映画 弘前市。 青森県弘前市のスナック/パブ/クラブ(2ページ目)一覧

弘前市とは

映画 弘前市

所在地 : 青森県青森市古川1-21-18(1990年) 開館年 : 1954年(奈良屋劇場)、1997年3月15日(シネマディクト) 閉館年 : 営業中 Wikipedia : 1960年の映画館名簿では「奈良屋東映」。 1969年の映画館名簿では「青森奈良屋東映」。 1980年・1990年の映画館名簿では「奈良屋劇場」。 2000年・2010年の映画館名簿では「シネマディクトルージュ・シネマディクトノアール」(2館)。 1997年3月15日、11か月前に閉館した奈良屋劇場跡地をそのまま使用した映画館「シネマディクト」が開館した。 シネマディクトとは「映画中毒者」を意味する。 150席の「ルージュ」、55席の「ノアール」の2スクリーン。 それぞれ赤色と黒色の座席はフランスから買い付けた。 最新式のデジタル音響設備も導入した。 「弘前東宝」と「スカラ座」は経営者が同じであり、弘前東宝は東宝の封切館であり、スカラ座は洋画の封切館である。 「弘前大映慈善館」は大映封切館である。 百石町には松竹直営で松竹封切館の「弘前大和館」がある。 「弘前東映」は東映直営である。 「弘前日活」は国営社直営で日活と新東宝の封切館である。 「国際劇場」は洋画封切館である。 「国民劇場」は洋画番外である。 弘前駅前には「弘前ニュース劇場」がある。 駅前劇場の通称を持つ「弘前映画劇場」は東映二番館かつ日活と新東宝の再映館である。 百石町には洋画の「有楽座」、大映と新東宝ほかの再映館である「弘前オリオン座」、松竹や東宝ほかの再映館である「弘前日本劇場」がある。 洋画再映館の「光映画劇場」は1956年春に焼失したが、現在再建中で近く開館の見込みである。 弘前市は青森市・八戸市に次いで第3位の人口14万人を持ち、映画館は14館がある。 市街地は戦災を受けておらず、乞食が1人もいないといわれるほど住みよい町である。 弘前大映慈善館、弘前ニュース劇場、弘前映画劇場、弘前オリオン座、国際劇場、弘前東宝、スカラ座、国民劇場、有楽座、弘前東映劇場、弘前日本劇場、弘前大和館、光映画劇場、弘前日活の写真あり。 所在地 : 岩手県北上市本通り2丁目2-1 さくら野百貨店北上店5階 開館年 : 2000年3月3日 閉館年 : 営業中 2000年3月3日、北上市の中心市街地再開発の核となる商業ビルに映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ北上」が開館する。 7スクリーン計1317席を有する、岩手県初のシネコンである。 北上市では10年以上前に「寿座」が閉館し、映画館の空白地帯となったため、映画ファンは約50km離れた盛岡市まで足を運ぶ必要があった。 寿座の閉館から2年後には映画上映サークル「北上シネマパラダイス」が結成され、8年間で40作品以上を上映してきたが、「シネコンを応援したい」として自主上映活動をやめるとしている。 所在地 : 岩手県宮古市小山田2-2-1(2000年)、岩手県宮古市小山田2-2-1 マリンコープDORA 2階(2010年) 開館年 : 1997年 閉館年 : 2016年9月末 2000年の映画館名簿では「宮古シネマリーン1・2」(2館)。 2010年の映画館名簿では「みやこシネマリーン1・2」(2館)。 2016年9月末、宮古市の映画館「みやこシネマリーン」が閉館する。 市民出資で設立された全国唯一の映画生協「みやこ映画生活協同組合」が運営。 1997年に開館し、2001年度には観客数が5万人を超えた。 2011年3月11日の東日本大震災では宮古市中心部も壊滅的な被害を受けたが、震災後2週間で営業を再開した。 しかし震災後は観客数が2万人を割り、毎年約900万円の事業損失を出していた。 2013年には全国から約1600万円の寄付を集めてデジタル映写機を購入したが、観客数の回復のめどが立たなかった。 みやこ映画生活協同組合自体は存続し、2台のデジタル映写機を用いて宮古市と釜石市で移動上映会を開催する。 所在地 : 宮城県仙台市宮城野区福室字田中前1-53-1(2010年) 開館年 : 2002年7月 閉館年 : 営業中 2010年の映画館名簿では「仙台コロナシネマワールド1-12」(12館)。 2002年7月上旬、仙台市宮城野区福室に大型アミューズメント施設「仙台コロナワールド」が開業する。 12スクリーン計1852席を備えた東北最大規模のシネコンが中核施設であり、温泉やボウリング場も併設される。 