アリータ バトル エンジェル 2。 アリータ:バトル・エンジェル 2枚組ブルーレイ&DVD

アリータ:バトルエンジェル2 続編のキャスト・あらすじ・公開日最新情報

アリータ バトル エンジェル 2

アリータ:バトル・エンジェルについて 「アリータ:バトル・エンジェル」の監督ロバート・ロドリゲスが、「アリータ:バトル・エンジェル」のシリーズ化を目指し、複数の続編を手がけようと計画していることがわかりました。 プロデューサーはジェームズ・キャメロン 「アリータ:バトル・エンジェル」はジェームズ・キャメロンが長年温めてきた企画であり、本来はキャメロンが監督するためにプロデューサーとして進めてきました。 「アバター」のように、 キャメロン監督のヴィジョンに映画技術が追いつくまで何年も企画を温め続けてきたのです。 しかし、「アバター」の続編製作への負担が大きくなり、最終的に監督の座はロバート・ロドリゲスに譲ります。 原作は漫画「銃夢」 「アリータ:バトル・エンジェル」は1990年から1995年にかけて発表された木城ゆきとのSF漫画「銃夢」を原作にしています。 あらすじ 不老不死などの技術が進んだ未来で、全身サイボーグの少女アリータ(演じるのはローサ・サラザール)が敵と戦うSFアクション映画です。 サイボーグのアリータはスクラップ置き場で科学者に発見され、壊れた箇所を修復してもらい、過去の記憶を取り戻そうとします。 目の大きなアリータがとても印象的ですね。 キャストには、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ、ミシェル・ロドリゲスなどが出演。 公開日は当初2018年7月20日の予定でしたが、 2018年12月21日へと延期されています。 アリータ:バトル・エンジェル2 続編が製作される理由とは 最近の映画CinemaConで、「アリータ:バトル・エンジェル」の監督ロバート・ロドリゲスと、プロデューサーのジョン・ランドーが、製作のプロセスについて明らかにしました。 監督のロバート・ロドリゲスは、ジェームズ・キャメロンからこの作品を引き継ぐ際に何百ページのメモから長編脚本を生み出したことを明らかにしています。 「キャメロンの考えや、どうやってストーリーを作るのかを覗くことはとても楽しいよ。 どうやってキャラクターを生み出すのか良いレッスンになるんだ。 続編が生まれるかは、観客がキャラクターの将来を見てみたいと思わせるところから始まるんだ」 こう語っています。 続編公開はいつになるか 「アバター」の続編製作を開始してから、ジェームズ・キャメロンは非常に忙しい時期を過ごしています。 キャメロンは「アバター2」「アバター3」の撮影を開始しながら、「アリータ:バトル・エンジェル」のプロデューサー、そして「ターミネーター6」も手がけています。 非常に多忙なキャメロンですが、「アリータ:バトル・エンジェル」にかけた時間や原案の量を考えるなら、続編製作を手がけるのは時間の問題でしょう。 しかし、最終的には観客からの評価と興行収入が続編製作を決定づけることになります。 また、公開日ですが「ターミネーター6」の公開日が2019年。 「アバター2」が2020年12月です。 となると、2021年以降の公開が現実的でしょう。 キャスト アリータ:ローサ・サラザール.

