ガルドドン 立ち回り。 ガルドドン デスマスターの立ち回り

剛獣鬼ガルドドン攻略/聖守護者の闘戦記

ガルドドン 立ち回り

2飯ではないのか 今日からデスマスでガルドドン3に挑戦です。 前に毎日2飯だけ戦うと書いた気もしますが今日は3飯、戦いました。 まあ自分に課す決まりなど所詮その程度の物という事なんですかね…。 でも夜は戦わないでおきます。 これまでガルドドン3に入れ込みすぎたせいで生活のペースが大分乱れて苦労した経験があるので同じ愚は犯しません。 この乱れたペースと失った体力を元に戻すのは私にとっては本当に大変な事なのでいい加減自分を大事にしたいです。 ガルドドン3を3戦した結果 特に戦闘に付いて語ることがない…と言うか語れるほどの知識も自信も全然ないのでホントにタイムだけが目安です。 早かったら正しくて遅かったら間違っている。 そんな物差ししか持っていない私です。 ちなみにパーティの募集文にはエルフ各自と書いたのでマダンテは基本無しの立ち回りになります。 今日はと言うか今日も?ガルドドン3のベストタイムは1戦目に来ました。 一応10分残し 10分33秒 で体力を半分まで削れました。 このタイムで満足はしないけどデスマスのデビュー戦でマダンテ無しにしては良く頑張ったなあと思っています 甘いか。 残り時間4分43秒で名前が赤に。 早くも3赤勢の仲間入りです。 でも私、この前にエンドおぞおた喰らってかなりグダらせてしまったので 反魂まで使う事態 ヘマさえしなければ余裕の5分赤…は行けていましたね。 この後もジゴデインに魔戦を巻き込んで2人で死んだりして時間を大分ロスしていたのでその2つのミスがなければクリアも見えていたかも知れません…?。 ちなみにこの時は聖女は掛かっているけれどHPが聖女ラインまで届いていないという状態でした。 自分にベホイムを掛けて魔戦殺せば良かったのかな…。 正解がわかりません。 どうしてもジゴデインの時の立ち回りはデスマスとしての経験不足が露呈してしまいます。 自分がタゲの時は大抵の場合賢者の方に逃げれば良いのだけど分かっていても咄嗟にそれが出来ないのです…。 総括すると私の運に任せた行動と経験不足による判断ミスの2つによってクリアが遠のいた可能性がある…という結論に落ち着きました。 おぞおたとジゴデイン…ですね。 ジゴデインはともかくおぞおたの巻き込まれは行動しすぎが原因なのでこっちはフツーに解決できるので解決しないとダメですね。 ちなみにザオが早すぎて喰らった事は今日一度もなかったです…確か。 一応2戦目と3戦目のベストも記録しておこうかな。 2戦目 HP半分 9分28秒 HP赤 2分27秒• 3戦目 HP半分 10分9秒 HP赤 2分35秒 でした。 セラフィようやく出た… セラフィは午後11過ぎにようやく登場しました。 今日の午後に出現するのは確定らしかったのですが午後11時まで引き伸ばすとは運営も人が悪いですね。