2000年12月には仙台市太白区に12スクリーンの「MOVIX仙台」が、2001年3月には利府町に「MOVIX利府」が開館しており、イオンシネマも2002年10月に富宮町にオープンするイオン富谷大清水にシネコンの併設を検討している。 この一方で、2001年8月には仙台松竹、仙台ピカデリー、仙台青葉劇場の3館が閉館している。 所在地 : 宮城県石巻市中瀬3-2(2000年・2010年) 開館年 : 1949年 閉館年 : 2007年(定期上映終了)、2011年3月11日(東日本大震災) 1999年、石巻市で映画館「岡田劇場」を支援する「岡田劇場がんばれ会」が発足した。 旧北上川に架かる内海橋のたもとに、1924年に岡田劇場が開館した。 木造モルタル2階建て。 約320席。 舞台下には回り舞台の奈落も備えられており、かつては寄席や歌舞伎でもにぎわった。 漫画家の石ノ森章太郎は中田町から自転車で岡田劇場に通ったという。 2009年11月15日、ドキュメンタリー映画『弁護士 布施辰治』(仮題)のロケが石巻市中瀬の岡田劇場で行われた。 布施辰治(1880年-1953年)は石巻出身の人権派弁護士であり、1918年には同一地点にあった「岡田座」で、普通選挙を求める演説会を開催した。 石巻市民ら170人がエキストラとして参加し、石巻市の亀山紘市長、女川町の安住町長も古い衣装を着て参加した。 石巻市出身の人権派弁護士を描いた映画『弁護士 布施辰治』が完成した。 ロケは石巻市などで行われ、女川町出身の俳優である中村雅俊などがナレーションを担当した。 5月28日からは東京で初上映され、その後全国各地で上映される。 6月4日には石巻市の岡田劇場で、6月9日には仙台市の仙台弁護士会館で完成記念上映会が開催される。 2010年11月27日、石巻市中瀬の映画館「岡田劇場」で大量の煙が発生する騒ぎがあった。 近くで道路工事が行われており、敷設したアスファルトをバーナーの火で乾かす作業中だったという。 岡田劇場は戦後すぐに建てられ、木造平屋建てである。 漫画家の石ノ森章太郎は少年時代に岡田劇場に親しんだ。 現在は展示会やイベント会場などとして使用されている。 2011年5月21日のテアトル新宿を皮切りに、『エクレール・お菓子放浪記』が全国で一般公開される。 2010年10月から11月にかけて、石巻市の日和山公園や北上川の河岸などでロケが行われた。 岡田劇場は作中に芝居小屋として登場し、エキストラには岡田劇場社長の菅原聖(41)も参加した。 岡田劇場は本作の先行上映会場にもなる予定だったが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で流された。 江戸時代末期に寄席の劇場として始まり、約150年の歴史を有する。 登米市出身の漫画家である石ノ森章太郎も通った。 映写機や298あった座席はすべて津波で流され、石積みの基礎だけが残った。 菅原は津波で約1km流されたが生き延びた。 2016年、石巻市出身の作家である大島幹雄が地域雑誌『石巻学』を刊行した。 石巻市ゆかりの文化人らが地域の魅力を紹介する地域誌である。 津波で流出した映画館「岡田劇場」所有者の菅原宏らには、芝居小屋や映画館として戦後の娯楽の場だった経緯を聞いている。 2015年末に刊行された創刊号には20人超が登場しており、今後は年に数冊のペースで刊行される予定である。 2016年10月、石巻市の宮城県立石巻高校で映画『つるしびな』が上映される。 監督は石巻高校出身の大和優雅(41)。 大和は涌谷町出身であり、小学生の時から石巻市の映画館「岡田劇場」に通った。 2010年には涌谷町を舞台とする初監督作品『つるしびな』が完成し、2011年3月3日には大崎市での上映が決まったお祝いをした。 その8日後には東日本大震災が起こり、岡田劇場は流出した。 2016年8月に刊行された『石巻学』第2号では、石巻市と映画のつながりが紹介されている。 昭和40年代までの石巻市には5館があったという。 2016年11月12日、東日本大震災の津波で失われた風景を感じてほしいとして、宮城県でポケモンGOのイベントが開催された。 石巻市中瀬の映画館「岡田劇場」は津波で流出し、現在は存在しない建物であるが、ポケモンGOでは"ポケストップ"として存在しており、「岡田劇場 東日本大震災で流出。 内海橋の真ん中にあった歴史ある映画館。 」という文章が表示される。 江戸時代末期に芝居小屋「千葉座」として建てられ、160年以上の歴史を有していた。 