次の

「アリータ バトル・エンジェル」の続編が未定な理由は?評価と感想

アリータ バトル エンジェル 2

「アリータ バトル・エンジェル」のファンが続編製作求める運動を展開 2019年7月24日 11:00 続編製作を求めるキャンペーンを展開 C 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation [映画. com ニュース] 「」のファンが、インターネットを通じて続編製作を求める運動を展開していると米Yahoo!が報じている。 同作は、氏のSF漫画「銃夢(ガンム)」を監督がプロデュース、監督がメガホンをとったSFアクション大作だ。 興行収入は劇場と折半するうえ、劇場公開には宣伝費がかかるため、映画業界では製作費の3倍の興行成績を上げないと利益が出ないと言われている。 今作の場合は、製作費1億7000万ドルに対し世界累計興収4億0500万ドルで劇場公開を終えたため、1億ドル前後の赤字を出した計算になる。 しかし、同作が熱狂的なファンを生みだしたことに加え、続きを期待させるエンディングとなっていたことから、自らを「アリタ・アーミー」と呼ぶファンたちが続編製作を求めるキャンペーンを展開。 SNSで「」の素晴らしさや続編の必要性を訴えるだけでなく、同作のブルーレイの予約購入を実施。 その結果、米アマゾンでは同作関連のブルーレイがトップ10に2本エントリーする事態となっている。 同作のDVDやブルーレイ、ビデオ・オン・デマンドが高いセールスを記録すれば、続編製作の可能性が高まると考えているようだ。 実際、主演の「」も、劇場公開では低調だったものの、DVDやブルーレイ、ビデオ・オン・デマンドを通じて人気に火がついた経緯がある。 ただし、20世紀フォックスが製作した同作だが、現在はメガヒット作を多数抱えるウォルト・ディズニーが所有しているため、続編製作が決定することは容易ではなさそうだ。 (映画. com速報)• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

『アリータ』中途半端?続編はあるのかエンドロール後のおまけや特別映像はあったのかまとめ

アリータ バトル エンジェル 2

クズ鉄の中から拾われたサイボーグ少女が、人々の温かさに触れて成長しながら、高度な格闘術〝機甲術(パンツァークンスト)〞を駆使して戦う。 少女の成長物語と格闘アクションの両方が詰まったSF格闘アドベンチャーだ。 製作は「アバター」「タイタニック」の ジェームズ・キャメロン。 25年前に「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロから原作コミック「銃夢」を紹介されすぐに映画化権を取得、「アバター」製作準備と並行して脚本も自身で書く。 当時、キャメロンの娘が13歳で、アリータと医師イドの関係には自身の父娘関係が反映されていると本人が認めている。 アリータの大きな目は原作へのオマージュだ。 キャメロンは「アバター」続編のため監督できず、代わりに引き継いだのが「シン・シティ」の ロバート・ロドリゲス。 彼はキャメロンから膨大なページ数の脚本を受け取り、脚本を短くするところから引き継いだ。 ロドリゲス曰く、脚本は長すぎること以外は完璧で「キャメロン監督の映画を編集する」という意識で脚本を短くしたそう。 ヒロインのアリータ役をモーション・キャプチャーで演じるのは「メイズ・ランナー」の ローサ・サラザール。 共演者にはオスカー俳優がずらり。 ヒロインの父親的存在になるサイバー医師役は「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ繋がれざる者」の クリストフ・ヴァルツ、その元妻役は「ビューティフル・マインド」の ジェニファー・コネリー。 町の権力者ベクター役は「ムーンライト」のマハーシャラ・アリが演じる。 スタッフやキャストに、これはロバート(ロドリゲス監督)の映画なんだと伝えたいと思ったからね。 完成した映画はまさにロバートの映画になっているし、そうあるべきだ。 そんな地上の町アイアンシティ、別名クズ鉄町で暮らすサイバー医師イドは、クズ鉄の中から、サイボーグ少女の頭部を発見。 イドが新たな身体を与えると少女は目覚めるが、過去の記憶は失われていた。 少女はアリータと名付けられ、イドの家で暮らすうちに、人間的な感情が芽生えていく。 そんなある日、敵に襲われたイドを助けようとしたアリータは、彼女の中に眠っていた高度の戦闘能力が覚醒したのに気づく。 また、アリータは人間の少年ヒューゴに出会って淡い恋心を抱く。 しかし、競技の主催者ベクターには別の思惑があった。 この革命的映像に注目! 「シン・シティ」監督によるアクション演出が刺激的! アクションの速さ、過激さ、空間を縦横無尽に動く立体的な演出が、刺激たっぷり。 そんなド派手アクションが可能なのは、アクション場面の主要キャラが、普通の人間じゃないから。 伸縮自在のカギ爪を操るサイボーグや、巨大な警備ロボットなどの特殊な造形と動きに、ロドリゲス監督がコミック原作の「シン・シティ」でも発揮したグラフィックなアクション演出が掛け合わされて、効果倍増。

次の