次の

剛獣鬼ガルドドンの立ち回り、小技集、装備紹介

ガルドドン 立ち回り

防具はジェルザークの時のを流用。 (ベストを尽くすなら頭はMPがよいかも。 ) 武器は威光弓時、飯混み720以上必須。 大事な事はジェルザークとだいぶ似ております。 最大の仕事は移動干渉とFB! この2つが出来れば魔法戦士の仕事の9割は完遂。 移動干渉成立まで押し込みをするか いい位置で移動干渉が完全に成立するまで棒立ちしてくだしあ。 どちらの方法にしろ、あわててコマンドを入れたり レバー入力の方向を変更すると、すり抜けの元になりまーす。 FBが入ってる時に移動干渉が成立したらマダンテを使用。 魔法戦士が戦犯扱いになる行動 やってはいけない行動その1 『招雷ドラミングを仲間にあてる行為』 この吹き出しを見たら タゲの人はゴリラの周りを一周して攻撃方向を誘導。 これをしないと雷100以外の仲間が即死するゾ。 エンド時のインパクトを避けた直後以外は様子見。 相手のターン開始時に行動は厳禁ナリ。 やってはいけない行動その2 『バイキ無しフォースブレイク』 FBはできる限りCTごとにまわしていく。 バイキ無しでのFBは入りづらいので 必ずバイキを確認しながら撃とう。 バイキ無しFBはアカンでー。 できればしたい行動 一部の範囲攻撃の回避 豪快インパクト、轟雷バースト、嵐撃シールドを回避。 これらは避けられなかったとしても デスマスの手数が一手分、ロスするというだけで PT全体が壊滅するような深刻な事にはならないでーす。 (まぁ、豪快インパクトくらいは避けておきたい。 ) エンド時のみにやってくる おぞおたは回避できなくともよいです。 というか、回避しようとして失敗した時に 変なふっとび方をするとスムーズに戦線復帰できず 状況が悪化する場合があるんで注意。 「3回に2回くらいは避けられる!」とか半端な回避は 全部被弾するより圧倒的に迷惑なんで 100%近く回避できる自信がある人だけが回避行動してくだしあ。 MPパサーもできる人だけしよう 射程が非常に狭く、硬直もそこそこ。 デスマスをターゲットにすると失敗が少ないでーす。 成立時の範囲自体は非常に広いんで漏れない。 ただ、これをやって1度でも壁抜けを起こしてしまうと わりにあわないロスになるので、失敗してもよい強さ1~2で十分な練習推奨。 なんとか一勝したいってだけの人は これを使用せず涙を飲んでエルフを飲んでもらった方がいいッス。 できる魔戦はパサーでエルフの使用数を軽減してくだしあ。 意外と不意打ちクラッシュの誘発が難しい 急襲ジャンプの後に、近くに人がいると行ってくる技。 雷の発生場所によっては誘発が非常に困難だった。 思ったより、行ってくれる射程が狭い。 そんなこんなで配信しながら挑戦した結果 なんか、即勝っちゃった 被弾しまくるわ 稀に壁抜けを発生させるわしたわりにあっさり勝利。 強い人たち大好きィ! 多分、デスマスさんに介護されてるんだと思う。 死んでもすぐ蘇生されるし 抜けが発生してもデスマスさんが死ぬか もしくはセカンドキャッチ。 今回は割と気楽にできる職なのかもしれない クリアの難易度はともかく プレイング自体はジェルザークの時よりは気楽かも。 ジェルザークは、事故死以外では 死んじゃいけなかったしマジックアローの管理と FBのタイミングのセンスが必要で責任が大きかった。 範囲の避け方がイマイチでも とにかく後ろへそらさず FBを決めてれば死にまくってもOK。 ガチ魔法戦士の人には怒られるかもしれないけど 魔法戦士でガルドドンに勝てるかどうかは後ろ次第な気がした。 極めれば完璧な範囲回避で生存率向上や MPの完全供給なんかもできて PT全体の火力上昇に繋がるんだろうけど。 行動直前まで押しっぱなしにしない 6デス壁はできるだけ魔戦の壁の位置 *手数 7魔戦はAl2後などでFBなどを入れる 1のため 様子見NG 8デスは蘇生後無敵時間の感覚と聖女有無判断で手数を増やす 置きザオ様子見NG 9魔戦の範囲は避ける おぞおた以外、崩れかけてる時はドラミングも避ける 10神速の空間のボーナスを生かす.

次の

最強ガルドドンもぼこぼこりん♡

ガルドドン 立ち回り

武器:プロセルピナ 頭:封印ガード100、混乱ガード60 必須ではない 体上:攻撃魔力練金 体下:攻撃魔力練金 腕:呪文発動速度 足:身かわし率アップ 必要なのは、プロセルピナ・体上下の攻撃魔力練金・呪文発動速度です。 他の部位は所持していなければ無くても大丈夫です! 剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略:立ち回り 剛獣鬼ガルドドンの サポ攻略で厄介な技は、たたきつぶすと分散する災禍です。 常にサポート仲間から距離を離して動くのが非常に重要です。 HP1で蘇ってしまうと、サポのデスマスターが「ガンガンいこうぜ」に設定していてもベホイム・ベホマラーをしてしまうようになります。 サポは分散する災禍に集まってしまうため、常にサポ3人が一気にやられてしまいます。 自分にタゲが来た場合は一気に全滅してしまうことも・・・。 分散する災禍をする前には、自分の方を向いているのである程度は判断することができます。 サポが分散する災禍で狙われている場合は、素早くザオラルでデスマスター二人を起こしましょう。 ここでの蘇生の速さがバトルの肝になってきます! 廻風ローリングの対処 サポが竜巻になるべく巻き込まれないようにするために、 竜巻から離れた位置で攻撃するようにしましょう。 サポのデスマスターは剛獣鬼ガルドドンの近くに位置取りをしていることが多いはずです。 デスマスターの方向とは真逆の方向に位置どり、招雷ドラミングを避けていきましょう! 剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略の感想など 剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略は、 他の常闇・聖守護者ボスよりも難易度が高めです。 また、サポに料理を使用しないと難易度が跳ね上がるためゴールドもかかってきます。

次の