登竜門。 登竜門って英語でなんて言うの?

spirit of guide登竜門〜より高い光線を獲得する為に〜

登竜門

1あみ焼メニュー各種】 おひとり様から気軽に晩酌が楽しめる「網焼き」は 登竜門人気No. 1! 生ビールを片手にお好みの焼き加減で、プライベートな個室も完備の居酒屋スタイルで自由にお食事をお楽しみくださいませ。 Post from RICOH THETA. リーズナブルにお腹いっぱいになれる大将オススメ満腹コースはもちろん、お客様のお好みやご予算に応じたメニューの追加も可能です。 どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。 このお店で待ち合わせだったり、ここにいるよーだったり、次の女子会ここにしよーだったり。 現在地の位置情報をONにして下さい。 その際は出発地点欄より現在地を選択してください。 一人でフラット一杯立ち寄りでも、大勢で予約してワイワイでもお腹いっぱい食べてもらえるように新鮮な食材でお迎えいたします。 【撮影・取材者から一言】 佐賀県伊万里のJR伊万里駅から約徒歩3分の場所にある「屋台市場 登竜門(とうりゅうもん)」様紹介ページです。 料理一筋50年の大将がきりもりする路地裏にあるため知る人ぞ知るリーズナブルな居酒屋さん。 詳しくは.

次の

中国人が驚いた鯉のぼりの意味と由来。「登竜門」だったとは!

登竜門

どういった言葉か 登竜門(とうりゅうもん)は、 1. 立身出世のための試験や審査を突破する、賞を獲得する 2. また、そういった試験や賞そのもののこと こういった意味があります。 」は由来から考えると誤用なのかもしれませんが 辞書にもこのように載っていますし 実際にそういった使い方もされます。 そんじょそこらの試験や賞には使いません。 獲得すればその道での地位が高い確率で保証される、 それくらい力のあるもの、という意味です。 有名なものだと文学における芥川賞が 登竜門と言われていますね。 あとは難関大学などもそうでしょうか。 使い方としては 「芥川賞を受賞するのは文壇における登竜門だ」 という具合です。 文字を見ただけで、力強い印象がありますね。 これには、次のような由来があります。 この言葉の由来 「登竜門」というと なんだか中国っぽい響きがありますが 実際に中国のものです。 イメージとしては 赤い大きな門があって そこを通るためにはボスを倒さないといけない、 そしてドラの「ドジャーン!」 という音を合図に戦う…、 みたいな感じになりそうですが そうではなく、というか全然違って 登竜門は中国の大きな川、 黄河にあるものです。 黄河の上流に、龍門山を切り開いてできた、 流れの非常にはやい場所があり ここを登り切った魚は竜になる という言い伝えがあったので 「龍門」と呼ばれていました。 登竜門は、その龍門を登りきること。 ここから、難関を突破して大きく飛躍すること という意味になりました。 なお、このような意味で使われたのは 『後漢書』李膺伝(りようでん)がもとです。 この書の中に、李膺(りよう)という たいへん実力のある人物がいて 彼に認められると出世まちがいなし と言われていました。 ここから、彼に認められることを 魚が龍門を登って竜になることに例えられました。 これが登竜門の由来です。 漢字についてですが 「龍」は「竜」の古い書き方で ここでは同じ意味と考えてよいです。 「登龍門」「竜門」と書くこともあります。 スポンサーリンク 誤用が一般化している? 上記の由来から、登竜門は 「厳しい関門(龍門)を通ること」 という意味になりますが、 先ほど少し述べた通り、 実際には関門そのものを指す 使い方をされることが多いです。 さっきの例でいえば 「芥川賞を受賞するのは文壇における登竜門だ」 ではなく 「芥川賞は文壇における登竜門だ」 ということですね。 黄河にあるのは「竜門」、 そしてそこを登る、という意味で、 「登竜門」という場所があるわけではないので この使い方は誤用になるはずです。 ただ、辞書でも後者の使い方が載っていますし すでに一般化してしまっているので いまさら直すのも難しいでしょう。 なので、上記の使い方は もはや間違いといえないかもしれません。 まあ、こういう話は 「どっちでもいいいじゃねえか」 と思われる人もいると思いますが 「登竜門を登る」という表現は 「頭痛が痛い」や「危険が危ない」と 同様の 重複表現になっていることは 知っておいたほうがいいでしょう。 以前ほどは使われない? 登竜門という言葉は、 難しいけど達成すると大きな成果があるものとして ふさわしい表現でしょう。 古来より、龍が天に昇るありさまは 出世や成功の象徴として描かれていましたし 現在でも鯉のぼりなどで表現されています。 資格や賞を目指す人にとって 成功した自分の姿を天を駆け巡る龍に 例えられるわけですから この言葉は励みになりますね。 ただ、最近は価値観が多様化してきており 「これを達成すれば将来安定」 というものが減ってきているのも事実。 以前は国家資格を取れば 仕事には困らないと言われていましたが 最近はなかなか大変ですし 大企業に入っても必ずしも安心できません。 それに合わせるように この登竜門という言葉も あまり使われなくなったように思います。 しかし、現在でも難関大学や有名な資格は、 あれば有利になることには間違いありませんし、 大変な試験勉強の勢いをつける言葉として 役に立ってくれるでしょう。 また、試験だけでなく むつかしい仕事を頼まれたり 厳しそうな部署に回された場合も 「この仕事をやりぬくのは この業界でやっていくための登竜門となる」 「あの部署で働くのはこの会社の登龍門だ」 といった使い方をすることもできます。 世の中大変なことはたくさんあるので 登竜門という言葉を使って 奮い立たせるのもいいですね。 反対の意味の言葉 (力及ばず失敗すること)としては 点額(てんがく) というものがあります。 これは龍門を登るのに失敗して 岩に額をぶつけて傷(点)をつけてしまう ことから来ていますが、 もちろんこんなことにならず、 登竜門を目指していきたいものです。

