浄土 真宗 仏壇 飾り 方。 浄土真宗がお墓や仏壇に水を供えない理由

浄土真宗の仏壇には位牌は置かない!理由や宗派の考え方を解説

浄土 真宗 仏壇 飾り 方

多くの仏教宗派が水をお供えする理由 しばしば水を供える理由として、一般に『仏様や故人の飲み水であり食事だと』説明されることがあります。 お水やお香は仏様の好物だと。 死んだ先祖の喉の渇きを潤すためだと。 もちろん上のような説明をされる仏教宗派もあるでしょう。 しかし次の話も聞いたことがあります。 透き通った水は、穢れの無い浄土を象徴• 供える人の心身(身口意)を清める意味 これらの説明されることもあります。 浄土真宗のお坊さんはよく、お仏壇とは浄土世界をコンパクトに表現したものと言います。 ただ単に仏様や先祖に何かしてあげようという場所ではないんですね。 他宗も仏壇は似たようなもので、やっぱり仏壇はお浄土の世界を表現したものであります。 ですので水を入れた湯呑(茶湯器)を毎日入れ替えることによって、常に澄んだ水をお飾りしお浄土の世界を表現したり、またお供えする行為によって自分自身も清らかに仏様に手を合わせたいということにつながります。 (まあ私は真宗の僧侶ですので、詳しくは専門のお坊さんに聞いてください) なぜ浄土真宗では水を供えないのか 浄土真宗ではお水やお茶は供えません。 理由は単純で『 阿弥陀仏のお浄土には清らかで優れた水がたっぷりとあるから』です。 阿弥陀仏の浄土のことを「極楽浄土(ごくらく)」と言います。 その極楽には八功徳水(はっくどくすい)という優れた八種類の功徳の水があることが仏説阿弥陀経に説かれています。 ちなみに極楽の8種類の水は次のような説明をされます。 澄浄・ちょうじょう:濁っておらず、澄んできよらかな水• 清冷・しょうりょう:きよらかで冷たい水• 美味:甘くおいしく深い水• 軽軟・きょうなん:かるくやわらかな水• 潤沢・じゅんたく:仏の智慧がありうるおいのある水• 安和・あんわ:身も心もやすらかにする水• 除患・じょげん:飢え・渇きといったわずらいを取り除く水• 養根・ようこん:身も心もやしない育てる水 浄土真宗では亡くなれた人は阿弥陀仏のはたらきによって、阿弥陀仏のお浄土に生まれ往くとされます。 ですので餓鬼世界に落ちて喉が渇いたり、地獄世界に落ちて身が焼かれるような思いをしていることはないんですね。 阿弥陀仏のお浄土には優れた効能の水が満ち満ちているので、私たちの方が故人のためにささげる必要はありません。 浄土真宗では仏壇の茶湯器、墓の水鉢を使わない 浄土真宗ではお水やお茶をそれ専用の容器に入れてお供えすることはありません。 ですので、お仏壇には茶湯器を、お墓にも水鉢(水受け)を用意しません。 たとえお墓のデザインとして窪みがあっても水を張りません。 当然、お墓に水をかけるといった行為もしません。 (お墓の掃除のために掛けることはOKですよ) 故人が水を渇望していて満足していないという考えではないからです。 でも浄土真宗でもお水をお飾りしているよ さてここまで「 浄土真宗はお水を供えない」と繰り返し説明しました。 でも 実はお水をお飾りしているんですよ。 それを説明します。 浄土真宗では華瓶(けびょう)のお水や、花瓶(かひん)に生花のお水をしています。 浄土真宗ではご仏前に2種類の花立てがあります。 華瓶(けびょう)と花瓶(かひん)です。 華瓶とは仏様の目の前の机(上卓:うわじょく)にお飾りする花立のことで、樒(しきみ)という香木をさしています。 この華瓶とはもともとインドで香水を入れる宝瓶(ほうびょう)・水瓶(すいびょう)をモデルにした仏具といわれています。 浄土真宗ではこの華瓶に樒や青木などの香りのある木をお供えして、同時にこの瓶の中に入れる水を香水として仏前にお供えしているのです。 また仏前には造花ではなく、生花をお供えします。 それと同時に花瓶にお水を注ぎますよね。 生花は生きている花でありやがて萎れ枯れていきます。 花のいのちを生き物のいのち・私のいのちとなぞらえ、そして枯れないようにと水を入れ替えていくことによっていのちのあり様を説かれているのです。 花瓶に注ぐ水もまた間接的にはあるのですが、仏の法にであう水であるのです。 ですので茶湯器や水鉢といった専用の容器を使わない浄土真宗でも、華瓶や花瓶といった仏具に注いだ水をお飾りしています。 Sponsored Links さいごに。 浄土真宗は追善の気持ちで水を供えない 浄土真宗の言い分を説明しますと、お水を供える行為というのは、亡くなった人や仏に対して「水を飲ませてあげよう」と追善供養の気持ちがあるということであり、「満たされていないあちら側の人」と「してあげようという生きている人」の立場ができてしまうので、仏様や先祖を敬うといった姿ではなくなってしまうんですね。 浄土真宗が手を合わし南無阿弥陀仏と口に出すのは、死者や仏をまつるためではありません。 仏法にであい、恵みに感謝をしてのことです。 阿弥陀仏の浄土には優れた水が充満しているのでわざわざに生きている側の人が水や茶を供える必要はありません。 しかし一方でお仏飯のような側面はあります。 お仏飯は炊いたお米を仏前に供えるということですが、浄土真宗では仏様や故人の食事のつもりでは供えていません。 あくまでも主食である食べ物をあらゆるご縁(仏のご縁)としてお供えするのであり、華瓶や花瓶の水は日々のいのちの糧である仏の恵みに感謝してでのことです。 浄土真宗では追善ではなく、報恩感謝のお供えです。 お仏飯をお茶碗に盛らずに仏飯器に供えるように、水や茶を湯飲みや茶湯器やコップに入れずに、ご仏前の花立にてお飾りします。 それが浄土真宗の荘厳の作法です。 ちなみにお仏飯を毎日上げ下げするように、花立の水も毎日入れ替えて水を清潔に保つのも大切なことですよ。

