胃潰瘍 原因。 【医師監修】胃潰瘍には初期症状があるの?病院へ行くべきサインは?

胃潰瘍とストレスの関係や症状は?仕事が原因なら労災?

胃潰瘍 原因

胃潰瘍・十二指腸潰瘍でお困りではありませんか? 胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは、胃酸により粘膜がただれることで、潰瘍ができる病気です。 主な原因として、ピロリ菌の感染、お薬の副作用、ストレス、飲酒・喫煙などが挙げられます。 腹部やみぞおちに痛みが生じたり、胸焼け、膨満感、食欲不振などの症状が現れたりします。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍に対しては、バリウム検査や内視鏡検査(胃カメラ検査)などを行って、胃の状態を詳しく観察したうえで、胃酸の分泌を抑えるお薬を処方したり、ピロリ菌感染が見受けられる場合には、除菌治療を行ったりします。 なお、内視鏡検査を受けて、胃潰瘍・十二指腸潰瘍と診断された場合には、2回目まで保険適用で除菌治療が受けられます。 胃潰瘍• 十二指腸潰瘍 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査方法 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査方法として、「バリウム検査」と「内視鏡検査(胃カメラ検査)」が挙げられます。 バリウム検査 バリウムを服用したうえで、レントゲンで胃の状態を確認する検査です。 もう1つの検査方法である、胃カメラ検査よりも簡便に受けられますが、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主な原因である、ピロリ菌の検査を同時に行うことはできません。 胃カメラ検査 口または鼻から内視鏡を挿入して、食道、胃、十二指腸などの上部消化管を直接目で見て観察する検査です。 同時に、ピロリ菌の検査を行うことができます。 また、がんが疑わしい病変が見つかった場合には、病変の一部を採取して、病理組織検査を行うことも可能です。 ピロリ菌に感染していると診断されたら ピロリ菌に感染すると胃がんリスクが高まることがわかっています。 ピロリ菌感染により慢性萎縮性胃炎が起こり、それが何度も炎症を繰り返すことで、腸上皮化生などができ、そこで遺伝子の異常が起こって胃がんが発症するとされています。 そのため、ピロリ菌を除菌することは、胃がんを予防するうえで非常に重要となります。 なお、一度ピロリ菌に感染すると、除菌治療を行っても胃がんリスクはゼロにはなりません。 1年に1回、定期的に胃カメラ検査を受けて観察する必要があります。 なので、ピロリ菌に感染していると診断されたら、除菌治療を受けて、定期的に検査を受診するようにしましょう。 ピロリ菌は簡単な治療で除菌可能です 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因のほとんどが、ピロリ菌感染によるものとされています。 ピロリ菌の除菌治療は、胃カメラ検査を受けて胃潰瘍・十二指腸潰瘍、慢性胃炎と診断された場合、2回まで保険適用で受けられます。 治療は簡単で、1次除菌では「PPI(プロトンポンプ阻害薬)」「クラリスロマイシン」「アンピシリン」といったお薬と、1日1回、1週間飲み続けるだけです。 1次除菌で除菌できなかった場合、2次除菌ではクラリスロマイシンの代わりに「メトロニダゾール」を使って、1次除菌と同様に1日1回、1週間お薬を飲み続けます。

次の

Dr.岡崎の胃腸とこころ 2 90歳の恋(急性胃潰瘍)