次の

こどもの日の由来と意味は?鯉のぼりと登竜門には繋がりがあった衝撃の事実!

登竜門

【そもそもこどもの日って何なの?】 こどもの日は戦後である1948年に制定された祝日です。 祝日法によると、 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福を図るとともに、母に感謝する日」とされています。 ここで男の子限定のことは一切書いておらず、 こども全てにおいて祝福する日とされていますね。 意外なのは母に感謝する日でもあるということですが、 母の日はこどもの日の直後である5月の第2週日曜日にありますので、こどもの日の主役はやはりこどものようです。 ではどうして男の子の日というイメージがあるのでしょうか? 秘密は5月5日に隠されていましたので、歴史を振り返ってみましょう! 【こどもの日はどのようにして生まれたのか?】 5月というと、昔の中国では流行り病のために、人がたくさん亡くなった時期でもありました。 旧暦の5月になるため、今でいう6月あたりですね。 中国はとても広いですが、日本のように湿気が多い地域だと、悪いウイルスが蔓延していたのかもしれません。 特に5月5日は同じ数字が並んでおり、悪いことが続くという意味でさらに嫌われていました。 そこで、薬草としての効果が高い菖蒲(しょうぶ)を門に刺したり、勝負をつけたお酒を飲んだりして厄払いを行っていたそうです。 この風習は日本にも伝わるのですが、もともと日本の旧5月は田植えの時期ということもあり、田植え前に行う豊作のための儀式「5月忌み」がありました。 中国から来た菖蒲の厄払いと、田植え前の豊作の儀式が合わさって、 『若くて清らかな女性(早乙女)が田植えの前に菖蒲酒で神社などで体を清め、田の神様に対して邪気を払うようになった』と言われています。 これが5月5日の行事の発祥となるわけですが、 この時の主役は女性ですから、まだ男の子のための行事ではありません。 【どうしてこどもの日は5月5日なのか?】 先ほど中国での古い話の中で5月5日は数字が連続しているから厄払いをしたと申し上げましたが、日本には5月5日までは伝わりませんでした。 5月5日となったのは、端午の節句が関係しています。 端午とは、月の最初の午(うま)の日のことを言うのですが、午は5月のことを指しています。 干支は12あるのですが、干支それぞれに月が決められています。 子が1月なら午は7月なのでは?と思われるかもしれませんが、 昔の旧暦の決め方によると、11月は冬至を含む月との規定がされていて、なぜか最初に決まる月は11月なのです。 11月が最初に決まると、そこから新月を境とし次の月が決まるわけです。 よって旧暦11月が最初となるため子となり、7番目の午は5月になるのです。 ちょっと話が逸れてしまいましたね、本題に戻りたいと思います。 先ほどの理由により、端午とは5月となったのですが、 5日は午を「うま」の他に「ご」と読むため5日となったという説もあれば、月と同じにした方が特別な意味合いになるという説もあります。 確かにひな祭りは3月3日で上巳の節句ですし、七夕の節句は7月7日ですね。 1月の人日の節句は7日ですが、9月の重陽の節句は9日となっています。 諸説あるものの、5月5日という意味はちゃんとあることはおわかり頂けたのではないでしょうか? 【どうして5月5日は男の子の日になったのか?】 5月5日の起源に出てくるのは早乙女、つまり女の子が主役となっていました。 5月5日の意味合いが変わったのは武家時代と言われています。 菖蒲の形は尖っていて剣に似ているため、男の子が誕生すると飾られるようになりました。 