心ですね。 一からブログを作るのが心配な人でも、この本を読めば、WordPressで綺麗なブログを作る方法がわかりますよ!.

次の

Ameba「アメブロランキング」裏技ツールでの上位表示は避けたほうがいい理由。

アメブロ ランキング おかしい

そもそもアクセス数て? まずは、アクセス数てそもそも何?てところから確認。 アクセス数(ページビュー数、PV数とも言う)は、一般的にそのページをユーザーが閲覧した回数だそうです。 なので、1ユーザーが1回にいろいろなページを見たりすると、何回カウントしてもおかしくないはずです。 下記が実際のアメブロのアクセス解析画面です。 こちらは、の機能のひとつで、クリック報酬型でのアフィリエイトの登録もできます。 (アフィリエイトの紹介は、の記事を参照。 ) 結果は7月23日から導入したカウンターとアナライズの結果抜粋です。 (まだまだ全然少ないですが) 実際のホームページアドレスは「です。 こちらの結果は、15ユーザーが実際に来ていて、実際の訪問数は5人! <スポンサーリンク> カウンターについては、最初管理者ユーザーを除くのとダブルカウントの設定をミスしていたので、10人ぐらいが間違っています 忍者アナライズの方も最初に管理者である私を除いてないです。 なので、この2日~3日間で純粋な訪問者は、5人(そのうち、スマホ等で見ているので3人ぐらいかな)と思います。 結果アメブロのアクセス数て? 7月23日から導入したとアメブロのアクセス解析を7月24日だけで比べてみると、 7月24日 アクセス数 訪問者数 アメブロアクセス解析 108アクセス 78日 2アクセス 1人 アメブロと忍者の差 54倍 78倍 カウントが訪問者数での差が78倍! (こちらは、最初のアナライズの設定がちゃんとされていないので正確でおそらく1人としてます。 ) アクセス数の差は54倍にもなりました。 記事更新の回数を上げた途端にアクセス数が急上昇したことを考えると、 アメブロのアクセス数と訪問者数のカウントは、ロボットであるクローラー等もカウントしているてことですね。 まとめ アメブロのアクセス数と訪問者数は、機械的に回っているクローラー(機械のロボット)も対象としている。 そのため、記事を更新すればするほど、人でない機械も対象にカウントしてしまっている。 ただし、このアクセス数でブログのランキングが決まるので、記事の更新をすればするほど上位を狙えるということなので、 がんばる価値はあるかもです。 アメブロはすごく人気なブログサイトで有名人も多く登録しているサイト!そのため、上位を狙えば自然と人は来てくれるかもです。 なので、私はこのままアメブロでも続けていこうと思います。 うまくいけばこのサイトにも来てくれるかもなので!! また、アメブロはアクセス数以外にも「いいね!」してくれる人たちや読者登録してくれる人たちなど多いです。 実際に私のブログにも何人か読者登録してくれていたり、いいね!を押してくれているひとがいます。 そんな歓迎してくれる人たちが多いので、実際にブログに足を運んでいなくとも励みになります!.

次の