水泳 選手 入江。 入江陵介は兄弟も水泳選手?肩甲骨がすごい噂やピアノ動画も

入江陵介「正直心が二転三転して…」日本選手権中止

水泳 選手 入江

東京オリンピックの水泳の入江陵介選手について 東京オリンピックの水泳の入江陵介選手といえば、もう知らない人はいませんよね。 入江陵介選手は、現在イトマン東進所属で、日本競泳男子の中でもベテラン選手になります。 1 990年1月24日生まれ 大阪府出身 身長は178㎝ 体重は64㎏ 近畿大学を卒業 基本のプロフィールは以上の通りとなっています。 入江陵介選手が 水泳を始めたのは0歳の時で、2006年に行われたアジア大会の際には、200m背泳ぎでみごと優勝し、2年後に行われた北京オリンピックの際には同じ種目で5位に入賞という成績を残しました。 前回行われたリオでは、メダルを獲ることができませんでしたが、2018年4月の日本選手権では、得意の背泳ぎで100mと200mの両方で金メダルを獲得しました。 同年8月のパンパシフィック水泳では、同じ種目で銀メダルを獲得し、東京オリンピック出場とメダル獲得への期待も大きくなりました。 入江選手の世界水泳の結果とトラブルについて 2019年7月に、世界水泳選手権大会が韓国の光州で行われ、入江陵介選手も出場しましたが、200m背泳ぎで6位という結果に終わりました。 おそらく多くの水泳ファンの方が、入江選手のメダル獲得を期待していたはずです。 レース前半は少し出遅れてしまい7位で折り返し、なんとか巻き返そうと追い込んだのですが、 結果は6位となってしまいました。 実は100m背泳ぎ予選の際に、スタート台に不具合が生じ、これが頻発していました。 入江選手自信がこのトラブルにあうことはなかったのですが、こういったことが起こるとメンタル的に動揺する可能性があります。 ですが、さすがベテラン入江選手。 そういったトラブルに動じることもなく、気持ちを瞬時に切り替えて自分の実力を出すことができました。 結果は期待されていたものではありませんでしたが、大きな大会を何度となく経験している入江選手のメンタルの強さを再認識させられる出来事でした。 世界水泳でのオリンピック内定は逃しましたが、来年夏の本番に向けて、今後も入江陵介選手は戦い続けるので、応援してあげて下さい! 【スポンサーリンク】 東京オリンピックの水泳「入江陵介」出場なるか? 世界水泳でのオリンピック出場内定を逃してしまった入江陵介選手。 だからといってもう東京オリンピックに出場できないというわけではありません。 確定ではありませんが、 混合400mメドレーリレーという種目で入江陵介選手が起用されるのではないかという情報があります。 入江陵介選手が東京オリンピックの切符を手にすれば、4大会連続オリンピック出場ということになります。 彼が代表に入れば、メダル獲得の可能性も高くなるという声も多く上がっています。 東京オリンピック出場の切符を手にして、競泳男子を引っ張っていってもらいたいですね! まとめ 東京オリンピックの水泳の入江陵介選手に関する情報をご紹介しました。 世界水泳ではメダル獲得となりませんでしたが、きっと東京オリンピック出場の切符をつかみ取り、メダル獲得に向け日本チームを引っ張ってくれる存在になるはずです。 大きな大会、数々の輝かしい成績を残しつつも、挫折した経験ももつ入江陵介選手。 そんな彼なら、きっと記念すべき東京オリンピックでメダル獲得に貢献してくれることは間違いありません。 今後も彼の活躍に期待しましょう! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

水泳選手の筋肉の特徴と逆三角形の柔らかく逞しいボディを徹底分析

水泳 選手 入江

競泳男子の入江陵介(30=イトマン)が26日、スマートフォンなどで閲覧できる自身の公式アプリで、中止になった日本選手権について語った。 25日に1度は開催が発表されており「正直、心が二転三転して、ちょっとしんどいなというところはあったけど」と苦笑い。 その上で「世界を見ても選考会はどこも中止している。 自分自身、良い調子で合わせていたので出たい気持ちはあったが、今はそれをしている状態じゃなかったり、果たしてこれが正解なのかなという気持ちもあった。 結果として中止になったので感染拡大をなるべくなくして抑えて込むことが大事。 そうしない限り来年の五輪は明るくなってこないと思う」。 その上で今後について「いつ何の大会があるかわからないので練習もどうしていくかわからない。 ここ2、3日はゆっくりしたい」とした。 また五輪が1年延期になったことでついて「本音としてはホッとしています。 今年やってしまうのは公平じゃなかったり、いいパフォーマンスができない人が多くなるので」と話した。 photo• 東京五輪2020 正しく恐れ、正しく行動できれば五輪は開催できる []• 東京オリンピック2020 [6月27日 6:00]• 東京オリンピック2020 [6月26日 22:44]• 東京オリンピック2020 [6月26日 20:45]• ラグビー [6月26日 15:08]• 東京オリンピック2020 [6月26日 13:50]• 東京オリンピック2020 [6月26日 8:19]• 五輪・一般 [6月25日 19:27]• パラリンピック 欠端瑛子らゴールボール東京パラ内定を維持 []• パラスポーツ [6月24日 13:43]• パラスポーツ [6月22日 17:51]• パラスポーツ [6月20日 17:50]• パラスポーツ [6月14日 17:05]• パラスポーツ [6月11日 13:44]• パラスポーツ [6月10日 13:48]• パラスポーツ [6月9日 10:41]• パラスポーツ [6月8日 13:19]• パラスポーツ [6月5日 12:04]• パラスポーツ [6月3日 12:23]• リオ五輪•