胃潰瘍 原因

- 目次 -• 胃潰瘍になるメカニズム 胃潰瘍が起こる原因は、 胃酸から胃壁を守る胃粘膜の防御機構のシステム不全によるものです。 食物を消化するために、強力な胃酸と消化酵素(ペプシノーゲン)を主な成分とする胃液が胃壁から分泌されています。 これにより食物は、胃の中で消化されると同時に殺菌されます。 胃酸は非常に強い酸ですが、通常は胃酸によって胃壁が傷付けられることはありません。 それは胃粘膜の防御機構により、表面の胃粘膜から胃壁を保護する物質が出て胃を守っているからです。 胃粘膜の防御機構のシステムが異常をおこし弱まることで胃潰瘍になるのです。 ヘリコバクター・ピロリ菌 ヘリコバクターとは、螺旋状の細菌という意味です。 その多くは胃の幽門部に見つかり、口から感染して胃の粘膜に生息します。 ピロリ菌に感染する年齢は、日本人の場合だと十代が10%程度なのですが、五十代以上になると60%以上と言われています。 ピロリ菌はアンモニアを作り出し、胃酸を中和させて胃の中に生息します。 この時、アンモニアだけでなく有害な活性酸素が多く作られ胃粘膜を傷つけるのです。 そして胃の中に住みついた ピロリ菌は毒素を出して、更に胃粘膜を傷つけ続けるのです。 こうしてピロリ菌によって傷つけられた部位は、胃酸の刺激で更に傷を深め胃潰瘍を引き起こします。 しかし、ピロリ菌に感染したからといって必ずしも胃潰瘍になるわけではありません。 しかしピロリ菌が原因の胃潰瘍は再発しやすく、治りにくいと言われています。 また、ピロリ菌に感染した人は善玉コレステロール値が低く、白血球が増加する傾向があり心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすいので特に高齢者は注意が必要です。 ピロリ菌を除菌するには、抗生剤2種類と抗潰瘍剤1種類を1週間ほど内服します。 それにより、85%の確率でピロリ菌の除菌が可能になります。 解熱鎮痛薬が原因とされるNSAIDs潰瘍 NSAID(エヌセイド)とは、非ステロイド性抗炎症薬。 一般的な解熱鎮痛剤であるアスピリンやイブプロフェンなどです。 NSAIDs潰瘍は解熱鎮痛剤の副作用によって胃の粘膜を保護する防御機構に異常が起こり、胃酸が胃壁を傷つけて潰瘍を引き起こすものです。 NSAIDs潰瘍の場合、胃の痛みなどの自覚症状がないまま潰瘍が進行することがあります。 心筋梗塞や脳梗塞の再発を防ぐために、低容量ですがアスピリンを長期に服用することがあります。 しかしアスピリンもNSAID(エヌセイド)ですので、胃潰瘍を起こす要因になる可能性があります。 解熱鎮痛剤の飲み方を間違えると、胃潰瘍を引き起こすリスクが高くなりますので注意してください。 空腹時の服用、適量より多い量を服用する、違う種類の解熱鎮痛剤を同時に服用するなどといった行為は、胃潰瘍のリスクを高くしますので避けてください。 ストレス 肉体的、精神的に 強いストレスを受けると、内臓の働きを調整している自律神経の働きに支障が起きます。 その結果、胃の血流が悪くなり粘膜を傷つけて潰瘍が生じます。 よく解決困難な問題を抱えると、「胃に穴があく」と言った表現を使いますよね。 それはつまり、精神的なストレスが胃潰瘍を引き起こし、それが更に悪化して胃に穴があいてしまうということですね。 現代のようなストレス社会では、ストレスを感じないでいることは難しいでしょう。 だからこそ、軽い運動をするとか人に話を聞いてもらうなど、少しでもストレスを解消して溜め込まないようにすることが大切になります。 カテゴリから探す•

次の

胃潰瘍の原因になってしまう飲み物!なぜ悪いのかコーヒーは?