次の

浄土真宗の仏壇の祀り方・参り方

浄土 真宗 仏壇 飾り 方

法事の時と日常では実は異なる部分があります。 お仏飯 ご飯 を御供えする時間、位置、理由など作法についても説明させて頂きたいと思います。 左右に華瓶 けびょう と呼ばれる器を一対、その真ん中に火舎香炉 かしゃごうろ を配置します。 個別の使い方 仏飯器 ぶっぱんき ご飯をお供えするための器です。 本願寺派では蓮の蕾 つぼみ の形に盛ったお仏飯 ご飯 を御本尊の前と両脇の親鸞聖人 右側 、蓮如上人 左側 の前にも御供えします。 ご飯は仏様やご先祖様が食べる為ではなく、この食を恵まれたことに感謝し恭敬の心でお供えします。 両脇の掛軸が名号 人物ではなくて文字 の場合はそこにはお供えせず、御本尊の前だけでけっこうです。 朝一番に焚いたご飯をまずお仏壇にお供えするのが本来ですが、朝にご飯を炊かないご家庭もあるかと思います。 そういう場合は時間帯を問わず、いつでもご飯を炊いた際に御供えしましょう。 お寺では御本尊の前には2つお供えしますが一般家庭ではスペースの都合上1つの場合が多いです。 いずれの場合もお供えし、お勤めしたり手を合わせたら、早めに下げて仏様からのお下がりとしておいしいうちに頂きましょう。 お仏供 おぶっく 、おぶくさん、ごはんさん、仏飯 ぶっぱん 等地方によって様々な呼び方があります。 他の宗派でいうところのお水の御供えを浄土真宗ではこのように行います。 華瓶を配置するスペースがない場合は省略される場合もあります。 その場合もコップや湯飲みなどではお水をお供えしません。 4つくらいのパーツに分かれますので動かす際には落とさないように注意して下さい。 こちらも省略される場合があります。 お仏壇中段の仏具の飾り方 お仏壇の中段、前卓 まえじょく という台の上の仏具の並べ方です。 左から花瓶 かひん 、香呂 こうろ 、蝋燭立 ろうそくたて です。 三つ揃って三具足といいます。 報恩講など大きな法要の際は花瓶と蝋燭立がそれぞれ一つずつ増えて五具足にしますが、平常時は基本三具足がよろしいでしょう。 季節に合わせた四季折々の花やお庭で育てているお花を生けてもよろしいですが、棘のある花や毒のある花は飾らないようにします。 また造花も用いません。 仏さまやご先祖様にお供えするのだからきれいな方を仏壇側へ向けなさいという意見がありますが、お花が私達のほうを向いているのは仏様から私達へのおはたらき お慈悲の心 がこちらに向けられていることを表しているので安心して綺麗なほうをこちらに向けましょう。 本数に決まりはありません。 木蝋ではなく日常は電気の蝋燭を立てる地域もありますので適宜調整してください。 普段は使わない仏具 打敷 うちしき と供笥 くげ は普段は使いませんのでしまっておいてください。 ご飯以外に何かお供えする場合、朱色の高杯 たかつき の上に盛りましょう。 仏具の向きに注意 仏具を配置する際、向きに決まりがありますので注意しましょう。 香炉、蝋燭立など足が三本ある仏具は一本が正面 私達の方向 を向くように並べます。 逆向きに配置しないように注意しましょう。 現代風の仏具でも三具足の配置は左から花瓶、香呂、蝋燭立の並び方は崩さないようにしましょう。 お位牌について また浄土真宗では本来お位牌は配置しませんが、もし繰り出し位牌などがある場合はご本尊の正面を避けてお仏壇の中段の右端か左端に設置します。 上の方に貼ってある写真をもう一度見て頂くと端っこの方に控えめに配置してあると思います。 浄土真宗本願寺派のお仏壇の飾り方、参考になれば幸いです。 関連ページ:はこちらをご覧ください。 迎え火、送り火とは? お盆にご先祖があの世から帰ってくる目印に焚くのが迎え火、逆に迷わずあの世に帰 お参りのマナー間違いマナー違反 日常のお参りで当たり前にやっていることが実は間違いやマナー違反にな 自宅でお勤めする浄土真宗 西本願寺 の法事 法事とは一般的に年忌法要 年回法要 のことを指しま お坊さんに聞いた正座でしびれない座り方 法事やお参りの時、お経が長くなるにつれて厳しくなってく お位牌の並べ方について お仏壇の中にお位牌が増えてくると悩むことがあります。 お位牌をどういう順番に 西本願寺の別院である名古屋別院 名古屋市にある西本願寺の別院。 名古屋市内にはもう一件、割と近くに真 お盆の祭壇の準備 お盆の準備は色々ありますが盆棚をどうやって作ればいいか?ホームセンターに売ってい お墓墓地の移動について 遠くの故郷にあるお墓を自分の住まいの近くに移動させたい。 改葬といって最近増 浄土真宗本願寺派の本山へ行ってきました。 西本願寺は1591年 天正19年 時の権力者 豊臣秀吉か 浄土真宗 東本願寺と西本願寺の違いについて 浄土真宗に東本願寺と西本願寺があるのは有名ですが何.