次の

水泳選手の筋肉の特徴と逆三角形の柔らかく逞しいボディを徹底分析

水泳 選手 入江

2009年7月、世界選手権200mで、世界新で優勝したピアソルに次いで銀メダルを獲得 写真提供:アフロスポーツ 競泳の会場は、連日、観客がスタンドを埋め尽くした。 各国の選手や応援団の歓声がこだまする。 「すごく不思議な感じでしたね。 観客席に親がいるのが見えたり、冷静ではありましたが、どこか夢見心地な感じでした。 落ち着いていたつもりだったけれど、どこか自分が消えていた、地に足踏んでいないような」。 どこかふわっとした感覚の中、それでも入江はメダルを強く意識して200mのレースに臨んだ。 「僕のレースまでに、康介さんや中村礼子さん、松田丈志さんがメダルを獲られて、自分も獲らなければ、という気持ちが強かったですね」 自身の気持ちとともに、世界ランク3位ということから来る周囲の声も、影響していた。 「大会前からメダルも期待されていたので、メダルを獲るために泳がないといけないみたいに思っているところもありました。 そもそも自分自身は、オリンピック出るだけでもすごい事ですし、予選、準決勝、決勝と3本泳げるだけでも光栄だと思っていました。 周りからのメダルへの期待と自分自身とは、ギャップというか、葛藤がありましたね」。 そんな心境で入江は200mに臨む。 予選は全体の7位、準決勝は全体の4位で決勝に進んだ。 そして決勝。 入江は好スタートを決める。 前半、積極的なレース展開を見せる。 だが本来の後半の強さが見られない。 ライアン・ロクテ、アーロン・ピアソルらに遅れ、5位にとどまった。 「力みもあったし、それまで自分より速い選手と泳ぐ機会もあまりなかったこともあります。 ペースがみんなばらばらで、波もすごくて、自分のレースができませんでした」 北京から帰国した入江は、「外に出たくない」と思った。 人と顔を合わせたくなかったからだ。 「おめでとうじゃなくて、残念だったね、という声のほうが多かったんですね。 自分自身それを理解しているから、それを言われるのはしんどかったです」 しかし振り返るのが苦しいほど、4年後への闘志は高まった。 「ロンドンオリンピックではメダルを獲ってやる。 オリンピックの借りはオリンピックでしか返せない」。 学生選手権などの大会を経て、入江は気持ちを徐々に切り替え、前へ進もうと強く意識した。 明けて09年4月の日本選手権200mでは、自身の持つ日本記録を更新し、北京オリンピック金メダルのロクテが持つ世界記録にあと0. 08秒に迫る好タイムをたたき出す。 5月には、日豪対抗の100mで日本記録を樹立し、ピアソルの世界記録にあと0. 02秒に迫る。 そして200mでついに、世界記録を1秒以上上回る1分52秒86の新記録を打ち立てた。 水着の問題から公認されなかったが、まぎれもなく世界のトップに位置するスイマーになった証明であった。 「(記録が認められなかった)悔しさがあったし、とにかく世界選手権でメダルを獲りたいと、結果を残さないといけないと思っていました」 2009年7月、ローマで世界選手権が開幕する。 入江は最初の種目の100mは4位。 「メダルは正直狙っていたので残念だったけど、いちばん狙っていたのは200mだったので、しっかりメダルを獲って帰らないといけないと思っていましたし、まわりの選手から『200mもあるから』と声をかけてもらって気持ちを切り替えて集中できました」。 その200mで念願の銀メダルを獲得する。 オリンピック、世界選手権を通じて初めてのメダルであった。 2009年7月、世界選手権200m、ゴール直後に電光掲示板を振り返る 写真提供:アフロスポーツ.

次の