武家時代は家を継ぐのは男子しか許されなかったため、一族の繁栄には男子が健やかに成長することが非常に大事でした。 従って、男の子の行事にシフトしていってしまったのですね。 この流れは武家が活躍する長い間ずっと変わることはありませんでした。 そして最大の武家時代を築き上げた、江戸時代に新たな変化が生まれます。 Sponsored Link 【江戸時代に、鯉のぼりが初登場!】 江戸時代では将軍が15代も続いており、およそ260年も続いた時代です。 男子が跡取りとなるのは将軍家も同じであったため、毎年5月5日になるとのぼりを立ててお祝いをしていました。 こののぼりを立ててのお祝いは、次第に庶民一般的に広まりました。 のぼりとは戦国時代から使われていたもので、家紋を書いて遠くからでも誰が陣取っているのかわかるようにしていたと言います。 そのため、多少無骨なところもあり、華やかさがあまりありませんでした。 そこで裕福層の庶民が、差別化のために中国に伝わる逸話をのぼりに描くことを思いつきました。 その逸話とは、 「黄河(中国最大の川です)の中にある「竜門」という流れの早いところを鯉が登りきると、やがて竜となって天へ昇っていく」というものです。 縁起担ぎが大好きな日本人ですから、 この逸話は人の立身出世を意味しているとして、竜門を登る鯉をイメージした鯉のぼりを作って、飾るようになりました。 大空を悠々と泳ぐ鯉のぼりを見て、周りに広まっていったということです。 もともと他との差別化という意味があったので、当初は1匹しかなかった鯉のぼりも、次第に数が増えていき、その数が家の裕福さを表すバロメーターにまでなりました。 今では上からお父さん、お母さん、こどもといったように家族を表すようになりましたね。 【中国の逸話から生まれた鯉のぼりは、登竜門となった!】 この中国の逸話ですが、 竜門を登ることから、それ即ち【登竜門】と言われるようになりました。 人が出世する際、突破しなければいけない難関のことを登竜門と言われますが、 そもそも難関を突破していたのは鯉だったわけですね。 鯉が竜になるという考え方は、竜には鯉と同じ様なウロコがありますので、とてもマッチしていると思います。 鯉のぼりと登竜門は全然関係のないイメージしかありませんが、実は同じ逸話から生まれたものだったわけです。 【子供、子ども、こども、どれが正しい表現?】 「こどもの日」は平仮名で表記されますが、普段は漢字で子供と表現したり、少し噛み砕いてこどもと書かれることもあります。 問題になったのは「供」であり、お供という意味があることからこどもに対する差別(大人のモノみたいに感じる)だと言われたりもしました。 一方で、「ども」とは複数形を表している言葉だとも言われ、よく時代劇で追い詰められた悪代官などが「者ども、であえーーー!」というシーンがありますが、「者ども」の「ども」と同じ意味合いということだそうです。 いろいろと表現の統一を図っていた時期もあったそうですが、結果的に統一はされず、結論的にどの表現でもOKということになったようです。 このブログにおいては、タイトルは文字数制限があるため「子供」としていますが、どうも固い表現になってしまうので、「子ども」と表記しています。 このブログは親子の絆をテーマにしていますので、「子」は漢字にしておきたかったという思いもあります。 どの表現であるにしても、親が子どもを大事に思うのはいつの世も同じですから、5月5日の「こどもの日」は子どもと楽しめる一日にしたいですね。 Sponsored Link カテゴリー•

次の