映画の上映だけではなく、歌舞伎の公演、歌謡曲のコンサートなども開催された。 所在地 : 秋田県秋田市千秋久保田町4番2号 秋田フォーラス8階(現・秋田オーパ) 開館年 : 1985年11月30日 閉館年 : 2017年2月26日 Wikipedia : 1985年11月30日に開館。 当初は東宝の封切館であり、『千と千尋の神隠し』を上映していた時には年商が1億円を超えていた。 郊外にシネコンができたりして客数が減少。 2003年に川口豊が運営にかかわると、ミニシアター系の作品を上映したり、名画座形態に変更したりした。 近年は1カ月当たりの客数が300人にとどまっていた。 2017年2月26日に31年の歴史に幕を閉じて閉館した。 最終上映は『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』。 座席数は150席。 秋田フォーラスのビルに改装に伴って、最上階のシネマパレが閉館する。 客席は傾斜が少なく、座席は赤い別珍であり、扉は革張り風である。 所在地 : 秋田県大曲市通町3-13(1990年) 開館年 : 1947年12月 閉館年 : 2006年10月9日 1960年の映画館名簿では「月岡映画劇場」。 1969年の映画館名簿では「大曲月岡映画劇場」。 1980年の映画館名簿では「大曲月岡映劇」。 1990年の映画館名簿では「月岡シネマ1・2」(2館)。 2000年の映画館名簿では「大曲月岡シネマ1・2」(2館)。 2006年10月9日、大仙市大曲通町の映画館「月岡シネマ」が閉館する。 秋田県南部唯一の常設映画館だった。 月岡シネマを運営する月岡映画劇場は1947年12月に設立された。 JR大曲駅近くの花火通り商店街の一角にある。 150席と350席の2スクリーンを有する。 閉館日まで『ゲド戦記』と『日本沈没』を上映する。 所在地 : 山形県鶴岡市本町2-1-6(1990年) 開館年 : 1974年 閉館年 : 2002年4月14日 1980年・1990年の映画館名簿では「鶴岡シネマ旭」。 2000年の映画館名簿では「鶴岡シネマ旭1・2・3」(3館)。 2002年4月14日、鶴岡市の映画館「鶴岡シネマ旭」と酒田市の映画館「酒田シネマ旭」が揃って閉館する。 両館の経営は山形市の宮崎合名社。 2001年8月に三川町に開館したシネコンに観客が流れたため。 宮崎合名社は2002年1月に酒田市の「酒田港座」も閉館させている。 2館の閉館によって山形県庄内地方の従来型映画館は姿を消す。 2館とも1974年に開館しており、鶴岡シネマ旭はボウリング場を併設していた。 所在地 : 山形県酒田市中町3-3-1(1990年) 開館年 : 1974年 閉館年 : 2002年4月14日 1980年の映画館名簿では「酒田シネマ旭」。 1990年・2000年の映画館名簿では「酒田シネマ旭1・2」(2館)。 2002年4月14日、鶴岡市の映画館「鶴岡シネマ旭」と酒田市の映画館「酒田シネマ旭」が揃って閉館する。 両館の経営は山形市の宮崎合名社。 2001年8月に三川町に開館したシネコンに観客が流れたため。 宮崎合名社は2002年1月に酒田市の「酒田港座」も閉館させている。 2館の閉館によって山形県庄内地方の従来型映画館は姿を消す。 2館とも1974年に開館しており、鶴岡シネマ旭はボウリング場を併設していた。 所在地 : 福島県福島市曽根田町7-8 開館年 : 1987年 閉館年 : 営業中 1998年3月、福島市に7スクリーンの「ワーナー・マイカル・シネマズ福島」が開館した。 数百メートルの距離にはミニシアター系作品を多く上映する「福島フォーラム」があり、福島フォーラムのファンによってシネコン進出反対の署名活動が行われた。 人口約30万人の福島市で約4万人分の署名が集まったが、ワーナー・マイカル・シネマズ福島は予定通り開館した。 年間約30万人だった福島フォーラムの観客数は、1998年度には約15万人と半減した。 ワーナー・マイカル・シネマズ福島の観客数は、1998年12月からの1年間で約48万人である。 福島フォーラムの支配人は「ハリウッド映画を好む若い層がシネコンに流れた」とするが、福島フォーラムは独自企画でファン層を広げており、福島市の映画人口自体が増えているという。 所在地 : 福島県福島市曽根田町1-18 MAXふくしま5階 開館年 : 1998年3月 閉館年 : 営業中 1998年3月、福島市に7スクリーンの「ワーナー・マイカル・シネマズ福島」が開館した。 