次の

【浄土真宗】中陰壇(後飾り)の設置の仕方。葬儀後〜四十九日の法事までを僧侶が解説。

浄土 真宗 仏壇 飾り 方

ご本尊 阿弥陀如来 お脇掛• 観無量寿経 かんむりょうじゅきょう• 無量寿経 むりょうじゅきょう• 阿弥陀経 あみだきょう• 教行信証 きょうぎょうしんしょう• 正信念仏偈 しょうねんぶつげ 歴史 宗祖親鸞聖人(1173~1262)は、九歳で出家して比叡山で修行の後、法然上人を訪ね、専修念仏運動に身を投じました。 しかし、念仏集団の勢力が拡大すると、旧仏教教団により、念仏が禁制とされ、法然上人や親鸞聖人は流罪となりました。 親鸞聖人は『教行信証』著わし、その後も各地へ念仏の教えを説いて回られました。 親鸞聖人入滅後、第八代蓮如上人は親鸞聖人の教えをわかりやすく綴った手紙「御文章(ごぶんしょう)」を著わし民衆を教化、教団を再興されました。 教え 親鸞聖人の教えは、「念仏を称えることで人々は救われる」と説いた法然上人の教えをさらに推し進めたものでした。 「阿弥陀仏の前では、一切の人間の計らいを捨てて念仏を称えれば、全ては阿弥陀仏からくだされる、南無阿弥陀仏を称えることで全ての人々は救われる」と説きました。 おつとめとお給仕 お仏壇をきれいにして、朝はお仏飯をお供えします。 念珠を手に持ちます。 輪灯に火をともし、燭台のロウソクを点けます。 土香炉に線香を炊き、おつとめをします。 おつとめは、正信偈・和讃・御文章・領解文です。 夕方はおつとめの後、お仏壇内部の火の気を消し、金障子を閉めます。 お仏壇選びはもちろん、ご購入後のお仏事に関してもサポートいたします。

次の