胃潰瘍 原因

胃の粘膜が胃酸などにより傷害され、腹痛や吐き気を惹き起こす「」は、胃の疾患の中でも比較的身近な病気です。 胃潰瘍とはどのような病気で、罹患した場合胃の内部はどのような状態になるのでしょうか。 国際医療福祉大学塩谷病院消化器内科部長の山根建樹先生に、ステージごとの症例写真と共に解説していただきました。 胃潰瘍とは 防御因子が弱まることで胃粘膜が傷害されること 健康な胃は「攻撃因子」である胃酸やペプシンなどから自己を守るために、胃粘液を分泌するなどの「防御因子」により粘膜表面を保護しています。 ところが、粘膜の粘液や血流の減少などから、「防御因子」が弱まると、攻撃因子が優位になるため胃粘膜が傷害されてしまいます。 このように防御因子が弱ってしまう主な原因には、ピロリ菌と非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の2つが挙げられます。 胃壁は粘膜固有層・粘膜下層・固有筋層・漿膜(しょうまく)などからなっており、傷害は損傷される深さによってびらんと潰瘍に分類されます。 粘膜固有層までの傷害がびらんですが、本記事では粘膜下層よりも深部にまで傷が及ぶ「」についてご説明していきます。 胃潰瘍 では図のように自由穿孔がみられることもありますが、本記事で取り扱う「胃潰瘍」で胃壁が自由穿孔することはあまりありません。 写真でみる胃潰瘍のステージ 胃潰瘍の病期は6段階に分類される まず、活動期(active stage)・治癒過程期(healing stage)・瘢痕期(scarring stage)の3つに大別され、それぞれが更に2段階に分けられます。 この分類法は、1961年に国立がんセンターの崎田隆夫教授、三輪剛教授らが作成したため「崎田・三輪分類」とも呼ばれており、内視鏡による検査や治療の際の重要な指標となっています。 各ステージの症状やその特徴を、症例写真と共にみていきましょう。 【胃潰瘍のステージごとの症状の特徴】 ステージごとに症状が異なります。 画像とともに詳細を紹介します。 A1: 潰瘍が活発に活動している急性期で、潰瘍底は厚みのある白苔(はくたい)に覆われ、凝血塊の付着や血管の露出、出血などがみられ、また潰瘍の辺縁は浮腫状に膨らみます。 この写真では、潰瘍底に凝血塊の付着がみられます。 前庭部の巨大潰瘍/NSAIDs潰瘍(ロキソニン服用)/ピロリ菌陰性/A1 stage A2: 潰瘍底はA1に比べきれいな白苔に覆われるようになり、露出血管や凝血塊の付着はなくなり、潰瘍辺縁部の浮腫も減退します。 この写真は上に示した症例の治療開始後のもので、凝血塊の付着はなくなっています。 前庭部の巨大潰瘍/NSAIDs潰瘍(ロキソニン服用)/ピロリ菌陰性/A2 stage H1: 潰瘍が小さくなり始める時期です。 白苔は薄くなり、潰瘍辺縁の浮腫は消褪し赤色の再生上皮の出現がみられます。 H2: 潰瘍が更に小さくなり、再生上皮が著明となります。 S1: 潰瘍の白苔は消失し、赤色の瘢痕となります。 写真は上に示した症例の治療後のものです。 前庭部の多発性潰瘍/NSAIDs潰瘍(ロルカム服用)/ピロリ菌陰性/S1 stage S2: 発赤が消失し、白色の瘢痕となります。 症例写真提供:全て山根建樹先生より 胃潰瘍を発症しやすい年齢、性別とは? Hp潰瘍は40歳から50歳で発症しやすく、NSAIDs潰瘍は高齢者に多い は、原因がピロリ菌( Helicobacter pylori:Hp)感染によるHp潰瘍と、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の服薬が原因となるNSAIDs潰瘍に分けられます。 どちらの胃潰瘍も罹りやすさに性差はありませんが、患者さんの年齢層には違いがみられます。 Hp潰瘍は40歳から50歳で発症しやすく、高齢になると胃酸分泌が低下することから罹患しにくくなります。 一方、NSAIDs潰瘍は消炎鎮痛作用を持つ薬剤によるものですので、腰や膝に痛みを抱え、NSAIDsを服用している高齢者の方に多くみられます。 胃潰瘍の治療方針は、Hp潰瘍かNSAIDs潰瘍かを明確に見極めたうえで考えていく必要があります。

次の