数百メートルの距離にはミニシアター系作品を多く上映する「福島フォーラム」があり、福島フォーラムのファンによってシネコン進出反対の署名活動が行われた。 人口約30万人の福島市で約4万人分の署名が集まったが、ワーナー・マイカル・シネマズ福島は予定通り開館した。 年間約30万人だった福島フォーラムの観客数は、1998年度には約15万人と半減した。 ワーナー・マイカル・シネマズ福島の観客数は、1998年12月からの1年間で約48万人である。 福島フォーラムの支配人は「ハリウッド映画を好む若い層がシネコンに流れた」とするが、福島フォーラムは独自企画でファン層を広げており、福島市の映画人口自体が増えているという。 1999年6月29日、郡山市堤下町の映画館「アートパレス」が閉館した。 4スクリーン。 福島地方裁判所郡山支部に自己破産を申し立てて閉館した。 負債額は2億8000万円。 1967年に国鉄郡山駅前に開館し、4館を経営していた。 1994年には現在地に約3億円かけて4スクリーンの映画館を建設して移転した。 1980年以降の十数年間は毎年2億円以上の収入があったが、1998年9月期は1億1000万円だった。 : 「映画館が帰ってきた 青森の奈良屋劇場跡地に2館開館」『朝日新聞』1997年3月16日• : 「新・盛り場風土記 弘前」『キネマ旬報』1957年8月1日号、第182号、pp. 115-117• : 「新・盛り場風土記 弘前」『キネマ旬報』1957年8月1日号、第182号、pp. 115-117• : 「シネマコンプレックス 『映画ビッグバン』効き目あり」『毎日新聞』2000年2月28日• : 「気仙地域で唯一の映画館『高田公友館』閉館 さよなら上映、9-22日」『読売新聞』2004年10月5日• : 「震災後も灯守った宮古の映画館が閉館」『日本経済新聞』2016年6月27日• : 「仙台に大型シネコン『コロナワールド』7月上旬開設 集客合戦が激化」『毎日新聞』2002年3月18日• : 「『映画バカ』の砦、60年の歴史に幕 石巻東宝、来月閉館」『朝日新聞』2000年10月21日• : 「岡田劇場がんばれ! 石巻市民らが支援組織」『朝日新聞』1999年9月27日• : 「布施辰治の映画ロケ、市民170人エキストラ 石巻出身・人権弁護士さきがけ」『朝日新聞』2009年11月17日• : 「弁護士・布施辰治の生涯描く映画、石巻などで上映 来月4日・9日」『朝日新聞』2010年5月26日• : 「石巻の岡田劇場で煙が充満する騒ぎ 消火活動で柱など破損」『朝日新聞』2010年11月28日• : 「あの石巻が、あの人が、銀幕に 震災前ロケ、復興願い来月公開」『朝日新聞』2011年4月27日• : 「文化・歴史を後世に、『石巻学』 地元出身の作家大島さん、刊行」『朝日新聞』2016年1月27日• : 「シネマの灯、『岡田劇場』は消えても 石巻高出身・映画監督の大和さん」『朝日新聞』2016年9月19日• : 「思い出、ポケモンGOに宿る 失われた風景、ゲーム内に 東日本大震災前の映画館・教会…」『朝日新聞』2016年11月15日• : 「ありがとう『シネマパレ』秋田駅前の名画座、26日に幕」『朝日新聞』2017年2月10日• : 「昭和の文化、消えぬうちに」『朝日新聞』2016年12月9日• : 「県内初のシネコン、秋田市に12月開館」『朝日新聞』2001年9月26日• : 「大山の月岡シネマ来月閉館 県南唯一の常設館 シネコンに押されて」『読売新聞』2006年9月16日• : 「金浦町に"映画の灯"再び ネット紹介で、全国に有志の輪」『毎日新聞』1999年2月10日• : 「成人映画館『新山形にっかつ』静かに幕」『朝日新聞』1999年5月23日• : 「鶴岡と酒田の『シネマ旭』、14日で閉館へ 庄内の娯楽担った映画館が消滅」『毎日新聞』2004年4月14日• : 「鶴岡と酒田の『シネマ旭』、14日で閉館へ 庄内の娯楽担った映画館が消滅」『毎日新聞』2004年4月14日• : 「新庄のビデオシアターが再出発 多目的ホールに」『読売新聞』2006年6月20日• : 「シネマコンプレックス 『映画ビッグバン』効き目あり」『毎日新聞』2000年2月28日• : 「シネマコンプレックス 『映画ビッグバン』効き目あり」『毎日新聞』2000年2月28日• : 「郡山の映画館・アートパレス閉館『芸術』に限界、破産」『朝日新聞』1999年6月30日• : 「旧映画館『三函座』再利用へ見学会 いわき」『毎日新聞』2010年6月18日• : 「福島・旧朝日座 芝居設備残す映画館」『毎日新聞』2015年2月14日.

次の

弘前市とは

映画 弘前市

青森県弘前市から絞り込み• 青樹町 0• 青女子 0• 悪戸 0• 旭ケ丘 0• 新町 0• 石川 0• 石渡 0• 一野渡 0• 一番町 0• 稲田 0• 植田町 0• 駅前 0• 駅前町 0• 狼森 0• 大浦町 0• 大川 0• 大久保 0• 大沢 0• 大清水 0• 大富町 0• 大原 0• 大開 0• 大町 0• 大森 0• 大和沢 0• 徒町 0• 徒町川端町 0• 小友 0• 鬼沢 0• 表町 0• 親方町 0• 折笠 0• 貝沢 0• 覚仙町 0• 鍛冶町 0• 春日町 0• 堅田 0• 門外 0• 上瓦ケ町 0• 上鞘師町 0• 上白銀町 0• 紙漉町 0• 亀甲町 0• 萱町 0• 河原町 0• 寒沢町 0• 学園町 0• 桔梗野 0• 北川端町 0• 北瓦ケ町 0• 北新寺町 0• 北園 0• 北柳町 0• 北横町 0• 清富町 0• 清原 0• 金属町 0• 国吉 0• 蔵主町 0• 黒土 0• 楮町 0• 高野 0• 小金崎 0• 小栗山 0• 小沢 0• 小人町 0• 駒越町 0• 紺屋町 0• 五十石町 0• 境関 0• 栄町 0• 坂元 0• 坂本町 0• 相良町 0• 桜ケ丘 0• 桜庭 0• 桜林町 0• 笹舘 0• 笹森町 0• 三世寺 0• 小比内 0• 在府町 0• 塩分町 0• 茂森新町 0• 茂森町 0• 品川町 0• 清水 0• 清水富田 0• 清水森 0• 下鞘師町 0• 下白銀町 0• 下湯口 0• 新鍛冶町 0• 新寺町 0• 新寺町新割町 0• 樹木 0• 城西 0• 城東 0• 城東北 0.

次の

弘前市

映画 弘前市

映画館を条件で絞り込む 条件に一致する映画館 1館• 車イス席あり( 1)• アルコールあり( 1)• 駐車場あり( 1)• 駐車場100台以上( 1)• 23時以降の上映( 1)• 3D上映対応( 1)• 4D上映対応( 0)• IMAX( 0)• Doly Atmos対応( 0) (14)• アンチグラビティ• 風の谷のナウシカ• 今日から俺は!! 劇場版• ゲド戦記• ステップ• 千と千尋の神隠し• ソニック・ザ・ムービー• ドクター・ドリトル• ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷• MOTHER マザー• もののけ姫• ランボー ラスト・ブラッド• わさお• 私がモテてどうすんだ.

次の